剣盾 素早さ実数値。 H=B+Dの法則とは?強いポケモンを育てる努力値の振り方!|ポケモニット

【ポケモン剣盾】素早さ種族値ランキング【ソードシールド】|ゲームエイト

剣盾 素早さ実数値

の記事です。 この内容はGameWithのコンテンツとは関係なく、個人的な趣味で作ったものです。 はじめに ポケモントレーナーの いのす です! ポケットモンスター ソード・シールド のランク戦を日々楽しんでいます。 日頃から、ポケモンを育成する際に、色々な企業や個人の皆様が作っていただいているサイトを利用させていただいています。 前提 利用技術 コスト お金も時間も を控えめにするために以下の技術を採用しています。 Vue. jsフレームワーク• Vue. js用UIフレームワーク• jsは少し構築経験がありましたが、Vueに対しての知識は薄かったので、そこらへんも勉強しながらでした。 ポケモンのドメイン知識 こちらについての詳細は他のサイトをご覧いただけるといいと思いますが、最低限本記事に関連しそうなものをざっくり説明をします。 種族値: ポケモン種類ごとに定められているベースとなる能力値• 個体値: ポケモン1匹ごとに与えられる能力値• 例外を除いて、最高値のポケモンを使うことが前提• 努力値: ポケモントレーナーが各種能力値を強化できる値• 性格補正: ポケモンの性格によって上下する倍率 1. ポケモンのステータスを見るとこの結果が表示されています• ランク補正: 「すばやさ が ぐーんと あがった」などの際の補正• (ポケモンはLv. 50、個体値は さいこう のみの前提で進めます) 企画 主な利用想定ユーザーは 自分 です!(笑) 素早さ計算するだけのツールはいろいろあるのですが、 比較しながら細かい調整をするツールがほしいという欲望がありました。 それを踏まえると、以下の方針が生まれました。 対戦中に即座に素早さ比較をしやすい• 仮想敵に対して細かい素早さ調整がしやすい これに従った、具体的な実装内容としては、以下の通りです。 相手のポケモンと自分のポケモンの2つの計算を行って比較する• ポケモンを選ぶ際はインクリメンタルサーチで快適に• デフォルト値は最速育成状態にして、その他の補正系の値はなし• 努力値や補正値系はポチポチしてるだけで調整できる• 条件を変更した際の結果をリアルタイムで見ることができる(リアクティブ! 実装 全ての実装方法を細かく解説はしきれないので、今回の特徴的な実装の部分にフォーカスして取り上げます! 細かい内容が気になる場合は、こちらのリポジトリを見ていただければと思います。 今回は綺麗な実装というよりは素早く作り上げることを重視したので、コードは結構汚めです...。 最低限同じロジックを2度書かないようにする程度の調整はしてあります。 また、サーバーに負荷をかけずに取得します。 Webページで先ほどのページを開いて、GoogleChromeのConsoleからJavascriptでDOMの中身を抽出することで、 ポケモン名をキーにして、バリューをポケモンの情報を持つオブジェクト 現状は素早さ種族値 s のみ を生成します。 create-nuxt-app v2. js project in pokemon-speed-checker? Project name pokemon-speed-checker? Project description Pokemon speed checker for sword-shield? Author name inosy22? Choose the package manager Yarn? Choose UI framework Vuetify. Choose custom server framework None Recommended? Choose Nuxt. js modules Press to select, to toggle all, to invert selection? Choose linting tools ESLint, Prettier? Choose test framework Jest? Choose rendering mode Single Page App? Choose development tools jsconfig. json Recommended for VS Code 注目すべきところは、 Vuetify を入れたことぐらいです。 SPA SinglePageApp か SSR Universal にするかを選択しますが、今回は最終的に静的ファイルに落とし込む nuxt generate コマンドを利用するためどちらでもいいのかなと思います。 CompositionAPIについて また、今回利用しているVue. jsのバージョンは2系ですが、近い将来出るはずのVue. js3系のバージョンで標準装備されている CompositionAPI を勉強がてら利用してみます。 これを利用することにより、ClassベースのVueComponentではなく、Functionベースのコンポーネント作成が可能です。 Vue2系には標準装備されていないので、提供されているパッケージを追加します。 