車 名義 変更 住民 票。 軽自動車の名義変更の必要書類

住民票

車 名義 変更 住民 票

必要書類 必要枚数 交付元 住民票 1枚 市区町村の役所 印鑑(認印でも可) 1本 - 自動車検査証(車検証) 1枚 販売店 自賠責保険証 1枚 販売店 委任状 1枚 販売店 車庫証明書 1枚 警察署 車の購入に必要な各書類の詳細について 普通自動車と軽自動車それぞれの購入に必要な書類は分かるものの、どのように取得すれば良いのか、それがどのような書類なのかを理解できていない人もいるのではないでしょうか。 実はこれらの書類はそこまで手間がかかるものではなく、どれも簡単に取得することができます。 車の購入に必要な各書類の詳細についてご紹介します。 印鑑証明書(普通自動車の場合のみ) 普通自動車の購入時には、印鑑証明書が必要となります。 なぜなら、普通自動車は資産として国に登録するものだからです。 そのため、契約書に押印する実印が本人のものであるかどうかを証明するための印鑑証明書が使われます。 印鑑証明書には実印の印影はもちろんのこと、登録している本人の氏名、住所、生年月日など、さまざまな情報が記載されています。 第三者によって「誰のものなのか」の正当性が保証されていることからも、重要な取引で用いられます。 また、印鑑証明書は実印を登録している市区町村の役所で発行することが可能です。 発行手数料は1枚あたり300円程度となっています。 平日のみしか受け付けていませんが、最近ではコンビニなどでも自動交付できるようになりました。 実印(普通自動車の場合のみ) 住民登録している市区町村の役所で印鑑証明書を発行するためには、事前に印鑑登録の手続きが必要です。 登録の手続きから申請までは数十分程度で完了しますが、春先などの引越しシーズンでは窓口が混雑している場合があります。 実印として登録できる印鑑は、印影が直径8. 0mm~25. 0mmの正方形に収まる大きさといった規定が設けられています。 インターネットのオンラインショップでは気軽に作れるだけでなく、印鑑の種類も豊富なので自分好みのデザインが注文できます。 また、市区町村で印鑑登録の申請をする場合は、本人確認のために身分証明書の提出が求められます。 「運転免許証」「住民基本台帳カード(写真付き)」「パスポート」「身体障害者手帳」といった写真付きの証明書を用意しましょう。 住民票(軽自動車の場合のみ) 軽自動車は普通自動車のように資産としてみなされないため、印鑑証明書を用意する必要がありません。 そのため、軽自動車の購入時には、本人確認書類として住民票を提出するだけで対応してもらえる中古車販売店がほとんどです。 住民票は、印鑑証明書と同様に住民登録している市区町村の役所で発行することができます。 また、発行するためには本人確認のため「運転免許証」「住民基本台帳カード(写真付き)」「パスポート」「身体障害者手帳」といった身分証明書が必要です。 印鑑(軽自動車の場合のみ) 軽自動車は印鑑証明書が不要であるため、印鑑も実印である必要はありません。 また、印鑑登録のようにサイズなどの規定もなく、銀行などで使用する認印でも大丈夫です。 ただし、シャチハタや三文判は認印として認められていない自治体もあるため、事前に中古車販売店の担当者などに確認しておきましょう。 自動車検査証(車検証) 車検証とは、車が自動車保安基準に適合していることを証明するための書類です。 車だけでなく所有者に関するさまざまな情報が記載されています。 車購入時に管轄の運輸支局(軽自動車は軽自動車検査協会)から交付を受けます。 ただし、中古車販売店が準備してくれることがほとんどなので、特別な手続きをする必要はありません。 自賠責保険証 自賠責保険証とは、加入が義務付けられている「強制保険」です。 交通事故の被害者、つまり対人にのみ補償する保険で、対物や運転手といった損害は補償対象外となっています。 自賠責保険は、保険会社や代理店などで加入することができます。 ただし、中古車販売店が手続きを行ってくれることがほとんどなので、時間を使って取得する必要はありません。 委任状 委任状とは、本来は自分で行う手続きを第三者に代行してもらう場合に必要な書類です。 新しく購入する車の登録や名義変更といった手続きを中古車販売店へ依頼するときに使用します。 委任状に関しても、中古車販売店が準備してくれることがほとんどです。 書類に記載する内容も、担当者の指示に従いながら正しく記入しましょう。 車庫証明書 車庫証明書とは、新しく購入する車の保管場所(駐車スペース)を確保していることを証明するための書類です。 車庫証明書を取得するためには、印鑑証明書などとは異なり、保管場所を管轄する警察署の窓口で申請を行う必要があります。 