きめつのやいば 雷。 【鬼滅の刃】上弦と無惨の共通点を探ることで見えてくるもの【きめつのやいば】

【鬼滅の刃】一番強いのは誰だ!?鬼殺隊『柱』最強ランキング!(改訂版)【きめつのやいば】

きめつのやいば 雷

珠世 たまよは 無惨 むざんに 「お前を殺す為にお前より強くなる必要はない」 「お前を弱くすればいいだけの話」 「お前は生きる為に手段を選ばないように」 「私も・・・ 私たちもお前を殺す為に手段を選ばない」 と語ります。 無惨 むざんは 「本来なら何の意味もない」 「 赫刀 かくとうでの斬撃も損傷も私には効くはずがない」 「どの鬼狩りの赫刀もあの男には劣り」 「再生修復の疲労も私には蓄積しない」 「しかし4種の薬がこれら全ての無駄な攻撃を」 「極めて有効な攻撃として私の肉体を追いつめている」 「この短時間であの女がこれ程の薬を作ることは予想できなかった」 「そしてこれは童磨につかったものとは全く異なる私が初めて喰らうもの」 「分析・分解にも時を用する」 と気づきます。 すると 無惨 むざんは突然動きをピタっと止めます。 それを見た 炭治郎 たんじろうは、 「!! 」 「動きが止まった」 「珠世さんの薬だ きっとそうだ」 「いける!! 勝てる!! 夜明けまでもう少し」 と思い込んだ瞬間でした・・・ 突然「ドン」という音と共に 無惨 むざんは今まで出したことのない攻撃を放ったのです! この攻撃をもろに受けてしまった伊黒小芭内に、 炭治郎 たんじろうも痺れるように喰らってしまいます。 そしてその攻撃を出したあとの 無惨 むざんの様子に変化が見られます。 今までは体中のいたるところに牙を生やした口があったのですが、 右肩から左脇腹にかけて、大きな牙を生やした口が見られます。 炭治郎 たんじろうは 痙攣 けいれんしてしまったようで、 「ガ、ガ、ガ、」 「何だ今の 衝撃・・・衝撃波」 「痙 痙攣が 止ま 止まらない」 「息 息が 呼吸 でき でき できない」 「 無惨 むざん 逃げる 逃げ 逃げ・・・」 と、ダメージがひどいようです。 そして、先ほどの 無惨 むざんの攻撃でカラスも喰らってしまったようで、負傷して倒れてしまいもう飛べない様子です。 」と心配しますが、 鬼殺隊の当主である 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは 「大、大丈夫だ 私に構うな」 「 小芭内 おばないと 炭治郎 たんじろうは無事か」 と、自分よりも戦っている 伊黒 いぐろと 炭治郎 たんじろうのことを心配します。 煉獄槇寿郎 れんごくしんじゅろうは 「 無惨 むざんの攻撃がこちらまでとんできた?馬鹿な」 「まさか居場所を気取られるようなことはあるまいな」 と、産屋敷邸のことを案じます。 産屋敷輝弥の兄弟達は 「夜明けまであと25分です」と伝え、 「あともう少し・・・もう少しだ」 「 無惨 むざんを逃がすな 頼む誰か・・・戦える子は・・・」 とつぶやきます。 場面は戦闘中の 炭治郎 たんじろうにもどり、 炭治郎 たんじろうが悶え苦しんでいます。 「立て 立ち上がれ」 「ああああ 息ができない」 「肺・・・肺がつぶれたのか」 「いっ 伊黒さんどこに」 「逃げてしまう 無惨 むざんが・・・!! 」 とその場から逃げようとする 無惨 むざんに目をやると、 傷の 癒 いえた 伊之助 いのすけが 無惨 むざんに攻撃をしかけます! 伊之助 いのすけは 「よくもやってくれたなぁゆるさねぇ」 と怒りを 無惨 むざんにぶつけますが、すかさず 無惨 むざんは 血気術 けっきじゅつを発動しようとします! が・・・ いつものような攻撃は発動しませんでした! 無惨 むざんは 「術が出せない」 「疲労か・・・・・・」 伊之助 いのすけは 「俺たちを庇って」 「 数珠 じゅずのオッサンの足と 半々羽織 はんはんばおりの腕が千切れた」 「あっちこっちに転がってる死体は一緒に飯を食った仲間だ」 「返せよ」 「足も手も命も全部返せ」 「それができないなら」 と怒りを 無惨 むざんにぶつけようと 伊之助 いのすけが叫んでいる最中に 伊之助 いのすけに向かって 無惨 むざんが攻撃します! 伊之助 いのすけが 「百万回死んで償え!!」 と叫び終わったその時、 無惨 むざんは地中目掛けて腕を伸ばすと、 伊之助 いのすけの足元から大きくなって出てきて 伊之助 いのすけを一飲みにしようとします。 するとそこへ誰かの攻撃が放たれ 伊之助 いのすけを救います! 