ヒバリ。 ヒバリの特徴は?生態や分布、鳴き声は?

5分でわかるヒバリの生態!高鳴きや巣作り、季節などを解説

ヒバリ

生態 スズメ目ヒバリ科の鳥です。 漢字では「雲雀」と書きます。 文字通り、雲のように空中を漂う雀の仲間で、他の鳥類には見られない特徴的な生態をしています。 英語ではSkylark(スカイラーク)。 たんにlarkと呼ぶこともあります。 直訳すると「空を愉快に飛び回る鳥」という意味です。 体の特徴 草むらなどの地面で暮らす鳥で、草に紛れるように羽の色は茶色と黒のまだら模様です。 クチバシの先からしっぽの先まで17cm、翼を広げると32cmくらいで、スズメ科の中では比較的大きな鳥です。 に比べて脚が長く、足が大きいのが特徴です。 後ろ足の爪はとても長く、草むらを歩くのに都合の良い作りになっています。 頭には冠羽という飾り羽があり、普段は寝かせて目立たないようにしています。 主にオスが冠羽を立たせることが多いようです。 縄張り ヒバリは地上に巣を作り、オスが必死に縄張りを守ります。 美しく聞こえるヒバリの鳴き声は、縄張りを主張するためです。 オスは、春になると自分の縄張りを構えて縄張り宣言をします。 「ヒバリの高鳴き」という仕草で、空中をホバリングしながら鳴き続けます。 地面から垂直に飛び上がり、ホバリングをし、垂直に飛び降りることができます。 飛翔性に優れ、変化自在に飛び回ります。 しかし、ヒバリが人目に付くのは繁殖期の春~夏まで。 子育てが終わるとひっそりと草むらの中で暮らし、静かに春を待ち続けます。 非常に臆病な鳥で、子供や縄張りを守る以外は、たいてい逃げてしまいます。 鳴かないヒバリは周囲の環境に溶け込み、大変見つけにくくなります。 バードウォッチャーや田畑の持ち主など、身近にいる人でないと見つけることは少ないでしょう。 繁殖について 春から夏にかけて、ヒバリの繁殖期です。 地面に草で椀型の巣を作り、3~5個の卵を産みます。 卵はまだら模様で、保護色になっています。 12日ほど卵を暖めるとヒナが生まれ、わずか9~10日で巣立ちます。 巣立つころのヒナはまだ未熟で、あまり空は飛べません。 そのため「巣から落ちたヒナ」と勘違いし、人間に保護される被害が後を絶ちません。 巣立った後もしばらくは親元で過ごし、巣立ち後20日ごろになると若鳥に成長します。 繁殖期が終わると番いは解消し、小さな群れを作って過ごします。 鳴き声 春から夏にかけては、早朝から夕方まで延々とさえずり続けます。 地面でも空中でも、隣のヒバリに負けずに鳴き続けます。 ヒバリのさえずりは特徴的で、地面から空中まで飛び上がる「上がり」、空中でホバリングしながらさえずる「空鳴き(または舞鳴き)」、空中から地面に着地する「降り」の3種類があります。 上がりはピーチュク、ピーチュク、ピーチュクと素早く繰り返し、降りはリュリュリュリュリュなどと鳴きます。 (個体差あり) 空鳴きの鳴き声は非常に複雑で、他の鳥の声を取り入れることも。 「ピチュピチュピチュ」と聞こえることもあれば、もっと複雑に聞こえることもあります。 ヒバリのさえずりは、一定レベルまでは本能で歌えるようですが、それ以上のレベルを極めるためには学習が必要です。 そのため、などと同じように上手いオスの声を聞き、学んでいると考えられます。 かつて日本ではヒバリが飼育されていました。 ウグイスやと同じく、さえずりの上手いオスのもとに若いオスを近づけて、さえずりを学習させていました。 そのため、ヒバリもさえずりの学習をすると考えられています。 ホバリングしながらさえずることもありますが、適度な場所があれば、岩や電線などに止まってさえずることもあります。 秋冬は地鳴きで、「ビュルビュル」と鳴きます。 さえずりとは全く異なる声なので、慣れた方でなければヒバリと気づかないでしょう。 