個人型確定拠出年金 デメリット。 個人型確定拠出年金(イデコ)のメリットデメリットとは?

確定拠出年金(イデコ)のデメリットとは

個人型確定拠出年金 デメリット

確定給付年金と確定拠出年金• 改正前・現行の確定拠出年金• 個人型と企業型の違い。 現行制度• 確定拠出年金加入対象者• 掛金の全額が所得控除(非課税)に! 運用期間中の運用益も非課税! 受取り時の税優遇・給付金も控除の対象! デメリット・その1 原則、60歳まで引き出せない• デメリット・その2 手数料がかかる• デメリット・その3 最終受給金額が確定しない• 2001年にスタートした確定拠出年金は日本版401kと期待されていましたが、 加入資格者であっても、利用している方はきわめて少ないのが現状です。 今回の改正案成立では、 だれでも税制優遇のチャンスあり、となりました。 その メリット、 デメリット、 落とし穴を探ってまいりましょう。 第1回は 確定拠出年金法(DC法)改正案の基本をお話しします。 (賦課方式) 一方、 確定 拠出年金は 掛金を確定して拠出、 拠出した資金を 運用することによって、 老後に給付を受けるという年金制度です。 運用ですから 受給額は定まっていません。 (積立方式) 確定拠出年金は 国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せする 私的年金です。 民間の金融機関が運営する、いわば金融商品です。 でありますが、これまで金融機関はさほど力を入れていなかった印象があります。 またこの制度の加入資格者でも、利用している方はきわめて少ないものでした。 それは専業主婦や公務員は加入できないなどという 対象者が限られていることが、不人気の原因のひとつといわれてきました。 改正案はその不人気を払拭させることになるのか、検証してまいります。 日本の年金制度は、 ・基礎年金(1階) ・厚生年金(2階) のいわゆる 2階建年金が基本ですが、 厚生年金基金に加入している企業は ・企業年金(3階) をもって 3階建となっています。 外部の保険会社や信託銀行等はその資金を管理・運用して年金給付を行うものです。 もし、企業年金の運用が芳しくないことになりますと、 その穴埋めのため企業の経営にも影響が及ぶことになるかもしれません。 そこで、 「確定拠出年金」(企業型、個人型)の導入ということになります。 確定拠出年金は加入者が運用方法を選択して、その運用により給付額が決まるものです。 加入者自身が資産を運用しますから、給付額は一定ではありません。 運用結果によって給付金額は変化します。 企業型は企業が導入し企業が掛金を拠出します。 (規約で定めてあれば個人で拠出できる場合もあります。 ) 両方に重複しての加入は出来ません。 個人型の加入者は、これまで自営業者の方などに限られていました。 平成29年1月からは、 企業年金を実施している企業の従業員や公務員、 あるいは専業主婦なども加入できるようになります。 2017年からの制度はのちほどご説明します。 確定拠出年金個人型を中心にお話しを進めてまいります。 また 今までの 確定拠出年金以外の企業年金の加入者も、含まれることになりますから その対象者数は約6千700万人にのぼります。 今までの対象者は約4千100万人。 2千600万人が増えることになります。 いわば、 すべての現役世代が加入できる、ということになります。 (公的年金加入者) 確定拠出年金の加入者は現在約500万人ですが、 この改正で現在の2倍の加入者となる見込みのようです。 と申しますのは、 NISA 少額投資非課税制度 の加入者が約1千万人あり、 厚労省は同程度の加入をめざしているのだそうです。 ( NISAと比べてのメリッット、デメリットが気になるところですが NISAと確定拠出年金の比較は、のちほど詳しくお話します。 ) 確定拠出年金のメリッ 個人型・確定拠出年金は3つの時点で税制上のメリットがあります。 投資時(拠出時):掛金全額控除 2. 運用時:運用益非課税 3. 給付時:退職所得控除(一時金)、公的年金等控除(年金形式受取) これらの税制上のメリットを順にご説明してまいります。 掛金の全額が所得控除(非課税)に! (会社が拠出した掛金も、本人が拠出した掛金も非課税) 自身の老後のためにお金を積み立てていると、 住民税や所得税が軽減されるということですね。 掛金が多いほど節税効果が高いということになりそうですが、 掛金の上限が対象者ごとに決められています。 上限の81万6千円を拠出すれば、 816,000円x0. 実際には口座管理手数料などがかかりますから、 額面通りとはまいりません。 