軽い革。 レザーアーマー

女性に人気の軽いショルダーバッグ おすすめブランド12選!【2020年最新版】

軽い革

この記事のもくじ• レザースニーカーを手入れする 2 つの方法 レザースニーカーをきれいにする方法は、「クリーナーを使った手入れ」と「水洗い」の 2 つがあります。 「クリーナーを使った手入れ」は、クリーナーを使って外側の汚れだけを落とす手入れです。 簡単な手入れなので、道具さえ揃えればものの 10 分でできます。 あまり時間をかけずにササッと手入れしたいときは「クリーナーを使った手入れ」がおすすめです。 「水洗い」は、革専用の洗剤を使って靴の中までジャブジャブ洗う手入れです。 クリーナーを使った手入れよりも綺麗に汚れを落とせますし、靴の中に染み込んだ汗も洗い流せるので、臭いもなくなります。 ただ、乾かすのに時間がかかるため、一度水洗いすると 2 〜 3 日は履けなくなります。 時間をかかてもいいから徹底的に綺麗にしたいときには「水洗い」がおすすめです。 レザースニーカー手入れ方法その 1:クリーナーを使った手入れ それでは、まず「クリーナーを使った手入れ」の方法を紹介します。 クリーナーを使ってスニーカーの外側についた汚れを綺麗に落とします。 クリーナーで汚れを落としたあとに「乳化性クリーム」というクリームで革に潤いを与えます。 革は、乾燥するとひび割れや色あせなどの問題がおきることがあります。 手入れをする際には、汚れを落とすだけでなく乳化性クリームを塗って革を乾燥から守ることが大切です。 「クリーナーを使った手入れ」は慣れれば 10 分とかからないので、お出かけ前やお休みの日のちょっとした時間で済ませることができます。 用意するもの 「クリーナーを使った手入れ」で使用する道具を紹介します。 クリーナーやクリームは革専用のものを用意しなくてはならず、人によっては道具を揃えるのが面倒に感じるかもしれません。 しかし、すぐになくなるものではなく、月に 1 度の手入れでも 1 年以上はもちます。 また、レザースニーカー以外の革靴の手入れにも使用することができるものばかりなので、持っていない方はこれを機に揃えておくと良いでしょう。 馬毛ブラシ まず、ホコリやチリなどのゴミを払い落とすための馬毛ブラシを用意します。 馬毛ブラシは毛先が程よくしなるので、ホウキのようにゴミを払い落とすことができます。 全体をブラッシングするので、しっかり持つことができる大きいブラシがおすすめです。 使い古した T シャツなどでも代用可能です。 綿棒(あると便利) シワや縫い目の黒ずみなど、細かな部分の汚れを落とすのに、綿棒が 2 〜 3 本あると便利です。 必ず必要な道具ではありませんが、綿棒を使えば汚れをよりしっかり落とすことができます。 消しゴム(あると便利) ソールの側面の汚れを落とすために、消しゴムもあれば用意しましょう。 消しゴムでこすることで、ソールについた汚れを綺麗に落とすことができます。 クリーナーを使った手入れの手順 それでは、手入れの手順を解説します。 手入れの手順を解説するにあたり、写真の白いレザースニーカーを実際に手入れしてみます。 全体的に薄汚い印象で、ところどころ汚れが目立ちます。 この項目の最後で手入れする前と後のスニーカーを比較しているので、手入れすることでどれぐらい綺麗になるかも見てみてください。 手順 1. 馬毛ブラシでホコリを落とす まず、手入れの邪魔になる靴紐を外します。 馬毛ブラシでブラッシングをして、スニーカーについたホコリやチリなどの汚れを払い落とします。 すこし力を入れてガシガシとブラッシングするのがコツです。 手順 2. クリーナーで汚れを拭き取る 次に、布を指に巻きつけて クリーナーを 10 円玉くらいの大きさに染み込ませます。 全体を優しく撫でるように拭いて、汚れを取ります。 一度では全体を拭ききれないので、2、3 回クリーナーをとり全体をまんべんなく綺麗にしましょう。 消しゴムでソールの汚れを落とす ソールの汚れは、消しゴムを使って綺麗に落とすことができます。 少し強めに消しゴムでこするとスルスルと汚れが落ちるので、ぜひ試してみてください。 手順 3. 乳化性クリームを塗る 米粒 1 つくらいの量を目安に、布にクリームを取って塗り込みます。 