ドコモ ガラケー 料金。 ガラケーかスマホか?料金比較表、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル

「ドコモ光」ってdocomoガラケーユーザーはお得になるのか?

ドコモ ガラケー 料金

年月 月々の料金 2015年6月 1, 702円 2015年5月 1, 702円 2015年4月 1, 702円 料金は3カ月とも、一律1, 702円。 というのも、ガラケーで直近3カ月は電話も通信(インターネット・Eメール)を利用していないので通話料&通信量も発生しないので、基本料金などの最低限必要な部分だけの固定費のみになっているからですね。 それが1, 702円ということで。 自分の場合、基本料金がドコモで一番安い通話プラン&通信プランにしていて、かつ有料オプションも一切契約していない状態でのこの料金なので、ドコモでガラケーを使う場合は一番安い料金プランで使う場合でも、最低でも月々の最低維持費・固定費にはこれぐらいの料金(1, 702円)になるんじゃないかなと思います。 もちろん、ガラケーの端末代金を毎月分割にするので、どのガラケー端末を購入するかで料金は上下します。 ちなみに、今はガラケーを契約して2年以内の時期なので、2年以内(24か月以内)の端末分割代金とそれを軽減する同期間の割引等が発生している状態なわけです。 3年目以降(25か月目以降)になれば、それらがなくなって実質的な通常料金に移行していくわけですけども。 3カ月とも同じ料金でしたが、2015年6月の内訳をピックアップしてみたいと思います。 FOMAタイプシンプルバリューは従量制課金の料金システムなので、発信で通話した場合は一律30秒20円の通話料がこの基本使用料(¥1, 483)に加算されていきます。 ちなみに通話対象は携帯電話にかかても固定電話にかけても一律30秒20円みたいです。 同期間の2年間(24か月)、毎月の割引が適用されます。 3年目以降はどうなるかというと、この割引は契約者からドコモに申し出をしない限りはまた2年間の自動更新がされていきます。 2年満了時の無料解約月が1ヶ月あるんですが、無料解約月に携帯を解約する場合は無料で解約できますけど、それ以外の月に解約しようとすると、¥10, 260円の途中解約金が発生するのでその点は注意が必要かと。 自分の場合は、無料解約月は2016年2月なので、既にカレンダーにメモしてます。 無料解約月を把握していない人はとりあえずドコモに確認だけしておいたほうが良いかもですね。 月々サポートの毎月の割引額は購入したガラケー端末の機種により異なります。 自分の場合、N-01Fというガラケー機種を使っていますが、この機種だと630円の割引が毎月適用されているようですね。 また、 b ファミ割MAX50/ひとりでも割50は3年目以降でも、自分から解約の申し出をしない限りは2年単位での割引が自動更新されていきますが、この d 月々サポートは2年間 24ヶ月)が過ぎたら、自動的に3年目以降は割引は廃止されます。 継続希望でも継続することはできませんので、あしからず。 どの携帯キャリアでも発生する費用らしく、1回線の契約ににつき毎月2円です。 WEBで料金データを印刷したり、データをダウンロードして、EXCELで管理したりなんて使い方もできます。 ちなみにeビリングにせずに郵送で請求明細を送ってもらうとなると、eビリングの20円の割引もなくなるのと同時に、郵送物の費用として50円かかるみたいなので、計70円割高になるそうです。 購入したガラケー端末の種類によって端末代金は違うので、同じ24回払いでも人によって費用は違います。 24回(2年間)で端末代の分割支払いが満了するので、当然3年目以降(25ヶ月目以降)は、この端末等代金分割支払金は発生しなくなります。 その点は d 月々サポートと同様ですな。 当然、この項目の金額は人によって違います。 パケット定額サービス 『パケ・ホーダイ シンプル』 ¥0~¥4, 200 パケット通信(インターネット・メール等)を使っていないので、上記の料金明細に項目があがっていませんけど、パケット通信に関してはパケット定額サービスの 『パケ・ホーダイ シンプル』というプランに入ってます。 パケ・ホーダイ シンプルを簡単に言うと、パケット通信に関して下限 ¥0 と上限 ¥4, 200 の金額が決まっていて、その範囲内で料金が変動するようになっています。 