岐阜 市 コロナ 感染。 新型コロナ感染の岐阜市の飲食店はどこ!?同じ30代従業員で複数感染!?

岐阜「金津園」存続ピンチ 20代風俗嬢コロナ感染で関係者は青息吐息(日刊ゲンダイDIGITAL)

岐阜 市 コロナ 感染

2020年3月18日、岐阜県岐阜市で初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道がありました。 岐阜県では今回で3人目の新型コロナウイルス感染者となります。 岐阜県でも徐々に新型コロナウイルスの感染者が増えてきましたね。 まだ全国的に見ても岐阜県は感染者が少ないですが、今となっては日本全国どこにいてもウイルスに感染するリスクがある状態です。 今後も岐阜県内で感染者が増えていく可能性は十分にあります。 岐阜県に住んでいる人は気をつけてください。 まだウイルスに対して特効薬ができたわけではないので、今できることと言ったら、1人1人が感染しないよに予防対策をすることだけです。 日ごろから意識して予防対策を実施しましょう。 今回岐阜市初となる新型コロナウイルス感染者ですが、いったい誰でどのような経路で感染したのでしょうか? そして勤務先や入院先の病院はいったいどこなのでしょうか? 気になる情報を調査してきました。 感染が確認されたのは岐阜市に住む自営業の50代の男性です。 岐阜市や岐阜県によりますと、男性は今月4日から9日までアメリカのニューヨークを訪れ、帰国後に発熱を感じ、14日には体温が38度台まで上昇しました。 15日に市内の医療機関を受診しましたが17日になっても熱が下がらなかったため同じ医療機関を受診したところ、肺炎と診断され、検査の結果、17日夜、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 男性は現在市内の感染症指定医療機関に入院していて、症状は比較的軽いということです。 男性は家族と旅行でニューヨークを訪れていて、愛知県の中部空港に到着したあと、私鉄を利用して自宅に戻ったということです。 症状が出たあとは基本的に自宅にいて、外出の際にはマスクを着けていたということです。 岐阜市は男性の家族4人について、今後、新型コロナウイルスに感染していないかを確認する検査を行うことにしています。 引用: 感染者はどうやら3月4日から3月9日までアメリカのニューヨークを訪れていたそうです。 しかも感染者1人だけではなく、感染者の家族もニューヨークを訪れていたとのこと。 感染者とずっと一緒に行動していたことを考えると、感染者の家族もウイルスに感染している可能性が高いです。 他の感染報道でも、感染者の家族全員がウイルスに感染したという例も少なくないですから。 家族にも感染が拡大していないといいんですが・・・。 新型コロナウイルスに感染した岐阜県岐阜市の50代男性の感染経路は? 岐阜県岐阜市初の新型コロナウイルス感染者となる50代男性はどのような経路で感染したのでしょうか? これが感染者の感染が確認されるまでの流れになります。 3月4日~3月9日 アメリカ・ニューヨークを訪れる 3月11日 37度の発熱を確認 3月14日 38度の発熱を確認 3月15日 医療機関を受診 3月17日 同じ医療機関を受診 3月18日 検査の結果、新型コロナウイルス陽性を確認 帰国後に発熱を確認したことから、感染者はニューヨークにいる時にウイルスに感染したのでしょう。 今となっては日本よりも海外の方が悲惨な状況ですから。 しかし現在日本はおろか、世界中が新型コロナウイルスの問題に直面しているというのにどうして海外を訪れたのでしょうか? あまりに危機管理能力が足りてないと感じてしまいます。 海外に行きたい気持ちもわかりますが、ウイルスに感染することを考えてると今は行かないほうがいいとわかると思うんですけどね。 新型コロナウイルスに感染した岐阜県岐阜市の50代男性の 受け入れ先 入院先の病院はどこ? 岐阜県岐阜市の50代男性は現在どこの病院に入院しているのでしょうか? 岐阜県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて5棟の病院があります。 その一覧がこちら。 岐阜赤十字病院 大垣市民病院 岐阜県厚生農業協同組合連合会 中濃厚生病院 岐阜県立多治見病院 岐阜県厚生農業協同組合連合会 飛騨医療センター 久美愛厚生病 感染者のプライバシーや入院先のトラブルを防ぐために明確な病院名は公表されていません。 ただ今回の感染者は岐阜市に住んでいるということで、岐阜市にあってなおかつ第一種感染症指定医療機関でもある岐阜赤十字病院に入院しているのではないでしょうか? 感染者が早く完治してくれるといいですね。 岐阜県岐阜市初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたとの報道を聞いた人々の反応 今回岐阜県岐阜市で初となる新型コロナウイルス感染者が確認されたということで、報道を聞いた人々からは多くの反応が見られました。 その一部を紹介しましょう。 この時期に家族揃って海外旅行行ってた馬鹿共のせいで面倒な事になりそうやわ。 — 仁 Makoto512810410 帰国後名鉄で帰宅。 4日程度は自由に行動。 その後発熱し外出は控え、 3日後感染確認。 この間何人に移してしまったか。 この方に罪はないが、 本当に厄介だ 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、17日夜、岐阜市に住む50代の男性が感染していることが新たに確認されました — レナ・カルニ renocalni 岐阜市からコロナ感染者が出たとかなんなとか。 気をつけててもかかっちゃうんだなぁ。 — 紅葉 もみじ minusaura 岐阜市でコロナ その人はアメリカ旅行で帰りにセントレアから名鉄で笠松駅まで乗ってたらしい。 笠松駅、、、家からチャリで5分なんだが? — まさと vNnLvQCb1OKkwsL まとめ 岐阜市でも感染者が確認されたということで、岐阜県内でも新型コロナウイルスの感染が拡大している状況です。 今後も岐阜県内で感染が拡大していくかもしれません。 岐阜県に住んでいる人は十分気をつけてください。