SPONSORED LINK 分布 日本、イギリス、ユーラシア大陸、アフリカ北部と、広い地域に生息しています。 どこの地域でも人家に近い場所で暮らし、春先に美しい声でさえずります。 日本には、一年中生息する亜種ヒバリ、冬鳥として本州より南に飛来するオオヒバリ、カラフトチュウヒバリがいます。 生息地 亜種ヒバリは一年中、日本各地に生息しています。 留鳥ですが、地域によっては漂鳥です。 麦畑を特に好み、春になると賑やかな声に包まれます。 平地の草原、畑、草の生えた河川敷などが主な住処です。 高原にも出没し、高度2000メートルくらいの山地で繁殖することも。 草原のような環境ならどこでも暮らせるようで、中には草が生えるヘリコプター基地に営巣することもあります。 雪が積もる地域や、寒い地域のヒバリは、冬に南下することが知られています。 近年、ヒバリが生息できる環境は減る一方で、世界的に生息数が減少しています。 都市部は田畑が住宅地になり、元からあった畑はどんどん減っています。 残った畑も小さく、多くのヒバリが暮らせる環境ではありません。 欧州では大規模栽培が増え、生活する環境の多様性が失われているのも減少の原因と考えられています。 さらに、欧州は麦まきのシーズンが春から秋に変わってしまいました。 春まきの麦は適度な高さでヒバリにとって良い環境ですが、秋まきの麦は春には背が高くなってしまい、ヒバリにとっては住みづらい環境です。 そのため、麦畑を放棄して野菜畑に住み着くヒバリも増えています。 食性および餌について 雑食性で、地面でクモや昆虫を食べます。 ヒバリのクチバシは適度に長く太く、バランスが良いのが特徴です。 長いクチバシは昆虫などをくわえるのに適しています。 特に、ヒナには昆虫をたっぷり与えます。 昆虫の豊富な栄養で、ヒナはどんどん成長していきます。 アワやヒエなど、野生に生える小さな穀類も大好きです。 適度な太さのクチバシは、小さな穀類をかみ砕くのに適しています。 保護したときは ヒバリのヒナが地面を歩いている光景は珍しくありません。 しかし、明らかに怪我している時以外は、絶対に保護してはいけません。 ヒバリは地面に巣を作り、育ちます。 はじめから地面で暮らす鳥なので、「ヒナが落ちている」のではありません。 特に、事情を知らない子供が拾ってしまうケースがよく見られます。 親御さんは巣立ちシーズンの前に事情を説明して、拾わないように指導しましょう。 近所に天敵がいる場合は、安全な場所に移動してあげると安心です。 ただし、できるだけ遠くに行かずに、親の目が届く範囲に留めましょう。 天敵 ネコ、、小型の猛禽類などが主な天敵です。 地面で暮らす鳥なので、他の鳥に比べて天敵の驚異に晒されることが多い傾向があります。 蛇はヒナにとって、最大の天敵です。 親は蛇が近づくと必死に威嚇し、クチバシでつつき、足で蹴って追い払います。 エピソード 春の季語として知られ、和歌では万葉集などに登場します。 大伴家持の和歌は特に有名で、ヒバリを季語にした多くの和歌を残しています。 ひばり上がる 春へとさやに なりぬれば 都も見えず 霞たなびく (ヒバリが空に上がり、すっかり春になった。 春霞がたなびき、都が見えないほどだ。 ) 欧州でもヒバリをもとにした作品は多く、イギリスのレイフ・ヴォーン・ウィリアムズ作曲の「揚げひばり」というヴァイオリン楽曲があります。 レイフは19世紀の音楽家で、イギリス民謡や教会音楽の研究をもとにした作曲が有名です。 イギリスでも馴染み深いヒバリをもとにした楽曲があるのも納得です。 「惑星」で有名なホルストの友人でもあり、欧州ではホルスト以上の人気があります。 日本でも有名な、ハイドンの弦楽四重奏曲第67番の第一楽曲はヒバリのさえずりのように聞こえるため、「ひばり」という俗称があります。 SPONSORED LINK -.

