発熱 頭痛。 頭痛と高熱なら気をつけて!考えられる病気や原因、対処法とは

発熱:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

発熱 頭痛

老若男女問わず、発熱という症状は誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 ほとんどの場合では自然と解熱する場合が多いかもしれませんが、場合によっては注意が必要なこともあります。 発熱が長い期間続く、下がったと思っても繰り返す• 発熱以外の咳やなどの症状が大変辛い• 屋外で長時間作業した後に熱が出た…気温のせい? このような場合に考えられる原因には、どのようなことがあるのでしょうか。 発熱の原因となる病気 発熱を起こす病気は非常に多岐に渡ります。 ここでは、発熱を起こす原因となる主な原因についてお伝えします。 発熱の大きな原因 発熱の三大原因は感染症、炎症性疾患、悪性腫瘍(がん)、とされています。 感染症 体のさまざまな部位の、ありとあらゆる感染症が原因となり発熱が起こることがあります。 かぜのようにそれだけでは大きな心配のいらない感染症もありますが、など合併症への注意が必要なもの、 じんうじんえん や、など早期の治療が必要なものまでさまざまです。 発熱のほかにどのような症状が伴うかは病気によって異なりますが、いずれにせよ急な発熱や高熱に加え、や腹痛・嘔吐などほかの辛い症状があるときには早めに受診しましょう。 三大原因以外の原因 上で挙げた三大原因以外にも、このようなことが発熱の原因となる場合があります。 外傷や抜歯などの影響 大きなケガの後や抜歯などの後は発熱することがあります。 ケガをした場所や抜歯の跡が腫れたり、膿をもったりしている場合には感染を起こしている可能性があるため、早めに受診しましょう。 熱中症 夏の屋外や、屋内であっても高温多湿の環境で長時間作業をするなどによりになることがあります。 体温が上昇して体温調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまった状態です。 体温が上昇して発熱が見られるほか、、 倦怠感 けんたいかん 、、嘔気、筋肉のけいれん、意識障害などを伴うことがあります。 このような症状が見られた場合や、軽度であっても自分でしっかり水分をとることができないような場合には速やかに受診しましょう。 心因性発熱 心因性発熱とは、急性もしくは慢性的なストレス状況下に置かれたとき、その人の平熱以上に体温が上昇する状態です。 ストレス性の反応として、や腹痛、などが併せてみられる事が多いといわれています。 受診の目安とポイント 高熱がある、強いや腹痛などほかの症状を伴って辛いような場合には早めに受診しましょう。 また、微熱程度であったとしても繰り返しているような場合や、5日以上続いているような場合にも一度受診しておきましょう。 受診する場合には、まずは近くの内科やかかりつけの医療機関などがよいでしょう。 診察の際には、発熱がどれくらい続いているのか、発熱の程度はどのくらいか、ほかにどのような症状があるのかをしっかりと医師に伝えるようにしましょう。

次の

筋肉痛から発熱や頭痛、だるい、悪寒につながることはある?

