入学 祝い 10 万 円 お返し。 大学合格祝いにお返しは不要!?でも10万円もらったらどうする?

絶対外さない、出産祝いのお返し・内祝ギフト「おすすめ10選」

入学 祝い 10 万 円 お返し

焼酎マニアには限定物を!入学内祝いに贈りましょう• 焼酎は日本全国各地で飲まれているアルコールです。 気取っていない感じがするためか、お返しとしてもよく選ばれますし、また喜ばれます。 この喜ばれるということが、お返しにおいては最重要ポイントといっても良いでしょう。 相手の方が焼酎を好むのであれば、まずは芋や米、麦など、主原料の好みを把握しましょう。 どれでも良い、という方もいますが、中には芋焼酎は匂いが独特で苦手、という人もいるため、同じ焼酎と一括りで考えない方が良いこともあります。 平均相場: 5,600円• クチコミ総合 : 5. 0 笑顔が生まれる入学内祝いなら、やっぱりスイーツ!• 入学内祝いに限らず、お返しを選ぼうとすると、種類がたくさんありすぎて選ぶのが難しいことは多々あります。 そんなとき、万人にうけるといえば、やはりスイーツが挙げられます。 女性はもちろん、子供も喜びますし、男性に案外多い甘党の方ももらって嬉しいものです。 唯一気にするとしたら、要冷蔵だとか賞味期限が短い物などです。 相手の方が長期不在した際などは非常に困るので、その点だけ注意しましょう。 メディアで紹介されるようなお取り寄せスイーツなら話題性もありますし、味の点でも折り紙付きです。 平均相場: 2,600円• クチコミ総合 : 4. 日本では古くから、お返しをするという習慣が根付いています。 そのため、お返しの品物には悩まされることが多いです。 しかし根本としては、お祝いをいただいたことに対する、感謝の気持ちです。 言葉ももちろん大事ですが、形としても表すため、品物選びは非常に重要です。 以前はお茶や乾物など、時代によって異なる物が贈られていましたが、現代では品物の種類が増加する一方で、うまく選べないという難点があります。 そこでおすすめしたいのは、カタログギフト。 価格に応じたカタログから、相手の方が好きな物を、自分で選ぶことになるので、はずれということはありえません。 こちらは選ぶのが楽で、相手は選ぶ楽しみがある。 平均相場: 18,300円• クチコミ総合 : 4. 0 入学内祝いでもビールはスタンダードな選択です!• お歳暮やお中元などでビールを贈るという人も非常に多いです。 最近は発泡酒の味も改良されていますが、同じ飲むなら発泡酒よりも当然ビール!という方がほとんどでしょう。 そのため、入学内祝いで贈るのであれば、晩酌などにも使えるビールがおすすめです。 銘柄はたくさんありますが、好みによってかなり分かれるため、できるだけ相手の方の好みの銘柄にしましょう。 特に味の濃い薄いは飲み口が違うため、苦手な方に贈ってしまうと少し残念なことになります。 いただいたお祝いへのお返しですから、しっかりと好みを把握して、喜ばれる物を贈りましょう!• 平均相場: 4,700円• クチコミ総合 : 5. 日本におけるお返しの品といえば、日本茶が欠かせません。 若い世代よりも年配の世代には非常に広く受け入れられるのが特徴です。 