次の

5分でわかるヒバリの生態!高鳴きや巣作り、季節などを解説

ヒバリ

生態 スズメ目ヒバリ科の鳥です。 漢字では「雲雀」と書きます。 文字通り、雲のように空中を漂う雀の仲間で、他の鳥類には見られない特徴的な生態をしています。 英語ではSkylark(スカイラーク)。 たんにlarkと呼ぶこともあります。 直訳すると「空を愉快に飛び回る鳥」という意味です。 体の特徴 草むらなどの地面で暮らす鳥で、草に紛れるように羽の色は茶色と黒のまだら模様です。 クチバシの先からしっぽの先まで17cm、翼を広げると32cmくらいで、スズメ科の中では比較的大きな鳥です。 に比べて脚が長く、足が大きいのが特徴です。 後ろ足の爪はとても長く、草むらを歩くのに都合の良い作りになっています。 頭には冠羽という飾り羽があり、普段は寝かせて目立たないようにしています。 主にオスが冠羽を立たせることが多いようです。 縄張り ヒバリは地上に巣を作り、オスが必死に縄張りを守ります。 美しく聞こえるヒバリの鳴き声は、縄張りを主張するためです。 オスは、春になると自分の縄張りを構えて縄張り宣言をします。 「ヒバリの高鳴き」という仕草で、空中をホバリングしながら鳴き続けます。 地面から垂直に飛び上がり、ホバリングをし、垂直に飛び降りることができます。 飛翔性に優れ、変化自在に飛び回ります。 しかし、ヒバリが人目に付くのは繁殖期の春~夏まで。 子育てが終わるとひっそりと草むらの中で暮らし、静かに春を待ち続けます。 非常に臆病な鳥で、子供や縄張りを守る以外は、たいてい逃げてしまいます。 鳴かないヒバリは周囲の環境に溶け込み、大変見つけにくくなります。 バードウォッチャーや田畑の持ち主など、身近にいる人でないと見つけることは少ないでしょう。 繁殖について 春から夏にかけて、ヒバリの繁殖期です。 地面に草で椀型の巣を作り、3~5個の卵を産みます。 卵はまだら模様で、保護色になっています。 12日ほど卵を暖めるとヒナが生まれ、わずか9~10日で巣立ちます。 巣立つころのヒナはまだ未熟で、あまり空は飛べません。 そのため「巣から落ちたヒナ」と勘違いし、人間に保護される被害が後を絶ちません。 巣立った後もしばらくは親元で過ごし、巣立ち後20日ごろになると若鳥に成長します。 繁殖期が終わると番いは解消し、小さな群れを作って過ごします。 鳴き声 春から夏にかけては、早朝から夕方まで延々とさえずり続けます。 地面でも空中でも、隣のヒバリに負けずに鳴き続けます。 ヒバリのさえずりは特徴的で、地面から空中まで飛び上がる「上がり」、空中でホバリングしながらさえずる「空鳴き(または舞鳴き)」、空中から地面に着地する「降り」の3種類があります。 上がりはピーチュク、ピーチュク、ピーチュクと素早く繰り返し、降りはリュリュリュリュリュなどと鳴きます。 (個体差あり) 空鳴きの鳴き声は非常に複雑で、他の鳥の声を取り入れることも。 「ピチュピチュピチュ」と聞こえることもあれば、もっと複雑に聞こえることもあります。 ヒバリのさえずりは、一定レベルまでは本能で歌えるようですが、それ以上のレベルを極めるためには学習が必要です。 そのため、などと同じように上手いオスの声を聞き、学んでいると考えられます。 かつて日本ではヒバリが飼育されていました。 ウグイスやと同じく、さえずりの上手いオスのもとに若いオスを近づけて、さえずりを学習させていました。 そのため、ヒバリもさえずりの学習をすると考えられています。 ホバリングしながらさえずることもありますが、適度な場所があれば、岩や電線などに止まってさえずることもあります。 秋冬は地鳴きで、「ビュルビュル」と鳴きます。 さえずりとは全く異なる声なので、慣れた方でなければヒバリと気づかないでしょう。 