当月にパケット通信がない場合(インターネット・メールを使わない場合)、上記の料金明細のように¥0で料金は発生しません。 パケット通信が発生すると、上限 ¥4, 200 に達するまでは従量課金の料金システムとなっていて、1パケット0. 08円(10, 000パケット約800円 で、料金が加算されていきます。 で、上限 ¥4, 200 に達した場合には、それ以降どれだけパケット通信が発生したとしても、上限金額 ¥4, 200 で固定されます。 ガラケーを使い始めて2年以内(24回)は、端末分割料金やそれを補う月々サポートがあるので、通常料金というよりも、2年間の特別料金って感じがします。 と考えると、3年目以降はそれらの期間限定の割引や負担がなくなって、本来のガラケーの通常料金になると思うわけです。 上記の料金明細と同様に、電話もネットも使わなかった状態(通話&パケット通信ゼロ=¥0)の前提条件で、シュミレーションしてみます。 ドコモのガラケーの通話&通信プランの中で一番安いプランを使っていて、余計なオプションを外している状態なので、ドコモでガラケーの毎月の料金を抑えようとすると、基本的にはこの料金 ¥1, 107 に落ち着きそうですね。 もちろん、通話&通信をすれば上記に料金は加算されますし、月々の通話時間&通信量が多いという方なら、別の通話プラン・通信プランのほうがお得な事もあるかもしれませんけども、通話&通信をほとんどorあまり使わないという方は、ドコモのガラケーにおいては、上記と同じ構成の料金プランが一番ガラケーの料金が安くなるんじゃないかと思います。

次の

【ドコモ】ガラケーとタブレットの2台持ちにすると月額はどうなる?

ドコモ ガラケー 料金

ガラケーとは ガラケーとは、スマホが登場する以前に主流だった携帯電話の一つ。 ガラパゴスケータイの略と言われています。 ガラパゴスとは、ガラパゴス諸島のように外からの侵入がないことなどから独自の進化を可能としていたことからきています。 ガラパゴスの語源が関係している「ガラケー」は、日本においてその開発技術やサービスの向上などにより、世界の標準から離れたものとなっているのをご存知でしょうか。 日本独自の高い技術や性能を駆使して展開されるガラケーは、特殊なものであるため、実は海外においてあまり売れない、世界の市場には参入できていないという側面を持っているわけです。 ガラケー終了の噂は? ガラケーが遂に終了するという話を耳にした方も多いのではないでしょうか。 まずは気になるこの話題について注目していきましょう。 ガラケー終了は本当?使えなくなるの? まずご安心いただきたいのが現時点では「ガラケー自体は終了しない」という点です。 詳しく言うと、2020年代にガラケーのなかで主流となっていた通信規格「3G」のサービス提供が終了となる予定です。 3Gに対応したガラケーは古い端末に採用されている規格であり、直近で発売されているモデルは4G LTEに対応しているもの。 ドコモは特に3Gを世界初としてサービスの提供を始め、FOMAというブランドでそのサービスの認知を拡大しました。 ドコモのガラケーFOMAは2026年3月まで ドコモでは、2026年3月をもって、この3Gの通信規格である「FOMA」や「iモード」のサービス提供を終了することを表明しています。 さらに注意したいのが、2020年3月24日に「iモード検索」のサービスが終了したという点。 FOMAでは、インターネットのWEBサイトを閲覧する場合、この「iモード」検索を行いますが、これが3月24日に終了したのです。 こうした内容が「ガラケー終了」という噂に結びついているのでしょう。 現時点では「通信規格としての3Gサービスの提供が終了する方向」という点が表明されているかたちになります。 もちろん今回ご紹介した最新モデルに関しても、今後も使える機種となっていますのでご安心ください! ガラケーを使う理由 ガラケーのボタン操作に慣れている ガラケーと言えば、ボタン操作。 昔からボタン操作に慣れている方にとってはボタン操作へのこだわりは大きいでしょう。 スマホのタッチパネルの場合は、ボタンのように押した感覚がないため違和感がある方も多いのではないでしょうか。 ガラケーの形やサイズが使いやすい ガラケーの細いかたちや、手のひらで操作しやすいサイズ感も使いやすいと感じる要因でしょう。 