しかし最近では、茶葉だけでなく、日本茶と和菓子のセットや、和テイストの入った洋菓子とのセットも大変人気が高いです。 お取り寄せスイーツなどでも良いですが、迷った時はランキングサイトを見て、そこから気になった物を選ぶのが簡単です。 こうしたセット物なら、老若男女を問わず、色んなご家庭で重宝されます。 お返しは喜ばれる物を選ぶと、よりこちらの感謝の気持ちもよく伝わることでしょう、• 平均相場: 4,500円• クチコミ総合 : 4. 0 ワインの入学内祝いで少しリッチな時間を贈りましょう• 入学内祝いで何を贈るか、悩んでしまう人がたくさんいます。 基本的には、入学祝いをいただいたことへの感謝の気持ちが相手に伝われば良いのです。 難しく考える必要はないので、まずは相手の好きな物を贈ることを考えましょう。 もしワインをよく飲んでいるとか、ワインに関する話題がよくのぼる人であれば、やはりワインを選ぶのがベターといえます。 しかし相手がワイン通であればあるほど、種類を選ぶのも一苦労です。 そんな場合はランキングなどを参考にしても良いでしょう。 平均相場: 6,500円• クチコミ総合 : 5. 入学祝いをいただくと身が引き締まる思いをする人も多いでしょう。 そしてそのお返しである入学内祝いというと何だか構えてしまって、上手く選ぶ自信がないという方も大勢います。 そんなときには、まず無難な選択をすることがおすすめです。 どんな家庭でも消費する物といえば、台所や衣類を洗う洗剤が挙げられます。 お歳暮などでもよく選ばれますが、ポイントは長期間経過しても劣化しないこと。 食品ではないので、これはありがたいメリットです。 そしていつかは消費してもらえる物なので、贈る方も受け取る方も、気兼ねなくやりとりができます。 平均相場: 3,000円• クチコミ総合 : 4. 0 入学内祝いには美味しい紅茶を選んでみては?• 紅茶は他の嗜好品と比べ、嫌いという人が極端に少ないアイテムです。 それだけに、選んではずれがなく、相手も喜んでくれるはずです。 特に相手が紅茶好きであれば、それほど深く考えずに選んでも大丈夫です。 しかし、せっかく贈るのであれば、産地や茶葉にこだわった物や、紅茶の名店と呼ばれるお店のセットなどが良いでしょう。 名店と呼ばれるだけあり、独自のブレンドした風味は真似できないものがあります。 平均相場: 3,200円• クチコミ総合 : 4. 0 ありがとうの気持ちを込めて、入学内祝いにはキッチングッズ• 入学内祝いには色々な物が考えられます。 オーソドックスにお菓子のセットやスイーツ、タオルセットやキッチン家電など、お店のギフトコーナーでも目移りしてしまいがちです。 しかしお返しを贈る相手のご家庭の人数によっては、直接食べ物などを贈ってしまうと、残りがちになるというケースもあります。 無駄になってしまうということを避けたいのであれば、食べ物よりも長く使える品物を選ぶというのがおすすめです。 中でもキッチングッズはさまざまな物がラインナップされていて、新しい商品ならまず相手がすでに持っているかということを気にする必要がありません。 平均相場: 14,600円• クチコミ総合 : 5. 0 入学内祝いなら豊富な家電の中から贈るのがお勧め!• お祝いをもらうのは嬉しいことですが、そのお返しには困ってしまう、という方も多いようです。 