ジャニー 喜多川 性 的。 ジャニー喜多川は性犯罪者?郷ひろみ嵐smap裁判の真実は?

ジャニー喜多川の性犯罪被害者は誰?SMAPも少年愛や性的虐待の対象に…?

ジャニー 喜多川 性 的

ジャニー喜多川氏 7月9日にジャニーズ事務所の代表取締役であるジャニー喜多川氏が亡くなり、事務所からの知らせを受けてテレビ、新聞、ネットニュースはいっせいにその死を報じた。 ジャニー喜多川氏の生前の功績を振り返る特集を組むメディアも多い。 ジャニー喜多川氏が新人発掘やプロデュースにおいて類い稀な才能をもち、多くの人気グループを世に送り出したのは紛れもない事実である。 日本芸能界のショービジネスを発展させた功労者であり、男性アイドル文化を築いた。 その功績を振り返り、称える企画は当然あってしかるべきだ。 しかし同時に、故人の負の側面を報じることは憚られるのが日本文化なのだろうか。 それともジャニーズ事務所との関係を考えたメディア側が配慮しているか……。 「ニューヨーク・タイムズ」「BBCニュース」の報道 海外メディアでは、ジャニー氏の訃報を伝える記事で裁判についてはっきり記している。 2019年9月9日付ネットニュース版「ニューヨーク・タイムズ」に掲載されたジャニー氏の訃報を伝える記事にはこのように書かれている。 <2002年、東京地方裁判所は、所属する若いタレントたちへのセクシャルハラスメントを報じた週刊誌が名誉棄損であるとの喜多川の主張を支持したが、その後、裁判所は判決の一部を覆した>(編集部訳、以下同) 同じ日のネットニュース版「BBCニュース」でも同様だった。 <彼のキャリアは論争と無縁ではなかった。 1999年、日本の雑誌「週刊文春」が事務所の少年たちに対して性的虐待を加えている記事を何度も掲載したのだ。 喜多川はすべての告発を否定。 そして、雑誌を相手どった名誉毀損の裁判を起こし勝利した。 しかし、その後、裁判所は判決の一部を覆した。 彼はどの告発に関しても罪に問われることはなかった> 「週刊文春」が報じたジャニー氏のセクハラとは ジャニー氏の性的虐待疑惑については、タレントたちが暴露本で告発してきた。

次の

ジャニー喜多川氏の少年たちへの性虐待を認めた東京高裁判決は、永久に黙殺されるのか

ジャニー 喜多川 性 的

ジャニーズ事務所社長の「ジャニー喜多川」こと喜多川擴(きたがわ・ひろむ、本名ジョン・ヒロム・キタガワ)さんが、7月9日の午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、87歳で死去したというニュースがありました。 死去したのは都内の病院だったということです。 後任の社長は姉の藤島メリー泰子副社長 92 ではなく、その娘でジャニー喜多川にとっては姪にあたる藤島ジュリー景子副社長 52 になると報じられています。 ジャニー喜多川の最期の日々については、病室でお世話になったタレントが体をさすって、回復することがたびたびあった、ジャニー喜多川の好物をみんなで食べるなどした、などという美談が報じられています。 その一方で、ジャニー喜多川については過去にタレントに対する性的虐待疑惑・ホモセクハラ疑惑などがたびたび取り沙汰され、それをめぐる民事訴訟が行われたという過去もありました。 ジャニー喜多川の性的虐待・セクハラ疑惑とは? 既に1964年にはセクハラ疑惑が 最初にジャニー喜多川のホモセクハラが疑惑の種になったのは、なんと今から55年も前の1964年のことだといいます。 切っ掛けは「ジャニーズ」の独立前に歌やダンスを学んでいた新芸能学院から、支払われていなかった授業料やスタジオ使用料などの約270万円を請求されたことでした。 この裁判は3年間も続き、ジャニーズとともにレッスンを受けていた同僚の証言によると、少年たちにいかがわしい写真を見せて興奮させた上で、少年の体にいたずらをしたり、ジャニーの局部を触らせるなどしたといいます。 被害者はジュニアの4人も含むジャニーズの15人にものぼり、あおい輝彦さん新芸能学院の学長が知ることになったそうです。 しかし1967年9月の後半では、すでに人気グループとなっていたジャニーズの4人が出廷し、裁判ではホモセクハラの有無について質問責めにあいますが、「知りません」「覚えていません」で押し通して事実として認定することはありませんでした。 このブログは「アドセンス」という広告を使用しており、あまり過激な性的な表現をすると広告を停止される恐れがあります。 