チェスター トン。 故チェスター・ベニントンのグレイ・デイズ、アルバム発売が延期に ─ 「この危機の最中にリリースしたくはなかった」

【厳選8選】リンキン・パークの歌詞から見るチェスター・ベニントンの世界観

チェスター トン

リンキン・パークが、故チェスター・ベニントンが参加した未発表音源があることを明かした。 先日、メンバーのマイク・シノダがライブストリーミング配信サービスのTwitchに登場。 同サービスを使い、大流行中のゲーム『あつまれ どうぶつの森』を中継したり、リンキン・パークのお気に入りの楽曲を選んだりと、ファンと交流をしているマイクは、故チェスター・ベニントンがボーカルを務めたリンキン・パークの未発表曲があると明かし、こう話した。 『ワン・モア・ライト』の時期に作った曲があるんだ。 完成したアルバムに収録されているのよりも多くの曲をミックスしていた。 最終的に収録するかどうか見極めるためにね。 もしくはB面にするとかね。 今もあの曲は大好きだよ。 これまでそうしなかったんだよ そしてマイクは、同楽曲について「文字通り、あの曲を聴くには数年は待つことになると思うよ」とコメント。 チェスターが2017年に他界して以来、事実上活動を休止しているリンキン・パークだが、その間マイクはソロ・デビュー・アルバムをリリース。 また、チェスターがかつて在籍していたバンド、グレイ・デイズは6月26日にアルバムのリリースを予定している。 rockinon. com(ロッキング・オン ドットコム).

次の

チェスター・ベニントンの歌声が蘇る ─ 1997年に書かれたチェスターの喪失感と失望歌う「シックネス」MVが公開

チェスター トン

チェスターベニントン自殺についてどう思いますか? 僕はリンキンパークが好きです。 一番最初に好きになった洋楽の歌手であり、洋楽を教えてくれたロックバンドでした。 チェスターが亡くなりすごく虚無感を感じています。 なんと言うか、一度でも生で見たかったなと思っています。 僕がおかしいのかわかりませんが、悲しさから怒りを覚えています。 他殺や病死ならともかく、社会へのメッセージを歌に込めていた人が自殺なんて身勝手すぎる気がします。 最近の歌詞を見てもすごく悩みストレスを感じていたように思えます。 ならば、自殺なんてせず活動停止でも一旦解散して欲しかったです。 悲しいです。 僕は怒りを覚えているのですが、それはおかしいことなのでしょうか?どう思いますか? やはり、何か皆さんも釈然としない感覚を持たれていますね。 特にロックを歌うシンガーは、時として政治的信条や思想を歌う事が多いです。 触れられてはまずい内容や、暗に政権や体制に対する批判的歌詞やステートメントを発言されては国家的威信に関わる事になります。 有名なミュージシャンはなおさらの事、大衆心理に多大なる影響を及ぼしかねません。 ひょっとしてその辺りの事情で、口封じの誅殺に至ったのではないかと私は思います。 Chris Cornellもそうであったのでは? と考えます。 特に彼はRage Against The Machineのメンバーとバンドを組んでいた経緯もありますし。 我が国にも、自殺に見せかけて殺されてしまった政治家や学者がいるとは思います。 原発の御用学者みたいなクズを大切にする、我が国の政府みたいな闇の力が存在します。 自ら命を絶ってしまったとは考えたくありませんし、多分そう思うのは無理なからぬ事ではありますが、彼等のスピリットを引き継ぎ信じ続けてあげるのが、何よりの供養だと思っています。 私も質問者様のお気持ちと同じです。 憶測でしかないのですが、私にはチェスターの死が、衝動的で、突発的なものに思えてなりません。 ライヴ目前でしたし、日本でもついこの間来日してニュース番組に出てたし、日本でのファンクラブも開設されたばかりなのに…とても自殺しようとする人間の仕事のスケジュールとは思えないのですが… 本人の一時的な感情で死に至ったのではないか…そう悔やまれて仕方ありません。 もし誰かそばにいてあげていれば、自殺は、回避できたのではないか… チェスター、もっと周りに頼って欲しかった…無念でしかたありません。 質問者様も時間とともに気持ちの整理ができ、現実を受け入れられた時、怒りの気持ちが彼への感謝の気持ちに変わっていくのではないでしょうか? 私は、いちファンとして、いつかチェスターに会って直接「ありがとう」を言うのが夢でした。 そんな夢をみるのももうできないんだな… 悲しいです。