次の

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について

岐阜 市 コロナ 感染

岐阜県岐阜市で、店舗型風俗店に勤める20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが発表され、衝撃が走っている。 これまでも「風俗店で感染者がいても不思議ではない」というウワサはあったが、ここまで具体的に発表されることはなかった。 日本におけるコロナ禍は、いまのところ終息に向かいつつあると見られている。 岐阜市の発表によると、女性は岐阜と神奈川に自宅があり、働いていたのは岐阜駅周辺の店舗だという。 7日に頭痛の症状が出始め、9日にPCR検査を受けたところ陽性と判明。 味覚と嗅覚障害の症状も出ていた。 岐阜駅周辺には全国的にも有名なソープ街があるが、店名や業種は明らかになっていない。 風俗ライターは「岐阜にはナマを売りにする店もあって、濃厚サービスに定評があります。 北陸地方からお客さんが来るほど、人気のソープ街です」と指摘する。 感染が拡大しないことを祈るばかりだ。 日本では感染拡大のピークは過ぎたように見えるが、コロナ禍が残した爪痕は深い。 風俗業界はいま、危機的状況になっているという。 「緊急事態宣言が出されていた期間は、例年に比べて売り上げが8割も減りました。 事務所の家賃の支払いにすら困るほどのレベルです」。 こう話すのは、都内のデリヘル関係者だ。 宣言中の営業自粛も考えたが、同業者が営業を続けるということで休業はしなかった。 「ウチだけ閉店したら、働きたい女性たちは営業している店に移籍してしまう。 そうなったら女性がいなくなってしまい、営業を再開しようと思っても、できなくなってしまいます」(前出の関係者) もちろん風俗嬢たちもコロナは怖い。 あるデリヘル嬢は「指名が集まる人気の子は貯金があるのか、緊急事態宣言の最中は出勤しない人が多かったですね。 働く側としては、常連客だけなら信頼感があるのでいいのですが、指名じゃないフリー客がつくのが怖いんですよ。 それでも出勤する子たちは相当な覚悟を決めているか、何も考えてないかですよね」と明かした。 これまで風俗店での感染例が具体的になったケースは多くはなかった。 「実は働いている店と同じエリアにあるデリヘル店に『クラスターが発生した』とウワサになったことがあります。 その店のホームページを確認したら、もう削除されてしまっていた」(前出のデリヘル嬢) 水面下ではコロナの恐怖を感じることが多々あったわけだ。 緊急事態宣言が出る前と後では、明らかに業界内の空気が変わってしまった。 「出勤自粛を続けた女性の中には、もう戻ってこない子も出てきています。 「安定感が違いますよ。 風俗だけではとても不安です」と前出のデリヘル嬢。 いまはコロナが終息に向かっているように映るが、もし第2波が現実になれば自粛ムードに逆戻り。 なかには「特別定額給付金の10万円で風俗通いを復活させよう」という風俗ファンもいるだろうが、女性に感染させないよう、せめて対策だけは怠らないようにしてほしいところだ。