一度では全体を塗りきれないので、2、3 回クリームを取って全体に均一に塗り込みましょう。 手順 4. 布で磨く 最後に布で磨きます。 塗ったクリームを綺麗に拭き取るようなイメージで、すこし力を入れて磨きます。 これで手入れは終わりです。 ビフォーアフター 下は、手入れした後の靴の写真です。 拡大してみるとシワの部分の汚れが取れているのがわかります。 細かい部分の汚れもしっかり落とすことで、全体を見たときの印象も綺麗になります。 レザースニーカー手入れ方法その 2:水洗い つぎに「水洗い」の方法を紹介します。 この手入れは、専用の洗剤で内側から外側までゴシゴシと洗って綺麗にします。 外側の汚れを綺麗に落とせるのはもちろんのこと、内側に染み込んだ汗まで洗い流すことができるので、臭いもなくなります。 ただ、汚れ落とす作業に 30 分 〜 1 時間ほど、乾燥をさせるのに 2 〜 3 日ほどかかる、大掛かりな手入れです。 乾燥させたあとは革がカピカピになっているので「乳化性クリーム」というクリームで革に潤いを与えなければいけません。 時間に余裕があって、なおかつ手入れするレザースニーカーをしばらく履かなくてもいいタイミングでおこなうのがおすすめです。 用意するもの 水洗いで使用する道具を紹介します。 用意する道具が多くお金がかかってしまうように感じるかもしれませんが、ほとんどの道具は 100 均で揃えることができます。 意外と安く済ませることができるので、100 均でまとめて道具を購入するのもアリです。 ただ、革用の洗剤(サドルソープ)と乳化性クリームは 100 均には置いていませんが、Amazon や楽天で手に入ります。 バケツ 手入れの最初に、ぬるまにスニーカーを浸し汚れを浮かします。 これをおこなうために、両足がすっぽり収まるくらいのサイズのバケツを用意します。 タライでも構いません。 サドルソープ 革用の洗剤、モウブレイのサドルソープを用意します。 サドルソープは革を洗う専用で開発された洗剤なので、取り扱いがデリケートな革製品にも安心して使うことができます。 水洗いをするのにボディーソープで代用する方もいるようですが、私はサドルソープをおすすめします。 ボディーソープに含まれる添加物が革に悪影響を及ぼす可能性があるからです。 サドルソープはボディーソープに比べて割高ですが、すぐになくなるものではありませんので、革専用に作られているサドルソープを使用するのが無難です。 スポンジ サドルソープを泡立て、スニーカーをゴシゴシ洗うのにスポンジを使います。 100 均に売っている食器洗い用のもので構いません。 歯ブラシ スポンジでは届かないような縫い目やシワなどの細かい部分を綺麗にするのに歯ブラシを使います。 自分の歯ブラシを見て「毛がバシバシでもう使えないな…」と思ったら、その歯ブラシを使ってしまいましょう! なければ、100 均のもので構いませんので用意します。 タオル 洗い終わったあと、靴についた泡や水分を拭き取るのにタオルを使います。 新聞紙 靴を乾かすときに新聞紙を使います。 靴の中に入れることで、湿気を吸い取ってくれます。 最近は新聞をとっているご家庭が減っているそうです。 新聞紙がない方は、食器などを包む用に 100 均に置いてあるので、少しだけもらってきましょう。 乳化性クリーム 革に潤いを与えるために乳化性クリームを用意します。 革は乾燥が進むとひび割れや色あせといった問題が起きることがあります。 水洗いしたあとは特に革が乾燥しているので、履いたときにバリッとひび割れる、なんてことになりかねません。 そうならないためにも。 乳化性クリームを塗って潤いを与えて革を乾燥から守ることが大切です。 使い古した T シャツでも代用可能です。 シューキーパー(あるとなおよし) 必ず必要なわけではありませんが、シューキーパーがあると便利です。 シューキーパーとは木材やプラスチックでできた靴の形をしたもので、スニーカーの中に入れることで形を綺麗に保つことができます。 革は乾く過程で変形・硬化する性質があるため、水洗いをしたあとの乾かしている間で形が崩れてしまうことがあります。 このときシューキーパーを入れておけば型崩れを防ぐことができます。 