ハイキュー クロ や ち。 ハイキュー

クロの彼女さんはツンデレでした【ハイキュー!!】

ハイキュー クロ や ち

スポンサーリンク 繋げ!繋げ!繋げ! 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 リエーフの弾いたボールは烏野後方の無人スペースにいい具合に飛んでいきます。 このままブロックポイントになるか? そこに西谷がダイブ! 彼のお蔭で一体どれだけの失点を防いでいることか。 それを影山、東峰と何とか返す。 必死で返したボールはネットに当たり、今度は音駒ネットを越えて手前!手前! 観客席からも悲鳴が聞こえてきそう。 研磨は手を伸ばすもここは夜久がダイブで拾い上げる。 そのボールを日向がダイレクトアタック。 しかしリエーフの右手がワンタッチ! 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 大盛りのコート外。 リエーフのお姉さんアリサはもぅ涙目。 研磨、海、夜久とまさに綱渡りの返球。 西谷が丁寧に拾い菅原が叫ぶ「チャンスボール!」 影山は日向を通りこしてサイドの田中へフワッとトス。 『極上ラインショット』。 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 コートの内側ギリギリを狙ったキワッキワのストレート! この一球が終止符を打つのか? スポンサーリンク 終わりはあっけなく 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 田中のアタックはリエーフと研磨の2枚ブロックをすり抜ける! パァンッと静寂な体育館に響く音。 海がこの一撃を綺麗にレシーブ!! 今この瞬間が夏合宿の練習試合と同じ光景で重なります。 鵜養コーチが立ち上がるところまで一緒のシーンです。 ここで観客の歓声が初めて聞こえたかのうような大反響。 「 強烈なストレートっ しかししかし上げているっ響(どよ)めく東京体育館!!」 粘りの音駒ここにあり! 解説者の言うように盛り上がる会場。 隣コートで試合をしている梟谷も振り返るほど。 一転してチャンスの音駒高校。 リエーフ、山本虎が研磨からのトスに反応しようと走り込みます。 しかしー。 「 あっ 汗か」 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 何と、トスを上げようとしたボールが汗で滑り研磨の手を弾いていきます。 海、福永が拾おうとするも届かず。 ついにボールがコートに落ちてしましました。 冷静に笛を吹く審判。 あああぁと落胆ともため息ともつかない声がこぼれる観客席。 ラリー中に触った全員分の汗がボールに付いていたのです。 日向は次のローテは田中のサーブと勘違いしたまま 「 田中さんナイッサー! あれっ」 試合終了の笛と電光掲示板で試合が終了したことにやっと気が付きました。 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 音駒21-烏野25。 影山「 終わりだボケェ」 スポンサーリンク 「ありがとう」を君に 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 コートにいなかった黒尾は「んあーっ」と寝ころびます。 両チームとも満身創痍で動けそうにもありません。 烏野のコートでは澤村が倒れながらも顔を覆い、影山はお腹が空いて「おにぎり」が頭に浮かんでいます。 一方の音駒はペタンと座り込んでいる研磨。 黒尾が近づくとこう言います。 「 はぁ~面白かった」 ここでようやくタイトルが表示されます。 『祭りの終わり』 そして長年の相棒に晴れ晴れとした笑顔で語ります。 「 クロ、おれにバレーボール教えてくれてありがとう」 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 いかん・・・涙が出てきそう。 最終回でもおかしくないような展開です。 でも次回に続く。 スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ324話のまとめ 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 長い長い戦いもついに終止符。 その決着は日向のスパイク、研磨の頭脳プレーなど劇的なものを期待した読者が殆どではないかと思います。 しかし、バレーの神様はある意味平等でした。 日向も第2セットでコートの汗で足を滑らせています。 前回の323話の記事で21-24の電光表示板のシーンがありますが、それをもう一度ご覧ください。 古舘春一「ハイキュー」324話より引用 記事にも書きましたが研磨と日向から蒸気する汗。 そして烏野のユニホームでは分かりづらいので、左コマの研磨を見てください。 いつも以上にシワが多いのが気になっていましたが、これ汗で背中とユニホームがベタついて密着したのを表現していたのではないでしょうか。 そう考えると汗でファンブルしたのは唐突ではなく、実は前回から伏線が張ってあったと解釈できます。 最後に黒尾について。 ローテーションの都合で高校バレー生活最後の瞬間にコートの中にいなかったこと。 また研磨にとってバレーの楽しさは日向に教えられたシーンを見た瞬間。 果たして彼はどんな気持ちでいたのでしょうか? と不憫に思っていましだが、研磨から感謝の言葉がちゃんと用意がされていました。 これで黒尾が救われたような気がします。 研磨の言葉を聞いて彼が一体どんな表情をしたのか想像するのも楽しいかもしれません。 さてゴミ捨て場の決戦は烏野の勝利で決着がつきました。 来週は試合終了の挨拶と戦いを振り返る感想回でしょう。 日向と研磨がどんな会話をするのか? 今は負けても楽しさが優先して笑顔の研磨でしたが、悔しくて涙を流すまで描くのかな? と予想すると、爽やかに終わるか涙腺崩壊のお話どちらかになると思います。

次の

ハイキュー!!の黒尾鉄朗についての質問です。クロは作品の中で...