の例で 月550円の手数料がかかる商品でしたら、 1万7千4百円の節税効果ということになります。 確定拠出年金での投資信託の運用なら、 運用時の手数料は一般的に通常より低くなっています。 (金融機関により異なりますが。 運用期間中の運用益も非課税! 株式投資、投資信託、FXなど一般の金融商品で得た利益には、税金がかかります。 NISA 少額投資非課税制度 は年間120万円の投資枠まで非課税ですが、 5年間という期間が定められています。 ( スイッチング) つまり 運用中でも商品の入れ替えが出来ます。 また 金額の変更、投資配分の変更も出来ます。 しかし商品の選び方は重要なことです。 加入時点から慎重に行わなければなりません。 運用はすべて自己責任となります。 年金を受け取るまで 安全な運用 を心がける必要があります。 受取り時の税優遇・給付金も控除の対象! 給付金を受取る際に課せられる税金は、 給付金の種類や受取り方法によって取扱いが異なります。 死亡後5年以内に死亡一時金の権利の裁定請求を行わないと、 給付金を受取ることができなくなり、 死亡した方の 相続財産とみなされます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 60歳になったら老齢給付金を受取ることができます。 ただし、 60歳から受取れるのは、確定拠出年金制度に通算して10年以上加入していた人です。 通算加入者等期間 請求可能年齢 10年以上 60歳以上61歳未満 8年以上 61歳以上62歳未満 6年以上 62歳以上63歳未満 4年以上 63歳以上64歳未満 2年以上 64歳以上65歳未満 1ヶ月以上 65歳以上 請求期限は70歳誕生日の2日前まで. 上の表にある 通算加入者等期間とは、 加入者が60歳に達した時点での、次の各期間を合算したものです。 企業型運用指図者期間• 個人型加入者期間• 確定拠出年金のデメリット・落とし穴 お話ししてまいりましたように、 確定拠出年金の 最大メリットは 節税です。 すなわち 非課税の3点セットです。 これは、 『やらないわけにはいかない』ということになりませんか。 ちょっと待ってください。 確定拠出年金はどこかに落とし穴が潜んでいるのではないのか。。。 デメリットを探ってまいりましょう。 確定拠出年金の目的は老後資金ということですから、 60歳まで引き出せないのは、 むしろメリットではないかという方もいらっしゃいましょう。 しかし、もしものときにも 60歳まで引き出せないというリスクは、 重々念頭に置いて運用を心がける必要があります。 たとえば、急にからだが悪くなって収入が見込めなくなった時などに、 子どもの教育費や住宅ローンの負担が身にしみますね。 そのようなときにも積立金を取り崩して利用すことは出来ません。 (脱退一時金を受け取るには限定的な要件が有り。 ) メリット・デメリットは表裏一体なことでありますから、 以下にお話しするデメリットについても同様なことがいえます。 (国民年金基金連合会へは初回2,777円) 運用期間中には手数料がかかります。 金融機関(運営管理機関)によって異なりますが 毎月5〜600円程度でしょうか。 (口座管理料手数料、年間0円という金融機関もあります) 手数料などは他の金融商品より比較的低いのですが、60歳まで払い続けることとなりますから、かなりの金額になる方もおいででしょう。 確定拠出年金は給付年金や年金保険などとは違い、 受取る金額が決まっていません。 運用期間中の時点では60歳になったらいくらもらえるのかわかりません。 60歳以降に資産残高や加入期間などに応じて決まります。 その 運用は加入者自身の責任でおこなわれ、運用成績は変動します。 運用の結果は自己責任です。 リスクを伴わない投資はありません。 一般的に、大きいリターンを望めばその分リスクが高くなると言えましょう。 運用を有効に活用できることが重要ですが、 そのための学習を怠るわけにはまいりません。 リスクを極力抑え元本割れを防ぐために、掛金は定期預金でよい、 という方法を選ぶ方もいます。 確定拠出年金はどの商品でも運用益に税金がかかりません。 定期預金を選んでも金利に税金がかかりません。 それでも インフレによるリスクは伴います。 すべて自身で判断しなければなりません。 運用方法を自身で選べることは、 むしろメリットであると捉える方もいらっしゃいます。 あたかも、 『これからは公的年金だけに頼るな、自己責任で!』と宣言されたような気がしませんか。 となれば、 安 心で安全な資産運用を自ら学ぶ他はなさそうです。 がんばりましょう。 つづきは 近日投稿予定.