入学祝いについても同じで、特にランドセルや高級な筆記具などをいただいた場合、お返しの品物には頭を悩ませるはずです。 相手の方は子供に対して贈ってくださっているので、それほど高額なお返しにしなくて良いとされていますが、かといって菓子折り一つで済ませるのも気が引けてしまいます。 そんなときは、相手の方の趣味や嗜好、生活に合った家電のプレゼントが最適です。 平均相場: 15,200円• クチコミ総合 : 4. 入学というのは人生において節目の時期ですが、それだけにお祝いをいただくと、良い思い出として長く記憶に残ります。 そんなお祝いを贈ってくれた方には、一筆簡単なお礼状を添えてお返しをするのが一般的です。 心がこもっていれば、長文である必要はありません。 気楽な気持ちで、感謝の念を書けば大丈夫です。 そしてお礼状だけというのも味気ないという場合は、手頃な品物を一緒に贈るのがおすすめです。 中でもキッチン家電は、自宅用では買わないまでも、ちょっと欲しいという品物が豊富に揃っています。 平均相場: 6,800円• クチコミ総合 : 4. 0 季節を問わず楽しめる日本酒なら入学内祝いに最適!• 若い世代ではビールや発泡酒派という方も多いですが、それなりの年代の方であれば、やはり日本酒が好まれます。 特に良い日本酒は、熱燗でも冷でも美味しく楽しめるため、季節を問わず喜ばれます。 特に入学内祝いとして贈るなら、ちょうど花見の時期も近いので、ますますお酒を飲む機会が豊富です。 日本酒にもさまざまな種類があるため、相手の方が普段飲んでいる物か、一風変わった限定物などをチョイスしても良いでしょう。 平均相場: 5,700円• クチコミ総合 : 5. 0 入学内祝いには種類豊富な腕時計を贈りましょう!• お返しには頭を悩ませてしまう、という人がたくさんいます。 大人に贈る物ではなく、大抵は親しい人の子供に向けて贈るため、品物でのお返しは不要としていることも多いです。 それだけに、あまり高価なお返しをしてしまうと、かえって常識外れと思われてしまうかもしれません。 そんな時におすすめなのは、価格も種類も多種多様な腕時計です。 相手がそれなりの年代の人であれば、良い腕時計の一つや二つは所持していることがほとんどです。 しかし、そこであえて頑丈な、ラフに扱える防水仕様の物を選ぶのです。 案外喜ばれるアイテムになるはずです。 平均相場: 245,100円• クチコミ総合 : 5. 0 いつでも美味しい水を、入学内祝いに浄水器を選ぶ• 日本では当たり前のように美味しい水が蛇口をひねれば出てくるという、世界と比較するとかなり恵まれた国です。 しかし、実は地域によって水の味は雲泥の差があります。 常日頃から、「水が美味しくないから買っている」というような人には、浄水器をプレゼントすると良いでしょう。 機能はそれぞれ違いがあり、カルキの味を中和したり、サビ臭さも取ってくれるものなどもあります。 また、カートリッジを交換するタイプなど、種類は豊富です。 価格も幅広いので、予算に合わせて選び易いのも浄水器の特徴ですね。 入学内祝いとして、かさばらず、そして邪魔になることもないアイテムですので、贈ってみてはいかがでしょうか?• 平均相場: 30,800円• クチコミ総合 : 3.

