ステルス ロック 剣 盾。 【ポケモン剣盾】リベロエースバーンの対策を思いつく限り記載

剣盾版 新生ヤミヌケナマコ構築

ステルス ロック 剣 盾

【ポケモン剣盾】カジリガメの育成論と対策【3タテ雨エース!瞬足の亀】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はカジリガメの育成論と対策を考えていきたいと思います。 弱いと思われていてあまり使われないマイナーポケモンですが、余裕で厨ポケを全抜きできるほどのスペックを持つポケモンだったりするのでその秘密に迫っていきましょう。 ちなみに僕は執筆時点で最高順位158位まで行ったことがあるんですが、実はカジリガメ込みのパーティに勝てたことは一度もありません。 カジリガメの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【カジリガメの特徴1】夢特性すいすい カジリガメの一番の特徴はなんといっても夢特性すいすいです。 これによって雨状態のとき素早さが2倍になり、ドラパルトすら抜けるようになります。 ペリッパーなどの雨ふらし役と組む雨パのエースとして活躍できます。 また、ダイストリームをうてば自分ですいすいを発動できる=実質ダイジェット持ちといえるでしょう。 【カジリガメの特徴2】平凡なステータスだが強い水タイプ カジリガメは特に突出したステータスは持っていません。 HP・防御種族値も90と非常に硬いわけではなく、攻撃も115と特別高いわけでもありません。 ただ、水タイプなので天候が雨のときに水技の威力があがり、さらにタイプ一致で打てるため種族値から想像できる以上の火力をぶっ放すことができるポケモンです。 それにダイマックスエース運用する場合は技の火力がそもそもややオーバーパワー気味なので十分でしょう。 逆に起点作成役として育成する場合も、物理方面の耐久は起点作成の仕事をするのに十分なものがあります。 【カジリガメの特徴3】4倍弱点持ち カジリガメはバンギラスやドサイドンのように誰が使ってもとてつもなく強いというわけではないんですが4倍弱点持ちです。 草技はヌオー・トリトドン・ドサイドン・ウォッシュロトムという環境トップメタ対策で採用していることがあるので、カジリガメ自体はマイナーなもののそのとばっちりを受けやすいポケモンですね。 2倍弱点であればダイマックスで耐えますが、4倍弱点はかなり怪しくなるのでパーティ単位でケアするのがいいでしょう。 【カジリガメの特徴4】全抜きサポートのキョダイガンジン キョダイマックスカジリガメはダイストリームの代わりにキョダイガンジンを使えます。 これはダメージを与えつつステルスロックをまける技です。 例えば下記のような編成のパーティがハマると一気に試合が終わります。 カジリガメのキョダイガンジンでステルスロックをまいたあと抜けるとこまで抜く• ラスト襷パルシェンで詰め 相手のきあいのタスキを潰すことができるので、ストッパーとして残るはミミッキュの化けの皮ですがそれもパルシェンで突破できるでしょう。 カジリガメの育成論と戦い方 ペリッパーと組む雨パエースキョダイマックス型、通常ダイマックスエースの自前すいすい型、起点作成型など意外と多くの型があります。 【カジリガメの育成論】カバルドンから全抜きするカジリガメ• 特性:すいすい• 個体値:C抜け5V• もちもの:ラムのみ(いのちのたま・たつじんのおび)• わざ:つるぎのまい・アクアブレイク・もろはのずつき・ばかぢから 特徴・戦い方: 初心者に特におすすめの型で、相手のパーティにカバルドンがいたら初手で出します。 