次の

【Linkin Park】チェスター・ベニントン死去!自殺だけはさ…

チェスター トン

生涯 [ ] 1874年、ロンドン西部ケンジントンの不動産業・土地測量業の家に生まれる。 にセントポール校に入学すると1年下のと出会い、生涯の親友となる。 当初は画家を志し、にスレード美術学校(付属)に入るが挫折し、文学を志すようになる。 ロンドンでは、文壇付き合い、パブに入り浸る生活を続ける。 1900年、『戯れる白髪』、『野生の騎士』の2冊の詩集で文壇にデビューを飾る。 フランセス・ブロッグという少女と恋に落ち、1901年に結婚。 彼女の影響と、盟友のがカトリック教徒であったことから、に魅かれていくようになる。 1904年には、マクミラン社の『英国文人叢書』の1冊として、評伝『』を出版、批評家たちから高い評価を得る。 また、同年に『』 『新ナポレオン奇譚』)を出版している。 弟のセシルが無線通信会社のマルコーニ社の汚職事件(マルコーニ・スキャンダル)に絡み、告訴され、裁判に敗れる。 弟がに出征すると、言論誌『新証言』の編集と経営を引き継ぎ、のちに誌名を『週刊G. K』として終生その重責を担うことになる(弟はフランス戦線で戦い、のちに終戦直前に戦死している)。 1909年、のベコンズフィールドに移住、静かな田園生活を送ることとなる。 1922年、ブラウン神父のモデルとなった、ジョン・オコンナーの手によりカトリックに改宗。 との間で、ウェルズのベストセラーである『世界文化史体系』をめぐり論争をおこなう。 これがのちの『人間と永遠』の出版に結びつく。 1936年に死去し、その葬儀はで行われた(このときカトリックの聖職者として葬儀を執り行ったのは、推理作家として有名なである)。 活動 [ ] 勃発に際しては反イギリス側の論客として頭角をあらわし、派の有力な論客としてイギリスの政治・社会を糾弾批判している。 にからに改宗。 改宗後はキリスト教的歴史観から批評活動をおこなう。 後期時代の・機械万能主義からくる自己満足(虚栄心)に対し鋭い批判を加えた。 得意の警句と逆説を駆使したその文芸批評、文明批評は鋭利で、・双方を排撃し、配分主義を提唱した。 評価 [ ] は「チェスタトンのトリック創案率は探偵小説随一」と賞賛している。 エッセイや評論にも名品があり、の評伝はなどによってこの分野の最高のものと見なされた。 並外れた巨体でも有名であり、の創造した探偵博士のモデルとも言われる。 本格派推理トリック創出者である反面、作風として当時の知識層の例に漏れず、キリスト教徒としての視点、また当時のに立脚する、や、、など他民族への偏見・蔑視が色濃いことも特徴である。 評論・評伝・エッセーの日本語訳は、で「著作集」(全15巻)が出版(一部は新版) 評論 [ ]• 『異端者の群れ』(Heretics)• 『』(Orthodoxy)。 新版1995年、2009年、2019年• 『人間と永遠』()• 『正気と狂気の間』(The Outline of Sanity)。 新版1999年• 『ローマの復活』(The Resurrection of Rome) 評伝 [ ]• 『』(Charles Dickens)• 『』(George Bernard Shaw)• 『 』(William Blake)• 『』()• 『』 (Robert Louis Stevenson)• 『』(Chaucer)• 『聖』(St. Thomas Aquinas) エッセー他 [ ]• 『棒大なる針小』(Tremendous Trifles)、文学論・随筆集(春秋社、新版1999年)• 『自叙伝』(Autobiography)、訳(春秋社、新版1999年)-『正統とは何か』と対をなす評論風自伝• 『色とりどりの国』(The Coloured Lands)、尾崎安・訳(、1987年)-キリスト教論集• 『求む、有能でないひと』、阿部薫訳(国書刊行会、2004年)-本邦初訳の時事コラム集 長編小説 [ ]• 『新ナポレオン奇譚』()• ・成田久美子訳 (春秋社、1984年/、2010年)• 『木曜の男』 ()• 吉田健一訳、創元推理文庫、旧版は東京創元社「世界推理小説全集」• 訳 『木曜日だった男』(、2008年)• 『マンアライヴ』()。 (つずみ綾訳、〈〉、2006年) 短編集 [ ]• 1905年 『』(The Club of Queer Trades)• 『奇商クラブ』(訳、創元推理文庫、1977年。 旧版は「世界推理小説全集」1959年、のちに訳名義)• この訳書は、『知りすぎた男』での2篇(短編「背信の塔」及び中編「驕りの樹」)を収録• 『奇商クラブ 【新訳版】』(南條竹則訳、創元推理文庫、2018年)• 『』(The Innocence of Father Brown)• 『ブラウン神父の無知』(訳、ハヤカワミステリ201:早川書房、1955年)• 『ブラウン神父の純智』(橋本福夫訳、:、1959年)• 『ブラウン神父の童心』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1959年。 1982年に改訂され中村保男単独訳となる、改版2017年)• 『ブラウン神父の無心』(・坂本あおい訳、:筑摩書房、2012年)• 『ブラウン神父の無垢なる事件簿』(訳、:早川書房、2016年)• 『』(The Wisdom of Father Brown)• 『ブラウン神父の知慧』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ202:早川書房、1955年)• 『ブラウン神父の知恵』(訳、新潮文庫:新潮社、1960年)• 『ブラウン神父の知恵』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1959年。 1982年に改訂され中村保男単独訳となる、改版2017年)• 『ブラウン神父の知恵』(・坂本あおい訳、ちくま文庫:筑摩書房、2016年)• 『知りすぎた男』(The Man Who Knew Too Much)• 『知りすぎた男 ホーン・フィッシャーの事件簿』(井伊順彦訳、論創社〈論創海外ミステリ〉、2008年)• この訳書は、上記『奇商クラブ』に収録2篇は省略。 『知りすぎた男』(南條竹則訳、創元推理文庫、2020年5月)• 1925年 『法螺吹き友の会』(Tales of Long Bow• 『法螺吹き友の会』(井伊順彦訳、論創社〈論創海外ミステリ〉、2012年)• 1926年 『』(The Incredulity of Father Brown)• 『ブラウン神父の懐疑』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ203:早川書房、1956年)• 『ブラウン神父の懐疑』(橋口稔訳、新潮文庫:新潮社、1960年)• 『ブラウン神父の不信』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1959年。 1982年に改訂され中村保男単独訳となる、改版2017年)• 1927年 『』(The Secret of Father Brown)• 『ブラウン神父の秘密』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ204:早川書房、1957年)• 『ブラウン神父の秘密』(橋口稔訳、新潮文庫:新潮社、1964年)• 『ブラウン神父の秘密』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1961年。 1982年に改訂され中村保男単独訳となる、改版2017年)• 1929年 『詩人と狂人たち』(The Poet and The Lunatics)• 『詩人と狂人たち』(福田恆存訳、創元推理文庫:東京創元社、1977年。 もと1957年「世界推理小説全集33」、のちに中村保男訳名義)• 別版「詩人と狂人達」〈12〉、1976年(福田恆存訳(実質上は訳)、創元社版と訳文が異なった箇所がある)• 『詩人と狂人たち ガブリエル・ゲイルの生涯の逸話 【新訳版】』(訳、創元推理文庫:東京創元社、2016年)• 『4名の申し分なき重罪人』(Four Faultless Felons)• 『四人の申し分なき重罪人』(訳、、2001年/、2010年)• 『』(The Scandal of Father Brown)• 『ブラウン神父の醜聞』(村崎敏郎訳、ハヤカワミステリ205:早川書房、1957年)• 『』(福田恆存・中村保男訳、創元推理文庫:東京創元社、1961年。 