本の内容について興味のある方は下記ページをご覧ください。 この『光GENJIへ』は大きな話題になり、なんと10シリーズも出版されたといいます。 その中の1冊である『さらば!! 光GENJIへ』では、フォーリーブスの次にジャニーズでデビューした「ジューク・ボックス」の元メンバーである小谷純さんとやなせかおるさんもセクハラについて証言しました。 当時、13、14歳だった小谷純さんは行為の意味すら良く理解できなかったといいます。 疑問に思う小谷さんでしたが、ジャニー喜多川はデビューを餌にした甘言で疑惑を封じたそうです。 しかし小谷さんは一線は超えないようになんとか抵抗します。 また、バイク事故を起こして入院している小谷さんの口にジャニー喜多川は局部を入れようとした、デビュー後も行為を拒否すると給料がもらえず、貰えても他のメンバーより少ない、などという信じがたいエピソードが書かれているといいます。 中谷良『ジャニーズの逆襲』 ジャニー喜多川のセクハラが最初に取りざたされた1964年の裁判については先述しましたが、そこで行われた証言についての真実を暴露したのが89年に出た元ジャニーズの中谷良さんの『ジャニーズの逆襲』でした。 それによれば「覚えていない」「知りません」などとした4人の証言は、ジャニー喜多川が説き伏せて、事前に答弁の言葉は決められており、その通りに言わせたとされています。 中谷さんは11歳の時に初めてジャニー喜多川による性的な接触を受けました。 ジャニー喜多川は「気持ちいいはずだよ、こうすると」と言いながら手を使って、中谷さんの局部を果てるまで刺激したといいます。 平本淳也『ジャニーズのすべて 少年愛の館』 少年隊の植草克秀らとほぼ同期である平本淳也さんが1996年に上梓した『ジャニーズのすべて 少年愛の館』でもジャニー喜多川のセクハラについて書かれています。 当時の合宿所では、ジャニー喜多川と一緒に風呂に入り、体の隅々まで洗われ、ふろ上がりは拭いてもらうのが当たり前だったといいます。 平本さんは寝ている時にジャニー喜多川に行為を迫られますが「トイレに行く」といって難を逃れ、戻っていくと「忍者」の正木慎也に対して行為をしていたといいます。 平本さんはジュニアのリーダーとして活躍しましたが、最後の一線を許さなかったためにデビューすることができなかったそうです。 豊川誕『ひとりぼっちの旅立ち』 また97年に出版された元ジャニーズ・豊川誕の『ひとりぼっちの旅立ち』でも、ジャニー喜多川によるタレントへの性的な行為は書かれています。 おそらくジャニー喜多川のセクハラ行為の真偽について疑問に思う人にとって、この豊川誕さんの一冊が最大の決め手になると思います。 なぜなら、豊川誕さんの『ひとりぼっちの旅立ち』の帯には「ジャニーさん、メリーさん、ありがとう!! 」と書かれており、豊川誕さんにはジャニー喜多川への恨みの感情・復讐心はまったく感じられないものだからです。 なぜ豊川誕さんには恨みの感情がないかといえば、豊川誕さんは孤児であることから他のタレントにはないような腹のくくり方ができており、なおかつゲイバーに勤めた経験もあるからだといいます。 その本にはジャニー喜多川の行為はただ事実として淡々と描かれているだけです。 豊川誕さんは自室ではなくジャニー喜多川の部屋で眠り、ジャニー喜多川の求めに応じた結果たった1週間でのデビューが決まったといいます。 また合宿所では未成年でも酒やたばこが暗黙の了解で許されていたといいます。 豊川誕さんは現在でも歌手活動などをしているようで、『』という公式ブログを書いています。 1999年『週刊文春』キャンペーンからの裁判 1999年に『週刊文春』は「芸能界のモンスター『ジャニーズ事務所』の非道」というタイトルで、十数回にわたって未成年の喫煙、不当なギャラ、マスコミへの圧力、ジャニー喜多川によるホモセクハラなどを取り上げました。 これらのことはジャニーズ事務所によって訴えられ、裁判に発展しました。 裁判の結果は一審・二審ともにジャニーズ事務所側が勝っています。 しかし裁判所は「 セクハラ行為」「関西出身ジャニーズの給料面での冷遇」「学校に行けないほどの過密スケジュール」などを事実と認めています。 つまり裁判所はホモセクハラに関する『文春』記事の主要部分を事実と認定したということです。 文春側が支払う損害賠償額は、一審では880万円でしたが、二審の判決では120万円に減額されました。 木山将吾『Smapへ』 ところが裁判所が認めたジャニー喜多川によるセクハラを、ニュース・ワイドショーは完全にスルーします。 