妊娠週数 表。 妊娠週数の数え方は?妊娠周期を把握するメリットと算出方法

妊娠期間はどのくらい?正しい週数と出産予定日の数え方

妊娠週数 表

こんにちは、管理人のイブです。 妊娠中って、 定期健診がめちゃくちゃ楽しみじゃありませんでしたか? 私は楽しみでした…! 特に初期のころとか、赤ちゃんがどういう状態か、自分のお腹から感じることができなかったので、 「無事に育っているのかな?」 「性別はどっちなんだろう?」 と気になることばかりでした! そんなわけで、定期健診の時に、 エコーで赤ちゃんの様子を見ることが、一つの楽しみだったんです。 妊婦健診の時には、毎回胎児の体重と身長などを教えてもらえますよね。 また胎児のエコー写真も、今はたいていの産婦人科で、もらうことができると思います。 でもその写真を見た時に「?」って思ったことはありませんか? 写真をよく見ると、 英単語でBPDやFL、FTA、CRLなどの見慣れない文字が印字されていると思います。 私もはじめはこの文字がなんだかわからず気になったので、今回は文字が表す数値の意味をご紹介しますね! そして妊娠週数ごとの胎児の平均的な大きさや身長についてもご紹介していきます。 Contents• BPD、FL、FTA、CRLとはどういう意味? それでは普段は見慣れないこの英文字を、簡単に説明していきます。 妊娠12週以降にこちらのサイズを測り、出産予定日や体重を算出する時に使用します。 妊娠初期は、この後ご紹介するCRLで出産予定日を算出しますが、赤ちゃんが大きくなるとCRLは使用しにくくなるため、BPDから計算するようになります。 このFLを使って、どのくらい育っているのか、どのくらいの体重かを割り出します。 赤ちゃんが大きくなると、モニターに全てが映し出されることが難しくなりますが、その時にこのFLを使用し、胎児の育ち具合を確認するんですね。 大体20週以降~妊娠後期の成長具合を調べる目安になります。 これらの数値で 胎児の大きさ、体重を算出して出産予定日などを割り出しています。 実はとても大切な数値だったんですね。 Sponsored Link 胎児の妊娠週数ごとの平均的な大きさはどれくらい? 赤ちゃんの成長には個人差がありますが、平均的な成長具合をご紹介していきましょう。 ただ、ご紹介する数値は、あくまで平均です。 胎児の成長の仕方も個人差があるので、お医者様が何か言わない限りは、「うちの子が小さくて心配」といったようなことを、あまり気にし過ぎないようにしてくださいね。 妊娠4~7週目の胎児の大きさ 妊娠4~7週目は妊娠超初期になります。 胎嚢が確認できるかどうか、といった時期になります。 1日1mmというハイスピードで成長していきます。 7週目までに約30mmのサイズに成長していることが多いでしょう。 妊娠8~11週目の胎児の大きさ 胎児は13~18mmの大きさ、体重は1~3gほどになります。 CRLは13~46mmほどです。 エコーからおおよそ頭と胴体の区別がつくほど成長し、運が良ければ手足や顔の形も見ることが出来るようになりますよ。 妊娠12~15週目の胎児の大きさ 胎児は16cmの大きさ、体重は15~100gと急激に成長していきます。 BPDは16~33mm程度になります。 体の大きさ以外にも胎児の消化器官が動き、爪や指紋なども形成されていきます。 妊娠16~19週目の胎児の大きさ 身長は16~20cm、体重は200~280gほどになります。 BPDは29~47mm、FLは16~32mmが平均です。 おおよそ りんご1個分の大きさと考えてみましょう。 髪の毛や眉毛なども生えてくる時期になります。 運が良ければ、この時期には性別がわかることもあります。 妊娠20~23週目の胎児の大きさ 身長は30cm、体重は600gまで成長します。 BPDは42~60mm、FLは26~34mmとなります。 ぼんやりしていた顔立ちもよりはっきりとしてくるでしょう。 