1982年に改訂され中村保男単独訳となる、改版2017年)• 『ポンド氏の逆説』()• 『ポンド氏の逆説』(福田恆存訳、創元推理文庫:東京創元社、1977年。 もと1959年「世界推理小説全集56」、のちに中村保男訳名義)• 『ポンド氏の逆説 【新訳版】』(南條竹則訳、創元推理文庫:東京創元社、2017年)• 「ブラウン神父シリーズ」は、戦前に単発的に浅野玄府訳や西田政治訳などが雑誌に掲載され、又傑作集が編まれたりしたが、原書のままでまとまって紹介されることはなかった。 戦後のハヤカワ・ミステリの村崎訳が最初である。 なお、世界推理小説大系、推理名作全集といった類のにも一部の短編が択ばれて収録されているが煩をおそれて省略した。 編書・アンソロジー [ ]• 『探偵小説の世紀』(A Century of Detective Stories)、(ほか訳、創元推理文庫〈上下〉:東京創元社、1983年) 連作長編 [ ]• 『漂う提督』()- プロローグを担当 全集 [ ]• 1986年~ 『G・K・チェスタートン全集』全39冊 Collected Works of G. Chesterton 発言 [ ]• 「徹底的に現世的な人々には、現世そのものを理解することさえできぬものだ。 「狂人とはを失った人のことではない。 狂人とは理性以外のあらゆる物を失った人である。 「者には、完璧に磨き上げられた機械のごとき彼らの宇宙に、ほんのひとかけらの精神性も奇跡も受け入れる自由がない。 「自らのを信じることのできぬ人間は、五感以外の何物も信じることのできぬ人間同様狂人である。 「人を正気たらしめてきたのは、何あろうである。 神秘主義の功績、それは即ち人は理解し得ないものの力を借りることで、初めてあらゆるものを理解することができるということである。 「を破壊する思想がある。 もし破壊されねばならぬ思想があるとすれば、まずこの思想こそ破壊されねばならぬ思想だ。 「意思の行為はことごとく自己限定の行為である。 ある行動を望むとは、すなわちある限定を望むことなのだ。 (中略)何物かを選ぶことは、他の一切を捨てることである。 「孤立した傲慢な思考は白痴に終わる。 「人々はローマが偉大であるからローマを愛したのではない。 ローマは人々がローマを愛したから偉大となったのだ。 「自殺は単に一つの罪であるばかりではない。 自殺はまさに罪の中の罪である。 究極の悪、絶対の悪であって、生命の存在そのものに関心を持とうとせぬ態度にほかならぬ。 「キリスト教徒は世界を逃れて宇宙に入るのであるが、仏教徒は世界ばかりかむしろ宇宙から逃れることを願うのである。 これら二つのものに比べられるものは、他に地上には殆ど無い。 そしての頂に登らぬ者は、の奈落に落ちるのである。 」 エピソード [ ] 結婚式の当日、遅刻しそうになって急いでいたが、一旦休息したところ馴染みの銃砲店の主人に以前に頼んだ猟銃が手に入ったと言われた。 チェスタトンは銃を購入して喜んで携えて結婚式に向かい、新婦を殺害するのかと列席者に勘違いされてしまった。 脚注 [ ] 参考文献 [ ]• 「保守の情熱 G・K・チェスタトン論」『ニヒリズムを超えて』角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、1997年、53-89頁。 西部邁「45 チェスタトン」『学問』講談社、2004年、154-156頁。 西部邁「諧謔による正統の擁護 ギルバート・チェスタトン」『思想の英雄たち 保守の源流をたずねて』角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2012年、119-134頁。 外部リンク [ ] 英語版ウィキソースに 著の原文があります。 ウィキメディア・コモンズには、 G・K・チェスタトンに関連する および があります。 - (2007年5月14日アーカイブ分)•

次の