それを許せなかったのか、もう一人の被害者が、裁判の終わりから1年ほど経った2005年3月に、追い打ちをかけるようにまたホモセクハラ疑惑について書いた本を出しました。 その中では、木山さんを一目見て気に入ったジャニー喜多川がデビューをすぐに約束、そしてジャニー喜多川が泡風呂に一緒に入って木山さんの体を丁寧にマッサージ・頬にキスした、などというエピソードが書かれています。 さらに二回目に木山さんが合宿所を訪れた時、バスルームのある部屋に木山さんを押し込めてカギをかけ、堅くなった股間を果てるまで押し付ける、という行為などを赤裸々に描写しています。 2019-07-10 18:18 ジャニー喜多川のセクハラ被害者の噂? ジャニー喜多川のセクハラの被害者と噂されているタレントは数多いようです。 あくまで噂ですが、• 少年隊• 光GENJI• SMAP• TOKIO• King&Prince といった名前が挙がっています。 しかし「誰と誰」とか「このグループとこのグループ」など言っても仕方ないでしょう。 これまでの元ジャニーズ事務所所属タレントの証言から推察するに、具体的に名前が表に出ようと出まいと、「ジャニーズ事務所所属はほぼすべて」と考えた方が早いんじゃないでしょうか。 仮にセクハラが過去の話だとしても、しょせんジャニー喜多川の精力が減退したから終わっただけの話で、別に道徳的に反省したわけではないと思います。 2019-07-10 10:21 ジャニー喜多川の性的虐待疑惑に関する マスコミの奇妙な沈黙 このことはしばしばジャニー喜多川の「少年愛疑惑」「少年愛裁判」と表現される場合もありますが、少年愛などではなく、単なる性的虐待に過ぎないでしょう 一方でジャニー喜多川がタレント、少年たちに愛情を持っていたのは間違いないと思います。 だからといってこうした性的虐待、セクハラがチャラになるわけではありません。 美談ばかり報じるマスコミの報道はどうかしているのではと思います。 もっとも、過去のことなので単純に覚えていない人も多いのでしょうが。 しかしジャニー喜多川の芸能界・メディアの世界での権力は、いわゆる「 文春砲」(文春の十数回のキャンペーン)をもってしても打ち倒すことができなかったということは記憶しておくべきだと思います。 個人的な記憶についていえば、たしか千原ジュニアと元「光GENJI」の諸星さんが共演した番組で、ジュニアが「ジャニー喜多川は人を見る目がある、凄いと思う」と発言したところ、諸星が言下に否定し、ジュニアはなおもジャニー喜多川の「人を見る目」を褒めましたが、諸星はその言葉を最後まで頑として受け付けなかったことを覚えています。 私は何となくジャニー喜多川の性的虐待疑惑について思い出し、それと結びつけて諸星の心中を察することができたような気がしました。 この記事は以上になります。

次の

1964年の雑誌が掲載した、ジャニー喜多川さん32歳の顔写真: J

ジャニー 喜多川 性 的

ジャニー きたがわ ジャニー 喜多川 生誕 ジョン・ヒロム・キタガワ John Hiromu Kitagawa 漢字表記: 喜多川 擴(きたがわ ひろむ) 1931-10-23 死没 2019-07-09 (87歳没) 死因 解離性脳動脈瘤破裂による 住居 国籍 出身校 (LACC)卒業 国際部(現・)卒業 職業 芸能 活動期間 1962年 - 2019年 (芸能プロモーターとして) 著名な実績 「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」 「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」 影響を与えたもの 、、など 親 父: 親戚 姉: 姪: 受賞 第28回「特別賞」 ジャニー 喜多川(ジャニー きたがわ、Johnny H. Kitagawa、本名: ジョン・ヒロム・キタガワ John Hiromu Kitagawa 、漢字表記: 喜多川 擴〈きたがわ ひろむ〉、〈6年〉 - 〈元年〉 )は、の・芸能・で、、、ジャニーズ出版、、つづきスタジオの創業者。 は「 ジャニーさん」。 はAB型。 生まれ。 3人姉弟の末子では姉。 その娘で、ジャニーズ事務所の代表取締役になったは姪にあたる。 生涯 [ ] 生い立ち [ ] (昭和6年)10月23日に・に・米国別院の(第3代主監)で、(昭和21年)2月から(昭和23年)2月まで、プロ野球チーム「(に「金星スターズ」に改称)」のマネージャーだった喜多川諦道の次男として 、生まれる。 