浦和 レッズ ジュニア ユース。 浦和レッドダイヤモンズの選手一覧

浦和レッズジュニアユースの月謝やセレクションについてのまとめ

浦和 レッズ ジュニア ユース

レッズジュニアユースチームについて まず埼玉のジュニアユースチーム事情についてですが、やはり浦和レッズ、大宮アルディージャのジュニアユースチームが一番知名度があります。 そして上記J下部組織に肩を並べる強豪チームに FCラヴィーダというチームがあります。 ラヴィーダは街クラブながらU15の日本代表を選出したり、全国ベスト8などの輝かしい成績を収めており、プロの下部組と織遜色ない実力を持ったチームです。 上記3チームに所属することが埼玉において完全サッカーエリートと言えるでしょう。 埼玉の強豪サッカーチームについてはまた別の機会にでも詳しく記事書きたいと思います。 さてレッズのジュニアユースチームについてですが、公式サイトによると2019年度メンバーは 中学1年生が21人、中学2年生が21人、中学3年生が20人の 合計62人です。 このうちジュニアチームから昇格した選手はおよそ3分の1にあたる 22人です。 2019年度現在のチームスタッフは下記の通りです 監督 吉田 靖 コーチ 酒井 友之 コーチ U-14 内舘 秀樹 コーチ U-13 城定 信次 GKコーチ 杉尾 一憲 トレーナー 飯園 翔太 監督の吉田靖さんは日本リーグ時代に三菱重工で活躍された方で、引退後は選手の育成に従事。 レッズだけではなく日本代表のユース監督も務めた経歴があります。 コーチの酒井友之さんは元Jリーガーでシドニーオリンピック等に出場し活躍されました。 私世代にとっては馴染みのある選手です。 過去3年間の成績について下記の通りです。 2016年 関東ユース U-15 サッカーリーグ 1部 10位 日本クラブユースサッカー U-15 選手権大会 ベスト32 第28回 高円宮杯 全日本ユース U-15 サッカー選手権 関東予選 2017年 関東ユース U-15 サッカーリーグ 1部 7位 第23回 関東クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 3回戦 第32回 日本クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 ベスト4 第29回 高円宮杯 全日本ユース U-15 サッカー選手権 関東大会 代表決定戦 2018年 関東ユース U-15 サッカーリーグ 1部 4位 第24回 関東クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 3回戦 第33回 日本クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 ベスト32 高円宮杯 JFA 第30回全日本U-15サッカー選手権大会 ベスト4 ジュニアユースの練習について 場所は? ジュニア同様場所は 大原練習場が中心になります。 そして時々 レッズランドや 与野八王子グラウンドを使用します。 原口元気は熊谷から電車と自転車で1時間半かけて与野八王子練習場まで通っていました。 大原練習場場所 トップチームもここで練習してます。 