発熱 頭痛

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。 その強大な感染力の被害者は、健康が資本であるアスリートにも及んでいる。 感染したアスリートらが、感染後に訴えた初期症状は、頭痛、発熱、呼吸困難、味覚・嗅覚異常、食欲不振、倦怠感、喉痛、鼻閉感、悪寒など多岐に及んでいる。 また、濃厚接触日から発症日まではおよそ3~8日で発症。 症状から回復するまでの期間は、1日から2週間ほどかかるなど、人によって大きく異なるようだ。 藤浪晋太郎、伊藤隼太、長坂拳弥(阪神タイガース/プロ野球) 新型コロナウイルス感染後の初期症状・潜伏期間:発熱、味覚・嗅覚異常 藤浪・伊藤両選手ともに新型コロナウイルス感染時に発症する倦怠(けんたい)感、発熱、せきの症状などはなかったが、「食事の際に匂いを感じにくい」「コーヒーなどの匂いを感じない」と嗅覚異常を訴えていた。 濃厚接触したとされている食事会から7日~12日の間に嗅覚異常を発症している。 また、長坂選手は発熱と味覚異常を訴えた。 初期症状:発熱、味覚・嗅覚異常• 潜伏期間:4日~11日 発症前後の経過、症状詳細• 3月14日:濃厚接触日• 3月18日:長坂選手、発熱症状を経験• 3月21日:藤浪選手、嗅覚異常を発症• 3月25日:長坂選手、味覚異常を発症• 3月26日:伊藤選手、嗅覚異常を発症• 3月27日:藤浪選手、伊藤選手、長坂選手が入院• 4月5日:伊藤選手が退院• 4月7日:藤浪選手が退院• 4月8日:長坂選手が退院 関連記事• 酒井高徳(ヴィッセル神戸/サッカー) 新型コロナウイルス感染後の初期症状・潜伏期間:発熱、頭痛、倦怠感、鼻閉感、味覚・嗅覚異常 酒井選手は、症状で最初に訪れたのが「発熱、倦怠感、頭痛」とし、その2~3日後に熱は下がったものの、「味とにおいがしなくなった」と説明している。 そして、1週間前後で味覚と嗅覚が戻ったと述べている。 以降は、体調的に「ずっと元気」と説明した。 最初の発症から完治までおよそ10日ほどを要している。 初期症状:発熱、倦怠感、鼻閉感。 発熱後に味覚・嗅覚異常を発症• 潜伏期間:不明 発症前後の経過、症状詳細• 3月25日:夜中より体調不良、発熱症状(38. 3月26日:トレーニング欠席。 体温37. 3月27日:朝の体温は37. 夜に再び発熱38. 3月28日:体温35. 医師の助言を受けPCR検査を実施• 3月30日:17時 PCR検査の陽性判定• (4月6日)• 濃厚接触後、5日後に発症し、食欲不振、悪寒、倦怠感と発熱症状を呈した。 だが、その翌日には体温は普通に戻ったものの、嗅覚・味覚障害を一時的に発症した。 また、痰絡みの咳や鼻閉感もあったと自身のTwitterで報告している。 濃厚接触から5日、発症後は1日で熱が下がったものの、その後の嗅覚・味覚障害は長く続いたようだ。 初期症状:食欲不振、倦怠感、発熱• 潜伏期間:5日 発症前後の経過、症状詳細• 3月22日:友人A、友人B、友人Cと食事• 3月24日:体温36. 3月25日:体温36. 3月26日:体温36. 3月27日:体温36. 3月28日:食欲不振 倦怠感 発熱:体温37. 3月29日:体温36. 3月30日:体温36. 3月31日:大阪府内の病院にてPCR検査を実施/体温36. 4月1日 :PCR検査の陽性 コロナウイルスでの症状について 時系列と詳しく書いたものです。 (4月1日)• 解熱後も倦怠感が少し残り、喉痛と痰もあった。 初期症状:発熱、倦怠感• 潜伏期間:不明 発症前後の経過、症状詳細• 3月26日:夜に発熱感と倦怠感を発症• 3月27日:朝の体温測定で37. 18:30時点での体温は38. この日は「風邪みたいな感じで、咳もなく、味覚症状もなかった」• 3月28日:起床時点での体温は37. 夕方時点での体温は37. 3月29日:起床時点での体温は36. 夕方時点での体温は37. 倦怠感が残る• 3月30日:起床時点での体温は36. 