両親共に日本人 の日系2世。 日本とアメリカの二重国籍を持っていたため、ミドルネームがあった。 姉は、兄はでの設計もしていただったが、に50代半ばで死去している。 (昭和8年)、喜多川一家はへ渡航し、で生活した。 しかし間もなくして母親が死去 、やがてが勃発すると、子供たちだけでにした。 、(昭和22年)に子供たちだけでロサンゼルスへ帰国し 、現地の高校に入学した。 高校時代にはロサンゼルスの「」にて、ミュージックメイカーのアシスタントとして、を経験している。 ロサンゼルスの高校を卒業後、姉と同じ に進学。 (昭和25年)、が育ての親・と共にアメリカ公演を行った。 そしてロサンゼルス公演の際、父の勤務先だった東本願寺ロサンゼルス別院が会場となったため、ステージマネージメント全体を担当する。 川田の知遇を得ると共に、ひばりとも親しく交流するようになった。 このことが、日本芸能界への進出のきっかけとなる。 (昭和27年)に再来日。 関係の仕事の一環として、当時勃発していたによるにを教授するために、日本でわずか11か月でを習得し、すぐ米軍側のに出向き、1年2か月間に渡って子供たちに英語を教授した。 さらに、再来日後はアメリカ合衆国大使館軍事援助顧問団(MAAG)の職員として勤務。 その傍ら国際部(現在のの前身)に進学し、上智大学を卒業。 大学在学中の(昭和30年)、バンドを結成し芸能界へ参入した。 以降はに永住している。 モットーは「 Show must go on(ショーは何があろうと続けなければならない)」。 ジャニーズ事務所の設立 [ ] 初頭、ジャニーは自分の居住していた・の宿舎「」にて、近所の少年たち約30名で構成された少年野球チームのコーチを務めていた。 そのチーム名は、「オール・ヘターズ」「オール・エラーズ」を経て 、「ジャニーズ少年野球団」となった。 このチームのメンバーには、・小畑やすし・等もおり、応援団にはも居た。 このチームはプロ野球の球団や等に支援されており、後に練習場も池袋にあるのグラウンドへと移行した。 ある日、雨で野球の練習ができなくなり、このチームのメンバーの中からの生徒4名を選抜し映画館に連れて行く。 そして、そこで鑑賞したミュージカル映画『』に一同感動し、エンターテインメント事業を興業することを決意した。 (昭和37年)4月、自身が結成させた野球チームのメンバーである4名の少年により最初のグループである(通称・初代ジャニーズ)を結成する。 最初は東京都・池袋西口にある「新芸能学院(現: 名和プロダクション)」に在籍をしていたが、(昭和37年)6月にを創業 、創業当初はと業務提携し渡辺プロを窓口としていたが、(昭和40年)には事務所が正式に構えられる。 (昭和50年)1月、正式に株式会社として法人登記した。 姉のメリーは、1950年代から東京都・三丁目の円通寺坂入口右手の角にあった「スポット」という名のを経営しており、バーの客だった記者(後に)のと内縁関係となり、1972年(昭和47年)の藤島の離婚成立後に結婚した。 ジャニーがジャニーズ事務所を創業するとバーは廃業をし、事務所の経理を担当するようになった。 男性アイドル事務所として成功 [ ] 日本の芸能プロの草分けともいえるとほぼ同世代であるが、活動の開始は大きく出遅れたこともあり、先行する大手プロダクション群を凌駕し始めたのはに突入してからである。 事務所黎明期の「」「」らに始まり、「」・「」・「」などの3人組アイドルを成功させた。 には、7人組のアイドルグループ「」をデビューさせた。 光GENJIはで踊りながらアクロバティックなライブを行うという、これまでにないアイドルグループとして注目され大きな成功を収めたものの、活動期間は8年とアイドルとしてはやや短命に終わった。 には、「」を個性的なマルチタレント型グループとして、ライブだけでなくバラエティー番組でも活躍できるアイドルとして、光GENJIの路線からさらにグループ性を発展させ、かつ短命に終わらない持続性をもったグループとして、これまでにない大きな成功を勝ち取った。 SMAPのデビュー後にも、バンド形式の「」、年齢差のある個性派アイドル集団「」、関西系の二人組ユニット「」、王道的アイドルを目指す「」らが次々にデビューし、SMAPに続くバラエティー番組でも活躍できるアイドルグループとして、着実に成功を収めていった。 