直感的に書くことができて、SFCのtemplateで利用できる変数は、CompositionAPIのCreateComponentでreturnしたオブジェクトに宣言したものだけというのが非常にシンプルでわかりやすい! 実数値計算ロジック コード: こちらは、ES6のクラスベースでオブジェクト指向っぽく作成。 時短のためTypeScriptにしなかったので、privateプロパティっぽくしてますがなってないのはご愛嬌...。 Nuxt. jsの部分とはあまり関係なく、ポケモンのドメインロジックなので詳細説明は省きます。 ページの作成 コード: Nuxt. jsは pages ディレクトリにVueファイルを作成すると、その通りにルーティングされるので、ファイルを作成するだけです。 最初はこのファイルに全てベタ書きしていましたが、冗長な部分があったので、VueComponentの分割を行いました。 全体のレイアウトなどは、Vuetifyのを使うことで、簡単にレスポンシブデザインを実現します。 全てのパーツは、VuetifyのForm系のコンポーネントなどを利用して、 でVueComponentのstateを紐付けることで、リアクティブな処理を実現しています。 Vueコンポーネント設計 コード: 冗長な機能と見た目を持つものは以下の2種類があったので、ここだけ別Componentに分離しています。 CalculatorCard 赤枠• PlusMinusButton 青枠 ラジオボタンとチェックボックスの部分については、シンプルなVuetifyのコンポーネントを使っているだけなので、説明を省略します。 ポケモンの選択 インクリメンタルサーチで簡単にポケモンを選べるようにします。 これは、Vuetifyのを用いることで簡単に作成できます。 しかし、今回は時間の関係で断念。 努力値の入力 努力値は 0 から 252 までの値を取りますが、実数値への影響は4の倍数ごとに発生します。 また、Lv. つまり、これもComboBoxコンポーネントで補助してあげることで、入力がしやすくなります。 また、努力値は一番細かく調整したい箇所なので、細かい調整をリアクティブに確認しながら行いやすいように、プラスマイナスボタンもつけることにします。 プラスマイナスボタンについては、ボタンの有効無効フラグとクリック時に発火する関数を受け取るだけのコンポーネントになっており、同じ見た目で色々な加算減算処理に対応できるようにしています。 アイコンは を利用していて、から自由に使うことができます。 enableMinusButton? enablePlusButton? しかし、セレクトボックスを使うと、1ランクずつ変更して徐々に確かめたい場合に面倒なので、こちらにもプラスマイナスボタンを利用します。 素早さ比較結果の表示 親コンポーネントであるページで比較結果を表示します。 自分と相手のそれぞれの CalculatorCard で計算された実数値は、 それぞれのコンポーネントが管理しているので、 親コンポーネントに通知する必要があります。 そのため、親コンポーネントから、親のstateに計算結果を連携するコールバック関数を CalculatorCard にpropsとして渡してあげます。 CalculatorCard はその関数を、実数値の計算が終わった時に実行します。 state. ownSpeed と state. opponentSpeed に依存した算出プロパティを作成してあげれば、子コンポーネントの計算結果も親コンポーネントの比較結果にリアクティブに処理されます。 ownSpeed state. opponentSpeed state. ' result. Vueの を使うことで、プログレスバーの中に文字を入れることができるので、結果をそこに記載しています。 result. value. result. value. そのため、スマホサイズの場合だけ、結果表示は固定フッターにするという形を取りました。 OGPの設定 SEO対策やSNSなどでのシェアのためのOGP設定を行います。 nuxt. config. js の を使うことで一括で全ページに入れることができます。 netlify. netlify. Netlifyの利用 Nuxt. jsの公式ドキュメントのFAQにやり方が書いてあります。 今回は、静的に作られたサイトで問題ないので、 BuildCommandには npm run generate を指定し、PublishDirectoryに dist を入力します。 netlify. com のサブドメイン部分を自由に変更することができます。 さいごに Nuxt. js はアプリケーション構築を簡単に行うことができてかなり便利です! また、 CompositionAPI を使うことでシンプルな記述ができたのも実装速度向上につながりました! 一番時間がかかったのはUI周りでしたが、 Vuetify のおかげでデザイン知識が無いの自分が、コンポーネント単位の細かいデザインを考えなくて良いため、かなりの時間節約になりました! Netlify については設定が10分ぐらいで終わり、CDのことも全く考えなくて良い、さらには無料なのは最高ですね! 加えて、 Nuxt. js と Netlify はかなり相性がいいように感じました! 趣味での簡単なアプリケーション作成であれば、 Nuxt.

