赤 ずきん の 傭兵。 赤ずきんの傭兵SZ姉貴

赤ずきん(シャルル・ペロー版)のあらすじ

赤 ずきん の 傭兵

Forsaken Murderer(T-01-54、捨てられた殺人者)は、窒息したような灰色の皮膚と折れた首の、スキンヘッドの男の形をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「しかし、君は本当に哀れな人だ。 私に殺されるのだから」 捨てられた殺人者は、かつて刑務所で恐れられた感情のない殺人犯であった。 死刑判決を受けていた彼は、研究者によって脳の研究や実験に使われることとなり、未知の化学物質などの投与が行われるようになった。 その結果、彼は頭が金属になっていると言い張り、頭を床や壁に打ち付け始めるなどの奇怪な行動を取るようになった。 重傷を負っても壁や床に打ち付け続けるので、ついには拘束されてしまった。 研究者による脳への研究や実験は済んでいたため、彼は拘束されたまま放置されてしまった。 その彼がアブノーマリティとなったのが捨てられた殺人者である。 彼は人間であった時の記憶を受け継いでおり、自身の頭が金属になった幻覚に今も苛まれている。 The Child of Galaxy(銀河の子) Punishing Bird(O-02-56、罰鳥)は、Little Bird(小鳥)とも呼ばれる、小さい羽根のある白い羽の鳥のアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「人々は大昔から罪を犯してきた。 『なぜ彼らはそのようなことをするのだろう?それが悪いことだと知っているのに。 』」 大鳥、審判鳥と同じく、黒い森に住んでいた鳥の1匹。 ある日、恐ろしい怪物が森を滅ぼすという預言を聞いてから、罰鳥は森を守るために悪い生き物をそのくちばしで処罰することにした。 罰鳥は「悪いことをする人を罰する人がいないからだ。 自分がその役割を果たせば、悪いことは起こらない!」と考え、罪があると判断した生き物に片っ端から罰を与えるようになった。 しかし「君の小さなくちばしじゃ誰も痛がらないよ!」という誰かの言葉を聞き不安になった罰鳥は、くちばしをどんな生き物でも一口で食べられる大きさまで裂いた。 この「くちばし」とは頭部についているくちばしではなく、腹にある赤い模様のようなもののこと。 罪あると判断したものを罰鳥が処罰する時には腹部から大きな口が出現する。 Little Red Riding Hooded Mercenary(赤ずきんの傭兵) Little Red Riding Hooded Mercenary(F-01-57、赤ずきんの傭兵)は、略称として Little Red(赤ずきん)とも呼ばれる、人間によく似たアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「あの野郎の首を私のベッドの上にぶら下げてやる。 それだけで、悪夢を見ることなく眠ることができる」 赤ずきんの傭兵のモデルとなったのは童話「赤ずきん」。 フレーバーテキストで指している「あの野郎」とは童話に登場する狼のこと。 後述のアブノーマリティ「大きくて悪い狼」が脱走していると狼を殺すために自分も脱走し、鎮圧に協力してくれる。 また、他のアブノーマリティの脱走中にも赤ずきんの傭兵に「鎮圧依頼」を出すことができ、依頼すると鎮圧を手伝ってくれる。 そのためプレイヤーからは頼もしい存在として扱われている。 Big and Might be Bad Wolf(F-02-58、大きくて悪いオオカミ)は、人間のように背の高いオオカミの形を取る動物型アブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「それでも構わないという気がした。 自分は大きくて悪いオオカミなのだから」 赤ずきんの傭兵と対になっているアブノーマリティだが、モデルは童話「赤ずきん」だけではなく「3匹の子豚」など狼が登場する他の童話も含まれている。 様々な童話に登場する狼のイメージが集まって「大きくて悪い狼」という1つの概念が成り立ち、その概念がアブノーマリティとなった。 You're Bald... (お前、ハゲだよ…) Fragment of the Universe O-03-60、宇宙の欠片)は、地球上にない物質で作られた黒い球体であり、5つの付属物が非対称についたアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「あなたはその曲に出会います。 魅惑的にあなたに近づいてきます…」 宇宙の欠片は宇宙空間から地球へ訪れたとみられている。 固定した形を持たなかったが、偶然目にした子供の落書きを見て現在の外見を取るようになった。 体中のハートの形もハートの形が親愛を示すマークであると学習したために人間への親愛として体中にハート模様を浮かべている。 宇宙の欠片は高度な知能を持ち、その知能を人間に与えるためにやってきたということが判明している。 Crumbling Armor(壊れゆく甲冑).