助けに入ったのは 我妻善逸 あがつまぜんいつでした! 善逸 ぜんいつは 「 伊之助 いのすけ踏ん張れ!! 」 「 炭治郎 たんじろうはまだ生きてる」 「 心音 しんおんがする」 続けて 「 炭治郎 たんじろう生きることだけ考えろ」 「聞こえるかお前は死なない 絶対死なない」 「 禰豆子 ねずこちゃんと帰るんだ」 「人間に戻った 禰豆子 ねずこちゃんと生まれ育った家に帰るんだ」 「家族みんな待ってる 2人が帰ってくるのを」 と 炭治郎 たんじろうを気遣います。 が、その時・・・ 無惨 むざんの触手が 善逸 ぜんいつを襲います。 ですが今度は 伊之助 いのすけがすんでのところで 善逸 ぜんいつを救いますが、 ふりほどいた触手に吹き飛ばされてしまいます・・・ 必至で立ち上がろうとする 炭治郎 たんじろうでしたが、 無惨 むざんの血気術で神経系を狂わされているようで 起き上がれません・・・ そこで 血気術 けっきじゅつのせいと察知し日輪刀で自分自身を突き刺す覚悟を決めます。 「 隙間 すきまに刺す」 「太い血管と急所はさけろ」 と思いながら突き刺します! 最後の攻撃を放った 無惨 むざんは疲れ切っているようでした。 善逸 ぜんいつは 「じいちゃん頼む じいちゃんじいちゃん」 「じいちゃん俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!!! 炭治郎 たんじろうは 無惨 むざんに切りかかった日輪刀を、胸部に大きく裂かれた口で咥えられてしまい、なかなか離すことが出来ません・・・ そこへ 伊黒小芭内 いぐろおばないによって、鬼殺隊の隠しに救助されていた花柱の 甘露寺蜜理 かんろじみつりも復活し参戦します! 通常 無惨 むざんに傷を負わせたり、体を引き千切るのは日輪刀を赫刀にしたりしてやっとのことですが、 甘露寺蜜理 かんろじみつりは違いました・・・ 甘露寺蜜理 かんろじみつりは 「馬鹿ァ!! 」と叫びながら渾身の力で 無惨 むざんの腕を腕力のみで引き千切ります! さすが筋肉八倍娘ですね 笑 そのすぐ後には 無惨 むざんによる攻撃を喰らってしまい、 炭治郎 たんじろうが 「甘露寺さん!! 」と心配しますが その瞬間に今度は風柱の 不死川実美 しなずがわさねみが 無惨 むざんの反対側の腕、右腕を叩き切ります! と、その時です! 無惨 むざんの顔面がちょうど中央から「ピシッ!」という音と共に亀裂が入り・・・ 未だに日輪刀を 無惨 むざんの胸部の大きな口に日輪刀を咥え込まれている状態の 炭治郎 たんじろうは 無惨 むざんの目の前にいます・・・ すると 炭治郎 たんじろうの目の前で 無惨 むざんの口がものすごく大きく開いて口の中からは舌ものぞいています・・・ そのまま喰われそうになってしまった 炭治郎 たんじろうでしたが、 「下がるな」 「後ろに下がるな!! 老化のせいで呼吸も荒くなり、 細胞分裂阻害 さいぼうぶんれつそがいで分裂して逃げることも出来なくなり、 細胞破壊 さいぼうはかいで再生が遅くなっているようで、今回 甘露寺蜜理 かんろじみつりに引き千切られた左腕に、 不死川実美 しなずがわさねみにぶった切られた右腕で攻撃力が低下した 無惨 むざんがとうとう自分の顔面まで真っ二つにしてまで 炭治郎 たんじろうを喰らおうとしましたが、 伊黒小芭内 いぐろおばないによって、それも阻止されてしまいました。 ピンチになり始めてから柱達や 炭治郎 たんじろう達の誰かを吸収するのかと思いきや、今の所そのような雰囲気にはなっていませんね・・・ この辺は一安心ですが、まだまだ油断はできないところだと思います。 それと、もうすぐそこまでやってきている 炭治郎 たんじろうの妹の 禰豆子 ねずこの登場が待ち遠しいのですが、 やはり反面ドキドキしてしまいますね・・・ 今週話のラストで空が明るくなりかけてきた今、次週あたりで 禰豆子 ねずこが登場して物語が急展開を迎えてきそうな気がするのですが、 おそらく、 無惨 むざんと 禰豆子 ねずこの絡みはきっとあると思います! それが 炭治郎 たんじろう達にとっていい結果となるか悪い結果となるかは展開次第だとは思いますが、 無惨 むざんによる 禰豆子 ねずこ吸収だけはやめて欲しいです・・・。 今までにご紹介した 鬼滅の刃 きめつのやいばのネタバレを以下にまとめておきましたので、「前回や以前の話ってどんな内容だったっけ?」とお忘れの方はご活用ください!.