には、Kinki Kidsに続く二人組ユニット「」、V6、嵐に続くワールドカップバレーのイメージキャラクターとしてデビューした「」、関西出身者だけで構成される「」、ジャニーズ異色のワイルドグループ「」、メンバー全員が生まれの「」と続々と新たなグループがデビューし、個性的なグループが多く誕生した。 には、少年隊以来の3人組ユニット「」、光GENJIを彷彿させるローラースケートを武器にした「」、嵐以来の5人組グループの「」、ジャニーズ初のDVDデビューをした「」、V6同様に年齢差のある「」、ジャニー喜多川にとって生涯最後のデビュープロデュースとなった「」など、これまでの成功事例を取り入れる形で、所属タレントの活躍の場を広げ、の礎を築いた。 死去 [ ] (令和元年)、午前11時30分ごろ、自宅で体調の異変を訴え、救急搬送された。 同日、上にて「ジャニーが緊急搬送され、入院した」という趣旨の書き込みが発信された。 情報はすぐに拡散され、には、がジャニーの緊急搬送について報じていた。 、が「ジャニー喜多川が死去した」という内容の記事を配信した。 同記事には、「ジャニーが死去した」と断定できる情報源について記載されておらず、死去に関する情報についても曖昧な内容であった。 これ以降、ジャニーの容体に関する情報がインターネット上でさらに拡散された。 、ジャニーズ事務所は、ジャニーが解離性破裂によるで倒れ、入院し治療を受けていることを発表。 午後4時47分、の でクモ膜下出血により死去した。 87歳没。 、子会社・の渋谷区に所在する稽古場において「家族葬」が行われ、司会を務めた ・ はじめ「子供達」と称する事務所タレント150名に見送られた 9月4日、に於いて二部制(第一部:芸能関係者、第二部:一般参列者)によりジャニーのお別れの会が執り行われた。 午前の関係者の部では約3500人の芸能関係者が、午後の一般の部では約8万8000人の一般人が参列した。 事件 [ ] タレントに対する性的行為についての報道と裁判 [ ] ジャニーが(、、)であり、事務所に所属する男性タレントに対して猥褻な行為を行っているとの噂は、から散発的に報道されていた。 元フォーリーブスのによる『光GENJIへ』シリーズ(、)• 元の小谷純とやなせかおるによる『さらば!! 光GENJIへ』(データハウス、1989年)• 元ジャニーズの中谷良による『ジャニーズの逆襲』(データハウス、1989年)• による『ひとりぼっちの旅立ち - 元ジャニーズ・アイドル 豊川誕半生記』(鹿砦社、1997年3月)• 元光GENJI候補の木山将吾(山崎正人)による『』(鹿砦社、) など、事務所に所属したタレントらにより事務所の内情を取り上げたいわゆる「」が出版された。 なお、衆議院議員(当時)・(元・長)が(平成12年)4月13日にこの問題をで取り上げている。 (平成11年)、『』がジャニーズ事務所に関する特集記事、「追及キャンペーン 」を掲載し、喜多川が所属タレントに対して行為を行い、事務所では未成年所属タレントの喫煙などがあると報道した。 これらの記事はのでも取り上げられ 、これに対しジャニー側は記事がであるとして、文春に対し1億円あまりの損害賠償を要求する民事訴訟を起こした。 (平成14年)3月27日の一審判決ではは文春側に880万円の損害賠償を命じた。 文春側はこれを不服として東京高裁に控訴した。 (平成15年)7月15日の二審判決では、ジャニー側の所属タレントへの行為を認定した(裁判長)。 このため、同性愛部分のは取り消され、損害賠償額は120万円に減額された。 ジャニー側は損害賠償額を不服としてに上告したが、(平成16年)2月24日にされ(藤田宙靖裁判長)、120万円の損害賠償と同性愛行為のが確定した。 『』、『』などの世界各国のメディアでも取り上げられ、この問題をタブー視するなどして報道しない日本のの姿勢を指摘した。 ジャニー喜多川の死去後、海外メディアはジャニー喜多川の訃報を報じる一方で、性虐待についても触れている。 イギリスのメディア「BBCニュース」は過去、事務所に所属していた少年たちから性的虐待の告発が繰り返されたと掲載。 また、日本のTV等の大手メディアではタブー視され報じられないことについても掲載。 フランスの「AFP」は事務所に集まった少年たちを虐待していたという疑惑も浮上したと報じている。 アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」では少年たちへの性虐待を認めた東京高裁判決にも触れている。 