次の

第五人格についてです。

赤 ずきん の 傭兵

村で一番かわいい娘 昔むかし、ある村に、これまで誰も見たことのないような、かわいい女の子がいました。 母親も祖母も、その子をとてもかわいがっていました。 祖母が作った赤いずきんがとてもよく似合うので、その子はみなに、「赤ずきん」と呼ばれていました。 ある日、母親がガレット(パンケーキ)を作り、赤ずきんに言いました。 「おばあちゃんの様子を見に行っておくれ。 からだの調子が悪いそうだよ。 このバターのつぼと、ガレットを1つ、持っていってあげて」。 オオカミに出会う 赤ずきんは、すぐに、出発しました。 森の中を歩いていると、オオカミのおじさんに会いました。 オオカミは赤ずきんを食べたくて仕方ありませんでしたが、そばにきこりたちがいたので、できませんでした。 「どこへ行くの?」オオカミが聞きました。 赤ずきんはオオカミの言うことなんて聞いていると、恐ろしいことになることをちっとも知りませんでした。 おばあさんの家を教える赤ずきん 「おかあさまに言われておばあちゃんに会いにいくの。 バターとガレットを持って」。 「おばあちゃんの家は遠いの?」 「うん。 あそこに風車が見えるでしょう? あの村の最初のおうちよ」 「そうか、じゃあ、私もおばあちゃんに会いにいこう。 私はこっちの道を行くから、おまえは、そっちの道を行きなさい。 どちらが早くつくか競争だ」。 オオカミは、近道を全速力で走りました。 一方、赤ずきんは、遠回りの道を、道草しながらのんびり歩いて行きました。 いきなりおばあさんを食べるオオカミ おばあさんの家につくと、オオカミはドアをノックしました。 「誰だい?」 「私よ。 赤ずきん。 おかあさまに言われてガレットとバターを持ってきたの」 「とめくぎをはずしなさい。 そうすれば、錠がはずれるよ」 扉をあけると、オオカミはおばあさんに飛びかかり、あっという間に食べてしまいました。 オオカミは、もう3日間も何も食べていなかったのです。 おばあさんのふりをするオオカミ オオカミは、扉をしめると、おばあさんのベッドにもぐりこみ、赤ずきんが来るのを待ちました。 しばらくして、赤ずきんがやってきて、扉をたたきました。 「だれだい?」 おばあさんの野太い声に赤ずきんはびっくりしましたが、風邪をひいているせいだと思いました。 オオカミに言われ、錠前をはずし、赤ずきんは家に入りました。 オオカミは、ふとんで顔を隠し、こう言いました。 「ガレットとバターはそこにおいて、こちらに来て、私と一緒に横になりなさい」。 オオカミとの対話 赤ずきんが、服を脱いでベッドに入ると、おばあさんが裸なのに気づいて、びっくりしました。 「おばあちゃん、おばあちゃんの手はなんて大きいの!」 「おまえをしっかり抱くためだよ」 「おばあちゃん、おばあちゃんの足はなんて大きいの!」 「早く走るためだよ」 「おばあちゃん、おばあちゃんの耳はなんて大きいの!」 「おまえの言うことをしっかり聞くためさ」 「おばあちゃん、おばあちゃんの目はなんて大きいの!」 「おまえをよく見るためさ」 「おばあちゃん、おばあちゃんの歯はなんて大きいの!」 