車庫証明として、警察署に以下の書類を提出します。 保管場所証明申請書• 保管場所標章交付申請書• 保管場所使用承諾証明書または保管場所使用証明書• 保管場所の所在図 いずれの書類も警察署で受け取る、もしくは各都道府県のホームページからダウンロードすることが可能です。 また、申請時には約2,100円、交付時には約500円の手数料がかかります。 必要書類を提出したら、警察が実際に駐車スペースに空きがあるかどうかの確認に訪れます。 特に問題がなければそのまま発行となりますが、申請した駐車スペースに物が置いてあると、車庫証明を発行してもらえないので、事前に確認しておきましょう。 車購入の流れ 車購入を検討しているものの「初めてで、流れがよく分からない」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。 どのタイミングで何をやっておけば良いのかを知っておくことで、初めての車購入でもスムーズに手続きなどを進めていくことができます。 賢く車を購入することができるよう、その流れについて具体的にご紹介します。 車購入の予算を決める 車購入において、事前にはっきりとさせておきたいことが「予算」です。 最初に欲しい車を決めていたとしても、検討を重ねていくうちに、ついつい購入金額が予算よりも大幅にオーバーしていたということは珍しい話ではありません。 しかし、購入後も保険や税金、燃料費、駐車場代……といった維持費がかかるため、生活に無理のない範囲で購入するのが理想的な選び方です。 購入する前に「これ以上は出せない」といった上限を設定して、後悔のない買い物にしましょう。 欲しい車の条件を決める 予算が決定したら、次に欲しい車の条件を頭に思い浮かべます。 具体的な車種のイメージがつかない人は、車の利用目的から考えると良いでしょう。 たとえば「買い物がメイン」ということであれば、小回りが利く軽自動車などが選択肢として挙げられます。 このように、何が譲れない条件であるのかを決めておくと、自分にとって理想的な車を探しやすくなります。 ただ闇雲に探すだけでは、良い買い物をすることはできません。 自分にとって必要なものは何であるのかを考えて、賢い選択をしてください。 車選び・問い合わせ 検索サイトや中古車販売店のホームページなどで、自分が必要としている条件とマッチする車があるかを確認します。 そして、気になる車があればメールや電話で「在庫確認」「簡単な見積もり」「試乗予約」などを問い合わせていきましょう。 また、車購入にはさまざまな方法があります。 中古車販売店やディーラーなどが、その代表例です。 他にも、オークションや個人間売買などといった取引の方法もありますが、金銭トラブルなども少なくないため、原則としておすすめしません。 店舗訪問・現車確認 ホームページなどで欲しい車が見つかったら、必ず店舗訪問して現車確認をするようにしましょう。 実際に見てみなければ、車内の様子や広さ、ボディカラーの感じなどは分かりません。 また、乗り心地を確認するためにも試乗してみることをおすすめします。 中古車は低価格で購入できますが、それだけに注意すべきリスクもあります。 修復歴車はもちろんのこと、店舗によっては購入してすぐに故障する可能性のあるものも紛れているかもしれません。 中古車を検討している場合は、購入する前に細かくチェックしておくことが大切です。 見積もり 「法定費用」「販売店手数料」の3つが基本です。 法定費用とは、自動車税や環境性能割といった費用のことで、どの中古車販売店で購入しても金額は変わりません。 一方で販売店手数料とは、名義変更や納車費用といった代行費用などが含まれており、購入する中古車販売店によって異なります。 車両本体価格を安くしている代わりに、販売店手数料に利益を上乗せしていることもあるため、適正価格を把握しておくことも大切です。 契約手続きと必要書類の作成 中古車販売店から提示された見積もりに納得すれば、契約手続きへと進みます。 基本的に契約書類は中古車販売店が準備してくれますが、細かな契約内容を見逃してトラブルになることもあります。 記載事項に不明な点があれば、しっかりと説明してもらいましょう。 契約時には中古車販売店が準備する書類以外にも、自身で用意するべき書類がいくつかあります。 契約をスムーズに進めるためにも、必要書類は事前に準備しておくことをおすすめします。 中古車販売店によっては上記に記載した書類以外のものも必要になってきます。 購入代金の支払い すべての契約書類が整ったら、購入金額を支払う段階に入ります。 支払方法には「現金一括」「自動車ローン」「クレジットカード決済」「自社ローン」の4つに分けられます。 