片手での操作もしやすく、通話の際耳の位置と口の位置もわかりやすいため、安心感があります。 ガラケーは料金が安い ガラケーはスマホに比べて端末料金も月額料金も安いのが一般的です。 インターネットを利用する方や動画を視聴する必要がない方にとっては、高い料金を払う必要がないと感じる方も多いのではないでしょうか。 ガラケーは折り畳み式 ガラケーは、折りたためる形の機種が多いです。 そのため、画面が傷つきにくく、コンパクトになるでしょう。 スマホの場合、画面がむき出しになっているため、画面が傷つきやすく、保護シールやスマホケースなどで対処する方も少なくありません。 また、スマホに比べて細身の端末ですが、さらに折り畳むことでコンパクトサイズになるのも魅力です。 ガラケーからスマホへ変えるメリット ガラケーの3G回線が終了することで、今後どうするかを考えている方も多いはず。 今後の選択肢の一つとして有力な「スマホ」のメリットについてご紹介します。 画面が大きい ガラケーからスマホに変える場合、劇的に変わるもののひとつが「ディスプレイ 画面 」の大きさ。 スマホの本体全面が画面になるため、大きくて見やすいと感じる方が多いはずです。 アプリを使える 様々なアプリを自由に使うことができるようになります。 生活の手助けになるようなアプリやゲーム、趣味に合わせたアプリなど、スマホを使う大きなメリットの一つと言えるでしょう。 機種端末の種類がたくさん スマホの端末はメーカーやシリーズなど、種類が非常に多いのも特徴です 毎年季節ごとに新しい端末が登場するため、自分が使う端末のメーカーやシリーズを楽しみにする方も少なくありません。 らくらくホンもある ドコモでは、初心者やシニア向けに販売されている「らくらくホン」のスマホ版もあるのをご存知でしょうか。 スマホ操作に慣れていない方や、大きな文字やシンプルな操作を求める方にはおすすめ。 タッチパネルではあるものの、誤操作を防ぐ機能や、ボタン操作のような感覚で入力できる機能も搭載されています。 ガラケーからスマホへ変えるデメリット ガラケーユーザーにとっては、「スマホ」に対して不安を持たれている方も少なくありません。 スマホで考えられるデメリットについてもしっかり確認していきましょう! ガラケーと比べると料金が高くなる可能性 スマホのデメリットとして挙げ有れるのが、端末代金や基本料金が高いという点。 最新端末の場合は10万前後するものもあるため非常に大きな買い物と言えます。 しかし2年間の分割払いが可能であるため、毎月で換算すれば安心感を持って支払えるのではないでしょうか。 また、旧モデルなどを選べば端末代を抑えることも可能です。 タッチパネル操作 スマホでは、タッチパネルでの操作が一般的であるため、ここをデメリットと捉える方も少なくないでしょう。 ちょっとしたタッチでも反応してしまうこともあるため、慣れるまでは注意が必要です。 しかし慣れてしまえばスムーズに使いこなせるはずで、ボタン操作よりも楽と感じるかもしれません。 ガラケー終了後はガラホもおすすめ? 今後3G回線が終了した後はどうすればいいかという点を考えている方も多いはず。 ガラケーが終了するならスマホしかないと考えがちですが、「ガラホ」という選択肢があることをご存知でしょうか。 ガラホとは何のこと? これまでのガラケーの形でありながら、中身がスマホに近い「ガラホ」。 「ガラケー」と「スマホ」を合わせた「ガラホ」という呼び方をされています。 進化型ケータイと呼ばれることも。 スマホは端末が大きくて鳴れないという方や、タッチパネルが苦になる場合にはガラホを選ぶと良いでしょう。 ガラケーとガラホの違い OSの違い ガラケーとガラホの大きな違いは、OSの違いです。 OSとは、端末のなかのソフトウェアのことで、操作するためのシステムというとわかりやすいでしょう。 こうしたOSの違いからガラホは様々な便利な機能が使えるようになっているのです。 接続する回線の違い ガラケーは3G回線を使用し、ガラホは4G回線やLTEでの接続になります。 4Gはスマホでも使われている回線であるため、ガラケーでは閲覧できなかったスマホ用サイト等の閲覧が可能になるわけです。 LINEなどのアプリが使える ガラホの魅力の一つとして、スマホで使うようなアプリも使えるものもあります。 