愛し てる と 言っ て くれ キャスト。 愛していると言ってくれトヨエツの年齢は?かっこいいし若いと反響

【再放送】愛していると言ってくれを1話~最終話までイッキに無料視聴する方法|昔のカッコいいトヨエツに興奮するドラマ!

愛し てる と 言っ て くれ キャスト

ドラマ「愛してると言ってくれ」11話のあらすじ・ネタバレを紹介します! 第11話「別離」 [あらすじ・ネタバレ] 晃次(豊川悦司)は昨日の紘子(常盤貴子)とのことを思い出しながら自分の部屋の片づけをしていた。 誤解やすれ違いで晃次の心はすでに憔悴しきっているようだった。 一方、一夜を共にしてしまった紘子と健一(岡田浩暉)。 健一はまだベッドで寝ている。 紘子の心にも晃次の事が引っかかって本当にこれでよかったのかと迷っていた。 紘子は 散歩して健一の家に戻ると、健一は起きていた。 健一は晃次が来て話をしたこと、紘子が疑っていることは誤解だと伝える。 そして紘子が泊まったことは言っていないという。 健一「あの人の目を見てたら言えなかった。 必死な嘘のない目だった」 紘子「じゃあなんだったの?昨日の私たち…」 健一「じゃあ聞くけど、俺で良いのかよ。 ちゃんと榊さんと話しろよ、 なし崩しに別れたりするな、お前が必要なときはいつだって俺は一緒にいるからさ」 健一は何となく紘子がまだ迷っていることに気付いて自信が持てないでいたのだった。 晃次は紘子の家を再度訪ねるが、紘子は出ようとしない。 晃次は何かを思い立ったように、公衆電話へ向かい紘子に電話をかける。 電話口から電車が走る音が聞こえ、晃次のいる場所が 分かった紘子はそこに向かう。 紘子「ごめんなさい」晃次「ここが分かったんだね」 紘子「電車の音聞こえたから」 晃次「家に帰ろう」一緒に家に帰る2人。 晃次「説明するよ、あの夜のこと」 紘子「もう疑ってない」晃次「誤解させるようなことして悪かった」 「君に見せたいものがある」晃次は紘子のことを描いた絵を見せる。 晃次「まだデッサンなんだ、 描き上がったらプロポーズしようと思って、指輪の代わりだ、これくらいのことしか思いつかない」 「初めて人の絵をかいた、君の絵だ、出会ったときの君の笑顔だ」紘子は泣き出す。 紘子「私はあなたと結婚できない、ごめんなさい、あなたを裏切った、信じきれなかった」 晃次「ぼくは君を信じている」 紘子「わたし健ちゃんと寝た…」 晃次は紘子の胸に手をあて、 君は出会ったばかりのとき僕の喉に手をあて、声が聞こえる気がすると言った、だからこうすれば君の心がわかるかと思って、と。 紘子は晃次の手を握りながら、手を外す。 涙ぐむ晃次。 紘子は家を出る。 いつもの公園にいる晃次に、病院帰りに懐かしくなって寄ったというマキ(鈴木蘭々)が声をかける。 マキは紘子は元気か聞くと、いろいろあってもう会ってないと答える晃次。 マキは晃次とのことはどんなに小さいことでも、紘子にはすごく大切なことだった、弱いしパニくったりするけど、あなたが大好きだったからあなたの前では元気で明るかったと思う、と伝える。 すると晃次も思っていることを伝えるために紘子に手紙を書く。 耳が聞こえないあなたと、聞こえるわたしは そんなに違うの、だったらもっとあなたのことを知りたい…。 あのときのあの言葉はいまも色褪せず覚えている。 僕は君の心の声に耳を傾けていたのだろうか、自信がない…。 いま、もう一度君を分かりたいと思っています 苦しい時だけど乗り越えていけると思います。 あの時の君の言葉に応えたいと思います。 紘子の家のドアに手紙を挟んで帰る晃次。 健一は紘子の家に先に戻っていくと、晃次からの手紙を見つける。 紘子が帰ってくると思わず手紙を隠す健一。 健一は紘子に本当に俺で良いのか 問うと、紘子は「うん」と答える。 次の日、紘子は晃次の家に荷物を取りに来た。 晃次「出て行くつもり?彼とやっていくのか?」 紘子「考えてみたの、どうしてあのとき健ちゃんと寝たのか、 健ちゃんの胸の中でホッとした気がする、自分にとって本当に必要な人って元気のないときに一緒にいてくれる人だよね」 「あなたは違う、私と出会う前から1人でやってたし、良い絵描いてたし、いつも遠かった」 晃次「どうしてそんなふうに思うんだ?」 紘子「私には絵のこと分からないし、やっぱりあなたのいる世界が分からない」 晃次「耳が聞こえないこと?ずっと紘子のこと好きだよ?紘子のことが好き! これじゃ駄目か?」 紘子「駄目な気がする、私はあなたといる間はしゃいでた、声のトーンがあがっていた、不自然だった」 晃次は「この猫もらっていい?」と聞く。 紘子は黙っている。 少しほほ笑んで、 晃次は猫をゲージに入れて猫と絵を紘子に渡す晃次…。 紘子は猫とゲージだけを受け取るが、絵は受け取らず、サヨナラと言って出ていくのであった。 しかし、泣きながら走る紘子。 晃次も外を見ながら放心状態…。 目には涙を浮かべていた。 もう時間は戻らない…そう感じた紘子は踏切の前でしゃがみ込み、泣きじゃくるのであった…。 月明りと晃次の書いた紘子の絵が寂しく晃次を見つめるのだった…。 以上、ドラマ「愛してると言ってくれ」11話のあらすじ・ネタバレの紹介でした! カテゴリー•