次の

個人型確定拠出年金(イデコ)のメリットデメリットとは?

個人型確定拠出年金 デメリット

60歳までの間に自分で決めた金額を積み立てていきます。 そしてそのお金を投資信託や定期預金、保険などの商品を選択して運用します。 そして60歳以降にその運用した資産を受け取ることができる仕組みになっています。 下記の図のように国民年金や厚生年金と合わせた年金制度の上乗せとして考えると良いでしょう。 掛け金として掛けられる金額ははその人の厚生年金等の状況により変わってきます。 例えば国民年金のみに加入ししている第一号被保険者でしたらと合わせて6万8千円まで加入することができます。 (付加年金入っている場合には6万7千円) また、サラリーマンで年金制度がない会社にお勤めの方ならば月額2万3千円まで掛けることができます。 確定給付型年金などの年金制度がある会社にお勤めの場合には月額1万2千円まで掛けられます。 公務員の方も同様に月額1万2千円が上限となります。 出所: 個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)のメリット 確定拠出年金(iDeCo のメリットとして大きなモノは3つあります。 所得税と住民税の節税効果 まず1つ目のメリットが 所得税と住民税の節税が見込めることです。 確定拠出年金(イデコ/iDeCo の掛け金は全額が所得控除となります。 (小規模企業共済等掛金控除) 所得控除とは税金計算するときにその金額を控除して税金計算できるようになるってことです。 つまり、所得を減らしたことと同じ効果が得られます。 その結果、所得税及び住民税が減るのです。 例えば課税所得が500万の自営業者の場合でみてみましょう。 毎月満額の6万8千円を確定拠出年金(iDeCo に積み立てたとします。 すると 年間で81万6千円の掛け金です。 それがそのまま 全額所得控除となり 24万4千8百円もの節税となります。 つまり、毎年3割(所得税率20%、住民税10%の方の場合)の運用ができる投資をしたようなものなのです。 正直 このためだけに掛けてもよいくらい有利になっていますね。 確定拠出年金内の運用益の利益が非課税 もう一つのメリットは個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo の中での運用について売却益や配当などを得た場合も 全額非課税となります。 普通に投資信託や株などに投資をして売却益や配当が出た場合や定期預金の利息をもらった場合には税金が20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)が掛かります。 それが個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo の中で運用すれば税金が掛からないのですからこちらもかなりオトクです。 受け取る際も税制優遇 確定拠出年金の給付を受取るときも一時金として受け取れば「 退職所得控除」が受けられます。 また、年金として受け取る場合も「 公的年金控除」がうけられます。 受け取る際は自身の他の退職金や年金の金額と合わせて検討しより有利な方法で受け取るといいでしょう。 自己破産時、離婚時に・・・ 他にもメリットがあります。 それは自己破産時に没収されなかったり、離婚時に年金分割の対象とならない点です。 詳しくは下記記事をご覧ください。 個人型確定拠出年金(イデコ/iDeCo)のデメリット とても有利な制度となっている個人型確定拠出年金(iDeCo ですが考えなければならないデメリットもあります。 後々後悔しないためにも始める前にデメリットも理解してはじめたいところです。 原則として60歳まで引き出せないこと 個人型確定拠出年金(iDeCo 最大のデメリットといえるかもしれないのが原則として60歳まで積み立てた資産を引き出すことができないことです。 また、途中で解約もできません。 逆に言えば「老後資金」を貯めるためにはそのくらい強い覚悟が必要ですから、強制的に貯める手段として個人型確定拠出年金(iDeCo を使うと考えると良いかもしれませんね。 もし、自由に引出したいのならがおすすめです。 損益通算できないこと 個人型確定拠出年金(iDeCo のもう一つのデメリットは個人型確定拠出年金(iDeCo 内で損失が発生しても他の株等の利益との損益通算はできないことです。 個人型確定拠出年金(iDeCo は積極的に売買する仕組みではないです。 長期的な目を考えて取引するならこの点はそこまで問題ないかもしれませんけどね。 運用次第であること もう一つが当たり前といえば当たり前ですが運用次第によっては損失がでたり、思ったように増えない可能性もあることもデメリットといえるかもしれません。 ただし、長期的な投資ですから期待値はかなり高いのは事実です。 まとめ 今回は「個人型確定拠出年金 イデコ/iDeCo とは。 メリット・デメリットをわかりやすく解説」と題してイデコのメリット・デメリットについてみてきました。 個人型確定拠出年金 イデコ/iDeCo は大変おとくな制度ですのでぜひ加入を検討してみてくださいね。 しかし、たくさんあってどこにしたらよいのかわからない方も多いでしょう。 私が今もし、新たに加入するならSBI証券、マネックス証券、松井証券、イオン銀行、大和証券の5択の中から決めます。 (等は各社共通で掛かります。 ) また、運用商品も インデックスファンドを中心に低信託報酬の商品が充実しています。 順番に見ていきましょう。 SBI証券 イチオシはです。 SBI証券は信託報酬も最安値水準のeMAXIS Slimシリーズを始めとしたインデックスファンドから雪だるま全世界株式、ひふみ年金、NYダウ、グローバル中小、ジェイリバイブといった特徴ある商品をたくさんそろえているところが最大の魅力です。 選択の楽しさがありますよね。 また、確定拠出年金の分野を長年手掛けている老舗である安心感も大きいですね。