心臓機能も形成されるだけでなく、聴覚も発達してくるので、ママの声が聞こえていますよ。 妊娠24~27週目の胎児の大きさ 身長は約35cm、体重は1000gを超えてくるでしょう。 BPDは54~72mm、FLは36~52mmとなります。 メロン1個分ほどの大きさになるため、ママのお腹も随分膨らんでくる時期ですね。 胎児の鼻の穴も貫通し、まぶたなども形成されていきます。 妊娠28~31週目の胎児の大きさ 身長は約38cm、体重は1500gになります。 BPDは72~91mm、FLは53~68mmとなります。 胎児の骨格は完成し、筋肉もついてくる頃になります。 妊娠32~35週目の胎児の大きさ 身長は45cm、体重は1800gに達する時期になります。 顔に脂肪がついてくるので、エコー写真を見ると、丸みを帯びた赤ちゃん顔を確かめることが出来ることも。 またエコー写真で全体を確認することは困難になってきます。 妊娠36~39週目の胎児の大きさ 身長は約50cm、体重は3000gといつ生まれても問題ない大きさに成長します。 BPDは81~97mm、FLは60~74mmが平均的でしょう。 内臓、神経系、筋肉は十分な発達をとげ、生まれた後すぐに自発呼吸や体温調節が出来る状態になっています。 赤ちゃんが大きくなるにつれてプレママが気をつけること 日々大きくなる赤ちゃんに、気持ちもウキウキしてきますよね。 はじめは小さくてお腹の膨らみもそれほど感じませんが、初期終わり~中期に差し掛かってくると子宮が大きくなるに連れて、段々とお腹も大きくなってきます。 そんな時にプレママさんが気をつけたいのは、 妊娠線。 管理人はちゃんとした妊娠線クリームを使わなかったことと、対応が遅れたので、立派な妊娠線ができちゃいました💦 できちゃうとわかるんですけど、妊娠線ってただの線じゃないんですよね。 凸凹と立体的で、光に当たると白く光るので、とても目立つんです。 妊娠線が一度できちゃうと、薄くするのは非常に大変。 もしクリニックでレーザー治療をしてもらうとしたら、何十万円もかかってしまいます。 管理人もできてから非常に後悔しました…。 そんな事態にならないように、気になる方は以下の記事を御覧ください。 ケアを始める時期が早ければ早いほど、産後のショックも少なくなりますよ。 赤ちゃんが健康に成長する上での注意点 赤ちゃんの平均の身長・体重もあわせてご紹介しましたが、赤ちゃんの健やかな成長の上で、 一番大切なのはママからもらう栄養素です。 数ある栄養素の中でも、特に 葉酸は、妊娠初期にかなりの量が必要になりますよね。 しっかり摂取すると神経管閉鎖障害のリスクが下がると言われていますので、妊娠初期の妊婦さんが、葉酸サプリを飲むことが常識になっています。 でも実は、妊娠初期だけではなく、妊娠中期、妊娠後期、さらに授乳期まで葉酸はいつもより多くの量が必要になるんですよ。 赤ちゃんの成長にも欠かせない栄養素なのですが、成人女性の葉酸を摂る量は、妊娠していない時でも推奨量よりも少ないそうです。 しかも葉酸は食べ物から十分に摂取するのは難しい。 だから、足りない分を妊娠中~産後も葉酸サプリで栄養を補うことが必要なのですが、残念ながらその事実はあまり知られていません。 ですからこの記事を読んでくださったママさんは、 どうか妊娠初期を過ぎても、葉酸を積極的に摂取してくださいね。 当サイトでも、たくさんの葉酸サプリを比較して、ランキングでご紹介していますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。 BPD、FL、FTA、CRLの意味もわかれば、妊婦健診時にもらうことが出来るエコー写真を見ることもより楽しくなりますね。 赤ちゃんの成長はママとしてもとっても気になっちゃいますが、個人差があることを理解した上で、のんびり成長度合いを楽しんでみてください。 今はエコー画像で分かる体重や大きさも、ほとんど誤差がないようですね。