もしなければ、型崩れしないように新聞紙などを詰めておく方法もありますが、変な形になってしまうおそれがあるため、シューキーパーの方がおすすめです。 水洗いの手順 それでは、靴の洗い方を解説します。 下の写真のスニーカーを実際に手入れしながら手順を解説をしていきます。 全体的に薄汚れていて、お世辞にも綺麗とは言えない状態です。 あと、ちょっとにおいます… この項目の最後で手入れする前と後を比較しているので、どれぐらい綺麗になったかも見てみてください。 手順 1. 靴紐を外してぬるま湯にひたす まずは、バケツにぬるま湯をはって靴をひたします。 ぬるま湯に浸した状態で 30 分 〜 1 時間ほど放置して汚れを浮かします。 手順 2. サドルソープで洗う スポンジにサドルソープをとり、クシュクシュと泡立てます。 まずは、靴の外側から綺麗にしていきます。 ゴシゴシとこするのではなく、優しく洗顔をするようなイメージで、スポンジを使って汚れを落としていきます。 革の表面に傷が入ってしまうので、スポンジの固い面は使用しないように注意しましょう。 外側を綺麗にしたら、次は内側を綺麗にしていきます。 内側は多少ゴシゴシしても構いません。 インソールがついている場合は、外して綺麗に洗うか、新しいものに買い換えましょう。 内側を綺麗にしたら、次は歯ブラシでシワや縫い目の部分を綺麗にします。 サドルソープを歯ブラシの先にちょこっと取り、ゴシゴシします。 この時点で、シワや縫い目の黒ずみはすっかり取ってしまいましょう。 手順 3. タオルで水や泡を拭き取る サドルソープで全体を綺麗にしたら、水や泡をタオルで拭き取ります。 サドルソープには革の保湿成分が含まれているので、洗い流さずにタオルで水や泡を取るようにします。 強く拭きすぎると革に傷がついてしまうので、優しく拭くのがコツです。 手順 4. 日陰でよく乾かす タオルで水気を取ったら、新聞紙を中に詰め込み風通しのいい日陰で 1 日乾かします。 新聞紙は 3 〜 4 時間ごとに入れ替えるようにします。 新聞紙をつめたまま放置すると、湿気を吸った新聞紙が靴の中の湿度を高くしてしまい、カビの原因になります。 1 日経って半乾きの状態になったら、型崩れしないようにシューキーパーを中に入れて、さらに 1 〜 2 日ほど風通しのいい日陰で乾かします。 シューキーパーがないときは、新聞紙を詰めておきましょう。 1 〜 2 日陰干ししたあと靴の内側を触ってみて、湿り気がなくなっていたら次の手順に進みます。 手順 5. 乳化性クリームを塗る 乾燥してカピカピになってしまった革に乳化性クリームを塗って潤いを与えます。 米粒 1 つくらいの量を目安にクリームを取り、スニーカーに塗っていきます。 一度では全体を塗りきれないので、2、3 回クリームをとってまんべんなくクリームを塗ります。 手順 6. 布で磨く 最後の仕上げに、全体を布で磨きます。 クリームを拭き取るようなイメージで磨くと、綺麗に仕上がります。 これで手入れは完了です。 ビフォーアフター 下は手入れをしたあとの写真です。 拡大してみると、ところどころ汚れて黒ずんでいたところが綺麗になっているのが分かります。 写真では伝わりませんが、においもなくなりました! これで気持ちよく履くことができますね。 レザースニーカーを手入れする頻度 レザースニーカーの手入れは、汚れがついたタイミングでするのがおすすめです。 全体をぐるりと見まわして「汚れがついているな」と思ったら手入れをするようにすれば、汚れがない綺麗な状態を常に保つことができます。 また、「一日履いたら馬毛ブラシでブラッシングする」のもいいでしょう。 靴は、一日履くだけでもホコリやチリまみれになります。 ブラッシングすることで、綺麗な見た目を保つことができるのはもちろん、汚れに気がつきやすくなります。 履いたあとはブラッシングし、汚れが気になってきたらクリーナーやサドルソープで綺麗にする、これが靴にとっては一番良いサイクルです。 おわりに 綺麗に手入れしたスニーカーを履くときは、まるで新品を履いているような気分になります。 新鮮な気持ちで履けるので、出かけるのがいつもよりちょっと楽しくなりそうですね! ここまで読んで頂きありがとうございました。