例えば連絡手段として浸透している「LINE」も使えます。 ガラケーの場合、通知が遅くなったり、リアルタイムでの手段としては使い勝手が悪い面もありました。 ガラホはこうしたLINEもスムーズに使えるでしょう。 Wi-Fi接続やテザリング機能があるものも Wi-Fi接続ができるものもおおくあるため、データ通信量や料金が気になる場合には嬉しいメリットです。 自宅や外出先の無料Wi-Fiに繋げれば、通信量を消費せずに使うことができるのです。 ガラホのデメリットや弱点 ガラホのデメリットや弱点となりうる点をご紹介します。 以下の点も踏まえて、今後の機種変更や乗り換え時に検討してみてください! すべての機能がスマホと同等というわけではない ガラホではGoogle Playが使えません。 そのため、全てのアプリを使えるというわけではないのです。 LINEが最初から初期機能として使える端末が多いですが、そのほかのアプリに関しては、使えないものも多いため、注意が必要です。 タッチパネルではない スマホやタブレット端末ではタッチパネルが一般的ですが、ガラホはこれまでのガラケーと同様にボタン操作となります。 そのため、タッチパネル操作が便利で使いやすいと感じている場合は物足りないかもしれません。 しかしガラケーユーザーは、ボタン操作に慣れているため、タッチパネルに対応していないことはデメリットとしては感じない方も少なくないのではないでしょうか。 ガラケーの次はどうするのか早めに検討しておこう 上記でご紹介したように、今後ガラケーの3G回線が終了した場合、ガラホかスマホに変える方も出てくるでしょう。 ガラホとスマホどちらにも長所・短所がありますので、ぜひ両者を比較して検討してみてください。 次はドコモで販売しているガラケー ガラホ の最新機種のご紹介です。 今後の参考にもなるため、機能面や料金など是非参考にしてみてくださいね。 ドコモのガラケーに注目! 近年ではスマホの勢いに押されがちなガラケーですが、仕事の関係上、ガラケーとスマホを二台持ちしている人や、昔からガラケーを愛好している人は少なくありません。 「ビジネスの都合上スマホと二台持ちしている」「ガラケーはスマホに比べても安い料金で使えるので利用している」など、ガラケーを愛用する人の理由はさまざまです。 ドコモでは、2019年11月下旬以降に最新機種として「らくらくホン」と「キッズケータイ」、 「arrows ケータイ F-03L」などを発売しています。 最新のガラホはどのような機能を搭載しているのか、確認していきましょう。 それぞれの端末を比較して、ぜひご自身が使いやすい機種を見つけてみてくださいね。 ドコモのガラケー最新6機種 スマホは毎年新機種が豊富に登場していますが、ガラケーはスマホの勢いに押されがちで、そもそもどんな機種が購入できるのか把握できていない人もいますよね。 2019年11月現在で購入できる発売予定も含めるドコモのガラケーは以下の通りです。 arrows ケータイ F-03L AQUOS ケータイ SH-02L カードケータイ KY-01L P-smart ケータイ P-01J また以上の4種類の他にも、らくらくホンやキッズケータイも販売されています。 安心の耐久性 濡れた手でも安心して使用できる防水性に加え、防塵対策も施されています。 さらに米国国防総省の調達基準 MIL規格 14項目に準拠した耐久性により、雨天・屋外での作業中など過酷なシチュエーションでも安心して利用できますよ。 契約時にお使いの機種を下取りに出せばさらに安くなりますよ。 見やすい、聞きやすい安心設計 読みやすいユニバーサルデザインフォントの採用と、標準の約1. 8倍の大きな文字により、画面の文字が読みやすくなっています。 通話環境に合わせて相手の声を聞きやすくする「はっきりボイス」や、年齢に合わせて音声を調整する「あわせるボイス」、さらには「進化したVoLTE」などの機能も搭載されているので、高品質かつクリアな通話が実現されています。 長持ちバッテリーと独自の省電力技術 1,680mAhバッテリーが搭載されており、さらに独自の省電力技術を駆使することで長時間利用できるよう設計されています。 二つ折り形状なので、ご発信の心配もありません。 時間や新着通知は背面ディスプレイに表示されるので、いちいちケータイを開かなくても確認が可能となっています。 