次の

きめつのやいば(鬼滅の刃)の評価は?あらすじや登場人物をチェック!

きめつのやいば 雷

珠世 たまよは 無惨 むざんに 「お前を殺す為にお前より強くなる必要はない」 「お前を弱くすればいいだけの話」 「お前は生きる為に手段を選ばないように」 「私も・・・ 私たちもお前を殺す為に手段を選ばない」 と語ります。 無惨 むざんは 「本来なら何の意味もない」 「 赫刀 かくとうでの斬撃も損傷も私には効くはずがない」 「どの鬼狩りの赫刀もあの男には劣り」 「再生修復の疲労も私には蓄積しない」 「しかし4種の薬がこれら全ての無駄な攻撃を」 「極めて有効な攻撃として私の肉体を追いつめている」 「この短時間であの女がこれ程の薬を作ることは予想できなかった」 「そしてこれは童磨につかったものとは全く異なる私が初めて喰らうもの」 「分析・分解にも時を用する」 と気づきます。 すると 無惨 むざんは突然動きをピタっと止めます。 それを見た 炭治郎 たんじろうは、 「!! 」 「動きが止まった」 「珠世さんの薬だ きっとそうだ」 「いける!! 勝てる!! 夜明けまでもう少し」 と思い込んだ瞬間でした・・・ 突然「ドン」という音と共に 無惨 むざんは今まで出したことのない攻撃を放ったのです! この攻撃をもろに受けてしまった伊黒小芭内に、 炭治郎 たんじろうも痺れるように喰らってしまいます。 そしてその攻撃を出したあとの 無惨 むざんの様子に変化が見られます。 今までは体中のいたるところに牙を生やした口があったのですが、 右肩から左脇腹にかけて、大きな牙を生やした口が見られます。 炭治郎 たんじろうは 痙攣 けいれんしてしまったようで、 「ガ、ガ、ガ、」 「何だ今の 衝撃・・・衝撃波」 「痙 痙攣が 止ま 止まらない」 「息 息が 呼吸 でき でき できない」 「 無惨 むざん 逃げる 逃げ 逃げ・・・」 と、ダメージがひどいようです。 そして、先ほどの 無惨 むざんの攻撃でカラスも喰らってしまったようで、負傷して倒れてしまいもう飛べない様子です。 」と心配しますが、 鬼殺隊の当主である 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは 「大、大丈夫だ 私に構うな」 「 小芭内 おばないと 炭治郎 たんじろうは無事か」 と、自分よりも戦っている 伊黒 いぐろと 炭治郎 たんじろうのことを心配します。 煉獄槇寿郎 れんごくしんじゅろうは 「 無惨 むざんの攻撃がこちらまでとんできた?馬鹿な」 「まさか居場所を気取られるようなことはあるまいな」 と、産屋敷邸のことを案じます。 産屋敷輝弥の兄弟達は 「夜明けまであと25分です」と伝え、 「あともう少し・・・もう少しだ」 「 無惨 むざんを逃がすな 頼む誰か・・・戦える子は・・・」 とつぶやきます。 場面は戦闘中の 炭治郎 たんじろうにもどり、 炭治郎 たんじろうが悶え苦しんでいます。 「立て 立ち上がれ」 「ああああ 息ができない」 「肺・・・肺がつぶれたのか」 「いっ 伊黒さんどこに」 「逃げてしまう 無惨 むざんが・・・!! 」 とその場から逃げようとする 無惨 むざんに目をやると、 傷の 癒 いえた 伊之助 いのすけが 無惨 むざんに攻撃をしかけます! 伊之助 いのすけは 「よくもやってくれたなぁゆるさねぇ」 と怒りを 無惨 むざんにぶつけますが、すかさず 無惨 むざんは 血気術 けっきじゅつを発動しようとします! が・・・ いつものような攻撃は発動しませんでした! 無惨 むざんは 「術が出せない」 「疲労か・・・・・・」 伊之助 いのすけは 「俺たちを庇って」 「 数珠 じゅずのオッサンの足と 半々羽織 はんはんばおりの腕が千切れた」 「あっちこっちに転がってる死体は一緒に飯を食った仲間だ」 「返せよ」 「足も手も命も全部返せ」 「それができないなら」 と怒りを 無惨 むざんにぶつけようと 伊之助 いのすけが叫んでいる最中に 伊之助 いのすけに向かって 無惨 むざんが攻撃します! 伊之助 いのすけが 「百万回死んで償え!!」 と叫び終わったその時、 無惨 むざんは地中目掛けて腕を伸ばすと、 伊之助 いのすけの足元から大きくなって出てきて 伊之助 いのすけを一飲みにしようとします。 するとそこへ誰かの攻撃が放たれ 伊之助 いのすけを救います! 助けに入ったのは 我妻善逸 あがつまぜんいつでした! 