初手ステルスロックから入ってきた場合でも2回つるぎのまいを使うのはリスキーかつややオーバーパワーになるので、よほど有利編成でない限りは1回つるぎのまいにとどめましょう。 キョダイガンジンカジリガメがいることから、相手としては選出時点で読めないため2番手以降に襷持ちが置けない=ダイマックスストッパーとしては襷持ちの代わりにミミッキュが出てくることがありますが、ダイマックスしなければ受かりませんしカバルドン+ミミッキュくらいなら余裕で倒し、さらに3体目が水・岩・格闘のいずれかが弱点のポケモンであればダイマックスしていても致命傷を与えられるでしょう。 使用感としてはダイジェットギャラドスに似ていますが、弱点がギャラドスとやや違うのとトゲキッスやカビゴンに抜群を取れる技(岩・格闘)を覚えるところ、つるぎのまいで一気に攻撃2段階上昇できるところが強力です。 一応S244ですいすい発動していなくても最速バンギラス抜きです。 すいすい発動後はすなかきドリュウズと軽業ルチャブル、スカーフ持ちくらいしか環境にいるポケモンで抜かれることがありません。 (といっても最速スカーフサザンドラは抜けているので十分でしょう。 特に強いパーティ対カビゴン戦での勝率が変わってくるでしょう。 初手カバルドンがステルスロックでラムのみが使われなかった場合も、後続ミミッキュなどが鬼火で止めにきても無効化できて強いです。 全抜きエースのもちものの定番ですね。 全抜きエースのもちものの定番その2ですね。 相手のラストがトゲキッスやギャラドスの場合は80%の試合で勝てるでしょう。 もちろんつるぎのまいを舞えて攻撃3段階、4段階上昇で2体目を突破できれば3体目が弱点をつけるポケモンじゃなくても楽に突破できる可能性が上がります。 相手のラストがカビゴンやバンギラスだった場合はイージーウィンできるでしょう。 攻撃種族値があと一歩足りないカジリガメも一回つるぎのまいを舞えば余裕で全抜きできる強さになります。 ラムのみカジリガメを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 相手にストッパーとなるポケモンがいない場合はかなりのイージーウィンが狙えます。 カジリガメの対策 草4倍弱点をつくのがメジャーな対策です。 カットロトム• ナットレイ• ゴリランダー• ギャラドス といってもカジリガメが全抜きモードに入るとなかなか止めることが難しいので、そもそもカジリガメを含んだパーティを相手にするときは起点化されないように安易にあくびや鬼火持ちを選出せず、対面構築的な立ち回りで殴っていくのがおすすめです。 2番手ミミッキュのトリックルームもおすすめです。 キョダイマックスカジリガメの場合は襷持ちだとストッパーにならないので、ステルスロックで潰されずにすいすいを反転できるミミッキュは非常におすすめです。 ついでに鬼火や呪いを覚えさせて、3番目にドサイドンやダイオウドウなど鈍足高火力ポケモンをトリルエースとしておいておくといいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】カジリガメの育成論と対策【3タテ雨エース!瞬足の亀】 いかがでしたでしょうか。 今作から登場したデカ頭が特徴のカジリガメ、まだその強さを体感したことがないトレーナーはぜひ夢特性すいすい個体をレイドバトルで捕まえて育成してみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】トリックルームを使いこなすために