次の

妊娠週数とは?数え方やカレンダーは?【産婦人科医監修】|Milly ミリー

妊娠週数 表

40歳で妊娠・出産(2016年8月)の新米ママ。 結婚は39歳の時。 旦那さんはイギリス人。 神奈川県在住。 2015年末、妊娠発覚40歳。 2016年8月、緊急帝王切開にて出産。 現在、汗と涙にまみれ必死に子育て中の新米ママ。 ひどい吐きつわりを経験。 高齢出産の不安とともに過ごした妊婦生活。 周りの友人も高齢出産が多いことから、同世代としての悩みなど日々の話題の中心はいつの間にか、妊娠・出産・子育てのことに。 そんな日々の出来事や悩み、その時々の気持ちを記録保存したいとの思いからこのブログを立ち上げました。 同じ悩み、問題、喜びを抱える方々と情報や気持ちをシェアできたら嬉しいなという願いも込めて。

次の

器官形成期(胎芽期)と胎芽の成長

妊娠週数 表

実は、妊娠週数や妊娠周期を知ることは、周期によって赤ちゃんに与える薬のリスクや対応方法、ママの体に現れる変化を把握するためにも、しっかり認識しておく必要があります。 まずは、妊娠週数や月数の見方、出産予定日の算出方法を知って今後の妊娠に役立てていきましょう。 妊娠週数と妊娠周期の数え方と見方ついて 昔から、妊娠~出産までを十日十日 とつきとうか と呼び、妊娠10ヶ月程で赤ちゃんが生まれると言われていました。 WHO 世界保健機構 によって定められた定義• 最終月経開始日を「0週0日」とする• 0日~6日を妊娠1週と定め、妊娠持続を40週とする• 妊娠1ヶ月は28日とし、妊娠持続期間を10ヶ月とする• 正常な妊娠持続日数は280日とする• 妊娠40週0日が出産予定日とする WHOによって定められたこの定義は、世界共通の基準となります。 月経周期は個人差がありますが、全ての妊婦さんが月経周期を28日周期と考え、280日目の「妊娠40週0日」が出産予定日と定めています。 この基準によって、細かい妊娠週数を把握することで赤ちゃんの出産予定日や成長具合、ママの体重目安、赤ちゃんに与える薬のリスクなどが分かるようになります。 妊娠週数は最終月経開始日を「妊娠0週0日」と考える このWHO 世界保健機構 の定義をもとに、妊娠週数を見るときは、最終月経開始日を妊娠0週0日と考え、0日、1日、2日、3日、4日、5日、6日で妊娠1週間と考えていきます。 妊娠週数 妊娠月日 生理開始日 妊娠0週0日 1月1日 妊娠0週間 妊娠0週1日 1月2日 〃 妊娠0週2日 1月3日 〃 妊娠0週3日 1月4日 〃 妊娠0週4日 1月5日 〃 妊娠0週5日 1月6日 〃 妊娠0週6日 1月7日 妊娠1週間 妊娠1週0日 1月8日 〃 妊娠1週1日 1月9日 〃 妊娠1週2日 1月10日 ・・・ ・・・ ・・・ 妊娠週数では7日を「1週」として計算しますが、週の開始は「0日」から始まります。 まだ妊娠していない最終月経開始日を「妊娠0日目」として考えていくので、ちょっと不思議な感じがしますが、初めて産婦人科に受診したときに最終月経を聞かれるのはこういう理由があるからなんですね。 妊娠月数の見方 妊娠月数とは、妊娠期間を「妊娠1ヶ月」と月単位でまとめた数え方です。 カレンダー上で見る1ヶ月は、28日や31日などバラバラになりますが、妊娠月数で見る1ヶ月とは4週を28日にまとめ、28日を1ヶ月として考えていきます。 そのため、妊娠0週~妊娠3週までの4週間が「妊娠1ヶ月」となります。 カレンダーを見ながら考えてしまいがちですが、実はカレンダー上の10ヶ月間を指すのではなく、妊娠でいう10ヶ月は28日を1ヶ月として考えていきます。 妊娠周期の見方 妊娠周期とは「妊娠〇週~妊娠〇週」と言った言葉で表される週数の呼び方です。 妊娠が判明して、病院に行ったときに初めて「妊娠5週目ですね」等と言われますが、その時期は既に「妊娠2ヶ月」と判断することができます。 満妊娠週数 妊娠月数 期間 妊娠0週~妊娠3週 妊娠超初期 妊娠4週~妊娠7週 妊娠初期 妊娠8週~妊娠11週 〃 妊娠12週~妊娠15週 〃 妊娠16週~妊娠19週 妊娠中期 妊娠20週~妊娠23週 〃 妊娠24週~妊娠27週 〃 妊娠28週~妊娠31週 妊娠後期 妊娠32週~妊娠35週 〃 妊娠36週~妊娠39週 〃 妊娠40週0日 妊娠11ヶ月 出産予定日 上記の表を見て分かる通り、妊娠周期には「期間」が決められています。 