月曜日 OFF 火曜日 夕方から練習 水曜日 夕方から練習 木曜日 OFF 金曜日 夕方から練習 土曜日 試合 日曜日 試合 ジュニアチームの月謝や費用について 一概に毎月いくらかかるという事は言えませんが、例えば強豪街クラブのジュニアユースの費用は年間50万~70万ほどかかります。 月々にして4万~6万程度です。 更には、平日練習後に食事や飲み物が出たり、トップチーム試合観戦チケット支給、されたりなど街クラブに比べると圧倒的に好待遇です。 さすがプロ予備軍ですね。 ジュニアユースのセレクションについて 応募者数は? 応募者数については年々増加傾向です。 ジュニアでは毎年300人程の応募所でしたが、ジュニアユースになるとその数は倍となり 500~800名程の応募が集まります。 ジュニアよりも更に狭き門になります。 ただしジュニアユースの場合、強豪チームの選手やトレセンクラスの子、そしてジュニアの子が 3次テストから合流することもあるので実際の合格率は更に厳しいものになります。 ちなみにライバルチームの大宮アルディージャのセレクションは4次、5次、時に6次試験まで敷くことがあり面接を実施することもあるようです。 この中で指導者が熱心に見るのは2対2以降から。 ミニゲーム以降からは体格、身体能力、取り組み姿勢、理解力などを見ているようです。 近年ではだいたい 6月~8月頃に レッズランド人工芝グランドにて実施されるケースがほとんどです。 ちなみに2019年の1次セレクション(2020年4月から新中学1年生対象)は6月24日 月 18:00~、2次セレクションは7月1日 月 18:00~に行われました。 ジュニアと違い人数が多いので2日に分けて行われますが、応募者は申し込み時に希望日を出すことができます。 申し込みは? セレクション参加資格は下記の通りになります。 ・浦和レッズへ加入意思があるプレーヤー ・さいたま市内での練習に原則90分以内で通える範囲にお住まいの方 ・所属クラブ代表者の承諾を得た者 基本ジュニアチームの申し込み条件とほぼ一緒ですが、ジュニアチームは60分以内圏内にお住まいの方だったので若干対象が広がりました。 申し込みの方法についてもジュニア同様、オフィシャルサイトから申込書をDLして郵送します。 例のごとく、本人や家族までものスポーツ歴や身体情報を細かく記入する必要があります。 小学校1年生から~6年生までの身長体重を書かねばなりません。 もちろん顔写真と全身写真も必須です。 レッズのコーチ陣はしっかり各選手のプレーを見ております。 実際に強豪チームやトレセンの子が1次で落とされるケースも普通にあります。 ただ単にサッカーが上手いだけでは合格できません。 テクニカルな面に加え、サッカーへの取り組み姿勢等のパーソナリティ、戦術理解力等のインテリジェンス。 そういったものを総合的に判断しております。 ただしジュニアユースとなるとジュニアと違い、 フィジカル面が重要な要素になってくるのは間違いありません。 中学世代になると選手は成長期を迎え、体格差が非常に顕著になってきます。 そういった中で勝てるチームを作っていかなければならないので、当たり負けしない身体が必然となるからです。 GKの身長などは特に重要視されます。 プロを見据えてこれから選手を育成していく訳ですので、伸びしろも選考基準となります。 保護者の身長体重を観られるのはその為です。