次の

個人型確定拠出年金(iDeCo)の事業主払込のメリット・デメリット

個人型確定拠出年金 デメリット

確定拠出年金(DC、401k)とは、老後に向けた資産を作るために国民年金や厚生年金の上乗せ部分として、加入者が月々の掛金を拠出(積立)し、用意された金融商品で運用すると、60歳以降に年金や一時金で受け取ることのできる制度です。 いわゆる自分の年金を自分で用意するための制度です。 「企業型」と「個人型」 確定拠出年金には「企業型」と「個人型」の2種類あります。 企業型は基本的には企業が掛金を支払います。 したがって、企業がこの制度を導入しないと加入できません。 個人型は、現況、国民年金に加入している個人事業主やその家族、企業年金制度のない企業の従業員が加入することができ、公務員や主婦は加入できません。 ただし2017年1月からは公務員や主婦も加わり、誰でも加入することが可能になっていきます。 退職金と確定拠出年金の違い 退職金も確定拠出年金も老後に大切な資金です。 ここでは、掛金、運用、受取額、持ち運び(ポータビリティ)の4つのポイントを挙げてみました。 ポイント 退職金 確定拠出年金 掛け金 会社が支払う (企業型)会社が支払う (個人型)自分で支払う 運用 会社が決める 自分で選ぶ 受取額 会社規定 運用成果が反映される 持ち運び(ポータビリティ) ほかの会社への退職金制度には持ち運べない 転職・退職した時には積立金を 持ち運べる 上記のように、確定拠出年金は「自分の老後資金は自分の責任で管理・運用する」という特徴があります。 ひとりひとりの専用口座に、会社や個人が負担した金額が入金され、それを個人が運用するという仕組みになっています。 運用、資産配分も個人で管理していきます。 退職金制度では定年退職に会社の決められた金額を受け取ればよかったのですが、企業側にも準備する負担が大きくのしかかってくるため、業績にまで影響すると言われています。 確定拠出年金のメリットとデメリット 確定拠出年金の種類、退職金との違いがわかったところで、では実際に利用するにあたってメリットに挙げられる税制優遇はどんなものなのか、逆に何がデメリットとなるのか例をふまえていくつかご紹介します。 メリットについて 確定拠出年金個人型のメリットはいくつかありますが、1つ目には税制優遇です。 掛金の全額が所得税と住民税の控除の対象になるということが一番のメリットといえるでしょう。 掛け金の限度額は、企業に勤務し、厚生年金に加入している方は、月額23000円。 自営業の方は毎月68000円までとなっています。 6万円 27. 6万円分の所得税控除を受けることができます。 Aさんの年収の場合、所得税の税率は20% 住民税は10%ですので 所得税の節税効果 27. 5万円 住民税の節税効果 27. 7万円 会社員のAさんは、年間8. 2万円の税金が優遇されることになります。 また、自営業者にとっては最高81. 6万円の控除を利用でき、所得税や住民税を減らす効果があります。 2つ目のメリットは運用益が非課税であるということです。 通常、個人で運用するときは株式や投資信託に20. 315%の税金が課税されます。 しかし、確定拠出年金での運用中は利子や売却益、配当などの運用益は非課税になります。 利益が課税されずにそのまま再投資することができるので、複利で運用することができ、その効果は大きくなります。 他にも、• 自分の責任で運用ができる。 