「おまえを食べるためさ」 そう言うとオオカミは、赤ずきんに飛びかかって、むしゃむしゃ食べてしまいました。 教訓 若い女の子、特に、きれいで、育ちのいい、やさしい女の子は、どんな人の言うことも、聞いてはいけません。 そのせいで、オオカミに食べられてしまうことはめずらしくないのです。 オオカミと言ってもいろいろなのがいます。 抜け目のないタイプや、静かで、嫌なことも言わず、怒ったりもせず、なれなれしく、やさしいことを言いながら、若い娘のあとを、家や、寝室にまでついていくるオオカミもいます。 ああ、こういうやさしそうなオオカミこそ、オオカミの中で、もっとも危険な奴なのです。 ただし、オオカミが赤ずきんに、ベッドに入れといったりはしません。 おばあさんと赤ずきんは、オオカミに食べられますが、オオカミの皮をほしがっているハンターが、オオカミの腹を引き裂いて、2人とも助かります。 さらに、後日談もついています。 別のとき、赤ずきんがおばさんの家に、パンケーキを届ける機会があり、森でべつのオオカミに会います。 前回の経験から学んだ赤ずきんは、急いでおばあさんの家に行き、オオカミのことを伝えます。 おばあさんは、オオカミが来ても決して扉を開けません。 しびれを切らしたオオカミは屋根の上にのぼります。 そこで、赤ずきんを待つつもりなのです。 おばあさんと赤ずきんは、おけにお湯とソーセージを入れ、その匂いでオオカミをおびきだします。 首をのばしたオオカミは、結局、おけに落ちておぼれて死にます。 赤ずきんの教訓は、「知らない人に、べらべら自分のことをしゃべってはいけない」とか、「お使いの途中に道草するな」だと思いますが、ペロー版のほうは、はっきり、「男に気をつけろ」と書いています。 最後に赤ずきんがオオカミに食べられてしまうのは、注意を怠ってしまうと、二度と取り返しのつかないことが起こりますよ、本当に取り返しがつかないのです、とペローが言いたいからなのでしょう。 え?裸になってベッドに入れって、そんなこと、私、書いていませんけど? 「こちらにきて、私と一緒に横になりなさい」です。 原文は、Mets la galette et le petit pot de beurre sur la huche, et viens te coucher avec moi(直訳:ガレットとバターは箱の上に置いて、私といっしょに寝るために来なさい)です。 オオカミなので裸に決まってます。 この赤ずきんは最初から最後まで、警戒心ゼロのおバカです。 オオカミの隣にいるのに、オオカミに気づかないなんて。 当時の良家の子女は、変なうわさがたつだけでも、致命的だったのではないでしょうか。 自分だけでなく、家の名も汚れてしまいます。 自分でお金を稼ぐことができないため、家柄のいい人の正妻になるのが、自分のためにも、実家のためにも、ベストの選択だったと思います。 あるいは、ルイ14世など、力のある人の愛人になるとか。 でもこの道は難しかったと思います。 競争も激しいです。 ペローも、サンドリヨンの教訓で、「後ろだては不可欠」と書いています。