ステルス ロック 剣 盾

にステロが効かない ある日僕の兄が剣盾のランクマッチをしていると相手のパーティにが… しめしめとでを撒き、の処理は確実かと思われました そして相手の最後のは、「よし!あとはを倒して終わりや!」と意気込んでいたところ何故かにのダメージが入りません 結局そのバトルはステロダメが入らなかったため負けてしまいました 何故でしょう? 答えはあつぞこブーツ あつぞこブーツ:技「キョダイコウジン」「」「どくびし」「」「まきびし」の追加効果の影響を受けない。 1em; padding:0. 1em 0. 2em; background: fcfc60! 1em; padding:0. 1em 0. 2em; background: fcfc60! 1em; padding:0. 1em 0. 2em; background: fcfc60!

次の

【マスターボール級をめざせ】ポケモン剣盾 ランクマッチ 第3回【ゲンガーの活躍】

ステルス ロック 剣 盾

剣盾版 新生ヤミヌケナマコ構築 ~木漏れ日の不思議な集会~ レンタルコード:0000 0004 RCFL NN 今回は私のオリジナル構築記事のご紹介です。 皆さんはヤミヌケ構築というものをご存知でしょうか? メガ進化があった頃、メガ進化したの特性が 「マジックミラー」になる事を利用し、 などの設置技や鬼火や毒や、 宿り木などのダメージを与える補助技に弱いの相棒として それらを反射して弾き返すを組ませ、 が苦手な攻撃をで受けるといった ちょっと特殊な受けループ構築が存在しました。 私は以前よりこのヤミヌケ構築にを組み込んだ ヤミヌケナマコという構築を作り愛用していたのですが、 剣盾に入ってメガ進化が廃止された事により、 の特性を利用したヤミヌケは事実上消失していました。 しかし、今期に入ってそんなヤミヌケを、 また新たな形で再誕させる事に成功しましたので、喜びと共に公開させて頂きます。 勿論、冒頭に添付している画像の通り、レンタルパーティを公開致しますので 気になった方や、プレイングスキルや心理戦に興味のある方はぜひお試し下さい。 ぱっと見た感じ、メジャーなが皆無で、かつ合計が低い ばかりが集まった並びになっており、実際にランクマッチで戦えるのか? という印象を受けるかもしれません。 私自身運の悪い方ではありますが、この構築で瞬間最高1583位を記録、 その後は大体5万位~1万位台あたりをずっと往復している状態でした。 なんと、メインロム+サブロム両方で2回ともランクまで "無敗"で駆け上がるという偉業も達成しており、充分戦える構築だと自負しております。 前置きが長くなりましたが、以下へ構築詳細の紹介を記します。 本ブログ内での基礎解説記事にておおよその用語解説は網羅してあると思いますので、 解らない単語が出てきた場合などはそちらも併せてご参照頂ければ幸いです。 選出基準としては基本的に以下の法則性があります。 まず相手にステロ持ちが居るかどうかを見極め、 居る可能性が高い場合は基本的には選出しません。 次に、高火力特殊電気アタッカーが居る場合、 かマホイップのどちらかを選出します。 相手の選出では各種、キッス、などの特殊アタッカーが 高確率で初手に出てくる為、1体目の選出はほぼになります。 それらが居ない場合や、パッチラゴンやパッチルドンが居る場合、 または物理アタッカーが多く偏った編成の相手で 特殊アタッカーを温存したいであろう理由から、相手の初手出しが 物理アタッカーである可能性が濃厚だと読める場合、 例外的に1体目選出がかになる事があります。 相手にが居る場合、高確率で選出される為、を後ろに控えます。 相手にポットデスやが居る場合、 または積みエースと思しきが見える場合、 後ろにを控えます。 相手にが居る場合、 高確率で初手出しをしてくる為、後ろにマホイップを控えます。 これらの選出ルールでバッティングする内容がある場合、 相手の編成からより危険度の高い相手に合わせた選出にします。 はごく稀にナマコで受けつつPP枯らしの姿勢を見せると 上級者層は一旦引いてくれる事がしばしば有り、次のサイクルで が出てくるタイミングを読んで毒々を置いておくと ナマコ後投げなどで毒殺完封体勢が整う事があり、 キラーのマホイップを選出するのが窮屈な場合でも 補助的に対応可能になる場合があります。 相手に炎タイプの物理アタッカー(ウィンディなど)が居る場合、 それがおそらく高火力である場合に限ってイシヘンジンを選出します。 ただ、イシヘンジンはほぼ飾りです。 以前はこの枠がアーマーガアだったんですが、 アーマーガアはH-Dラインを強化した特殊耐久型も居る為、 相手が誤認し選出段階で物理ストッパーとして警戒してくれない事もあり、 イシヘンジンへと換装しました。 立ち回り 基本的に、電気をで受け、ドヒドで毒々などのスリップダメージで 削り勝つルートがメインです。 大抵の物理は火傷を入れてからドヒドやナマコなどで受ける事が可能になります。 相手のダイサンダーをどこまで上手く枯らす事ができるかが重要で、 心理戦で相手のトレーナーの性格や心理状態、思考が良く見えている場合は ダイサンダーを展開させる事なく完封勝利に入る場合が非常に多いです。 