倦怠感が少し残り、喉が痛く痰が少し絡む症状。 夕方時点での体温は36. 3月31日:起床時点での体温は36. 同日22:00頃PCR検査の結果、陽性判定• 4月01日:起床時点での体温は36. 金崎夢生(名古屋グランパス/サッカー) 新型コロナウイルス感染後の初期症状・潜伏期間:発熱、倦怠感 6月2日、名古屋グランパスが金崎選手の観戦を発表。 5月29日に発熱、倦怠感、頭痛を訴えた後、一旦は解熱。 だが、3日後の6月1日に再度発熱。 また、倦怠感および頭痛も訴えている。 初期症状:発熱、倦怠感 潜伏期間:不明 編集部のおすすめ• 発症前後の経過、症状詳細• 愛知県内の病院にてPCR検査を実施• 発熱、乾いた咳、経験したことがないような頭痛、疲労感……本当の恐怖を感じたのは、25分間息ができず、酸素がなくなった時だ。 まるでのどが突然狭くなって、空気が入ってこないかのように……人生最悪の瞬間だった」• 初期症状:発熱、乾いた咳、強い頭痛、倦怠感 (深刻な呼吸困難時期は不明)• 潜伏期間:不明 関連記事• その時は何をやろうとしても意欲が湧かないほど不快だった。 呼吸も十分にできないし、本当につらかった」と話している。 「5分動いただけで疲れ切って、体が重くなるんだ。 筋肉も痛くなるし、持続することさえできなかった。 でもその時に比べたらすっかり体調は良くなったよ。 そろそろトレーニングを再開できると思っている」• 症状:体調不良、倦怠感、筋肉痛、呼吸困難• 潜伏期間:不明 関連記事• 海外においても30~70%程度の人が初期に訴える自覚症状として報告されており、実際に嗅覚・味覚異常を訴えている感染したアスリートも多い。 ただし、味覚・嗅覚の異常は、新型コロナウイルス感染症だけではなく、一般の風邪やインフルエンザでも生じるため注意が必要だ。 また感染症の専門医である、によると味覚・嗅覚異常以外にも「発熱や咳」など風邪のような症状も発生するケースもあるとのことだ。 重症化 新型コロナウイルス感染症の初期症状が回復せず重症化する場合、肺炎を発症し呼吸困難になることがわかっている。 重症化する場合は、初期症状から約5~7日程度で急速に悪化し、肺炎を発症する。 によると、「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤」となっている。 だが、一方で重症化した人も、約半数は回復している。 また、多くの医療機関では重症化せず嗅覚・味覚障害など軽症のみの場合は、医療機関への受診を控え、経過を見ながら自然治癒での回復を推奨している。 重症化前兆の13項目 厚労省は28日、重症化の前兆となる緊急性の高い症状についてのチェックリストを公表した。 宿泊施設や自宅で療養する軽症の患者でも、容態が急変する可能性もあることから、自分でチェックできる緊急性の高い症状リストを公表した。 表情・外見• 顔色が明らかに悪い• 唇が紫色になっている• いつもと違う、様子がおかしい 息苦しさなど• 息が荒くなった(呼吸数が多くなった)• 急に息苦しくなった• 生活をしていて少し動くと息苦しい• 胸の痛みがある• 横になれない。 座らないと息ができない• 肩で息をしている• 突然(2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた 意識障害など• ぼんやりしている(反応が弱い)• もうろうとしている(返事がない)• 脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする 潜伏期間 潜伏期間については「WHOの知見によれば、現時点で潜伏期間は1~14日(一般的には約5日)とされており、また、これまでのコロナウイルスの情報などから、未感染者については14日間にわたり健康状態を観察することが推奨されています」としている。 また、東京都感染症センターは「」との見解だ。 実際、選手の実例では濃厚接触から数日で発症に至っているケースが見受けられる。 新型コロナウイルス 関連記事•

