長崎 ライフ オブ アニマル。 長崎県:犬猫の殺処分 全国ワースト返上へ不妊対策強化へ

ながさき市民力ネット|その他市民活動団体一覧

長崎 ライフ オブ アニマル

不妊去勢手術が施されたことを示す耳の切り込みがある猫=長崎市夫婦川町で2017年4月5日、今野悠貴撮影 2015年度に長崎県内で殺処分された犬と猫は計4370匹で、2年連続で全国最多となった。 要因の一つは野良猫の多さ。 温暖な気候などを背景に子猫が次々と生まれ、不幸な形で生涯を閉じる。 野良猫の繁殖を抑えようと、県や長崎市は猫の不妊や去勢の手術に補助するなどの取り組みを本格化させている。 【今野悠貴】 保健所などに持ち込まれた犬や猫は一定期間内に引き取り手が見つからなければ、県の動物管理所(大村市)や長崎、佐世保両市の動物管理センターなどで殺処分される。 15年度の殺処分数は犬785匹、猫3585匹。 10年前の05年度(計1万4947匹)に比べれば、3分の1になったが、総数は全国一だ。 大半は野良猫。 県生活衛生課によると、長崎は気候が温暖で子猫が冬を越しやすい。 斜面地にある長崎、佐世保両市の市街地では外敵から隠れる場所も多く、餌を与える市民もいる。 同課は「子猫が生き延びやすい環境がある」とする。