さまざまなシーンで役立つ充実機能が搭載 他にもプライベートやビジネスシーンで役立てられる以下のような機能が満載です。 通話メモ• 自動録音• 高速LTE通信• Wi-Fi対応• 高音質でクリアな通話 「でかレシーバー」より聞き取りやすさが向上しており、さらにレシーバーから自分の声が聞こえる「スムーズトーク」「進化したVoLTE」も搭載。 これにより高品質でクリアな通話が可能となり、雑踏など人が多い場所でも快適に通話が可能となりました。 電池への負担が少ない 電池持ちも非常によく、ガラケーでは大容量の1,800mAhのバッテリーが搭載されているのも、SH-01Jの大きな魅力と言えるでしょう。 充電も電池への負担が少ない「インテリジェントチャージ」が採用されており、長く使っても劣化しにくいのが大きな特長です。 LINEなども使えて機能性がよい コスト面だけでなく、機能性がしっかりと充実しているのもポイントです。 ガラケーなのに LINEアプリが使用できるので、 LINEのためにわざわざスマホに購入する必要がありません。 コンパクトかつ軽量 カードケータイKY-01Lは4Gケータイの中では世界最薄の厚さ約5. 3mmという厚さの本体に機能が凝縮されています。 ポケット、手帳、カードケースなどさまざまな場所に入れて持ち歩けます。 消費電力を節約できる カードケータイKY-01Lは、静止画面にしている間は消費電力がゼロとなります。 小柄でありながら、長時間の電池持ちを実現できるでしょう。 読みやすいディスプレイ 高い解像度を誇るので、どんな角度からでも、太陽光の下でも文字がくっきり読みやすくなっています。 反射型ディスプレイなので、紙を読む感覚に近く目が疲れにくくなっているのも特長の一つですね。 通話の音質メール操作にこだわった使いやすいケータイとして知られています。 5倍大きな音で、通話の相手の声が聞きやすくなります。 大きい音と言っても自然な音なので、安心してご利用ください。 電池切れを気にしないで利用できる バッテリーは大容量の1,800mAhで、連続待受時間はなんと約610時間を誇ります。 長時間の電話や、出張の時でも安心して使えますね。 さらにワンプッシュオープン機能と併用することで、片手のみでの操作が可能となりますよ。 その他も充実の機能が搭載 P-smart ケータイ P-01Jには以下のような機能も搭載されています。 赤外線• LTE• Wi-Fi• 使いやすさはそのままにして、さらに使いやすくなった端末として満を持して登場。 使いやすさがさらに進化 画面、文字ともにさらに見やすくなり、通話音声が聞き取りやすく進化。 「はっきりボイス」や「進化したVoLTE」、最大音量2段階アップが魅力的です。 迷惑電話の対策として、電話帳登録外の着信には音声ガイダンス」などの対応で安心して使えるでしょう。 フォロー体制も万全 もしも使い方がわからない時は、「らくらくホンセンター」に無料で電話相談ができるほか、端末内で使い方ガイドも利用できるので安心です。 ワンタッチ機能 ワンタッチダイヤルに対応していて、3つの電話番号にボタン1つで発信することができるのも便利ですね! 防水・防塵のレベルも高い 防水・防塵に関するきびしい耐久試験にもクリアしているため、この点に関しても様々な状況で安心して使えるでしょう。 カメラ撮影もフォロー機能 なかなか上手く撮影できないカメラ。 らくらくホンでは、「おまかせカメラ」でボタンを押すだけで簡単に撮影。 画像処理で綺麗な写真を残すことができるでしょう。 使いやすさはもちろん、お子さまも保護者さまも安心し使える内容になっています。 親子で安心 お子さまが帰宅した際に、保護者さまのスマホ宛てにSMS通知が届きます。 その他、位置情報等との連携で、離れていても安心できる機能を装備。 もちろん万が一の際に使える防犯ブザーも付いています。 値段 キッズケータイ SH-03の本体総合支払額は11月20日時点で未定。 使える機能をコントロール お子さまにケータイを持たせることが心配な保護者の方も安心。 お子さまが使える機能を管理可能。 暗証番号でも設定できるほか、保護者さまのスマホからも設定可能になっています。 強い耐久性 耐久性にも優れていて、落しても壊れにくく画面も割れにくい設計になっています。 また、防水・防塵にも対応していて、泡タイプのハンドソープで洗うことも可能なレベルです。 