日本では週刊文春が2019年7月25日号で「本誌しか書けない稀代のプロデューサーの光と影ジャニー喜多川審美眼と「性的虐待」」と題し新証言を報じている。 嵐のメンバーと同年代の元ジャニーズjrがジャニー喜多川の誘いに抵抗したらステージの隅に追いやられた。 ファーストキッスはジャニー喜多川だったことなどをインタビューで答えている。 住居侵入被害 [ ] (平成23年)7月、内の自宅に見知らぬ男が侵入、ジャニーを締め出して30分以上に渡って篭城するという事件が起こった。 ジャニーは34階建てタワーマンションの最上階に居住していたが、この事件による怪我や室内の物品の破損・盗難などの被害はなかった。 逸話 [ ]• ジャニーは所属タレントを呼ぶ時に「YOU」と呼ぶことが多い。 しかし混同するため「ゆう」という名前()のメンバー・に限り、「ヨコ」と呼んでいる。 「YOU」と呼ぶ理由について、「アメリカでは相手をYOUと呼ぶのは普通の事」「タレントの名前を覚えられない時に便利」という2つの理由があると、ジャニー本人が答えている。 そのことを受けては「いやータレントの名前を全部覚えるのは正直無理。 僕の悪い所なんだけどね」と共感していた。 ジャニーが所属アーティストを採用する基準として「顔」以外に、「その子のハートの強さ」も加味して選んでいる。 最近は所属アーティストの髪型が一緒で、特徴が消えてしまうことが不満なようで「髪の毛はにしたい。 坊主はすごくカッコイイよ、みんな」と語っている。 また、身長は170cm以下の子を優先して採用していたが、最近の子は身長が高くスタイルがいいことも分かっているようである。 「は堅苦しいから」とジャニーから敬語禁止令が出ており、所属タレントは皆、ジャニーに対しタメ口で話している。 所属タレントからの呼称は「ジャニーさん」または「社長」。 第二次世界大戦中、にしていたジャニーはに遭遇して必死に逃げ回り、に入れずに橋の下に逃げ込んで九死に一生を得たこともあった。 またアメリカ陸軍軍属としてに赴いたこともあり、その自身の体験を2017年に自身が演出した舞台『ジャニーズ YOU&ME アイランド』で描いたが、それも「(自分が体験した)本当のことを(みんなに)伝えたい」という思いであったという。 ジャニーその人も生前、自社の若手タレントや舞台の出演者たちに自身の戦争体験を話して聞かせるなど『平和』を願い、それを強く訴え続けて来た人物でもあった。 ジャニーは「大の好き」とのことで、年末恒例のテレビ番組『』からが2013年限りで勇退したのを始め、年々が減少傾向があることに関して「大変寂しいこと」であると語っている。 にで幕を開けた舞台「森の石松」主演のの応援のためにと共に翌のに搭乗予定だったが、初日に近藤が開く記者会見に来て欲しいと要請を受け、初日に大阪入りに、その結果、墜落事故の難を逃れた 少年隊は東京に残った。 にへの進出を報道陣の前で表明 するも結局頓挫した。 出演 [ ]• JOHNNYS' World:Top of the J Pops(2013年1月27日、) 受賞歴 [ ]• (平成15年)、第28回「特別賞」受賞。 授賞式にはを代理人として参加させた。 (平成23年)、が「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」と「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」に認定。 ジャニー喜多川はそれまで「自分の写真を決して公開しない人物」として有名であったが、この受賞に際し自身の公開用肖像写真を初めて撮影した。 ギネスブック(日本版除く)を始め、この写真を等マスコミ各社が掲載した(ただし、に姿のため、仔細な肖像は判らない様になっている。 また、ジャニーズ事務所の方針に従い、上では公開されない)。 2012年(平成24年)にも「最も多くのチャート1位アーティストを生み出したプロデューサー」としてギネス認定を受けている。 (令和元年)、「特別音楽文化賞」受賞。 没後に追贈される形となり、同年12月30日の発表会の際には愛弟子のが代理で受け取った。 製作に関わった映画 [ ]• (1974年)• (1981年)• (1981年)• (2019年) など多数。 関連文献 [ ]• あおきひろし『ボクの夢はキミたちが描く夢〜ジャニー喜多川が語るジャニーズ塾の子供たち』メタモル出版、1999年8月。 和泉ヒロシ『ジャニーズ・ファミリー - 裸になった少年たち -』オリオン出版、1976年6月。 