次の

ながさき市民力ネット|その他市民活動団体一覧

長崎 ライフ オブ アニマル

さまざまな援助のかたちがあります。 私も微力ながら協力させていただこうと思います。 多頭飼育崩壊は、人間の身勝手さの象徴です。 なぜこうなる前に不妊手術をしなかったのか。 犬たちはなぜこんなにも悲惨な状況で生きなければならなかったのか。 実は、多頭飼育崩壊に対する罰則はありません。 自治体が条例に基づき飼い主を指導し、ボランティアが引き取る。 これが現状です。 これが今の日本の精一杯なのです。 アメリカではアニマルホーダーの研究が進んでおり、その飼い主は50~60代の女性が多く、7割近くは自宅が不衛生で排せつ物や死骸が放置されていたそうです。 どうやら、多頭飼育崩壊は世界的な問題のようです。 犬の未来を考える。 そこには必ず私たちもいて、私たちの未来も存在するのです。 どうありたいか、どうあるべきなのか、今一度、自身に問う必要がありそうです。 本当に悲しくて泣けました。 それと同時に怒りでいっぱいです。 それ以上に配慮して あげなければならないのではないでしょうか? ぬいぐるみと違うんですよ!毎月のフード代、 予防接種、時として病気、怪我などの診療費用など と、飼い主側のそういった責任能力と経済状況は ペットを飼うえできちんと把握しておくべきであり、 把握出来ていれば、こんな結果にはならないはずです。 少しばかりではありますが寄付させて頂きます。 何かの足しにしていただけれぱと思い、少額ではありますが、ご指定口座に送金しました。 同じマルチーズを多頭飼いしてる私にとっても他人事ではありません。 唯一違う事は、私なりに精一杯の愛情を込めて家族の一員として、共に日々生活しております。 仕事が終わったら、真っ直ぐに帰って早く犬達に会いたい!特別なことではありません。 ごくごく日常の風景です。 私が思うに今回、保護された50頭は、ほんの氷山の一角にしか過ぎないと察します。 沢山の尊い命が犠牲になっていたのではないかな? と推測できます。 手厚い保護された50頭の影には、多くの子達が何の愛情も受けることなく命が失われたことに心傷みます。 そして、読書の皆様の更なるご協力、是非よろしくお願い申し上げます。 本当なら真っ白で可愛い姿のマルチーズがなんて酷い姿に。 無事に全頭救出されて本当によかったです。 ご飯だってまともにもらえてなかったでしょう。 お水だって汚いままだったかもしれない。 暑い日も寒い日も我慢していたんでしょうね。 こんなに頭数は多くなくても、近い状態の飼育放棄している人はまだまだいると思います。 怪しいと思う家があったらなるべく目を光らせて、然るべき場所に相談するべきです。 今の日本はトラブルを避けたいために見て見ぬフリをする人も多いですが、動物の命がかかっていることなので勇気を出してほしいです。 ペットショップやブリーダーなどでも、成長して売れない子犬や老犬、病気になった犬を大量に放置していくという話を聞いたことがあります。 残ったら施設に送ればいいやくらいの気持ちなのかもしれません。 販売する側もきちんとした体制を取るべきだと思います。 ペットショップで残ってしまっている子はどうなるんだろうといつも気になっています。 命を救われたマルチーズちゃん達が、健全な環境で伸び伸びと過ごせます様にと願っています。 多くのボランティアの方の尽力にも頭が下がる思いである一方、もっと早く何とかできなかったのか?と忸怩たる思いも残りました。 この記事を読ませて頂いた範囲ではありますが、いくつか、ポイントがあります。 ・数年前から母親が犬猫譲渡会に子犬を持ち込んでおり疑いがあった ・母(80代)と娘(50代)の関係に違和感がある ・全頭譲渡や不妊治療を勧めても応じなかった この段階で行政がレスキューに動けないのですね。 結局、飼い主による全頭飼育放棄の手続きに6年を要し、そこでやっとレスキューできたとのこと。 ゴミ屋敷の問題もそうですが、ゴミもペットも法的には「所有物」とされ同じ位置づけかもしれませんが、犬(猫)は生き物です。 法律・ルールの改正がすすむことや厳しい罰則が科せられることも勿論ですが、ペットと暮らすことへの古い意識の改革をすすめていきたいものですね。 あまりにひどい状況に涙がとまりません。 なぜこのようなことをされた方がいて罰則がないのでしょうか。 その家から出ることも出来ずに、みんながんばって生きてきたのですね。 犬を飼うということは犬をお世話することだと思います。 責任なくしてできることではありません。 この長崎の件は飼い主の方が孤独でこうなったわけではないと思います。 家族の方もいて、譲渡の際にアドバイスをくれる方もいて、助けようとしてくれている人がいるのにどうしてこのような状況になったのでしょうか。 人間のエゴで辛い思いをするのはいつも動物達ですね。 ボランティアや保護犬に携わる方々、すべての方に頭がさがります。 長崎のこのような家がどうか他にはありませんように。 このような飼い主の方がこれ以上増えないことを願っています。 これはヒドイ・・・。 写真を見て絶句しました。 なぜ一般家庭の人が50頭ものマルチーズをこのような状況になるまで放っておいたのかというのが疑問で仕方ありません。 マルチーズだけの問題というか、普通この状況になったら人間だって生活できないですよね??この状況で生きていられるということ自体が疑問かつ信じられません・・・。 マルチーズだって、まるでゴミのようです。 きっと食べ物や水だってまともにもらえていなかっただろうし、散歩にだって連れて行ってもらえてなかったでしょう。 もうこの子たちの気持ちを考えると、怒りと悲しみがこみあげてきます。 本当に人間の身勝手な行動で小さな命が雑に扱われることがショックです。 この子たち全員がきちんとした状況で普通に生活を送れることを心から祈っています。