子どもの生活管理をフォロー 目覚し機能はもちろん、習いごとや宿題等のスケジュールを管理してくれるタイマーを使って子どもの生活を管理することも可能です。 ガラケーの月額料金の目安 ドコモの場合、月々に支払うガラケーの料金プランは以下のようになっています。 「かけ放題オプション」は国内通話が無料となります。 「5分通話無料オプション」なら5分以内の国内通話が無料になるので、用途に合ったオプションをお選びください。 それに伴い、以前の料金プランの新規受付は終了。 新料金プランでは、データ通信料も基本料金に含まれたオールインワンなプランとなっています。 ギガライトは使用したデータ通信量に合わせて料金が決まる段階性の料金プランである一方、ギガホは毎月最大30GBまで速度制限なしの料金プランで、30GBを超過後も最大1Mbpsの速度で利用可能です。 それぞれユーザーの使い方に合わせたプランが用意されています。 スマホのプランは使い方に合わせた便利なプランが選べますが、インターネットをほとんど使わない方や料金が気になるという場合は、ガラケーのプランが安心できるかもしれません。 ガラケーでWi-Fiが使用可能? docomoのガラケーでは、なんとWi-Fiが使用できる機種も存在しています。 現在発売されている「SH-01J」「P-01J」であれば、街中に飛んでいるWi-Fiで気軽にインターネットが使えます。 インターネットへの接続は常にWi-Fiでしていれば、それだけ料金もかからないので月々の支払いが安く済むでしょう。 ガラケーは、ワイヤレスのWi-Fiをいつも携帯している人にもおすすめです。 また、ご自宅Wi-Fiを利用するのであれば「ドコモ光」で契約をまとめてみてはいかがでしょうか。 ケータイのプランにもよりますが、セットの割引や、dポイントも貯まるのでおすすめです。 詳しい内容については、問い合わせることができるので利用してみてくださいね。 ガラケーの次の選択肢を考えておこう ここまで、ガラケーの今後や次の選択肢、現在購入できるドコモのガラケー最新機種について解説しました。 ガラケーの3G回線は数年後に終了します。 その際に使う携帯電話を、今のうちから少しずつ検討しておくことがおすすめ。 慌ててスマホに変えてしまった場合、操作に慣れなかったり、料金に違和感が出てくる場合もあるでしょう。 そうならないためにも、ガラケーの次の選択肢として「スマホ」と「ガラホ」について理解しておきたいところ。 それぞれを理解して、少しでもお得な使い方ができるようになると安心です。

次の

高齢者(親)のドコモガラケーをスマホに機種変更!安く維持するおすすめ買い方・スマホの選び方を徹底解説

ドコモ ガラケー 料金

ガラケーは安くて、スマホは高いとは限らない まず、ガラケーからスマホへの移行を躊躇する理由の1つとして、「スマホにすると高くなる」という思い込みがある。 確かに、スマホが普及し始めた2010年頃は、以下のような2種類の料金プランが存在した。 ガラケー向けの料金プラン• スマホ向けの料金プラン スマホはデータ通信量(ギガ)が定額プランが必須だったため、「2段階定額」が主流だったガラケーと比較して高く見える面がある。 しかし、2020年現在は ガラケーとスマホの料金プランに違いはない。 なぜかと言えば、以下のような理由がある。 通話プランは「定額」が主流になった• データ通信量は上限を設定した、従量課金になった なので、 実は最新のガラケーとスマホの場合、料金に違いはなく、購入する機種代金が違うくらいだ。 FOMA 3G の「バリュープラン」は安い 僕の経験上、2020年現在もガラケーを使っている人は、基本的にスマホに興味がないのだが、スマホに変えない理由として「無料通話内で収まっているから」と話す人が多い。 ドコモユーザーの場合、 9割くらいは「FOMAのバリュープラン」に加入している。 「FOMAのバリュープラン」は、「無料通話がセットになったプラン」で僕も以前は契約していたことがある。 引用元: この中でも、以下のプランを契約している傾向が強い。 タイプSS バリュー(無料通話1,000円)• タイプS バリュー(無料通話2,000円) ガラケーユーザーの連絡手段は「電話」 スマホを長年使っている方は僕も含めて、LINEなど連絡手段が多様化していると思う。 ガラケー時代は、電話かメールしかなかったのだが、今やこの2つをメインの連絡手段にしている人は少ない。 