ペーパー ハウス ネタバレ。 強盗団と冷徹刑事の戦い終結へ「ペーパー・ハウス」パート3のおさらいとパート4の見どころ解説【Netflixドラマ】

【ペーパー・ハウス】キャスト女優5人の経歴まとめ。トーキョー、ナイロビなど

ペーパー ハウス ネタバレ

あらすじ Netflix(ネットフリックス)オリジナル海外ドラマ 『ペーパー・ハウス』シーズン1 教授と呼ばれる謎の男と教授に集められた逮捕歴のある犯罪者たち。 彼らの狙いは、スペインの王立造幣局。 造幣局を乗っ取り、24億ユーロを強奪する計画。 彼らはお互いの素性を知らず、仲間内ではコードネームで呼び合います。 教授が用意した豪邸にメンバを集めて、教授は強奪計画の講義をします。 綿密に練られた計画と準備。 教授とメンバは、前代未聞の強奪計画を実行する! — ネタバレ・見どころ Netflix(ネットフリックス)オリジナル海外ドラマ 『ペーパー・ハウス』シーズン1 ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。 幽霊のように存在しない男。 宝石店や競売会場など27件の強盗歴。 メンバで一番のサイコパス。 毛皮店、宝石店で強盗で逮捕歴あり。 工業機械に精通。 ドラッグ絡みでケンカ三昧。 腕ってぷしが強く危ない男。 見た目も凶暴。 偽造の達人。 ドラマは、強盗先の造幣局と、強盗を計画中のときの様子を中心に描かれます。 そして、綿密な計画をたて、計画を実行していきます。 負けじとあらゆる手段を使って逮捕をしようとする警察。 お互いの心理戦や駆け引きもドラマの魅力のひとつです。 メンバと人質67人との間でも、さまざまな事件が起きます。 警察vs教授とメンバたち。 空前絶後の頭脳戦と展開の先が読めない強盗計画。 極上のクライムサスペンスの幕が上がります。 — スポンサードサーチ 評価・感想 Netflix(ネットフリックス)オリジナル海外ドラマ 『ペーパー・ハウス』シーズン1 スペイン発のクライムサスペンスドラマ。 そして何かしらの逮捕歴がある問題だらけのメンバ。 『ペーパー・ハウス』は、強盗を題材としたただの犯罪ドラマではありません。 怪我をした人質を治療するために、受け入れた医療メンバに覆面警官が紛れこんだときには、ボディチェックに見せかけ、警官のメガネを外させ、そのメガネに超小型の盗聴器を仕掛けます。 そして、そのメガネを通じて、警察内部の情報を盗み出します。 メンバの背景なども徐々に明らかにされ、物語に深みを持たせていきます。 パート1とパート2で、一つの区切りがつき、パート3で新たなトラブルが発生します。 パート4は、パート3の続きです。 パート1の全13話では、ドラマは完結しないので、すぐにパート2が見たくなります(笑) 海外ドラマと言えば、すぐにアメリカの作品を思い浮かべますが、スペインのドラマもとてもおもしろいです。 『ペーパー・ハウス』は、海外メディアからも絶賛されている話題のドラマです。 Netflixに加入したら、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。 — キャスト・登場人物 Netflix(ネットフリックス)オリジナル海外ドラマ 『ペーパー・ハウス』シーズン1 キャスト・登場人物をご紹介します。 教授・・・アルバロ・モルテ トーキョー・・・ウルスラ・コルベロ ベルリン・・・ペドロ・アロンソ ナイロビ・・・アルバ・フローレス リオ・・・ミゲル・エラン デンバー・・・ハイメ・ロレンテ ヘルシンキ・・・ダルコ・ペリッチ モスクワ・・・パコ・トウス ストックホルム・・・エスター・アセーボ(エステル・アセボ) アルトゥーロ・・・エンリケ・アルセ ラケル・ムリージョ・・・イジアル・イトゥーニョ — スポンサードサーチ.