SPONSORED LINK 分布 日本、イギリス、ユーラシア大陸、アフリカ北部と、広い地域に生息しています。 どこの地域でも人家に近い場所で暮らし、春先に美しい声でさえずります。 日本には、一年中生息する亜種ヒバリ、冬鳥として本州より南に飛来するオオヒバリ、カラフトチュウヒバリがいます。 生息地 亜種ヒバリは一年中、日本各地に生息しています。 留鳥ですが、地域によっては漂鳥です。 麦畑を特に好み、春になると賑やかな声に包まれます。 平地の草原、畑、草の生えた河川敷などが主な住処です。 高原にも出没し、高度2000メートルくらいの山地で繁殖することも。 草原のような環境ならどこでも暮らせるようで、中には草が生えるヘリコプター基地に営巣することもあります。 雪が積もる地域や、寒い地域のヒバリは、冬に南下することが知られています。 近年、ヒバリが生息できる環境は減る一方で、世界的に生息数が減少しています。 都市部は田畑が住宅地になり、元からあった畑はどんどん減っています。 残った畑も小さく、多くのヒバリが暮らせる環境ではありません。 欧州では大規模栽培が増え、生活する環境の多様性が失われているのも減少の原因と考えられています。 さらに、欧州は麦まきのシーズンが春から秋に変わってしまいました。 春まきの麦は適度な高さでヒバリにとって良い環境ですが、秋まきの麦は春には背が高くなってしまい、ヒバリにとっては住みづらい環境です。 そのため、麦畑を放棄して野菜畑に住み着くヒバリも増えています。 食性および餌について 雑食性で、地面でクモや昆虫を食べます。 ヒバリのクチバシは適度に長く太く、バランスが良いのが特徴です。 長いクチバシは昆虫などをくわえるのに適しています。 特に、ヒナには昆虫をたっぷり与えます。 昆虫の豊富な栄養で、ヒナはどんどん成長していきます。 アワやヒエなど、野生に生える小さな穀類も大好きです。 適度な太さのクチバシは、小さな穀類をかみ砕くのに適しています。 保護したときは ヒバリのヒナが地面を歩いている光景は珍しくありません。 しかし、明らかに怪我している時以外は、絶対に保護してはいけません。 ヒバリは地面に巣を作り、育ちます。 はじめから地面で暮らす鳥なので、「ヒナが落ちている」のではありません。 特に、事情を知らない子供が拾ってしまうケースがよく見られます。 親御さんは巣立ちシーズンの前に事情を説明して、拾わないように指導しましょう。 近所に天敵がいる場合は、安全な場所に移動してあげると安心です。 ただし、できるだけ遠くに行かずに、親の目が届く範囲に留めましょう。 天敵 ネコ、、小型の猛禽類などが主な天敵です。 地面で暮らす鳥なので、他の鳥に比べて天敵の驚異に晒されることが多い傾向があります。 蛇はヒナにとって、最大の天敵です。 親は蛇が近づくと必死に威嚇し、クチバシでつつき、足で蹴って追い払います。 エピソード 春の季語として知られ、和歌では万葉集などに登場します。 大伴家持の和歌は特に有名で、ヒバリを季語にした多くの和歌を残しています。 ひばり上がる 春へとさやに なりぬれば 都も見えず 霞たなびく (ヒバリが空に上がり、すっかり春になった。 春霞がたなびき、都が見えないほどだ。 ) 欧州でもヒバリをもとにした作品は多く、イギリスのレイフ・ヴォーン・ウィリアムズ作曲の「揚げひばり」というヴァイオリン楽曲があります。 レイフは19世紀の音楽家で、イギリス民謡や教会音楽の研究をもとにした作曲が有名です。 イギリスでも馴染み深いヒバリをもとにした楽曲があるのも納得です。 「惑星」で有名なホルストの友人でもあり、欧州ではホルスト以上の人気があります。 日本でも有名な、ハイドンの弦楽四重奏曲第67番の第一楽曲はヒバリのさえずりのように聞こえるため、「ひばり」という俗称があります。 SPONSORED LINK -.