しかし、 ガラケーユーザーの主な連絡手段は「電話」だ。 電話の使い勝手は確かによいので、営業マンなどビジネスシーンでもガラケーを敢えて選ぶユーザーは存在する。 ただ、親世代のガラケーユーザーは、 文字が打てない or 面倒くさいから「電話」を使う。 僕の母親の場合、タッチパネルで操作できて直感的なスマホの利便性より、 通話定額のメリットの方が大きかったようだ。 通話定額が実現してかなりの日数が経過するが、まだまだ知らない人も多いようで、母親の場合、• 公式ショップだから安心して購入できる• FOMA 3G は2026年3月31日でサービス終了 また、FOMA 3G のプランが安いことは認めざるを得ないのだが、 2020年現在FOMAのガラケーは販売されていない。 壊れた場合など、中古品を入手するくらいしか、現状の料金プランを維持する方法がなくなっている状況だ。 このような状況が長く続いていたのだが、ついに「FOAM 3G 」のサービス終了がアナウンスされた。 Xデーは「2026年3月31日」 まだ、当分先の話だ。 3G端末は既に発売されておらず、現在利用しているのは古い端末を長く使っている人中心なので、徐々に切り替わって行くはず。 自分で対応出来るなら、本人の判断に任せればよいと思う。 しかし、親世代の場合、大部分は「どうしたらいい?」と子世代に聞いてくるだろう。 その時あわてて変えるのも大変だ。 また、前述のような「安さ」がFOMAプランの魅力なので、今後は 「ドコモのFOMAユーザー」をターゲットにした、獲得合戦が活発化すると思う。 契約者の名義を親から子供に変更するのもあり そう考えた時、以下の形にした方が、何かと楽だと思う。 端末と料金プランは早めに移行する• 親の回線は、子供が管理する ちなみに僕は、回線の契約者を僕に名義変更し、支払いもそうだが料金プラン選定など全て管理している。 親は今のプランが何で、料金がいくらかなんて知らない。 スマホに移行した親回線の支払額(通信料金) というわけで、僕の母親は2020年現在、「」をかれこれ3年ほど使っている。 このスマホは僕が元々使っていたスマホの「お古」。 なので、 新たに購入はしていない。。 気になる支払額は以下のような感じ。 通話定額プラン(カケホーダイ)• データプランはシェアオプションとし、主契約(僕)の子回線とする という感じで契約し、 月に3,760円支払っている。 しかし、 2020年現在ドコモはに移行しており、今後は現プランを契約し続けるか、分離プラン「ギガホ・ギガライト」に移行するかの選択が必要となる。 僕は、家族の回線すべて月々サポートが終了する、2020年9月にまとめて移行するつもりだ。 親のスマホを選ぶポイント• 1台に集約する。 「ガラケー&タブレット」など複数デバイスはNG• らくらくスマートフォン(シニア向けスマホ)を「選ばない」• 親の希望ではなく、子供が使っているスマホを基準で選ぶ• 最後の手段はAndroidガラケー(ガラホ) 1台に集約する。 「ガラケー&タブレット」など複数デバイスはNG まず、注意して欲しいのが通信費の節約を目的に、以下のような複数デバイスを利用することだ。 ガラケー&タブレット• スマホ&Wi-Fiルーター 僕もかつて「ガラケー&iPad mini」という体制で使ってもらったことがあるのだが、 連絡手段のメインが電話なので、結局iPadをあまり使わないという状態になった。 最後の手段はAndroidガラケー(ガラホ) この記事ではここまで、ガラケーをスマホに機種変更してもらうことを前提にしていたが、 どうしてもスマホには機種変更してもらえない という場合は、最新のガラケー(フィーチャーフォン)をおすすめする。 実は、ガラケーも進化しており、2020年現在販売しているガラケーは、 Androidがベースとなっている。 LTEによる高速データ通信• Wi-Fi対応• テザリング対応• ガラケーならではの、通話機能の使いやすさとVoLTEによる高音質通話 などスマホの技術を反映した製品ということだ。 それに加えて重要なことは、 操作性はガラケーそのもの ということで、ガラケーがそれなりに使える方なら、3Gのガラケーから機種変更するメリットは体感できると思う。 特に、通話品質は大幅に向上しているので、電話重視の方にもおすすめ出来るモデルだ。

次の