次の

岐阜「金津園」存続ピンチ 20代風俗嬢コロナ感染で関係者は青息吐息(日刊ゲンダイDIGITAL)

岐阜 市 コロナ 感染

岐阜県岐阜市で、店舗型風俗店に勤める20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが発表され、衝撃が走っている。 これまでも「風俗店で感染者がいても不思議ではない」というウワサはあったが、ここまで具体的に発表されることはなかった。 日本におけるコロナ禍は、いまのところ終息に向かいつつあると見られている。 岐阜市の発表によると、女性は岐阜と神奈川に自宅があり、働いていたのは岐阜駅周辺の店舗だという。 7日に頭痛の症状が出始め、9日にPCR検査を受けたところ陽性と判明。 味覚と嗅覚障害の症状も出ていた。 岐阜駅周辺には全国的にも有名なソープ街があるが、店名や業種は明らかになっていない。 風俗ライターは「岐阜にはナマを売りにする店もあって、濃厚サービスに定評があります。 北陸地方からお客さんが来るほど、人気のソープ街です」と指摘する。 感染が拡大しないことを祈るばかりだ。 日本では感染拡大のピークは過ぎたように見えるが、コロナ禍が残した爪痕は深い。 風俗業界はいま、危機的状況になっているという。 「緊急事態宣言が出されていた期間は、例年に比べて売り上げが8割も減りました。 事務所の家賃の支払いにすら困るほどのレベルです」。 こう話すのは、都内のデリヘル関係者だ。 宣言中の営業自粛も考えたが、同業者が営業を続けるということで休業はしなかった。 「ウチだけ閉店したら、働きたい女性たちは営業している店に移籍してしまう。 そうなったら女性がいなくなってしまい、営業を再開しようと思っても、できなくなってしまいます」(前出の関係者) もちろん風俗嬢たちもコロナは怖い。 あるデリヘル嬢は「指名が集まる人気の子は貯金があるのか、緊急事態宣言の最中は出勤しない人が多かったですね。 働く側としては、常連客だけなら信頼感があるのでいいのですが、指名じゃないフリー客がつくのが怖いんですよ。 それでも出勤する子たちは相当な覚悟を決めているか、何も考えてないかですよね」と明かした。 これまで風俗店での感染例が具体的になったケースは多くはなかった。 「実は働いている店と同じエリアにあるデリヘル店に『クラスターが発生した』とウワサになったことがあります。 その店のホームページを確認したら、もう削除されてしまっていた」(前出のデリヘル嬢) 水面下ではコロナの恐怖を感じることが多々あったわけだ。 緊急事態宣言が出る前と後では、明らかに業界内の空気が変わってしまった。 「出勤自粛を続けた女性の中には、もう戻ってこない子も出てきています。 「安定感が違いますよ。 風俗だけではとても不安です」と前出のデリヘル嬢。 いまはコロナが終息に向かっているように映るが、もし第2波が現実になれば自粛ムードに逆戻り。 なかには「特別定額給付金の10万円で風俗通いを復活させよう」という風俗ファンもいるだろうが、女性に感染させないよう、せめて対策だけは怠らないようにしてほしいところだ。

次の