年金を一括受取とする場合、退職金所得控除が利用できる。 60歳まで引き出せないので、貯めることができる。 などのメリットも挙げられます。 デメリットについて 確定拠出年金のデメリットもいくつかあります。 1つ目には将来の年金額が確定していないということです。 自らが運用することに慣れていないことがデメリットととらえる方も多いと思います。 自分の年金を自分で運用するという責任感から来るのかもしれません。 2つ目のデメリットは管理コストがかかることです。 運営管理手数料は3か所から徴収されています。 国民年金基金連合会から103円/月• 事務委託先金融機関から64円/月• 運営管理機関から0〜数百円/月 金額は小さいですが、長期間の掛け金となるとそれなりの金額になってしまいます。 デメリットはそのほかにも、60歳になるまで途中引き出しができないこと、運用について自ら勉強しないといけないことなどがあります。 確定拠出年金と税金の優遇について 確定拠出年金の加入者は60歳をすぎると、老齢給付金を受け取ることができます。 ただし、加入期間が10年未満の場合には受け取れる年齢が繰り下がります。 ご自身のライフプランに合わせた方法で受け取ることができるのはうれしいですね。 年金の受け取り方法について では、具体的に受け取り方法を見ていきましょう。 ライフプランに合わせて受給時期を決めるといいでしょう。 ただ、売却する際、その時の相場の影響をうけます。 徐々に安定した商品に移し替えるなど、受給時期と換金時期を考えながら運用するとよいと思います。 その場合は50:50に加え、一部年金もしくは一部一時金のように細かく分けて併用できる場合もあります。 一時金は税金が優遇される 確定拠出年金には受け取るときにも、税金の面で優遇されています。 年金で受け取るのか、一時金で受け取るのか、選択によって控除される金額は違います。 年金で受け取る場合 年金で受け取ると、雑所得としてその年の公的年金と合算して税金の計算をします。 超えた部分は課税の対象となります。 一時金での受け取る場合 一時金での受け取りは退職所得とみなされますので、「退職金控除」の対象となり、大きな税制優遇があります。 運用は慎重に 徐々に加入者が増えている確定拠出年金制度。 加入する際には、税制面での優遇などのメリット部分だけでなく、60歳まで続けて行けるような金額設定をしていくことが大切になります。 さらに、運用に伴うリスクをきちんと理解し、さらには中途解約のリスクも把握したうえで慎重に決定していくことが大切です。 NISAも活用 NISAとは、株式や投資信託などに投資し、そこから得た利益や配当や分配金等が非課税になる制度です。 毎年120万円の枠が設定され、その枠内で投資した利益等は非課税となります。 確定拠出年金制度同様、利益が非課税なので、配当金などを再投資する場合、複利効果もより大きくなります。 確定拠出年金は60歳まで途中引出ができませんが、NISAは途中で利益を確保することも可能ですので、旅行資金、教育資金など色々なライフプランに合わせた使い方が可能です。 それぞれのメリットデメリットを理解して、将来に向けた資金準備の手段として活用しましょう。 (2016年8月15日) 本コラムの内容は掲載日現在の情報です。 コラム内容を参考にする場合は、必ず出典元や関連情報により最新の情報を確認のうえでご活用ください。 以 上•

次の