次の

入園・入学祝いの「相場」「お返し」の正解は?専門家に聞いた「入学祝いのマナー」Q&A

入学 祝い 10 万 円 お返し

こちらをふまえて、友人や知人の子どもの場合は、言葉だけでは足りないと感じるくらいに親しい間柄であれば、贈っていいと思います。 もし、身内などで集まって食事をしながらお祝いをする機会があるのならば、そのときに直接渡すのがいいですね」 Q3 「入学祝い」の相場は? A3 兄弟やいとこの子どもでしたら、 5 , 000 円~ 1 万円ぐらいが無難です 「金額は多ければ多いほどいいというものではありません。 お互いの負担になるような金額のものは避けたいところです。 以前、自分の子どもにお祝いをいただいたことがある人には同等の金額にしてください。 ただし、本当に喜ばれるものを贈るのは至難の業です。 現金・ギフト、どちらがいいのかも相手に聞くのが一番です。 そういったやりとりもコミュニケーションのひとつですので、躊躇なさらずに」 参照: 入学祝いのおすすめギフトは? 「保育園・幼稚園児」「小学生」「中学生」「高校生」「大学生」それぞれの子をもつ男女総勢 811 名にアンケートを実施。 実際にもらったお祝いの金額やギフトについて調査しました。 また、岩下さんに年代別お祝いのおすすめギフトについて伺いました。 「入園祝いの相場」とおすすめの「ギフト」は? 祖父母からもらった入園祝いの金額は、 1万円〜2万円未満が最多でした。 また祖父母以外の親戚からもらった金額の最多は、 5千円〜1万円未満でした。 岩下さんのおすすめのギフトは、「 図書カードや文房具、こども商品券のほか、靴下などの消耗品もおすすめです。 また、保育園、幼稚園で使うものを贈る際のアドバイスとして、 ・指定のメーカーなどがあるかどうか ・名入りをしたほうがいいか を相手の親に確認するとさらに親切になるとのことでした。 「小学校入学祝いの相場」とおすすめの「ギフト」は? 祖父母からもらった入学祝いの金額は、 1万円〜2万円未満が最多でした。 また祖父母以外の親戚からもらった金額の最多も、同じく 1万円〜2万円未満でした。 小学校入学祝いのおすすめギフトについて、岩下さんは「 文房具はもちろん、商品券や図書カードは子どもにも使う楽しみがあっていいですよね。 特にプラネタリウムは夢があるプレゼントですね。 「中学校入学祝いの相場」とおすすめの「ギフト」は? 祖父母からもらった入学祝いの金額は、 1万円〜2万円未満が最多でした。 また祖父母以外の親戚からもらった金額の最多は、 5千円〜1万円未満でした。 中学校入学祝いのおすすめギフトについて、岩下さんは「 腕時計などはいいですね。 その他、 図書カードや部活で使うものもいいと思います」とコメント。 図書カードはすべての年代に喜ばれそうですね。 「高校入学祝いの相場」とおすすめの「ギフト」は? 祖父母からもらった入学祝いの金額は、 1万円〜2万円未満が最多でした。 また祖父母以外の親戚からもらった金額の最多は、 5千円〜1万円未満でした。 高校入学祝いのおすすめギフトについて岩下さんは「この年頃だとそれぞれ好みがありますので、もしギフトを贈りたいと思ったら、食事がてら 一緒に買いに行くのもよさそうです」とコメント。 確かにいい思い出が作れそうですね! 「大学入学祝いの相場」とおすすめの「ギフト」は? 祖父母からもらった入学祝いの金額は、 10万円以上が最多でした。 また祖父母以外の親戚からもらった金額の最多は、 5千円〜1万円未満でした。 大学入学祝いのおすすめギフトについて岩下さんは「 万年筆もいいですし、ちょっと 高級なマフラーなど、小物もいいですね」とコメント。 いい品質のものに触れ始めるにはいい年ごろかもしれませんね。 Q1 入学祝いののし袋・のし紙はどれを選べばいいですか? A1 基本は「蝶結び」。 慶事の水引は赤白や紅白、金銀、金赤など華やかな色を使います」 向かって左から「蝶結び」「結び切り」「あわび結び」 Q2 表書き「上の段」の書き方は? A2 「御入園御祝」「御入学御祝」など。 入園・入学祝いは、身内の人が祝ってくださることがほとんどですので、家に招いてご馳走することも多いと思います。 そうはいっても、家にお呼びしなかった方には、内祝いとして品物でお返しをする方も多いようです。 お礼のメッセージは届いてから3日以内に。 手紙・電話のみにこだわらず、メールでも全然かまわないと思います」 Q3 「入学祝いのお返し」の相場感や定番品は? A3 いただいた金額の1/2~1/3を目安に。 食品など消え物が無難です 「相場はいただいた金額の1/2~1/3程度。 例えば10万円など、高額のお祝いをいただいた時は1/3でいいでしょう。 ですので、お菓子やつくだになどの食品(消え物)が一番無難だと思います。 ただし、祖父母に関しては特別。 孫の写真をプリントした記念品やフォトフレームが案外喜ばれるのではないでしょうか。 「下の段」は子どもの名前を書きましょう。 下の段は、子どもの名前を書きましょう。 贈る側(子ども)に対して、相手は目上にあたるので、下の名前だけで問題ありません」 参照: いかがでしたか? お祝い事は相手に喜んでもらうことが何より大切です。 1985年の同研究所設立後、ビジネスマナーや生活に密着したマナーについて、企業や団体などを対象に研修、講演、イベントを開催。 また、マナー教育の第一人者として、メディア出演や数多くの書籍出版等により、多くの人々にマナーの心や本質を伝えている。 【参考】.

次の

入学祝いに10万円と高額なお祝いを貰った時のお返しはこうしよう!