次の

浦和レッズ育成オフィシャルサイト

浦和 レッズ ジュニア ユース

レッズジュニアユースチームについて まず埼玉のジュニアユースチーム事情についてですが、やはり浦和レッズ、大宮アルディージャのジュニアユースチームが一番知名度があります。 そして上記J下部組織に肩を並べる強豪チームに FCラヴィーダというチームがあります。 ラヴィーダは街クラブながらU15の日本代表を選出したり、全国ベスト8などの輝かしい成績を収めており、プロの下部組と織遜色ない実力を持ったチームです。 上記3チームに所属することが埼玉において完全サッカーエリートと言えるでしょう。 埼玉の強豪サッカーチームについてはまた別の機会にでも詳しく記事書きたいと思います。 さてレッズのジュニアユースチームについてですが、公式サイトによると2019年度メンバーは 中学1年生が21人、中学2年生が21人、中学3年生が20人の 合計62人です。 このうちジュニアチームから昇格した選手はおよそ3分の1にあたる 22人です。 2019年度現在のチームスタッフは下記の通りです 監督 吉田 靖 コーチ 酒井 友之 コーチ U-14 内舘 秀樹 コーチ U-13 城定 信次 GKコーチ 杉尾 一憲 トレーナー 飯園 翔太 監督の吉田靖さんは日本リーグ時代に三菱重工で活躍された方で、引退後は選手の育成に従事。 レッズだけではなく日本代表のユース監督も務めた経歴があります。 コーチの酒井友之さんは元Jリーガーでシドニーオリンピック等に出場し活躍されました。 私世代にとっては馴染みのある選手です。 過去3年間の成績について下記の通りです。 2016年 関東ユース U-15 サッカーリーグ 1部 10位 日本クラブユースサッカー U-15 選手権大会 ベスト32 第28回 高円宮杯 全日本ユース U-15 サッカー選手権 関東予選 2017年 関東ユース U-15 サッカーリーグ 1部 7位 第23回 関東クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 3回戦 第32回 日本クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 ベスト4 第29回 高円宮杯 全日本ユース U-15 サッカー選手権 関東大会 代表決定戦 2018年 関東ユース U-15 サッカーリーグ 1部 4位 第24回 関東クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 3回戦 第33回 日本クラブユースサッカー選手権 U-15 大会 ベスト32 高円宮杯 JFA 第30回全日本U-15サッカー選手権大会 ベスト4 ジュニアユースの練習について 場所は? ジュニア同様場所は 大原練習場が中心になります。 そして時々 レッズランドや 与野八王子グラウンドを使用します。 原口元気は熊谷から電車と自転車で1時間半かけて与野八王子練習場まで通っていました。 大原練習場場所 トップチームもここで練習してます。 月曜日 OFF 火曜日 夕方から練習 水曜日 夕方から練習 木曜日 OFF 金曜日 夕方から練習 土曜日 試合 日曜日 試合 ジュニアチームの月謝や費用について 一概に毎月いくらかかるという事は言えませんが、例えば強豪街クラブのジュニアユースの費用は年間50万~70万ほどかかります。 月々にして4万~6万程度です。 更には、平日練習後に食事や飲み物が出たり、トップチーム試合観戦チケット支給、されたりなど街クラブに比べると圧倒的に好待遇です。 さすがプロ予備軍ですね。 ジュニアユースのセレクションについて 応募者数は? 応募者数については年々増加傾向です。 ジュニアでは毎年300人程の応募所でしたが、ジュニアユースになるとその数は倍となり 500~800名程の応募が集まります。 ジュニアよりも更に狭き門になります。 ただしジュニアユースの場合、強豪チームの選手やトレセンクラスの子、そしてジュニアの子が 3次テストから合流することもあるので実際の合格率は更に厳しいものになります。 ちなみにライバルチームの大宮アルディージャのセレクションは4次、5次、時に6次試験まで敷くことがあり面接を実施することもあるようです。 この中で指導者が熱心に見るのは2対2以降から。 ミニゲーム以降からは体格、身体能力、取り組み姿勢、理解力などを見ているようです。 近年ではだいたい 6月~8月頃に レッズランド人工芝グランドにて実施されるケースがほとんどです。 ちなみに2019年の1次セレクション(2020年4月から新中学1年生対象)は6月24日 月 18:00~、2次セレクションは7月1日 月 18:00~に行われました。 ジュニアと違い人数が多いので2日に分けて行われますが、応募者は申し込み時に希望日を出すことができます。 申し込みは? セレクション参加資格は下記の通りになります。 ・浦和レッズへ加入意思があるプレーヤー ・さいたま市内での練習に原則90分以内で通える範囲にお住まいの方 ・所属クラブ代表者の承諾を得た者 基本ジュニアチームの申し込み条件とほぼ一緒ですが、ジュニアチームは60分以内圏内にお住まいの方だったので若干対象が広がりました。 申し込みの方法についてもジュニア同様、オフィシャルサイトから申込書をDLして郵送します。 例のごとく、本人や家族までものスポーツ歴や身体情報を細かく記入する必要があります。 小学校1年生から~6年生までの身長体重を書かねばなりません。 もちろん顔写真と全身写真も必須です。 レッズのコーチ陣はしっかり各選手のプレーを見ております。 実際に強豪チームやトレセンの子が1次で落とされるケースも普通にあります。 ただ単にサッカーが上手いだけでは合格できません。 テクニカルな面に加え、サッカーへの取り組み姿勢等のパーソナリティ、戦術理解力等のインテリジェンス。 そういったものを総合的に判断しております。 ただしジュニアユースとなるとジュニアと違い、 フィジカル面が重要な要素になってくるのは間違いありません。 中学世代になると選手は成長期を迎え、体格差が非常に顕著になってきます。 そういった中で勝てるチームを作っていかなければならないので、当たり負けしない身体が必然となるからです。 GKの身長などは特に重要視されます。 プロを見据えてこれから選手を育成していく訳ですので、伸びしろも選考基準となります。 保護者の身長体重を観られるのはその為です。