現金で支払うことで、金利などの心配をする必要はありません。 それでも、支払いの負担を少しでも減らしたいという方は、自動車ローンを活用しましょう。 また、中古車販売店によっては自社ローンを展開しているところもあります。 通常の自動車ローンの審査に通らない方向けですが、金利が高いなどのデメリットもあります。 納車 ここまですべての契約諸手続きが完了したら、あとは納車を待つのみです。 納車までの日数は新車だと1ヶ月~2ヶ月程度かかることもありますが、中古車であれば1週間~2週間程度となっています。 ただし、販売時の状況によって変わることもあります。 また納車時には、車両に問題がないかどうかのチェックをしておくことが大切です。 特に中古車は保障期間が短いことがほとんどであるため、仮に何か問題があればその場で指摘をして対応してもらうようにしましょう。 車を購入した場合の諸手続きについて 車を購入するすべての人に共通することではありませんが、車を購入する以外の諸手続きが必要になる場合もあります。 では、どのような手続きがあって、どんな人に当てはまるようなことなのでしょうか。 契約手続きの方法だけでなく、手続きをするタイミングなどについてもご紹介します。 保険の車両入替について 自動車に関する保険は、加入が義務付けられている「自賠責保険」の他にも、任意で加入する「自動車保険」があります。 初めて車を購入する方であれば、新しく自動車保険に加入し、買い替えによって新しい車に乗り換える方であれば、保険を継続する場合もあるでしょう。 これまでに加入していた自動車保険を継続する場合は、保険の名義変更、つまり「車両の入替」を行わなければいけません。 この手続きを行わなければ、新しい車で事故を起こしても一切の補償が受けられなくなり、自腹で損害賠償などを支払うことになります。 そのため、買い替えを行う場合はすぐに保険会社に連絡するようにしてください。 車検証、もしくは車検証のコピーが必要となるため、中古車販売店から手に入れて、保険会社の契約者専用ページや電話などで「車両入替」の手続きを行います。 駐車場の契約について 車を購入するためには車庫証明の取得が必須です。 また、車庫証明を取得するためには駐車スペースを確保しなければいけません。 自宅に駐車スペースがある人もいれば、マンションやアパートの駐車場を利用する人、近くの月極駐車場にとめる人などさまざまでしょう。 一般的に駐車場を契約するためには「運転免許証」や「車検証」といった書類が必要です。 また、駐車場によっては「任意保険証」や「印鑑証明書」などの書類の提出が求められる場合もあるため、事前に不動産会社などに確認しておく必要があります。 駐車場によっては賃料3ヶ月前払い制になっていることもあるため、問い合わせてみてください。 よくある質問 Q.車庫証明はどこで取得する? A.車庫証明は車の保管場所となる住所を管轄する警察署で申請します。 保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書、保管場所使用権原疎明書(自認書)また保管場所使用承諾証明書、保管場所の所在図と手数料2,600円ほどが必要です。 Q.車を購入するなら車庫証明は絶対に必要なの? A.車庫証明は、現在ほとんどの地域で取得が義務付けられていますが、人口の少ない村や島しょ部などでは不要なケースもあります。 車庫証明は車の保管場所を管轄する警察署で申請しますが、要否は住んでいる地域で判断するので注意しましょう。 Q.他人所有の駐車場の場合の車庫証明はどうする? A.月極駐車場や賃貸物件の駐車場を利用する場合は、その駐車場所についての賃貸契約書の写しか、保管場所使用承諾証明書が必要です。 保管場所使用承諾証明書は管轄の警察署で取得し、駐車場のオーナーさんに署名捺印してもらいましょう。 Q.車庫証明書を提出しないと車を購入できないの? A.車庫証明がないと、購入契約まではできても納車ができません。 販売店側で手続きを代行してもらえばスムーズです。 自分で手続きすれば代行費用を節約できますが、窓口が開いているのは平日のみで、申請から取得まで1週間程度かかるので注意しましょう。 まとめ 新しく車を購入するためには、さまざまな書類の提出が求められます。 しかし、すべての書類を用意する必要はなく、中古車販売店が準備してくれているものも含まれています。 また、保険の車両入替や駐車場の契約などは、忘れずに手続きを済ませておきましょう。 いろいろと諸手続きがありすぎて不安という人もいるかもしれません。 そんなときは、中古車販売店のスタッフにお声掛けください。 ネクステージでは初めての人でも安心して車の購入ができるように、お客様一人ひとりをしっかりサポートさせていただきます。