次の

革のビジネス鞄は軽い・薄いのがおすすめ

軽い革

『本革』ランドセルの魅力 まず、こちらでは本革ランドセルの魅力について簡単にご紹介していきます。 すでにご存知の方も居られるかもしれませんが、本革ランドセルは一般的に『ヌメ革』とよばれる牛革などを使用します。 ヌメ革は、お茶などにも含まれる『タンニン』という植物がもつ渋み成分でなめした素材です。 この素材には次のような魅力があります。 身近なものだと靴やベルト、サイフなどが分かりやすいかもしれませんね。 どの製品も経年変化でオリジナリティあふれる美しいデザインに仕上がってきますよね。 ランドセルも同じように、はじめは硬い革も6年間の小学校生活でしなやかに身体になじみ、キレイな表面もキズや汚れと丁寧なお手入れを重ねることで、美しい色合いやアンティークのような使用感が生まれます。 表面にキズなどはつきやすいヌメ革ですが、引っ張り強度などタフネスさにおいてはとても丈夫にできています。 しっかりお手入れすれば、小学校の6年間どころか10年以上も使うことだってできます。 そんな魅力いっぱいの本革ランドセルを取り扱っている人気ブランドさんを次にご紹介したいと思います。 本革ランドセルを扱う人気ブランド それでは、さっそく人気ブランドと商品についてご紹介いたします。 土屋鞄(つちやかばん) 個性的でシンプルなデザインのランドセルを扱う人気ブランド『土屋鞄』さんでは、牛革の『ヌメ革』を使用したランドセルも取り扱っています。 黒川鞄さんのランドセルについての詳細はこちらの記事をご参考ください。 本革ランドセルを扱うブランドが少ない理由 以上の項目でご紹介したのが、人気ブランドさんで取り扱う本革ランドセルになります。 「・・・え?本革ランドセルを取り扱っているブランドってこれだけしかないの?」 と、思った方もいますよね。 じつは、本革ランドセルを扱うメーカーさんはあまり多くありません。 人気ブランドとなるとさらに少なくなります。 なぜ、こんなにも扱うブランドは少ないのでしょうか? それには「ある大きな」理由があります。 本革ランドセルはお手入れが大変! 本革ランドセルを取り扱うブランドが少ない大きな理由。 それは、「本革つまりヌメ革はお子さまが使用するランドセルには適さない素材である」ということが上げられます。 どうして適さない素材のかと言うと、牛革やコードバンなどの『ヌメ革』はとても水に弱く、雨などで濡れて放置しておくとシワシワになってしまったり変形してしまう素材なのです。 濡れてしまった場合は、丁寧に乾かして革用オイルなどでお手入れする必要があります。 ランドセルは基本的に外出の時に使用するものですから、雨の日のたびに濡れないように工夫したり、お手入れしなくてはいけません。 また、革靴のように水に濡れなくても一週間に一度はお手入れしないと傷んでしまいます。 そんな手のかかるヌメ革のランドセルを、小学校に入ったばかりの小さなお子さまが扱うのはとても難しいですよね。 その為、本革ランドセルは敬遠されがちになり、人気ブランドでも取り扱っているところが少ないのです。 よくみる『牛革』や『コードバン』は本革じゃない!? 本革ランドセルを取り扱うブランドが少ない理由には、もうひとつワケがあります。 それは、人気ブランドさんでよくみかける『牛革』や『コードバン』のほとんどは、 本革と呼べない革で作られているからなのです。 なぜ、本革と呼べないのかその理由は「加工方法の違い」にあります。 ランドセルに使用される『ヌメ革』は、雨に弱く、お手入れも必要な為、お子さまには不向きな素材です。 