『ジャニー喜多川さんを知ってますか』KKベストセラーズ、1997年7月。 注釈 [ ] []• 2019年7月10日. 2019年7月12日閲覧。 スポーツニッポン 株式会社スポーツニッポン新聞社. 2019年7月10日. 2019年7月10日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年7月9日. 2019年7月10日閲覧。 NHKニュース 日本放送協会. 2019年7月9日. 2019年7月9日閲覧。 スポーツニッポン 株式会社スポーツニッポン新聞社. 2019年7月10日. 2019年7月10日閲覧。 2019年7月9日. 2019年7月10日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年7月9日. 2019年7月10日閲覧。 2019年7月10日. 2019年7月10日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2019年7月10日. 2019年7月10日閲覧。 産経ニュース 産経新聞社. 2019年7月9日. 2019年7月10日閲覧。 週刊女性PRIME. 2019年7月9日. 2019年7月12日閲覧。 デイリースポーツ デイリースポーツ. 2019年7月11日. 2019年7月12日閲覧。 デイリースポーツ デイリースポーツ. 2019年7月9日. 2019年7月10日閲覧。 BuzzFeed. 2019年7月1日. 2019年7月2日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年7月1日. 2019年7月2日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019年7月9日. 2019年7月9日閲覧。 2019年7月10日. 2019年7月12日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2019年7月12日. 2019年7月27日閲覧。 日本語 HTML プレスリリース , 株式会社ジャニーズ事務所, 2019年8月13日 , 2019年8月13日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019年8月13日. 2019年8月13日閲覧。 (日本のスターメーカーの曇り)ニューヨークタイムズ2000年1月30日、カルビン・シムス記者。 (日本の奇妙な音楽産業)オブザーバー2005年8月21日、クリス・カンピオン記者• 『47ニュース』 共同通信 2011年8月17日配信• AllAbout 2015年1月11日配信。 2019年1月12日閲覧。 LITERA 2019年1月12日閲覧• ただし、これには自分に対して敬語を使われると自分の感覚・感性が死んでしまうからダメだ、と憂慮していた側面もあったという。 「」2019年08月11日放送分より• デイリースポーツ 2015年1月3日閲覧• 中日新聞社 2019年7月18日. 2019年11月29日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2012年5月4日. 2019年7月10日閲覧。 2012年8月25日. 2017年10月22日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2013年1月24日. 2019年7月12日閲覧。 スポーツニッポン 株式会社スポーツニッポン新聞社. 2011年9月21日. 2019年7月10日閲覧。 株式会社スポーツニッポン新聞社. 2011年9月25日. 2019年7月10日閲覧。 2012年11月20日. 2019年7月10日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-12-02. 2019年12月3日閲覧。 参考文献 [ ]• 芸能裁判研究班『平成の芸能裁判大全』鹿砦社、2003年10月、• 小菅宏『芸能をビッグビジネスに変えた男「ジャニー喜多川」の戦略と戦術』、2007年3月、• 『アステイオン』85号 、2016年11月29日• 2019年7月10日. 2019年7月11日閲覧。 関連項目 [ ]• - 親戚.

次の