次の

『ペーパーハウス』主人公・トーキョーが嫌われる理由と演じる女優について

ペーパー ハウス ネタバレ

Netflixオリジナルドラマ「ペーパー・ハウス」のシーズン2の感想。 シーズン1の感想はすでにこちらで「」書いたんですがシーズン2も観終わったのでまとめてもう1度感想を。 ペーパー・ハウスのあらすじや話の流れはシーズン1の感想の時に書いたので興味がある人はぜひをどうぞ。 ペーパー・ハウス シーズン2の感想 シーズン1まではどのキャラにも魅力を感じなかったんですけどシーズン2から一気にそれぞれのキャラの良さが分かってきた。 あいつら皆最高だわ。 犯罪者だけど。 犯罪者と警察の戦いだけど、もう観ていてどっちが正義でどっちが悪か分からなくなってきますね。 いや、警察側が正義なのは間違いないんだけど。 一応警察側の人間である情報局のおじさまが完全な悪人面で、こっちが悪やんってなりますね。 ここからネタバレ注意 ゆっくりゆっくり教授が追い詰められていく感がたまらん。 そしてラケルとの関係もね。 教授の完璧な計画(父親の計画だが)にはなかったラケルとの恋。 もう見てる方は頼むからラケルは教授の正体に気付かないでくれ〜と思っていたがやっぱりラケルさんも気付く。 というかあのピエロの毛が原因だが。 教授〜ちゃんと確認して取っといてくれよ。 ここからラケルの正義か愛かと揺れる感じがたまらん。 つい数日前に知り合った男とあそこまで深い絆を築いてしまうラケルもラケルだが。 このドラマはストーリーとしては造幣局を襲ってお金を刷って逃げるという話だけどテーマは全然違うところにありますね。 1番狂ってそうで1番この作戦をちゃんと遂行しようとして、1番教授を信じていたのがベルリン。 ヤバイ奴感たっぷりだったが最後の最後にかっこよかった。 ああいうキャラって最終的には俺が先に逃げるんだみたいな感じになりそうですけど違いましたね。 あの巻き込まれた女の子は可哀想だけど。 最初あの女の子を脱走の際に一緒に連れて行った時はナイロビから「あの女、お前のこと実は嫌い言ってたわ」って知らされて、それにブチ切れて警察の銃弾の盾とか人質にして時間を稼ぐのに使うのかと思ったんですけど最後までベルリンはあの子に恋をしていたんですね。 爆発するときも頭を下げさせて守っていたしベルリンかっこよすぎんよ〜。 これはあれですね。 普段悪いことばっかしてるやつが普通の事をしたら一気に株が上がるみたいなやつですね。 派手に散ったベルリン、最高! 逆にトキオはどんどん株が下がっていく。 可愛いからってなんでも許されると思うなよ!話が進むにつれどんどんキャラとしての魅力もなくなっていく。 そういうキャラもドラマとしては必要な存在だけどね。 個人的には見た目もあれだからツンツンキャラで誰にも興味ありません金だけよこせみたいなのが良かったかな。 人質は殺さないから良かったけどさ 情報局のおっさんが 「えぇい!もう造幣局に突撃するぞ!」って命令して突撃したけどあれ普通にトキオ達が人質を殺すような人たちなら最悪の状況になってたでしょうね。 それほど追い込まれていたって事なのかもしれないですけど。 警察が突入して撃ち合いになった時は面白かったからいいか。 トキオが台車使って足元狙い撃ちしたり、ランボーになった時はこのドラマは盛り上げ方良く分かってるわと感心。 あと、トキオが普通に撃たれまくって倒れた時は普通に死んだと思った。 頭からも血を出してるように見えたし。 そしたらまさかの無傷?防弾チョッキあったとはいえここちょっと良く分からない。 これも主人公補正か?(主人公なのか分からないけど) 個人的にはここでトキオさんには撃たれておいてもらいたかったかな。 トキオファンには申し訳ないけど。 完全に映画みたいだった 1話約50分のドラマだったけど終盤はこれ映画見てるのか?って錯覚するくらい一気に盛り上がって綺麗に終わりましたね。 教授は毎日ラケルが来ることを期待しながらあそこで1年間も待っていたんだろうか。 まさか教授も1年間もあのポストカードの裏面に気付いてもらえないとは思ってなかったんじゃないかな。 ラケルは教授と一緒にあそこで住むのかな?でも娘と母親いるしどうするんだろうな〜。 娘の親権は取られてないよね?他のメンバーも元気にしてるかな〜。 シーズン1観終わった時は全然犯罪者メンバー好きになれなかったけどシーズン2観終わった後は好きになってしまったから寂しい。 他のメンバーは今こんな生活してますよって見せないところがまた綺麗に終わってる感があっていいかな。 色々想像できるし。 それなのに!こんな綺麗に終わったのに!まさかのシーズン3が制作される?みたいな話も。 というかもうほぼ決定みたいな告知もされてますよね。 あんな綺麗に終わったのになんでやねーん。 完全新キャラメンバーという訳でもなさそうだしまた皆で集まってどっか狙うのか?蛇足にならないといいけど。 yshinano.