妊娠超初期、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期と妊娠期間が別れており、胎盤が完成する妊娠16週からは妊娠中期に入り「安定期」と呼ばれます。 妊娠開始から妊娠確定までの流れ 妊娠検査薬で妊娠が判明しても、いつ排卵が起きて妊娠確定となったのか分かりずらいですよね。 月経28日周期として妊娠開始から排卵、受精、着床、妊娠確定まで、図を見ながら確認してみましょう。 【イラスト化する画像1-1】 上図を見ると、最終月経開始日が妊娠0週0日となるので、生理が終わった1週間後、14日目に排卵が起こります。 排卵から受精が成立し着床すると、妊娠発覚は妊娠5週目から、そして妊娠6週目 妊娠2ヶ月 でやっと妊娠確定となります。 月経周期が不規則な場合は、排卵日にもズレが出てくるので妊娠確定まで多少誤差が出てくることがあります。 月経周期の違いによる出産予定日の出し方 WHOが定めた妊娠週数の定義を基に妊娠カウントをしていきますが、この方法は月経周期が28日の方を基本にしています。 個人によって、月経周期がバラバラなので実際、いつ排卵が起こったのか 赤ちゃんができたのか 分からないため、正確な出産予定日が分かりません。 しかし、月経周期が長い人や短い人でも出産予定日を出す方法があるので、いくつか紹介したいと思います。 月経周期が長い人 短い人 の出産予定日の出し方 28日よりも月経周期が長い場合は、排卵日も遅くなるため胎児の発達も誤差が出てしまいます。 月経周期が30日と長い場合、通常の28日周期の計算から超過している分を送らせて考えていくと出産予定日が出てきます。 この場合ですと、30-28で2日超過しているので「妊娠40週2日目」が妊娠予定日、月経周期が26日なら「39週5日目」が出産予定日となります。 月経周期が不規則な場合は胎児の大きさを計測して割り出す 月経周期が不規則な場合は出産予定日がずれてきます。 基礎体温をつけていたり、排卵検査薬を使って正確な排卵日が分かっている場合は、排卵日から妊娠週数を割り出して出産予定日を計算していきます。 しかし、基礎体温も測っておらず、月経不順で排卵日も分からないときは病院のエコーで胎芽や胎児の大きさを計測して妊娠週数を割り出していきます。 妊娠を希望している場合は、正確な妊娠週数を知るためにも普段から基礎体温を測っておくと安心です。 ネーゲレ法で見る月経が28日周期の出産予定日の出し方 出産予定日を算出する方法として「ネーゲレ法」があります。 このネーゲレ法は、最終月経の開始日を元に算出し、月経が28日周期を原則として考えていきます。 最終月経の開始日+7=出産予定日• 妊娠週数・出産予定日は変わることがある 妊娠週数を算出しても、月経不順な場合は実際の妊娠週数とはずれていることがあります。 周期が安定している場合でも、排卵日や月経開始日は月によってズレが出ていることもあります。 妊娠3ヶ月 妊娠8~妊娠11週 頃に、胎児の頭の上部からお尻の突出部までの長さを測る「CRL 頭殿長 」によってだいたいの週数が分かるようになります。 出産予定日も、医師から告げられていた予定日とズレることがありますが「20人に1人が予定日以外に出産した」との報告もあります。 妊娠週数や出産予定日が修正されることはよくあることなので、特に心配する必要はありません。 必要な妊娠週数を把握して、その時期のリスクや対応について考えていこう 妊娠の始まりが最終月経開始日から0週0日として考えたり、28日が妊娠1ヶ月となったり、排卵日や出産予定日の算出方法など、なかなか把握できるようなものばかりではないと思います。 「今は妊娠何週目?」と聞かれて、今は「妊娠〇週〇日」と覚えるのも大変ですが、妊娠周期を覚えることが大切だと言われる理由には、妊娠周期によって医療の対応方法、周期によって赤ちゃんや母体に与える影響などがあるからです。 妊娠中は流産や早産、妊娠中に起こる妊娠高血圧症候群や妊娠鉄欠乏性貧血など様々なリスクがあります。 周期にあったリスクを知ることで、食生活や体重管理など気をつけれるようになります。 しっかり覚えていなくても、何となく「今は妊娠〇週目」と覚えておくだけでも違います。

次の