次の

ながさき市民力ネット|その他市民活動団体一覧

長崎 ライフ オブ アニマル

さまざまな援助のかたちがあります。 私も微力ながら協力させていただこうと思います。 多頭飼育崩壊は、人間の身勝手さの象徴です。 なぜこうなる前に不妊手術をしなかったのか。 犬たちはなぜこんなにも悲惨な状況で生きなければならなかったのか。 実は、多頭飼育崩壊に対する罰則はありません。 自治体が条例に基づき飼い主を指導し、ボランティアが引き取る。 これが現状です。 これが今の日本の精一杯なのです。 アメリカではアニマルホーダーの研究が進んでおり、その飼い主は50~60代の女性が多く、7割近くは自宅が不衛生で排せつ物や死骸が放置されていたそうです。 どうやら、多頭飼育崩壊は世界的な問題のようです。 犬の未来を考える。 そこには必ず私たちもいて、私たちの未来も存在するのです。 どうありたいか、どうあるべきなのか、今一度、自身に問う必要がありそうです。 本当に悲しくて泣けました。 それと同時に怒りでいっぱいです。 それ以上に配慮して あげなければならないのではないでしょうか? ぬいぐるみと違うんですよ!毎月のフード代、 予防接種、時として病気、怪我などの診療費用など と、飼い主側のそういった責任能力と経済状況は ペットを飼うえできちんと把握しておくべきであり、 把握出来ていれば、こんな結果にはならないはずです。 少しばかりではありますが寄付させて頂きます。 何かの足しにしていただけれぱと思い、少額ではありますが、ご指定口座に送金しました。 同じマルチーズを多頭飼いしてる私にとっても他人事ではありません。 唯一違う事は、私なりに精一杯の愛情を込めて家族の一員として、共に日々生活しております。 仕事が終わったら、真っ直ぐに帰って早く犬達に会いたい!特別なことではありません。 ごくごく日常の風景です。 私が思うに今回、保護された50頭は、ほんの氷山の一角にしか過ぎないと察します。 沢山の尊い命が犠牲になっていたのではないかな? と推測できます。 手厚い保護された50頭の影には、多くの子達が何の愛情も受けることなく命が失われたことに心傷みます。 そして、読書の皆様の更なるご協力、是非よろしくお願い申し上げます。 本当なら真っ白で可愛い姿のマルチーズがなんて酷い姿に。 無事に全頭救出されて本当によかったです。 ご飯だってまともにもらえてなかったでしょう。 お水だって汚いままだったかもしれない。 暑い日も寒い日も我慢していたんでしょうね。 こんなに頭数は多くなくても、近い状態の飼育放棄している人はまだまだいると思います。 怪しいと思う家があったらなるべく目を光らせて、然るべき場所に相談するべきです。 今の日本はトラブルを避けたいために見て見ぬフリをする人も多いですが、動物の命がかかっていることなので勇気を出してほしいです。 ペットショップやブリーダーなどでも、成長して売れない子犬や老犬、病気になった犬を大量に放置していくという話を聞いたことがあります。 残ったら施設に送ればいいやくらいの気持ちなのかもしれません。 販売する側もきちんとした体制を取るべきだと思います。 ペットショップで残ってしまっている子はどうなるんだろうといつも気になっています。 命を救われたマルチーズちゃん達が、健全な環境で伸び伸びと過ごせます様にと願っています。 多くのボランティアの方の尽力にも頭が下がる思いである一方、もっと早く何とかできなかったのか?と忸怩たる思いも残りました。 この記事を読ませて頂いた範囲ではありますが、いくつか、ポイントがあります。 ・数年前から母親が犬猫譲渡会に子犬を持ち込んでおり疑いがあった ・母(80代)と娘(50代)の関係に違和感がある ・全頭譲渡や不妊治療を勧めても応じなかった この段階で行政がレスキューに動けないのですね。 結局、飼い主による全頭飼育放棄の手続きに6年を要し、そこでやっとレスキューできたとのこと。 ゴミ屋敷の問題もそうですが、ゴミもペットも法的には「所有物」とされ同じ位置づけかもしれませんが、犬(猫)は生き物です。 法律・ルールの改正がすすむことや厳しい罰則が科せられることも勿論ですが、ペットと暮らすことへの古い意識の改革をすすめていきたいものですね。 あまりにひどい状況に涙がとまりません。 なぜこのようなことをされた方がいて罰則がないのでしょうか。 その家から出ることも出来ずに、みんながんばって生きてきたのですね。 犬を飼うということは犬をお世話することだと思います。 責任なくしてできることではありません。 この長崎の件は飼い主の方が孤独でこうなったわけではないと思います。 家族の方もいて、譲渡の際にアドバイスをくれる方もいて、助けようとしてくれている人がいるのにどうしてこのような状況になったのでしょうか。 人間のエゴで辛い思いをするのはいつも動物達ですね。 ボランティアや保護犬に携わる方々、すべての方に頭がさがります。 長崎のこのような家がどうか他にはありませんように。 このような飼い主の方がこれ以上増えないことを願っています。 これはヒドイ・・・。 写真を見て絶句しました。 なぜ一般家庭の人が50頭ものマルチーズをこのような状況になるまで放っておいたのかというのが疑問で仕方ありません。 マルチーズだけの問題というか、普通この状況になったら人間だって生活できないですよね??この状況で生きていられるということ自体が疑問かつ信じられません・・・。 マルチーズだって、まるでゴミのようです。 きっと食べ物や水だってまともにもらえていなかっただろうし、散歩にだって連れて行ってもらえてなかったでしょう。 もうこの子たちの気持ちを考えると、怒りと悲しみがこみあげてきます。 本当に人間の身勝手な行動で小さな命が雑に扱われることがショックです。 この子たち全員がきちんとした状況で普通に生活を送れることを心から祈っています。

次の