次の

〔和訳〕「Netflix ペーパー・ハウス主題歌」My Life Is Going On

ペーパー ハウス ネタバレ

Netflixオリジナルドラマ「ペーパー・ハウス」のシーズン2の感想。 シーズン1の感想はすでにこちらで「」書いたんですがシーズン2も観終わったのでまとめてもう1度感想を。 ペーパー・ハウスのあらすじや話の流れはシーズン1の感想の時に書いたので興味がある人はぜひをどうぞ。 ペーパー・ハウス シーズン2の感想 シーズン1まではどのキャラにも魅力を感じなかったんですけどシーズン2から一気にそれぞれのキャラの良さが分かってきた。 あいつら皆最高だわ。 犯罪者だけど。 犯罪者と警察の戦いだけど、もう観ていてどっちが正義でどっちが悪か分からなくなってきますね。 いや、警察側が正義なのは間違いないんだけど。 一応警察側の人間である情報局のおじさまが完全な悪人面で、こっちが悪やんってなりますね。 ここからネタバレ注意 ゆっくりゆっくり教授が追い詰められていく感がたまらん。 そしてラケルとの関係もね。 教授の完璧な計画(父親の計画だが)にはなかったラケルとの恋。 もう見てる方は頼むからラケルは教授の正体に気付かないでくれ〜と思っていたがやっぱりラケルさんも気付く。 というかあのピエロの毛が原因だが。 教授〜ちゃんと確認して取っといてくれよ。 ここからラケルの正義か愛かと揺れる感じがたまらん。 つい数日前に知り合った男とあそこまで深い絆を築いてしまうラケルもラケルだが。 このドラマはストーリーとしては造幣局を襲ってお金を刷って逃げるという話だけどテーマは全然違うところにありますね。 1番狂ってそうで1番この作戦をちゃんと遂行しようとして、1番教授を信じていたのがベルリン。 ヤバイ奴感たっぷりだったが最後の最後にかっこよかった。 ああいうキャラって最終的には俺が先に逃げるんだみたいな感じになりそうですけど違いましたね。 あの巻き込まれた女の子は可哀想だけど。 最初あの女の子を脱走の際に一緒に連れて行った時はナイロビから「あの女、お前のこと実は嫌い言ってたわ」って知らされて、それにブチ切れて警察の銃弾の盾とか人質にして時間を稼ぐのに使うのかと思ったんですけど最後までベルリンはあの子に恋をしていたんですね。 爆発するときも頭を下げさせて守っていたしベルリンかっこよすぎんよ〜。 これはあれですね。 普段悪いことばっかしてるやつが普通の事をしたら一気に株が上がるみたいなやつですね。 派手に散ったベルリン、最高! 逆にトキオはどんどん株が下がっていく。 可愛いからってなんでも許されると思うなよ!話が進むにつれどんどんキャラとしての魅力もなくなっていく。 そういうキャラもドラマとしては必要な存在だけどね。 個人的には見た目もあれだからツンツンキャラで誰にも興味ありません金だけよこせみたいなのが良かったかな。 人質は殺さないから良かったけどさ 情報局のおっさんが 「えぇい!もう造幣局に突撃するぞ!」って命令して突撃したけどあれ普通にトキオ達が人質を殺すような人たちなら最悪の状況になってたでしょうね。 それほど追い込まれていたって事なのかもしれないですけど。 警察が突入して撃ち合いになった時は面白かったからいいか。 トキオが台車使って足元狙い撃ちしたり、ランボーになった時はこのドラマは盛り上げ方良く分かってるわと感心。 あと、トキオが普通に撃たれまくって倒れた時は普通に死んだと思った。 頭からも血を出してるように見えたし。 そしたらまさかの無傷?防弾チョッキあったとはいえここちょっと良く分からない。 これも主人公補正か?(主人公なのか分からないけど) 個人的にはここでトキオさんには撃たれておいてもらいたかったかな。 トキオファンには申し訳ないけど。 完全に映画みたいだった 1話約50分のドラマだったけど終盤はこれ映画見てるのか?って錯覚するくらい一気に盛り上がって綺麗に終わりましたね。 教授は毎日ラケルが来ることを期待しながらあそこで1年間も待っていたんだろうか。 まさか教授も1年間もあのポストカードの裏面に気付いてもらえないとは思ってなかったんじゃないかな。 ラケルは教授と一緒にあそこで住むのかな?でも娘と母親いるしどうするんだろうな〜。 娘の親権は取られてないよね?他のメンバーも元気にしてるかな〜。 シーズン1観終わった時は全然犯罪者メンバー好きになれなかったけどシーズン2観終わった後は好きになってしまったから寂しい。 他のメンバーは今こんな生活してますよって見せないところがまた綺麗に終わってる感があっていいかな。 色々想像できるし。 それなのに!こんな綺麗に終わったのに!まさかのシーズン3が制作される?みたいな話も。 というかもうほぼ決定みたいな告知もされてますよね。 あんな綺麗に終わったのになんでやねーん。 完全新キャラメンバーという訳でもなさそうだしまた皆で集まってどっか狙うのか?蛇足にならないといいけど。 yshinano.

次の