次の

25年ぶりでも感動!コロナ禍で再放送された『愛していると言ってくれ』に見た、作品力の普遍性

愛し てる と 言っ て くれ キャスト

『愛していると言ってくれ』動画を無料視聴できるVOD 『愛していると言ってくれ』が 無料お試し期間で見放題できる動画配信サービスは、以下の 4サイトありました。 残念ながら、人気のネットフリックスでは『愛していると言ってくれ』の動画配信はやっていませんでした。 ちなみにこのVODの中で 私がイチオシなのは、「 TSUTAYA TV」です。 「TSUTAYA TV」では、動画配信で『愛していると言ってくれ』を見放題できますし、無料期間中は「動画見放題」に加えて 定額レンタル8が無料で試せるので、無料登録の時にもらった1100ポイントで 新作の映画やドラマも見る事ができるからです! DVDを借りることもOK! 下のVODの4つを比較して見てみましょう。 『愛していると言ってくれ』のあらすじ 豊川悦司・常盤貴子主演、北川悦吏子脚本の名作ラブストーリー。 聴覚に障害を持つ画家と、女優の卵の究極の恋愛を描く。 主題歌はDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」で、こちらも大ヒットを記録しました。 より 第1話「出逢い」 運命的な出会いをした青年画家と女優の卵の初々しくも切ないラブストーリーが始まる。 第2話「約束」 紘子の公演を必ず観に行くと約束する晃次だったが、芝居の幕が開いてもそこに晃次はいなかった。 第3話「涙」 紘子は晃次の手紙に書かれた『君の気持ちに応えられない』と言う言葉にショックを受け、晃次の前で泣いてしまう・・・。 第4話「キッス」 紘子の思いを受け止めた晃次。 2人で訪れた夜の海辺で、初めてのキスをする。 第5話「会えない」 晃次は妹・栞の気持ちを知り、紘子に『栞に理解してもらうまで会わない』と告げ、紘子も晃次を信じて待つと決心する。 第6話「過去」 晃次の部屋で大学時代の彼女・光からの手紙を見つけた紘子は、自分の知らない晃次の過去の恋愛に嫉妬する。 第7話「再会」 7歳の時に自分を捨てた母親が上京して晃次の家の近くに来た事を知った晃次は、母への複雑な思いに激しく動揺する。 第8話「秘密」 美術館で晃次は昔の恋人・光と再会する。 光の出現によって紘子は不安になってしまう。 第9話「疑惑」 「彼 晃次 の声が好き」との光の嘘に、紘子は自分には声を聞かせてくれた事がない・・・と悩む。 第10話「悲劇」 晃次の部屋で光の指輪を見つけてしまった紘子は、晃次の気持ちが信じられず、健一のもとへ行ってしまう。 第11話「別離」 自分を描いた晃次の絵を見た紘子は晃次の深い愛を感じ、泣きながら晃次を裏切り健一のもとへ行ってしまったことを打ち明ける。 第12話「僕の声」 紘子を探して紘子のもとを訪ねるが会えず、偶然、駅のホームの向こう側にいる紘子に向かって初めて紘子の名前を叫ぶ晃次だった。 『愛していると言ってくれ』の出演者 キャスト ・スタッフ 出演者 キャスト 豊川悦司 常盤貴子 岡田浩暉 鈴木蘭々 矢田亜希子 高橋理恵子 塩見三省 余貴美子 吉行和子 橋爪功 スタッフ プロデューサー:貴島誠一郎 監督・ディレクター:生野慈朗 土井裕泰 脚本:北川悦吏子 主題歌:「LOVE LOVE LOVE」DREAMS COME TRUE 音楽:中村正人 『愛していると言ってくれ 2020年特別版』にハマった人たち おし!テレビ直った!(直してもらった)明日、具合が良かったら、TBS「愛していると言ってくれ」見ながらツイートします。 質問も受けつけます! — 北川悦吏子 halu1224 GoogleのAIに「『愛していると言ってくれ』はいつ放映?」と聞いたら、勘違いされ「愛しています」と言われてちょっと気まずいです — nameko godblessnameko 特別編楽しみ過ぎて朝6時起床。 遠足前の小学生に戻りました。