以下、具体的な対策ルートパターンです。 の電気はドヒドのトーチカで一旦見てから、基本的にで受けに行きます。 ボルチェンではなかった場合、2手目対面で毒々を入れておきます。 初手のトーチカ時、わるだくみをされた場合は一旦で電気を受けに行きます。 このタイミングで2手目がックスしたダイサンダーである確率が非常に高く、 この流れではそのままックスを枯らしに行きます。 が出てきた場合、マホイップ以外へはほぼ確定でを撃って来ます。 を後投げするとハチマキ以外では半分程度行くか行かないかのダメージに抑え込め、 次の先制鬼火でを機能不全に追い込めます。 相手は苦し紛れと思い急所狙いなどでを連打して硬直盤面を作ってくれる為、 急所よりも確率の高い光の粉による回避が発生し易く、 この1ターン分アドバンテージを使用して鬼火を入れに行きます。 稀に序盤からで一撃必殺技を出してくるトレーナーも居ましたが、 こうしたトレーナーの多くが非情に短気な方が多く、 長期の心理戦に持ち込んで若干不利を押し付けてあげると 降参や切断をして頂けるケースが多かったです。 通常、の一撃必殺は角ドリルですが、ごく稀に地割れ搭載型もいます。 この型はアーマーガアに一切何もできない型なので基本的にの様なものなので、 その珍種と当たった上に早期に地割れを被弾するような場合は諦めます。 また、同様の理由で珍種ハチマキのも辛いですが、 こちらはで鬼火入れに成功した場合、HP次第ではが殉職し、 ナマコが引き継いで火傷過労死ルートへ繋げられるパターンもありました。 へを後投げした場合は鬼火を入れ、ナマコに交代で安定します。 ナマコが居ない場合は鬼火の次にサマで確1になります。 無振りの場合通常時サマで7割程度、時確1ですが、 型はタスキ持ちの可能性が高い為先に鬼火から入る事でケアします。 同じように、パッチラゴンやパッチルドンに対してもを後投げし、 鬼火を入れに行きます。 理想は初手でパッチー対面を作っておき、 初手で鬼火を先制して入れ、鬼火が先制で入る事により電撃嘴が後攻扱いで 威力ブースト効果も失う事で軽症になるルートです。 の後投げからタスキを使った鬼火でパッチを機能不全にさせるルートも取れます。 あくびやにはマホイップを後投げします。 のあくびにはマホイップを投げることはほぼなく、 の身代りであくびをすかし、 次の吹き飛ばしを被弾する前に鬼火を入れておくルートをとります。 は基本的にで受けます。 守るや回復の合間でHPに余裕があるタイミングで積極的に水浸しを入れ、 毒を入れるブラフを仕掛ける事で交換を促したり、 特殊型と判明した後はドヒドで適当に受けながらブレードフォルム時を狙って熱湯を入れ、 ダメージレースに持ち込みます。 は基本的に回復手段を持たない為、無理に毒を入れに行くよりも 何かしらの攻撃や火傷で削り落とすルートの方が安定します。 はナマコかかで対応します。 初手のパターンが非常に高い為、どれも後出しが間に合います。 キッスは基本的にドヒド対面からの毒々を入れてからの消耗戦か、 ナマコに引き継いでの消耗戦をする場合が多いです。 サイクル上で急所被弾などでこの2体を消耗して失っている場合で、 かつキッスが悪巧み持ちの場合、または怯み続ける場合に打ち負ける事がありましたが、 そうでない限り7連怯みを受けていた場合でも毒殺に成功しているパターンもありました。 はドヒドかナマコで受けます。 身代り+悪巧み+悪の波動を搭載したの場合はほぼ何もできずに負けます。 が、ナマコで受け続けて粘っているとPP枯れや膠着状況を嫌ってか が何故か引いてくれる事もあり、 その後他の1体を毒殺してへと運ぶルートがちらほらあります。 一応相手のプレイングミスの部類ではあるものの、何故か結構な高確率であります。 身代りを貫通してダメージが通る「とびだすなかみ」の特性へ誤認された可能性があります。 ドラパルトは厳しいですが、基本的にドヒドで受けます。 トーチカで物理/特殊の型を見極め、特殊なら粘り、物理ならやで 鬼火を入れにいきます。 はとドヒドの2体で受けに行きます。 による先制補助技は悪タイプに対して無効になる性質上、 宿り木などをで受ける事が可能です。 また、同様にオーロンゲなどに対してはの鬼火が通らない為、 で鬼火を入れるかドヒドで熱湯火傷まで粘るルートが多いです。 に何もできない相手の交代際にを打っておく場合は 相手の後ろにいるゴツメ持ちをよく警戒する事が重要なので、 構築上ゴツメ持ちが居ないであろう事や、中盤以降で持ち物が判明している事が重要です。 特性でダメージのあるは宿り木やステロもあり、の天敵になります。 以上がほぼほぼ実用的な動きになっています。 ダメージ計算などにも基づいた動き方ですが、 膨大な量になる為具体的な被ダメ量目安のみしか掲載しておりません。 気になる方は是非ダメージ計算を回して頂ければ発見や理解が深まる事があると思います。 検索用ワード おじきん 剣盾 ソード シールド SwSh 厳選 遺伝 USUM SM ウルトラサンムーン サンムーン ピカブイ レート対戦 初心者 対戦 ランクマッチ 構築記事 ヤミヌケ ドヒド ナマコ kinnnotama.

次の