次の

HIMEHINA ヒバリ 歌詞&動画視聴

ヒバリ

地方名 [ ] 古来から人の目に触れる機会が多い種であるため多くのがある。 主なものは、告天子(こうてんし、こくてんし、ひばり) 、叫天子(きょうてんし)、天雀(てんじゃく)、姫雛鳥(ひめひなどり)、噪天(そうてん)、日晴鳥(ひばり) など。 分布 [ ] 北部、、、。 日本では亜種ヒバリが周年生息()し、亜種カラフトチュウヒバリや亜種オオヒバリが冬季に越冬のため本州以南へ飛来()する。 japonica ヒバリ 日本 北部個体群や積雪地帯に分布する個体群は冬季になると南下する。 形態 [ ] 全長17。 32センチメートル。 後頭の羽毛は伸長()する。 上面の羽衣は褐色で、羽軸に黒褐色の斑紋(軸斑)が入る。 下面の羽衣は白く、側頸から胸部にかけて黒褐色の縦縞が入る。 胸部から体側面にかけての羽衣は褐色。 外側尾羽の色彩は白い。 初列風切は長く突出する。 次列風切後端が白い。 嘴は黄褐色で、先端が黒い。 後肢はピンクがかった褐色。 卵の殻は灰白色で、灰色や暗褐色の斑点が入る。 オスは頭部の冠羽をよく立てるが、メスはオスほどは立てない。 生態 [ ] や河原、農耕地などに生息する。 種小名 arvensisは「野原の、農耕地の」の意。 しかしながら近年の2,000メートル付近のをはじめ、、のでも生息が確認されている。 食性は植物食傾向の強いで、主にを食べるが、なども食べる。 地表を徘徊しながら採食を行う。 繁殖形態は卵生。 上空を長時間停空飛翔したり 、草や石の上などに止まりながら囀る。 繁殖期が始まるとオスが囀りながら高く上がって行く「揚げ雲雀」と呼ばれる宣言の行動は古くから親しまれている。 和名は晴れた日(日晴り)に囀ることに由来する説や、囀りの音に由来する説もある。 地表(主に草の根元)に窪みを掘り植物の葉や根を組み合わせたお椀状の巣をメスが作り 、1回に3-5個の卵を産む。 抱卵期間は11-12日。 雛は孵化してから9-10日で巣立つ。 繁殖期にはつがいで生活し、非繁殖期には小さな群れで生活する。 冠羽を立てた日本の広範囲で見られる亜種ヒバリ A. japonica 亜種ヒバリを独立種とする説もある。 Alauda arvensis arvensis Linnaeus, 1758• Alauda arvensis lonnbergi カラフトチュウヒバリ• Alauda arvensis pekinensis オオヒバリ 種の保全状況評価 [ ] 日本の以下のでの指定を受けている。 ヒバリはの対象であったが、にその対象から除外された。 により鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則で、第二十五条の環境省令で定める鳥獣の対象になっている。 絶滅危惧II類 - 区部、北多摩、南多摩(西多摩は準絶滅危惧)• 準絶滅危惧 - 、• 一般保護生物(D) - (環境省の準絶滅危惧相当)• その他 - (繁殖期・減少種) 人間との関係 [ ] がで『うらうらに照れる春日に雲雀上がり心悲しも独りし思へば』と詠っている。 (永き日を囀り足らぬひばりかな)やなどの句で、のどかな日本の田園風景の春のとして多数詠われており 、春のともなっている。 囀りを日本語に置き換えた表現(聞きなし)として「日一分、日一分、利取る、利取る、月二朱、月二朱」というものがあり、この聞きなしと飛翔しながら囀る生態から太陽に金貸しをしているという民話もある。 春季に縄張りを主張するために鳴き声を挙げることから春の風物詩とされることもあり、本種をモチーフにした詩(例としての「ひばりに寄せて」)などもある。 のが作曲したによるヒバリのさえずりを模擬した『』の楽曲がある。 またのは、第1楽章冒頭の旋律がヒバリのさえずりに似て聞こえるため『ひばり』の名で呼ばれるようになった。 日本では飼い慣らしたヒバリを放ち、そのさえずりと高さを競わせる「揚げ雲雀」と呼ばれる遊びがあった。 現在はによりヒバリの愛玩目的の飼育は認められていない。 近年、世界的に減少傾向にあり 、ヨーロッパでは春播きから秋播き小麦への転換で草丈が高くなることによる生息適地の減少や年間繁殖回数の減少、また農耕の大規模化にともなう環境の均質化が原因として考えられている。 日本の東京では、面積が大きく減少しており、畑地の小面積化も進んでいる。 作付けもヒバリにとっての生息適地となる麦から野菜へと変化しており、このような畑地の減少と質的な変化がヒバリの減少に大きく影響していると考えられている。 ヒバリをシンボルとする自治体 [ ] 日本の以下のの指定の鳥である。 都道府県 [ ]• - ヒバリをモリーフとした「ひばりくん」が、のに採用されている。 市町村 [ ]• :、、• :、、、、• :、、、• :、、、、、• :、、、• :、、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2019年12月12日閲覧。 新・実学ジャーナル 80 2011年3月. 2013年8月28日閲覧。. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年6月8日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。 2011年. 2012年6月9日閲覧。 e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 2019年10月31日. 2020年1月10日閲覧。 東京都. 49 2010年. 2012年10月29日閲覧。 山口県 2002年. 2012年10月29日閲覧。 千葉県. 119 2011年. 2012年10月29日閲覧。 2013年8月28日閲覧。 PDF. Bird Research NPO法人バードリサーチ 1. 2013年8月28日閲覧。. 2012年6月5日閲覧。 参考文献 [ ]• 高野伸二他 山溪カラー名鑑『日本の野鳥』、山と溪谷社 、• 監修 C. ペリンズ、A. ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、、、152頁。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 ヒバリに関連する および があります。 外部リンク [ ].

次の