そこで、お子さまでも扱いやすいようにヌメ革の表面に樹脂などでコーティング加工(専門的には『顔料仕上げ』ともよばれる)を施し、撥水性を高めることで雨にも強く、お手入れもサッとふき取るだけの簡単な素材へと変化させたものが作られるようになりました。 しかし、樹脂コーティングを施してしまうと牛革やコードバンが本来持つ『風合い』が失われ、表面が風や光に触れないので経年変化が楽しめなくなってしまいます。 これが、「本革と呼べない」理由の大きなポイントです。 本革よりも人気の『天然皮革』のランドセル 上の項目でご紹介した「本革とは呼べない革」ですが、じつはお子さまにとても人気がある素材なんです。 人気の理由は次のようなワケがあります。 『高級感』と『使いやすさ』のバランスが良い 表面をコーティングされことで、経年変化する味わい深い風合いは失われてしまいますが、牛革やコードバンなどの天然の『重み』や、しっかりした『硬さ』などの質感はそのままに感じることができ、高級感を与えてくれます。 そして、弱点でもあった『水濡れ』にも強く、難しい『お手入れ』の必要がないので、お子さまで取り扱いやすく仕上がっています。 このバランスの良さがお子さまにもご家族さまにも大好評のようです。 また、言い方は悪いですが、表面をコーティングで隠せるので、そのまま(ヌメ革として)では使えないキズやシミの付いた安価なものでもキレイな仕上げることができます。 そのために、『ヌメ革』のランドセルよりも比較的に安く販売されているのも人気の理由のひとつと考えられます。 天然皮革は『重い』のがデメリット 人気の高級感あふれる天然皮革ですが、唯一のデメリットがあります。 それは『重さ』です。 高級感を与えてくれるずっしりとした『重み』は、小さな身体のお子さまの負担となる場合があります。 といっても、「すこしくらい軽いだけだと教科書を入れてしまえばわからないのでは?」 とお考えの方もいらっしゃると思います。 しかし、大人では分からないような誤差でも、毎日ランドセルを背負うお子さまにとっては、この数百グラムの差で身体への負担は大きく変わることもあります。 その為、通学時間の長いお子さまや、女の子のなかには購入を控える方もいらっしゃいます。 牛革・コードバン・ヌメ革などのランドセルの天然皮革についての詳細はこちらをご参考ください下さい。 とても軽い• とても柔軟で丈夫• 撥水性が高く水濡れに強い クラリーノなどの人工皮革ランドセルが人気の理由は、なんといっても『軽さ』です。 ランドセルを背負う通学の負担も少なくしてくれます。 また、樹脂で出来た人工皮革はとても柔軟で、牛革にも負けない耐久性をもっています。 元気なお子さまの激しい扱いにもしっかり耐え抜いてくれます。 それは『高級感』です。 なぜなら、表面のシボ感(動物の皮膚特有の自然な凸凹感)が人工的に作られているうえに、『軽く』、『柔軟』な質感なので、高級感のある雰囲気は弱くなります。 ランドセルによっては少し安っぽく感じるものもあるかもしれません。 クラリーノや人工皮革について詳しくはこちらの記事にまとめていますのでご覧下さい。 ランドセルの革選びで大切なこと 最後に、こちらでは『本革』、『天然皮革(顔料仕上げ)』、『人工皮革』についてそれぞれ良いところや悪いところをご紹介いたしました。 当サイトでは「たくさんのお子さまに使っていただきやすい」とう理由で、クラリーノなどの『人工皮革』のランドセルをおすすめしていますが、絶対にこれを選んでくださいと言う意味でご紹介はしておりません。 ランドセルの素材となる『革』選びでいちばん大切なことは、「お子さまのことを考える」です。 ランドセルはお子さまにとって特別なものです。 ときには性能だけでなくコードバンのような美しい「見た目」や「雰囲気」も6年間大切に使って貰う為には必要な要素です。