ハイキュー クロ や ち

天童!?坊主!?最初田中さんかと思ったよ!?!?!? 岩ちゃん…………. 岩ちゃんまじ変わってない笑 天童ーーーー!! — まお qlcvwDbZUEYWw1e はぁ〜 ハイキュー本誌….. 本誌でもうなんかもうムリ。 — にゃお yy2525yy4 ハイキュー本誌、今回は若利くん回でした。 左利きのエピソードの回収のしかたに泣いた、ここ毎週ハイキューで泣いているワケだが。 覚は海外? なんか、若利くん回で妙にハイキューの最終回が近づいてるのを感じてさらに泣ける。 いいんだよ、日向達が老人ホームに入るまで連載しても、いいんだよ。 牛若に絡んだのがむしろ岩ちゃんだとして、じゃあ次、まさかのさとりと及川さん回、からの~まっつんとマッキー登場とか?ここで音駒勢も多少チラ見せもあるかもしれん。 涙腺ゆるゆるよ。 本誌のツイート漁りに 漁ってスゴい疑問なのだが…… 天童さん坊主になってるの?! なんで?😂笑笑 ねぇ。 あとはクロだけなんだけど…… 出てくるかしら。。。 なんなら青城メンツみんな出して。 笑 — いでこのみ。 konomi3x2 ハイキュー本誌 ウシワカがウシワカでウシワカだったなぁー!こうでなきゃ! そして天童引っ張るねぇ天童 — もりそば morisoba1175 ハイキューおもろすぎ。 昔から好きだけど、ずっと新しくてずっと面白い。 古舘先生は天才。 白鳥沢戦後、チームフラッグの「強者であれ」の文字が負けた牛島さん越しに見えた瞬間に、牛島さんを象徴する言葉だなって思ったけど、まさにその通り。 牛島若利は強者である。 皆本誌を読んでほしい。 本誌岩ちゃんで騒がれてるけど、ほんと泣けるわ。 — mina mina16422785 本誌ハイキュー、次はウシワカさんかなーとは思ってたけど、ここで岩ちゃんが出てくるとは。 とてもよかった… なんかしみじみしちゃった。 あの時点でのラスボスがラスボスのまま終わるのではなくて、みんな主人公でみんな変化していて、誰かに影響されたり誰かに影響を与えたりしている。 みんな好きになっちゃう。 ところで天童覚はいま何してるの??? — あこ acoqcy65 今日の本誌ハイキューに岩ちゃんが出てきたことで、ウシワカが及川以外弱いって言ってたのを思い出し、岩ちゃんその人及川以外弱いって言ってましたーって小学生みたいにチクりながら読みました — 成坂 1202L96A1 ハイキュー本誌、何だろう、、、なんて言えばいいのだろう、、、点と点が線になっていく感じ、みんなが繋がっている感じ。 はぁ、、、素敵な最終章。 — 松本みか pinkhide69 ハイキュー本誌見たぁぁ!!岩ちゃんんん!! 相も変わらずカッコいい…目標に向かって前進していてカッコいい… トレーナーになるんだね…及川さんの…ではなく及川さんの対戦相手のトレーナーになってほしい… あ、わてくし及岩派です。 男前受け大好き侍で御座る故。 周りに子育てする人が増えて、親が我が子とどう向き合うか模索している一端に触れる機会が増えたせいかなあ。

次の

ハイキュー

ハイキュー クロ や ち

クロはイケメンでは無いと思います。 男性の方によくいる平均的な顔立ちをしています。 クロだけでなく、青城の松っつん、マッキー、梟谷の赤葦も同じ顔立ちをしていると思います。 目が一重な所とか。 でもこういう顔立ちが好みな女性はいますよね。 クロは容姿ではなく高身長とノリの良い性格でモテていそうな気がします。 ただ、同学年にはウケが悪く、お調子者なので後輩女子にモテていそうですね。 公式でイケメンが強調されているのは及川さんただ一人です。 モテ描写があるのも及川さんだけですね。 山口の最近の悩みでは月島もモテているみたいですね。 個人的にハイキュー!! でイケメンなのは及川さんと月島と伊達工業の二口だと勝手に思っています。

次の