次の

子どもの頭痛の原因はなんと9種類!熱のあるなし等わかりやすく図表で解説

発熱 頭痛

発熱の症状で悩まされた経験はありませんか?倦怠感や寒気で何をするにも億劫になり、苦しい思いをしますよね。 そんな、ただでさえつらい発熱の症状に、腰痛が併発するケースもあるかと思います。 こんな場合、一体何の病気にかかっていて、どうしたら良いか悩まれる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、一般内科、総合診療科の医師524人に、腰痛を伴う発熱の症状で考えられる病気と、自宅でできる対処法について聞いてみました。 腰痛と伴う発熱がある場合、どのような病気が原因? 「発熱と腰痛の症状がある場合、どのような疾患が原因だと考えられますか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 急性腎盂腎炎• インフルエンザ• 化膿性脊椎炎• 尿管結石• 悪性腫瘍• その他 以下のグラフが結果となります。 集計では、 「急性腎盂腎炎」との回答が67%と一番多く、次に 「インフルエンザ」が53%、 「感冒」が37%と続きました。 「急性腎盂腎炎」、「インフルエンザ」がどちらも過半数の支持を得ており、原因となる可能性が高いのが分かります。 まずは上位の病気の概要をおさえ、その後医師のコメントを見ていきましょう。 急性腎盂腎炎とは 腎盂腎炎とは、腎臓に細菌が感染する病気です。 腎臓でつくられた尿は、腎盂(腎臓内の尿のたまるところ)、尿管を経て膀胱に溜められ、尿道から排出されます。 この尿の通り道である尿路は本来菌がいませんが、細菌が侵入し感染した場合を尿路感染症といいます。 細菌が感染した部位によって下部尿路感染症と上部尿路感染症に大きく分けられます。 下部尿路感染症は、尿道や膀胱に起こる感染症で、その多くは膀胱炎です。 一方、上部尿路感染症は、腎盂や腎臓に起こる感染症で、多くは腎盂腎炎と診断されます。 腎盂内で細菌が繁殖し腎臓にまで炎症が及んだものを腎盂腎炎といいます。 引用: インフルエンザとは インフルエンザ(influenza)は、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症であるが、「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」である。 感染症状が気管や気管支に広がっていることも多いため、これらを含めることもあります。 また、ウイルスが原因で起こるもののみを風邪と呼ぶこともあります。 引用: 腰痛を伴う発熱は、腎盂腎炎の可能性がある• 40代男性 一般内科 急性腎盂腎炎 腎盂腎炎を疑うことが多いです。 50代男性 一般内科 急性腎盂腎炎 急性腎盂腎炎をまず疑います。 60代男性 一般内科 急性腎盂腎炎 発熱と腰痛の症状がある場合、急性腎盂腎炎です。 50代女性 一般内科 急性腎盂腎炎 膿尿があれば決定的です。 60代男性 一般内科 急性腎盂腎炎・化膿性脊椎炎 腎盂腎炎が圧倒的に多いでしょう。 50代女性 一般内科 急性腎盂腎炎 腎盂腎炎の際、腰痛を訴えることが多いです。 50代男性 一般内科 急性腎盂腎炎・尿管結石 高熱の場合は腎盂腎炎の可能性がありますね。 50代男性 一般内科 インフルエンザ・急性腎盂腎炎 意外と急性腎盂腎炎が多くよく見かけます。 60代男性 一般内科 急性腎盂腎炎 急性腎盂腎炎の頻度が高いです。 40代男性 一般内科 急性腎盂腎炎 腎盂腎炎は高熱が出ますし、早めの治療が必要で重要です。 40代男性 一般内科 急性腎盂腎炎 腎盂腎炎が多いかと思います。 医師の回答を見ると、 「急性腎盂腎炎の可能性がある」との声が多数挙がっていました。 病気の詳細はすでに記載しましたが、何らかの形で細菌が尿から腎臓まで侵入してしまい、発生する病気です。 早期に対処すれば内服薬のみで症状も改善するようですが、対処が遅れると入院して点滴が必要になるケースもあるようです。 「膿尿があれば決定的です」とした医師のコメントも見られました。 腰痛を伴う発熱で悩まされた場合は、急性腎盂腎炎の可能性があるため、なるべく早期の病院受診を検討してみても良いかもしれません。 インフルエンザのケースも多い• 60代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ 感冒とインフルエンザが多いと思います。 50代男性 一般内科 インフルエンザ・急性腎盂腎炎 インフルエンザが多いです。 ついで腎盂腎炎。 60代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ・急性腎盂腎炎 インフルエンザの時にはよく訴える症状です。 40代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ インフルエンザが多いと思います。 60代男性 一般内科 インフルエンザ いろいろあるとは思いますが、インフルエンザをまず考えます。 60代男性 一般内科 インフルエンザ 現在はインフルエンザが多いです。 50代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ 腰痛で受診した中学生がインフルエンザだったことがあります。 原因不明の腰痛は、体温も測るようにしています。 60代男性 一般内科 インフルエンザ インフルエンザに注意が必要です。 50代男性 一般内科 インフルエンザ 発熱と腰痛の症状がある場合、インフルエンザです。 50代男性 一般内科 インフルエンザ インフルエンザが多いと思います。 60代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ インフルエンザが圧倒的に多いです。 50代男性 一般内科 インフルエンザ・急性腎盂腎炎・化膿性脊椎炎・膵炎 インフルエンザは節々が痛みますね。 病気の概要はすでに記載しましたが、インフルエンザは、高熱や関節の痛みなどを特徴とした病気です。 関節の痛みというと肩や肘などのイメージがありますが、「腰痛で受診した中学生がインフルエンザだったことがあります」といった医師のコメントもあるように、なかには腰痛を訴える方がおられるようでした。 