善逸 ぜんいつは 「 伊之助 いのすけ踏ん張れ!! 」 「 炭治郎 たんじろうはまだ生きてる」 「 心音 しんおんがする」 続けて 「 炭治郎 たんじろう生きることだけ考えろ」 「聞こえるかお前は死なない 絶対死なない」 「 禰豆子 ねずこちゃんと帰るんだ」 「人間に戻った 禰豆子 ねずこちゃんと生まれ育った家に帰るんだ」 「家族みんな待ってる 2人が帰ってくるのを」 と 炭治郎 たんじろうを気遣います。 が、その時・・・ 無惨 むざんの触手が 善逸 ぜんいつを襲います。 ですが今度は 伊之助 いのすけがすんでのところで 善逸 ぜんいつを救いますが、 ふりほどいた触手に吹き飛ばされてしまいます・・・ 必至で立ち上がろうとする 炭治郎 たんじろうでしたが、 無惨 むざんの血気術で神経系を狂わされているようで 起き上がれません・・・ そこで 血気術 けっきじゅつのせいと察知し日輪刀で自分自身を突き刺す覚悟を決めます。 「 隙間 すきまに刺す」 「太い血管と急所はさけろ」 と思いながら突き刺します! 最後の攻撃を放った 無惨 むざんは疲れ切っているようでした。 善逸 ぜんいつは 「じいちゃん頼む じいちゃんじいちゃん」 「じいちゃん俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!!! 炭治郎 たんじろうは 無惨 むざんに切りかかった日輪刀を、胸部に大きく裂かれた口で咥えられてしまい、なかなか離すことが出来ません・・・ そこへ 伊黒小芭内 いぐろおばないによって、鬼殺隊の隠しに救助されていた花柱の 甘露寺蜜理 かんろじみつりも復活し参戦します! 通常 無惨 むざんに傷を負わせたり、体を引き千切るのは日輪刀を赫刀にしたりしてやっとのことですが、 甘露寺蜜理 かんろじみつりは違いました・・・ 甘露寺蜜理 かんろじみつりは 「馬鹿ァ!! 」と叫びながら渾身の力で 無惨 むざんの腕を腕力のみで引き千切ります! さすが筋肉八倍娘ですね 笑 そのすぐ後には 無惨 むざんによる攻撃を喰らってしまい、 炭治郎 たんじろうが 「甘露寺さん!! 」と心配しますが その瞬間に今度は風柱の 不死川実美 しなずがわさねみが 無惨 むざんの反対側の腕、右腕を叩き切ります! と、その時です! 無惨 むざんの顔面がちょうど中央から「ピシッ!」という音と共に亀裂が入り・・・ 未だに日輪刀を 無惨 むざんの胸部の大きな口に日輪刀を咥え込まれている状態の 炭治郎 たんじろうは 無惨 むざんの目の前にいます・・・ すると 炭治郎 たんじろうの目の前で 無惨 むざんの口がものすごく大きく開いて口の中からは舌ものぞいています・・・ そのまま喰われそうになってしまった 炭治郎 たんじろうでしたが、 「下がるな」 「後ろに下がるな!! 老化のせいで呼吸も荒くなり、 細胞分裂阻害 さいぼうぶんれつそがいで分裂して逃げることも出来なくなり、 細胞破壊 さいぼうはかいで再生が遅くなっているようで、今回 甘露寺蜜理 かんろじみつりに引き千切られた左腕に、 不死川実美 しなずがわさねみにぶった切られた右腕で攻撃力が低下した 無惨 むざんがとうとう自分の顔面まで真っ二つにしてまで 炭治郎 たんじろうを喰らおうとしましたが、 伊黒小芭内 いぐろおばないによって、それも阻止されてしまいました。 ピンチになり始めてから柱達や 炭治郎 たんじろう達の誰かを吸収するのかと思いきや、今の所そのような雰囲気にはなっていませんね・・・ この辺は一安心ですが、まだまだ油断はできないところだと思います。 それと、もうすぐそこまでやってきている 炭治郎 たんじろうの妹の 禰豆子 ねずこの登場が待ち遠しいのですが、 やはり反面ドキドキしてしまいますね・・・ 今週話のラストで空が明るくなりかけてきた今、次週あたりで 禰豆子 ねずこが登場して物語が急展開を迎えてきそうな気がするのですが、 おそらく、 無惨 むざんと 禰豆子 ねずこの絡みはきっとあると思います! それが 炭治郎 たんじろう達にとっていい結果となるか悪い結果となるかは展開次第だとは思いますが、 無惨 むざんによる 禰豆子 ねずこ吸収だけはやめて欲しいです・・・。 今までにご紹介した 鬼滅の刃 きめつのやいばのネタバレを以下にまとめておきましたので、「前回や以前の話ってどんな内容だったっけ?」とお忘れの方はご活用ください!.