次の

車検証の住所変更で苦労した話。戸籍の附票と住民票の合わせ技でクリア!

車 名義 変更 住民 票

結婚して名字が変わるのは、人生の中で最もおめでたいイベントのひとつですよね。 しかし、名字が変わってしまうと、様々な手続きを行う必要が発生します。 そのうちのひとつが、車検証の名義変更です。 名字が変わっても、何もしなければ車検証の名義は旧姓のままです。 自分の名義ではないため、自分の車だと証明できなくなってしまいます。 しかし、いざ名義変更をしようと思っても、必要な書類や変更場所、具体的な手続き方法などがよくわからない方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、車検証の名義変更が必要になるタイミングや必要な書類、手続きの進め方について解説します。 車検証の名義変更が必要な理由とは? 画像出典:Adobe Stock 車検証の名義変更は、以下のような 車の持ち主、あるいは持ち主の名前が変わった時に必要になります。 名字が変わった時• 家族や友人などから車を譲り受けた時• 個人売買で車を購入した時 登録されている名義に変更がある場合、 15日以内に車検証の名義変更をしないと道路運送車両法違反になってしまいます。 最大で50万円の罰金が発生してしまうため、変更があった場合は運転をいったん中断しないといけません。 また、車検証の名義が変わっていないと、 名義人の委任状がないと車検ができないほか、 交通事故や交通違反などで発生する慰謝料や違反金の支払いが名義人、つまり前の持ち主になってしまったりとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。 そのため、車検証の名義変更は速やかに行うようにしましょう。 車検証の名義変更に必要な書類 画像出典:Adobe Stock お店に依頼する場合でも、以下3パターンで、それぞれ必要な書類が変わります。 所有者・使用者が同じ場合• 所有者・使用者が異なる場合• 使用者のみ名義を変更する場合 それぞれがどういう状況で、どんな書類が必要になるのか、詳しく見ていきましょう。 所有者・使用者が同じ場合 所有者・使用者が同じ場合の例は、以下です。 妻が所有・使用している車の名義を夫に変更したい• 夫が所有している車の名義を家族の誰かに変更したい この場合、以下の書類が必要となります。 譲渡証明書• それまでの持ち主の委任状• それまでの持ち主の印鑑証明書• それまでの持ち主の車検証• 新たな持ち主の委任状• 新たな持ち主の印鑑証明書• 新たな持ち主の車庫証明書 これらの書類にはそれぞれ必要な条件があります。 条件は、以下のとおりです。 譲渡証明書にはそれまでの持ち主の実印があること• 委任状にはそれまでの持ち主もしくは新しい持ち主の実印があること• 印鑑証明書は発行から3ヶ月以内であること• 車庫証明書は発行から1ヶ月以内であること• 車検証の期限が切れていないこと 譲渡証明書はそれまでの持ち主が「」から所定の様式をダウンロードし、準備します。 記入方法・記入例も、同じページにあるので参考にするといいでしょう。 それまでの持ち主の「譲渡人印」欄に印鑑証明書と同じ実印が必要となること、 誤字にはそれまでの持ち主の捨て印が必要となることには注意が必要です。 なお、譲渡証明書だけに限らず準備する書類は、 感熱紙以外の紙に印刷し、黒の消えないボールペンで記入しましょう。 印鑑証明書は、 住民票のある市区町村の役所で印影を登録した証明書です。 以下2つの方法で発行できます。 印鑑登録をした役所の窓口で発行• マイナンバーカードを利用してコンビニで発行 発行の際には、300円ほど料金が発生します。 もしも印鑑登録をしていない場合は、登録したい印鑑と身分証明書を住民票のある市区町村の役所の窓口に持参し、登録をしましょう。 登録の際には100円ほど料金が発生します。 こちらはそれまでの持ち主・新たな持ち主それぞれが準備する必要があります。 委任状は、代理人(この場合は店舗)に名義変更の権限を委任するときに必要な書類です。 こちらも、「」から、所定の様式をダウンロードできます。 また、軽自動車や軽二輪車の場合は別の様式が必要なため、「」でダウンロードしましょう。 記入方法や記入例もそれぞれのページから見ることができます。 新たな持ち主・それまでの持ち主それぞれが準備する必要があり、 それぞれの印鑑証明書と同じ実印が押印されていなければいけないので注意しましょう。 車庫証明書は 新たな持ち主が準備する書類で、正式名称は自動車保管場所証明書です。 車庫証明書は、「使用の本拠の位置(基本は住所)」に変更がない場合(例えば同居している配偶者への譲渡など)や、店舗に車庫証明書の取得も併せて依頼する場合には準備不要です。 車庫証明書の交付の際には、管轄の警察署で申請する必要があります。 なお、車庫証明書の交付を受けるための条件は以下の通りです。 自動車の使用の本拠の位置(基本は住所)から、保管場所が直線距離で2km以内• 保管場所は道路に支障がなく出入りでき、自動車の全体を収容できる• 新たな使用者が、自動車の保管場所として使用する権利を持っている 車検証には有効期限があり、「有効期限を満了する日」の欄に記載されています。 有効期限が切れていると名義変更はできず、 車検をしてからでないとできないため、必ずこの日付を確認しておきましょう。 