次の

ジュニアユースチーム

浦和 レッズ ジュニア ユース

浦和レッズ下部組織のカテゴリーについて だいたいどこのチームも大雑把に、 トップチーム、 ユース、 ジュニアユース、 ジュニアの4つのカテゴリーに分れるます。 単純にトップチームはプロ、ユースは高校生、ジュニアユースは中学生、ジュニアは小学生と考えてもらえればいい。 もちろん各世代で上手い選手は飛び級でカテゴリーを超える場合もある。 例えば原口元気はジュニアユースからレッズに入団しましたが、ユース1年目の17歳の時にトップチームへ昇格しました。 レッズのジュニアチームについては2013年に創設され 「育成での最長10年間の一貫指導」「ジュニア年代の選手や指導者との交流による地域活性化を含む貢献」、「サッカーを通じた人づくり」 この3つを取り組みを狙いとしているそうです。 10年間の一貫指導ということで、2023年頃にジュニア出身の選手が活躍する日がくるかもしれないですね。 この浦和レッズジュニアチームへは 小学校3年生から入ることが可能です。 ただし街クラブや少年団と違い、入団する為にはセレクションを受けなければなりません。 (小学校3年生で入団する為には2年生時にセレクションを受ける必要がある もしくはスカウトで入団するというパターンもあるが、ジュニアでスカウトというケースは聞いたことがない。 ちなみに天才小野伸二は、小学校3年生の時グランドの隅でボールを蹴っていたのがたまたまチームの監督の目に留まりスカウトで地元の少年団へ入団しました。 公式ページをみると2019年度のジュニアチームのメンバーは 6年生14人、5年生13人、4年生8人、3年生3人いるようです。 各選手の前所属チームをみるとみなバラバラです。 つまりチームの中で一番うまい子たちが集まっているのですね。 その中でも エクセレントフィートFC出身の選手は5名、 ジュニアコスモス城北出身の選手は3名おりました。 強いチームなんでしょうね。 この合計38人の選手を監督、コーチ2人、トレーナの4人体制で指導を行っています。 現在の監督は 金生谷仁さんで、自身もレッズユース出身でザスパ草津等で活躍された元プロサッカー選手です。 コーチには 土橋正樹さんもいます。 その昔駒場スタジアムでレッズのJ1復帰を決める伝説のVゴールを決めた人ですね。 その理由は選手によって費用が異なるからなのです。 例えば有望な選手がいたとしたら、チームはその選手をトップチームまで育てたいと思うので、クラブが費用を負担する等の条件を提示したりする場合などがあるからです。 しかし感覚としてはプロの下部組織の方が街クラブよりも費用はかからないイメージです。 一般的にかかる費用はざっくりいうと 入会金が15,000円、月額が8,000円、ユニフォーム一式が40,000円 これに保険、遠征交通費、合宿の費用等が加わり 年間50万程度といったところでしょうか。 他のJの下部組織と対戦する為に地方へ遠征へ行くのはしょっちゅうだし、レッズのU11は昨年カップ戦に参加する為にイタリア遠征へも行っています。 ちなみにジュニアユースやユースはもっとかかります。 ジュニアチームの練習について 場所は 大原練習場が中心ですが、たまに レッズランドや 与野八王子グラウンドを使ったりもします。 日時については練習は火曜日、水曜日、金曜日の夕方から、土日が試合、月曜日と木曜日がOFFというのがパターンです。 大原練習場場所 トップチームもここで練習してます。 レッズランド場所 与野八王子グランド セレクションについて レッツジュニアチームに入る為のセレクションについて説明します。 合格率は? レッズジュニアのセレクションはかなり狭き門となっております。 テストは1次~3次まであります。 長っ!と思うかもしれませんが、他のJ下部組織では4次、5次を敷いているところもあります。 学年別に2年生、3年生、4年生、5年生と分かれておりレッズのオフィシャルサイトでセレクションのお知らせが発表されます。 テスト内容は? 場所は1次、2次はだいたいレッズランドで行われます。 1次では30m走、リフティング、対面パスなどフィジカルや基本的スキルのテストがあり、あとは6対6などゲームを行います。 2次テストでも6対6などのゲームが中心となりますが、やはり幅跳びなどの身体能力テストが含まれます。 ゲーム中はコーチがメモを取りながら一人一人の動きをじっくりと観察しているので、ここでしっかりとアピールしましょう。 最終3次テストでは実践のみ。 ジュニアのフルコートで、1次2次より少し大きめのゲームを行います。 日程は? 2年生だと2月上旬頃、3,4年生だと9月下旬頃に実施するケースが多いようです。 詳しくはレッズのオフィシャルサイトで確認しましょう。 テストの結果については1次セレクションの3~4日後にはWEB上で合格発表があります。 そしてその1週間後にすぐ2次セレクション実施され、また3~4日後にはWEB上で合格発表があります。 更に1週間後に3次セレクションが実施され、最終結果は電話にての通知になります。 ドキドキですね。 セレクション開始から最終結果発表までは1カ月半かかるとみていいでしょう。 申し込みは? まず申し込み資格についてですが 浦和レッズへ加入意志があるプレーヤー、さいたま市内での練習に原則60分以内で通える範囲にお住まいの方 とあります。 申し込み方法については、オフィシャルサイトから申し込み書をダウンロードして郵送する形となります。 顔写真と全身写真が必要です。 さすがプロの組織という感じがしますね。 余談ですがライバルチームのアルディージャの申し込みとなると、50m走の記録や祖父母の身長体重など更に細かい情報を要求されるようです。

次の