次の

雷の呼吸 (かみなりのこきゅう)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいば 雷

呼吸は師である育手もしくは剣士自身の我流により、様々な種類が存在する。 に登場する鬼たちは、人を喰うことで力をつけて、時には物理法則すらも無視したと呼ばれる特殊能力によって人を襲う為、それらに対抗するための戦闘法であり、攻撃の基本となる技を『 型』と呼ぶ。 雷の呼吸は、多くの流派の中でもその全ての基礎となっている 五つの流派の一つであり、対応するの色は 黄色で、呼吸音は「シィィィィ」 呼吸による力を脚に集中させ、神速の踏み込みから雷光の如き速さの斬撃を繰り出す。 基本型は全部で六つあり、主に作中の登場人物の一人である、が壱ノ型のみ使用する。 現在、は存在しない。 ちなみに公式ファンブックにおいて、の使い手の柱は「雷柱 らいばしら 」ではなく「 鳴柱 なりばしら 」表記されている。 他の柱が全て全集中の呼吸の流派に対応した名称であるにも関わらず、なぜ雷の呼吸だけそう表記されているのかは長らく不明で、「誤植ではないか?」という声もあったが、単行本17巻にて語られるに 雷の呼吸の使い手が柱になった際はこの名称で呼ばれるのが習わしらしい。 剣技一覧• 壱ノ型 (へきれきいっせん) 前傾の居合の構えから一瞬で敵と間合いを詰めて すれ違い様に一閃する。 弐ノ型 稲魂(いなだま) 一瞬で五連の斬撃を繰り出す。 参ノ型 聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい) 相手の周囲を回転しながら斬撃による波状攻撃をしかける。 聚蚊成雷とは小さな蚊の羽音も、大群になれば雷のような音になるという意味である。 肆ノ型 遠雷(えんらい) 放射状の雷のようなエフェクトがある斬撃。 伍ノ型 熱界雷(ねっかいらい) 下から上に切り上げ、斬撃を飛ばすようにして攻撃する。 熱界雷とは強い日射による上昇気流に前線が作用して起こる雷のこと。 陸ノ型 電轟雷轟(でんごうらいごう) 周囲にギザギザした雷のような無数の斬撃を繰り出す。 使い手• 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 20:34:18• 2020-07-18 20:33:13• 2020-07-18 20:33:11• 2020-07-18 20:33:00• 2020-07-18 20:32:24 新しく作成された記事• 2020-07-18 20:15:58• 2020-07-18 20:11:04• 2020-07-18 19:42:34• 2020-07-18 19:42:18• 2020-07-18 19:39:39•

次の