次の

【ポコダン】赤ずきんちゃんの評価と強い点【ポコロンダンジョンズ】

赤 ずきん の 傭兵

愛くるしい童話にはエンディングがありますが、彼らの人生はどうなるのでしょう?" - "Old stories are cruelest things. Lovely fairy tales have endings, but what about their lives? " - "いつかあのを見かけたら、私を呼びなさい" - 赤ずきん "Tell me if you ever see that. " - Little Red Little Red Riding Hooded Mercenary F-01-57-H,赤ずきんの傭兵 または略称して赤ずきんは、人間によく似たアブノーマリティです。 暗い服を着た黄色の目の女性で、赤いフードが彼女の目元まで覆っています。 彼女の身体にはいくつかの傷跡が見られ、戦闘では短い黒い斧や鎌、銃やピストルを用います。 狼に対峙した時、彼女の顔は一変して怒りで紅潮します。 彼女は、現時点で判明している対戦相手を持つ2体のアブノーマリティのうちの1つであり、彼女の対戦相手はだとみられています。 Little Red Riding Hooded Mercenary F-01-57-H , or Little Red for short, is a humanoid in the form of a woman of yellow eyes, wearing dark clothes and a red hood covering the upper half of her face, and wearing a mask resembling sharp teeth, covering the lower part of her face. She has several scars on her body and when in combat, she uses a short black axe or scythe and a gun or pistol. Her face will turn red when confronting the wolf, revealing her true face. She is currently one of two unique abnormalities in game to have a counterpart, the other being her said counterpart abnormality,. 単騎または複数のアブノーマリティが脱走した際、もし赤ずきんが不機嫌でなければ、彼女の特殊コマンド「Request(依頼)」が発生します。 プレーヤーは脱走したアブノーマリティから一つを選択し、彼女へ鎮圧を依頼できます。 彼女が鎮圧を成功させた際には、対価のロボポイントが支払われます。 その後、赤ずきんの上に鎮圧を依頼されたアブノーマリティの画像が現れ、彼女は収容室を出てそのアブノーマリティを追跡し、攻撃します。 彼女の攻撃手段は斧による近距離攻撃と、斧の遠投や銃による遠距離攻撃です。 依頼対象のアビリティを鎮圧するか、逆に敗北した場合、彼女は収容室に戻ります。 彼女の攻撃は、付近にいる職員や他のアブノーマリティにもダメージを与えます。 斧は一度投げると拾うまで使われません。 依頼のために収容室を出た場合、彼女自体を鎮圧することはできません。 もしが脱走し、彼女やその収容室に近づくと、彼女は即座に脱走し、オオカミを追跡し攻撃にするようになります。 外見が変わり、オオカミが収容室に戻るまでその状態が続きます。 またそのような場合には、オオカミを狩ることが依頼に優先されるため、すでにしてある依頼は中断されます。 Her special ability is " Memories of Scars". When another Abnormality or Abnormalities are breaching, Little Red will have a special work option available named 'Request' if she isn't in her bad mood. The player can select the special work to show the 'Wanted' Abnormalities breaching and select one of them for Little Red. Prices are below the portrait of the wanted Abnormalities, which is the amount of energy that need to be paid when Little Red successfully finishes the contract. When one of them is selected for the contract, their portrait will appear above Little Red and she will run out of her containment room to track the Abnormality and attack it. Little Red possess a variety of attacks with her axe and gun, shooting from long range and doing quick attacks with her axe and also being able to throw it across the room. Little Red still has a health gauge and Abnormalities may attack her. If she is defeated while attacking a 'Wanted' Abnormality or when the wanted Abnormality is defeated, she will return to her containment room. Little Red's attacks can also deal damage to nearby employees and Abnormalities. If Little Red threw her axe before, she will have to pick it up to use it again. Unlike other Abnormalities, Little Red can't be suppressed when breaching due to the contract. When escapes, Little Red will escape immediately if he gets too close to her or her containment room, and she will proceed to chase him and will only focus on attacking him. Her appearance changes and she will not stop until Big and Might be bad Wolf is back in his containment room. Little Red's contract priority will keep always the wolf above any other Abnormality. This means that she will stop attacking any other Abnormality in her contract to hunt the wolf instead. 話の最後にと出会ったとき、彼女の物語に何かねじれが生じた。 何が起きたにしろ、大きくて悪いオオカミは逃げ延び、彼女へオオカミ殺しの強い意志を固めさせた。 彼女の傷跡はおそらく、そうした出来事の結果でしょう。 