入学 祝い 10 万 円 お返し

子供の入園・入学時に、親戚からもらうことが多い「入学祝い」。 子供にもらったお祝いであり、基本的にはお返しの必要はないとされていますが、「入学内祝い」という形でお返しをしたほうがいい場合もあります。 どんなときに入学内祝いが必要なのか、どのように贈ればいいのかをまとめてご紹介します。 そもそも入学内祝いとは? 入学内祝いとは、 入学祝いに対して贈るお返しのことです。 本来、「内祝い」というのは「入学や結婚などの慶事があった家が、その幸せを親戚やご近所の人々と分かち合うために贈る物」のことです。 ですから、何かをもらうより先に自分から行うものであって、お返しという意味はありませんでした。 また、贈り物のもらい手である子供には収入がなく、自分でお返しをすることはできませんから、「子供の成長に関するお祝いにはお返しをする必要はない」のが原則です。 しかし、時代の流れとともに、「慶事のお裾分け」という意味で、親戚やご近所の人たちに内祝いを贈る慣習はだんだんなくなっています。 それと同時に現代では、「内祝い」も「お返し」とほぼ同義語として使われるようになっており、入学祝いもほかのお祝いと同じように、もらったらお返しをするべきだと考える人も増えてきました。 お返しとしての入学内祝いは、このような流れの中で生まれてきた、比較的新しい慣習なのです。 ただし、 冠婚葬祭のルールは地方差が大きいので、「入学内祝い」が必要な地域もあれば、原則どおり内祝いを贈らなくて構わない地域もあり、一概にどうするべきとはいえません。 住んでいる場所の風習や伝統に合わせて対応する必要がありますので、 年上の親戚などに確認するのがいいでしょう。 また、たとえ内祝いを贈る習慣がある地域でも、相手に同じ年頃の子供がいる場合は、煩雑さを避けるため、入学祝いのみのやり取りにして、お祝いを受け取ったときに、書状や電話でお礼を言うにとどめるのが普通です。 相手に子供がいない場合や子供の祖父母から入学祝いをもらった場合などは、「入学内祝い」を贈るべきかどうか検討してみるといいでしょう。 入学内祝いはいつ贈るべき? 入学祝いは、およそ入学式の2~3週間前には届いていることが多いですが、内祝いを贈るのは 入学式が終わってから贈るのが一般的です。 あまり遅くなり過ぎないように、 入学式から1ヵ月以内を目安にするといいでしょう。 注意点としては、内祝いを贈ろうとしている場合でも、入学祝いを受け取ったら、 すぐに書状か電話で感謝の気持ちを伝えることを忘れないことです。 その際には親だけでなく、必ず子供本人からも直接「ありがとうございました」と伝えるようにしましょう。 お礼状を書かせて親のお礼状といっしょに贈ってもいいですし、電話でも構いません。 入学内祝いの相場はどのぐらい? もらった入学祝いの3分の1から半分相当が目安となります。 品物の価格がわからない場合は、およその予想で構いません。 お返しがあまり高価になりすぎると、かえって相手に気を使わせてしまいますのでご注意ください。 入学内祝いの贈り方のマナーは? 入学は何度あってもおめでたい慶事なので、水引は「何度でも結び直せる」を意味する 紅白の蝶結びを選びます。 表書きは 「内祝」または「入学内祝」として、下側には子供の名前を書いて送りましょう。 のし紙のかけ方は地域によって違いもありますが、包装紙の内側にかける「内のし」にする地域が多いです。 入学内祝いの定番品 入学内祝いに何を贈るかについて明確なルールはありませんが、一般的に相手に気を使わせずに、あとに残らない物が良いとされています。 人気がある定番の品物は次のようなものです。 ・商品券、ギフトカード ・カタログギフト ・現金 ・ご当地グルメ ・スイーツ ・紅茶やコーヒー 一律に同じ物を贈るのではなく、 相手の年代や関係性などによって贈り分けをすることがポイントです。 例えば、子供の祖父母や年配のおじ・おばには、ご当地グルメやスイーツ、友人には紅茶やコーヒーなどがいいでしょう。 現金は若い世代には歓迎されることが多いですが、年配の方の中には抵抗を感じる人もいます。 特に子供の祖父母にお返しをする場合には、避けたほうが無難です。 年配の方には、カタログギフトや商品券にするなどの工夫をするといいでしょう。 カタログギフトや商品券、ギフトカードは、どの年代にも歓迎される万能アイテムです。 ただし、商品券やギフトカードには、贈る相手に金額がわかってしまうというデメリットもあり、価格がわからない品物にお返しする場合、少なく見積もりすぎると失礼になる可能性があります。 そのような場合は、贈る相手の趣味や好みに合わせて選べるカタログギフトがおすすめです。 入学内祝いは、必ずしも贈らなければいけないわけではありませんが、感謝の気持ちを伝えるためにも贈ったほうがいい場合もあります。 基本的に入学内祝いを贈ることは失礼にはなりません。 迷ったときには、ひとまず贈ってみてもいいでしょう。 ・ ・.

次の