所有者・使用者が異なる場合 あなたの所有する車で妹を使用者としていたが、妻に変更する場合などが該当します。 この場合、「所有者・使用者が同じ場合に必要な書類」に加えて、以下の書類が必要となります。 新たな使用者の住民票• 新たな使用者の委任状 この2つのうち、住民票は、 発行してから3ヶ月以内のものが必要です。 住民票の代わりに、 発行してから3ヶ月以内の印鑑証明書やどちらかのコピーでも手続きが可能です。 また、住民票もしくはそのコピーを使用する場合には、 マイナンバーが記載されていないものでないと使えないので注意しましょう。 委任状には 変更後の使用者の認印を忘れないように気をつけてください。 使用者のみ名義を変更する場合 自分の車の使用者を家族の誰かにするときが当てはまります。 この場合は、以下の書類が必要です。 新しい使用者の車庫証明書• 新しい使用者の住民票• 新しい使用者の委任状• それまでの使用者の委任状• 車検証 これに関しても、 住民票は発行してから3ヶ月以内、車庫証明書については発行してから1ヶ月以内のものでないといけません。 また、 それぞれの委任状にはそれぞれ用意した新しい使用者もしくはそれまでの使用者の認印が必要です。 加えて、 車検証の有効期限が切れていないことを確認しておきましょう。 なお、車庫証明書に関しては「使用の本拠の位置(基本は住所)」が変わらない場合(家庭内での譲渡など)は不要です。 自分で申請する場合の必要書類 こちらも、以下の3パターンで異なります。 所有者・使用者が同じ場合• 所有者・使用者が異なる場合• 使用者のみ名義を変更する場合 それぞれ詳しく解説します。 所有者・使用者が同じ場合 所有者・使用者が同じ場合、以下の書類を準備しましょう。 譲渡証明書• 委任状• 新しい持ち主の印鑑証明書• 新しい使用者の車庫証明書• それまでの持ち主の印鑑証明書• 車検証• 手数料納付書• 自動車税申告書• 申請書(第1号様式) これらはそれぞれ条件が定められています。 なお、上から7種の書類に関してはお店で依頼する場合の必要書類で詳しく解説しています。 委任状については、 新しい持ち主もしくはそれまでの持ち主のうち申請者ではない方の委任状が必要です。 また、自動車税・自動車取得税申告書は 運輸支局に隣接する税事務所でもらえます。 以下の2種は 運輸支局の窓口でもらいましょう。 手数料納付書• 申請書(第1号様式) なお、申請書(第1号様式)はからダウンロードすることもできますが、インクジェットプリンタ使用禁止など多くの制約があるため、窓口でもらったほうが確実です。 なお、これらの3種については準備は当日で大丈夫です。 所有者・使用者が異なる場合 所有者・使用者が異なる場合とは、お店に依頼する場合の必要書類の項と同じく、あなたの所有する車で妹を使用者としていたが、妻に変更する場合などが該当します。 この場合は、所有者・使用者が同じ場合の書類に加えて、 新しい使用者の住民票を準備しましょう。 この際、住民票には以下の2点の条件が設定されています。 発行してから3ヶ月以内であること• マイナンバーが 記載されていないこと なお、住民票については以上の条件を満たせば 印鑑証明書や、住民票もしくは印鑑証明書のコピーを使っても手続きが可能です。 使用者のみ名義を変更する場合 以下の書類を準備しましょう。 新しい使用者の住民票• 新しい使用者の車庫証明書• 新しい使用者の委任状• 車検証• 手数料納付書• 申請書(第1号様式)• 自動車税申告書• 所有者の委任状 上から7つの書類については、所有者・使用者の名義が異なる場合と同様です。 また、所有者の委任状には 所有者の認印が必要となります。 なお、委任状については 所有者もしくは新しい使用者のうち申請者ではない方の委任状が必要です。 車検証の名義変更にかかる費用 画像出典:Adobe Stock 車検証の名義変更にかかる費用は、以下の通りです。 なお、ここでは目黒区(東京都)の場合の費用を記載しており、自治体によって料金は異なる場合があります。 移転登録手数料:500円• 車庫証明書の取得費用:3,500円• ナンバープレート代:1,450円• 代行料 ナンバープレート代については、変更がある場合のみ必要となります。 また、 希望ナンバーを選択する場合や図柄ナンバーを選択する場合には料金は異なります。 代行料は依頼する店舗によって異なります。 例えばでは、税別・諸費用込みで最低価格15,000円からとなっています。 車検証の名義変更の具体的な手順を解説! 画像出典:Adobe Stock ここまで車検証の名義変更に必要な書類や費用、具体的な手順について解説してきました。 準備が必要な書類は多いですが、不備があると手続きの際にかえって手間がかかってしまうため、きちんと準備をする必要があります。 これらの手間が煩雑だな、時間を取られたくないな、と思った場合は、業者に依頼することがおすすめです。 自分にとってベストな方法で車検証の名義変更を行いましょう。 また、車検証の名義変更を考えている方で、車検満了日が迫っている場合は、近場の車検場所を調べて料金の見積もりが比較ができる、「」がおすすめです。 annai-center. nextage. city. meguro. tokyo. city. meguro. tokyo. keishicho. metro. tokyo. keyaki-oss. oricon. goo-net. php.