次の

【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と対策【ソードシールド】

剣盾 素早さ実数値

サーナイトの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 68 65 65 125 115 80 タイプ タイプ1 タイプ2 エスパー フェアリー 特性 トレース 相手と同じ特性になる シンクロ 毒・麻痺・火傷にされた時、相手に同じ状態異常を与える テレパシー(夢特性) ダブルバトルで味方の攻撃を受けなくなる 長所・短所 攻撃・防御が低く、特攻・特防が高い 典型的な特殊型ポケモンです。 特攻125、特防115と高く、さらにそれを強化できる めいそうを覚えるので、特殊関係の能力は相当なものがあります。 それ以外にも 優秀な補助技を多数習得できるため、 サポート役としても非常に優秀です。 タイプ面では第6世代でフェアリータイプが追加され、 鋼タイプ以外には一致技で等倍以上を取れる攻撃範囲の広さを得ました。 ですが、第6世代以降の大きな強みであった メガシンカがなくなったことで、これまでと比べて 大きく弱体化。 さらに特殊の高さに反比例するかのように HP・物理が脆いので、 物理技を受けたら確1にされることもしばしば。 素早さも並程度なので先手を取られやすく、素早いポケモンに先手を取られてそのまま殴り倒されることもよくあります。 使い道は多いものの、使いこなすのは難しい。 トレーナーの腕が試されるポケモンです。 育成論 積みアタッカー型 努力値 HP:252(実数値175) 特攻:4(実数値146) 素早さ:252(実数値145) 技構成 解説 めいそうで能力を上げ、上がった能力で相手を殴り倒す積みアタッカー型です。 普通サーナイトを使うなら特攻を上げて火力を上げて使うのが基本です。 ですが、めいそうで上がった火力( 実数値219)は補正あり特攻全振り( 実数値194)より高いので、わざわざ特攻に振る必要はありません。 むしろより確実にめいそうで上がったステータスを使えるよう、 HP全振りとオボンの実で耐久を上げるのがいいでしょう。 また、素早さも大して高いわけでもないので、相手に先に攻撃されて倒されるケースはあります。 ですので、少しでも多くの相手より先に動けるよう 最速にします。 これによって、 少しでもリスクを減らしてめいそうを積み、少しでも多く攻撃するのがコンセプトとなります。 技構成は型のコンセプトになる めいそう、一致技の ムーンフォースはまず必須。 後は攻撃範囲を広げるためのサブウェポンを何か一つと、もう一つの一致技は サイコキネシス・ サイコショックのどちらかを入れましょう。 なお、この型ではサブウェポンとして マジカルフレイムを採用しています。 実演してみた では、このサーナイトが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 対戦、よろしくお願いします。 ふつくしい… まずは何はなくとも 初手めいそう。 このサーナイトの戦力の要なので、これは絶対に外せません。 実数値では 補正あり特攻全振りシャンデラ(実数値216)すら上回るので、飛び抜けて高い火力が出るのは間違いありません。 使う場合、めいそうを使えるタイミングをよく見極めてからにしましょう。 ちなみに今回の場合は、相手のギャラドスの特性がいかくだったため、 トレースで特性をコピーして相手の攻撃を落として一撃耐えました。 現環境で 専用特性と化しているトレース持ちならではの耐え方ですね。 また、サーナイトの耐久では耐えられないと判断したら、遠慮なく めいそう後にダイマックスしましょう。 メガシンカがなくなっているので、 火力や耐久を確保するのにダイマックスは有効な手段です。 物理耐久は足りませんが、ダイマックスを併用すれば十分に補えるので、 めいそうからのダイマックスを前提として使うのもありかと思われます。 この型を使うなら、最低1回めいそうを積んだ状態をできるだけ維持するのがコツです。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 以上、サーナイトの育成論でした。 今回、めいそうを積めた対戦では その火力で複数のポケモンを倒す活躍を見せてくれました。 積みの起点さえ見つけられれば、きっと凄まじい火力で活躍してくれることでしょう。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】効率的な努力値調整方法まとめ HP調整・耐久調整の振り方解説【ソード・シールド】

剣盾 素早さ実数値

特性 効果 シェルアーマー 自分への攻撃が 急所に当たらない。 防御が高く、HPと素早さが低いですね。 また、 ドラゴンとの複合タイプであることから 水タイプの技を等倍で受けることができます。 種族値とタイプを活かした受け型、豊富な技を使ったアタッカー型、どちらにも育成可能です。 優秀な積み技、 からをやぶるを覚えるので、素早さの低さはある程度補え、 最速122族まで抜くことができます。 ソード・シールド発売時点ではバクガメスに 隠れ特性はありません。 もしかしたら今後、強力な特性が追加されるかも……? 特性について• シェルアーマーは、相手の攻撃が急所に当たらない特性です。 てっぺきなどで耐久力を上げた際に、 不意の急所で倒されないのが長所です。 バクガメスの技候補 バクガメスが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 40 150 150 必ず後攻になる 優先度:-3。 相手の物理技を受けた後に攻撃。 相手の物理技を受けないと失敗。 100 5 オーバーヒート Lv. 48 130 140 自分の特攻が2段階ダウン。 90 5 だいもんじ 技レコード15 110 140 1割で相手をやけど。 85 5 かえんほうしゃ Lv. 36 90 130 1割で相手をやけど。 100 15 しっとのほのお 鎧の孤島教え技 70 120 10割で、そのターンに能力の 上がった相手をやけどにする。 100 5 やきつくす Lv. 20 60 110 相手のきのみや、ノーマル ジュエルを使えなくする。 100 15 ほのおのうず 35 90 相手をバインド状態にする。 ドラゴンも相手にできるように、 ハバンのみを持たせました。 ただし、 ドラパルト相手だと からをやぶるでも素早さを抜けず、通常時では りゅうのはどうで倒せません。 ドラパルトを想定する場合は りゅうせいぐんを採用する必要があります。 素早さ 通常時、 実数値90で、無振り70族と同速。 からをやぶる後、 実数値180で、最速110族 エーフィ・ゲンガー 抜き抜き。 攻撃面 通常時、.

次の