次の

薄くて軽い一本取手の肩掛けファスナートートバッグ「革鞄のHERZ(ヘルツ)公式通販」

軽い革

Organ オルガン 「肩掛けトート」 革素材:ユーフラテ ユーフラテ革の柔らかな風合いが軽やかな肩掛けトートバッグ。 物を入れ肩に掛けると、荷物の重さで本体がくしゃっとなり 収納するものによって違う表情を見せてくれます。 しっかりとした厚革を使用することの多い取手もユーフラテ革 だと一段と軽さを感じます。 取手自体の幅も広く、1枚を縫い合わせているので 肩への当たりが柔らかく使い始めからすっと馴染み 荷物が増えた時も肩への負担が少ないのは安心です。 ファスナー周りのみ厚革を使用。 厚革にすることで、ファスナーの開閉がスムーズになり 形を保つ補強の役割もしてくれています。 M、Lの2サイズ展開。 MサイズはA4クリアファイル、LサイズはA4リングファイルが収納可能。 とは言え、めいいっぱい四角いものを収納し過ぎない方が この鞄独特のクシャッとした感じを楽しめます。 詳しくは「」をご確認下さい。 ポケットのマチ幅や取っ手の高さは含みません。 ・革に余計な表面加工をしていないため、 キズや皺、使っていく中での色移りもございます。 ご注文前に「」を必ずご確認下さい。 ・HERZ刻印の入っている商品は現在、ロゴの下にMADE IN JAPANの刻印が入っています。 詳しくはをご確認下さい。 ・返品、交換についてはをお読みください。 ・革質により、それぞれの商品で質感、色味などが異なります。 また、使用している革の種類を変更する内容は基本的に受付しておりません。 ・価格、仕様等は予告なく変更する場合がございます。 そのため、商品画像と仕様が若干異なるモデルもございます。 ・ 素材や作りの特性をご理解頂いた上でのご注文をお願い致します。 レディースバッグに関連するバッグのカテゴリー 軽くて柔らかいユーフラテ革を使用した一本取手のファスナートートバッグ。 取手の幅も広いので女性でも使いやすい形です。 HERZでは、メンズ・レディースともに、気兼ねなくお使い頂けるハンドメイドレザーバッグを作っています。 革の裁断から縫製まで全て自分達の手で作り上げる作り手こだわりのトートバッグに出会える革製品工房の通販サイトです。 ハンドメイドにこだわった多様な種類のレザーを揃え、長く愛用出来る革鞄に出会うことができます。 使っていくほどに持ち主に馴染んでいくレザー鞄を探すなら、豊富な肩掛けトートバッグから選べるHERZ [ヘルツ] 公式通販サイトをご覧ください。 店舗紹介.

次の