次の

住民登録していない地域で車を購入する場合

車 名義 変更 住民 票

名義変更の必要書類 名義変更を、車屋さんや代行業者などのお店に依頼をする場合と、ご自分で 名義変更を行う場合とでは必要書類数が変わってきます。 下記2つの項目、、もしくはのどちらかより、 名義変更の必要書類をご確認下さい。 お店に依頼する場合の名義変更の必要書類 名義変更に必要な書類は、お店に依頼をする場合と、ご自分で行われる場合で用意する書類数が変わってきます。 旧所有者の実印の押印があるもの• 旧所有者の 発行日から3ヵ月以内のもの• 新所有者の 発行日から3ヵ月以内のもの• 旧所有者の 旧所有者の実印の押印があるもの• 新所有者の 新所有者の実印の押印があるもの• 車検が切れていないこと• 新使用者の 発行日から1ヵ月以内のもの 8~10の書類は、 名義変更当日に用意すれば結構です。 1の 譲渡証明書には、2の 印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。 4の委任状には、2の 印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。 5の 委任状には、3の 印鑑証明書と同一の実印が押印されていることが必要です。 7の 車庫証明書は、 車検証の「」に変更が発生しない場合(同居している家族間での名義変更や、ローン完済による所有権解除などの場合)は不要です。 申請を新・旧所有者本人が行う場合は、その方の 委任状を省略することができます。 但し、実印の持参が必要となります。 また、下記に当てはまる場合は別途書類が必要となります。

次の