次の

愛していると言ってくれの結末はどうなる?最終話あらすじ│また見たいドラマ

愛し てる と 言っ て くれ キャスト

聴覚障害のある青年・榊晃次を演じたのは、豊川悦司。 当時30代前半だった豊川悦司は、どこかあどけない雰囲気を持ちながら凄まじい色気に溢れ、放送当時世の女性たちはみんなその虜に。 榊晃次は聴覚障害と闘いながら画家を目指している青年。 手話と筆談で周りとコミュニケーションをとり生活をしています。 そんな晃次はあるきっかけで女優の卵である水野紘子と出会い、天真爛漫な彼女に徐々に惹かれていきます。 彼は心優しく控えめな性格なので、その言動はたびたび紘子の誤解を生むことも……。 すれ違いを重ねる晃次と紘子の恋ーー。 こちらまでハラハラしてしまいます。 豊川悦司はNHK連続テレビ小説『半分、青い。 』や多くのCMにも出演し、その活躍の幅を広げています。 大人の魅力に溢れた豊川悦司からも目が離せませんね。 矢田亜希子が演じたのは、晃次の妹・榊栞。 矢田亜希子は当時16歳で、本作がデビュー作でありながら、重要な役どころを堂々と演じました。 榊栞は母親の連れ子で、晃次の義理の妹。 晃次のことを非常に慕っています。 その思いは、なんと晃次と紘子の仲に激しく嫉妬するほど……。 栞は晃次に対しての気持ちを次第に抑えきれなくなりーー。 兄弟の禁断の恋はどうなってしまうのでしょうか。 矢田亜希子は2020年のドラマ特別版放送時、自身のブログで「思い出深く大好きな作品」と語り、当時を振り返っていました。 当時の矢田亜希子は現役女子高校生。 現場と学校を忙しく駆け回っていたということもあり、深く心に残っている作品のようです。 矢田亜希子はその後、社会現象を巻き起こした人気ドラマ『白い巨塔』で女優としての地位を確立しました。 またバラエティ番組にも出演し、その活躍はまだまだとどまるところを知りません。 俳優と歌手という二つの顔をもつ岡田浩暉。 26歳のときバンド「To Be Continued」でデビューし、その後テレビ関係者から声がかかったのをきっかけに俳優としての活動を開始しました。 2000年にバンドが解散してからは俳優業をメインに活動しています。 岡田浩暉が演じたのは、晃次の恋のライバル矢部健一。 健一は紘子の幼馴染で、紘子が在籍してる劇団の照明スタッフ。 紘子が困っているときにはすぐに駆けつけ、紘子のことを包み込んでくれる存在です。 健一は、紘子が晃次に惹かれていることに気づきながらも、彼女のことを一途に思い続けます。 健一のますぐな思いは紘子に届くのでしょうか……。 現在岡田浩暉は、名バイプレイヤーとして様々な作品に出演。 言わずと知れた大人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でも好演を見せました。 個性派でありながらどんな作品にも溶け込み、物語にそっと花を添えています。 元気いっぱいでキラキラした魅力をもつ鈴木蘭々。 タレントや歌手としてだけでなく、女優としても活躍し、作品の中で個性的な演技を見せています。 そんな彼女が演じたのは、紘子のバイト先の公園の売店で働く女性・吉田マキ。 マキは紘子にとって同僚であり、よき友人でもあります。 そんなマキはある日突然妊娠が発覚……。 アルバイトを辞めることになってしまいますが、紘子と晃次の恋をいつもひそかに応援し見守っています。 2018年に芸能生活30周年を迎えた鈴木蘭々。 2014年には化粧品会社を自ら立ち上げ、商品開発にも携わっています。 2019年には歌手としてニューシングルのリリースも行いました。 また、ドラマ『嫌われ松子の一生』や映画『それでも僕はやってない』など、数々の話題作にも出演しています。 麻生祐未といえば、数々の話題作に出演している実力派女優。 可愛らしい役から陰湿な老婆の役まで自然にこなす彼女は、まさにカメレオン女優!1983年にデビューし、1989年にはエランドール賞新人賞を受賞しています。 麻生祐未が演じたのは晃次のかつての恋人・島田光。 ある日晃次は、大学時代の同窓会で光と再会を果たします。 そして、光は晃次への想いを未だに募らせているということが発覚ーー。 二人の仲を疑い、不安になっていく紘子。 晃次が下す決断とは……? 『義母と娘のブルース』や『テセウスの船』など、世間で大きな話題となった作品に出演し続けている麻生祐未。 若い頃から変わらないスタイルで美魔女としての呼び声も高く、オトナ女子の憧れの的です。

次の