アオアシ 215。 これまでの放送[215]進化の島 ガラパゴス 空を飛べない鳥 海中を舞う│ワイルドライフ

漫画『アオアシ』220話(最新話)のネタバレと感想!【毎週更新】

アオアシ 215

また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。 また、紙版と一部内容が異なる場合があります。 ご了承ください。

次の

235 アオアシシギ: かわせみのひとりごと

アオアシ 215

まだ見た事の無い鳥さんに会えると分かると ワクワクする どんな鳥なんだろう 図鑑を開いて見てみるが・・・ 自分が見つけたら なんか見た事の無い鳥さんが居る になる。 居る事を教えて頂いて向ってみたが 着いたら飛んでしまったとの事 見えにくい所にいる事が分かり 車中よりやっと撮れた 上2枚は 車中より 中々こちらには来てくれないけど 見れたし撮れたし 場所を御譲りして 元居た場所に 移動 少ししたら 突然飛んで来て 先ほどの苦労は 何?みたい感じでした。 大きさは アオアシシギさんと比べると (図鑑によると) アオアシシギ L33cm オオハシシギ L29cm こんな感じなんです。 今度会えたら 直ぐに識別できるかな 頑張ります。 いつも 大先輩さんの御世話になる事ばかりです。 オオハシシギさんを見つけてくださった方 連絡下さった方 有難うございました。 ブログランキングに参加してます。 此処から 前のブログが見れます。 ブログランキングに参加してます。 此処から 前のブログが見れます。

次の

アオアシ【第214話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

アオアシ 215

「なんなんだこのスコアはよォ!エスペリオンに入って…こんな情けねぇ試合は初めてだぜ!!」 ガノン大阪は確かに強かった。 でもそれ以前の問題なのです。 途中交代で入った馬場は、 どうすることもできない状態まで守備が崩壊していたことを責めます。 「明らかに、未熟な1年が足を引っ張ったんだろうがァ!!」 何も言い返せない1年生たち…そんな時朝利が小さな声で言います。 「す、すみません…。 すみません…。 」 地面にうずくまりガタガタ震えている朝利…。 アシトも今日の試合を脳内で振り返ります。 エスペリオンが負ける瞬間を初めてみたアシト。 遊馬が得点したまでは良かったのですが…でも本当にそこまでだったのです。 あいかわらず怒りの収まらない馬場。 点差がついてるのに橘を入れたり、ベンチに小早川を残したりした福田監督のことまで非難し始めます。 さすがに福田監督の采配にまで文句を言ったり当たり散らすのは辞めろと小早川。 「エスペリオンユースはこのスコアで負けたんだぞ!ことの重大さがわかっているのか!?」 馬場がキレてる間、主将の阿久津はその輪から離れ高杉たちと何やら話しています。 「すみません…すみません本当に…。 」 ガノンは全員うまくて自分や大友、黒田を狙ってきているのはわかったのに何回か抜かれてしまった、でも柔軟な対応はしたつもりと言う朝利。 しかもそこには阿久津が全力でカバーにきていました。 「なのに…次々に自陣にギャップが生まれていった。 止まらないほどに…理由がわからないんです。 あそこまで崩れた理由が、今でもわからない…。 」 朝利の発言に試合を観ていたアシトが何か意見を言おうとしますが、馬場に遮られてしまいます。 「朝利。 お前がフィールドに立つ力がない証拠だろう。 」 キレた馬場は止まりません…馬場のこの言葉にも朝利はひたすら謝ることしかできません…。 「本当に申し訳ない…エスペリオンに恥を…。 」 そんな様子をずっと見ていた アシトは批判しかしない馬場に違和感を感じています。 確かに、エスペリオンが負けるのを初めてみたアシトはあまりの大敗に驚いたのですが、 サッカーをしている以上負けることはどのチームにだってあるのです。 試合後にこんな事になってしまう事に違和感を感じたアシトは1つの結論を出します。 これは…負けて何も得られない負けや! そして、今度こそ意を決して発言をしようとするアシトですが…今度は大友に遮られてしまいます 笑 大友の言い分はこうです。 自分たちに実力がないのはわかっているものの、1年だけに文句を言うのは違うと…そして『フィールドに立つ実力がない』で終わってしまうのは、こんなのはミーティングにもなっていないから意味がないと…。 「誰かのせいにするだけの話なんて、言うほうも聞く方も成長できないっす。 」 大友の言い方に顔がひきつるアシト、更にブチギレる馬場に落ち込む朝利…。 そして大友はこの場を立ち去ります…。 「なんで…なんでそうなるんや!なんで!?」 チームがバラバラになりかけています…。 大友が去っても馬場の批判は止まりません。 「負けたらこうなるのか…エスペリオンは…。 」 阿久津を呼び止めるアシト 「阿久津さん!!!」 何だか嫌な雰囲気のまま解散したエスペリオン…その帰り道、アシトは阿久津を呼び止めます。 振り返った阿久津の表情は何だか虚ろ…。 「…なんか、あったんすか?サッカー以外で…。 」 アシトの言葉に目を見開く阿久津。 「…何がだ?」 「いや…なんか…阿久津さん今日、その…」 アシトに何かを見抜かれたことに気が付いたのか…阿久津は何も言わずにアシトの元を去って行きます。 6日後… 高宮円杯プレミアリーグ第17節 船橋学院戦 エスペリオン0-1船橋学院 ガノン大阪戦以来、悪い流れの止まらないエスペリオンは船橋学院にも敗退。 ちなみにトリポネは試合には出ていませんでした。

次の