インフルエンザも半日を超えて以降、早めに受診することで早期の回復を望める病気です。 特にインフルエンザの流行期に高熱に加えて腰痛が出てきた際は、病院の受診を検討してみても良さそうです。 自宅で出来るオススメの対処法って何? 続いて「腰痛を伴う発熱がある際に、自宅で出来る腰痛を和らげる対処法としておすすめの方法はなんですか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 解熱鎮痛剤を使用する• 冷湿布を使用する• 横向きで寝る• 痛いところをさする• 温湿布を使用する• コルセットをする• その他 以下のグラフが結果となります。 集計では、 「解熱鎮痛剤を使用する」と回答した医師が72%と一番多く、次に 「冷湿布を使用する」、「横向きで寝る」が続きました。 「解熱鎮痛剤を使用する」が際立って高い支持を獲得していることが分かります。 それでは、医師のコメントを見ていきましょう。 解熱鎮痛剤の使用を検討しよう• 60代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する・横向きで寝る 鎮痛剤が有効でしょう。 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 腰痛を伴う発熱が生じた際に鎮痛剤です。 40代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する アセトアミノフェンの屯用です。 60代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 腰痛を伴う発熱が生じた際に、自宅でできる腰痛を和らげる対処法は解熱鎮痛剤を使用します。 40代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 発熱と腰痛なら、病院へ行って原因を調べて解熱鎮痛剤の処方ですね。 60代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 解熱鎮痛剤が一番、効果があると思います。 60代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 原因にもよりますが、先ずは鎮痛解熱剤です。 40代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する 必要に応じて解熱鎮痛剤を使用します。 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 解熱鎮痛剤が一石二鳥です。 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 解熱鎮痛剤が最も効果的と思います。 40代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する 解熱鎮痛剤を利用して痛みを抑えます。 40代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する・痛いところをさする・コルセットをする 解熱鎮痛剤や湿布やコルセット装着などが有効と考えます。 一番多く見られたコメントは、 「解熱鎮痛剤の使用を検討しよう」といったものでした。 痛みが酷いと何をするにも弊害がありますよね。 病院へ行くのも一苦労だと思うので、まずは解熱鎮痛剤を使用して痛みを緩和してあげることが必要かもしれません。 具体的な成分名として、アセトアミノフェンを挙げていた医師のコメントもあったので参考にしてみてください。 冷やすのも有効• 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する 冷却することが必要です。 40代男性 一般内科 冷湿布を使用する クーリングが基本と思います。 50代男性 一般内科 冷湿布を使用する 冷湿布が効果的と思います。 60代男性 一般内科 冷湿布を使用する 特に頭部を冷やしたほうが良いです。 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する 冷やすのが一番だと思います。 60代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する やはり物理的に冷やすことです。 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する 患部を冷やすようにします。 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する まずは冷却、効果なければ鎮痛剤です。 40代男性 一般内科 冷湿布を使用する 冷シップを使用すると思います。 60代男性 一般内科 冷湿布を使用する 冷湿布があれば利用しましょう。 50代男性 一般内科 解熱鎮痛剤を使用する・冷湿布を使用する 冷やすことと安静でしょうか。 次にコメントで散見されたのは、 「冷やすべき」というものでした。 患部を冷却すると、痛みが楽になったりすることがあると思います。 解熱鎮痛剤の使用と併せて行えば、効果がより期待できるかもしれません。 比較的容易に実施できる方法なので、まずは試してみるのもいいと思いますが、対処しても症状が辛い場合は、急性腎盂腎炎などの可能性があるため受診を検討することが大事です。 腰痛を伴う発熱は、急性腎盂腎炎やインフルエンザの可能性あり。 自宅では、解熱鎮痛剤の検討を。 本調査によると、腰痛を伴う発熱の症状で考えられる病気は、「急性腎盂腎炎」との回答が一番多く、次に「インフルエンザ」が続きました。 また自宅で出来る腰痛を和らげる対処法については、「解熱鎮痛剤を使用する」と回答した医師が一番多く、次に「冷湿布を使用する」と続きました。 腰痛や発熱の症状が辛い場合は、無理せずに解熱鎮痛剤の使用を検討しましょう。 しかし、「急性腎盂腎炎」は適切なタイミングで、適切な治療を行わなければ、入院になってしまうこともあるため、腰痛を伴う発熱で辛い場合は、早めの受診が重要です。

次の