その後彼女はそれまでの生活を手放し、流浪の傭兵となるため、15歳を超えるまで定住せずに訓練をし、契約のために働いた。 どこに武器を所持しているのかは分かりません。 赤ずきんの発見場所や、どのように施設にたどり着いたかは不明ですが、おそらく施設に入る理由の一つは、オオカミに出会うことでしょう。 Little Red is assumed to follow the same origins of the tale of the same name, and the twist of her story maybe occurred when facing the at the end of the tale. Although is unknown what happened at the end, her scars probably were the outcome of such event, with the Big Bad Wolf escaping somehow and creating her reason of intense 'revenge' to kill the wolf. Afterwards, she left her previous life to become a wandering mercenary, probably at the age of 15 or higher, training and working for contracts, without any place to stay. Where she got her weapons are unknown. Where Little Red was found and how she arrived to the facility is still unknown, but maybe one of the reasons that she wanted to get in the facility is maybe to encounter the wolf. また、交信作業と娯楽作業、暴力作業を嫌います。 多くのアブノーマリティと同じく、上機嫌や中立時にエネルギーを発し、不機嫌時にエネルギーを消費します。 赤ずきんの気分ゲージは不機嫌、中立、上機嫌に分かれています。 脱走したアブノーマリティがいる場合、赤ずきんに鎮圧することを考えてもよい。 ただし、依頼には費用が必要となる。 赤ずきんは不機嫌のときは依頼を受けなかった• 赤ずきんは最初に[未確認データ]を探す。 依頼が進行中の場合は [未確認データ]の状態に細心の注意を払うこと。 [未確認データ]が脱走すると、[未確認データ]を探すために赤ずきんの傭兵は収容室から出た。 Little Red loves cleanliness, likes nutrition and hates consensus, amusement and violence work. Like all Abnormalities, her energy output changes depending on its mood. She produces a moderate amount of energy when she feels happy and neutral, and drains a large amount of energy when distressed. Little Red's mood gauge is divided into 3 sections, distressed, neutral and happy. "If there is escaped abnormality, it is also a good idea to ask the Little Red Riding Hooded Mercenary to defeat it. However, a cost is required for the contract. "Little Red Riding Hooded Mercenary did not accept the contract when its condition was not good. "Little Red Riding Hooded Mercenary puts [Unidentified Data] hunting first. It is recommended that you pay close attention to the status of [Unidentified Date] when a contract is in progress. "When [Unidentified Data] escaped, the Little Red Riding Hooded Mercenary came out of the containment room to hunt for [Unidentified Data]. 彼女は疲れているようだ) 私は本当に生きているの?もし私が死を知らない幽霊なら、どうすればいいのだろう? 私が人生において唯一愛しているものは、オオカミの死だけよ。 The chamber is empty, except the Little Red Riding Hooded Mercenary, and her axe and gun. She seems exhausted Am I really alive? What if I'm a ghost that doesn't even know it's dead? The only thing I love in my life is the death of the wolf. Exit the room 部屋から出る Mourn for her memories. 彼女の記憶を哀悼する。 私の仕事が必要な時には、いつでもドアをノックしなさい。 これは私の闘い。 Knock on my door whenever you need my service. This is my struggle. 明日になれば私は、再び憎しみに駆り立てられて斧を振り回すでしょうね。 でも、今夜は、平和に眠ることができると思うわ。 I will swing my axe again tomorrow, still driven by hatred like I have been forever. But tonight. I think I can sleep peacefully. 「私はプロの傭兵よ。 私の仕事は高価だけど、ある条件の下で負けてあげるわ。 もしあなたがあの糞野郎に会ったなら、私に引き渡しなさい。 あの野郎の首を私のベッドの上にぶら下げてやる。 それだけで、私は悪夢を見ることなく眠ることができる。 赤い頭巾が印象的な女性の戦士。 彼女の擦り切れたつぎはぎの頭巾にはイニシャルが刺繍されているが、頭巾が傷ついているため判読できない。 噂によると彼女の頭巾は白だったが、幾度も返り血を浴びた結果、赤くなったと言う。 これを早く修正して、マイケル! この施設に来る前、彼女は傭兵であり、居住地もなく周りをさまよっていた。 彼女は他人をあまり信用せず、戦闘に対して極端なほどの愛情を持っている。 彼女は自分の肉体の一部が露出し、鏡に写った姿を見ることに激しい拒否感を示した。 また、彼女の行動には多くの偏執的な症状も確認されている。 彼女は緊急事態が発生した場合、緊急事態を解決しようと思う強い意志を持っている。 彼女はそれが「依頼」だと言う。 この行動は結果的に管理プロセスに役立つので、会社はそれを活用することを推奨した。 彼女が「大きくて悪いオオカミ」と出会う場合、彼女は制御から外れます。 彼女は、人格、憤慨症状、心理的危険状態へと急激に変化し、深刻な副次的損傷をもたらします。 したがって、赤ずきんの傭兵を扱うときには、最大限の注意を払うことを進言します。 私たちの戦いに勝利なんてないのよ。 私が思い描く全ては、可能な限りもっとも残酷な方法であの野郎をどうやって殺すかということだけよ。 だから、祝杯なんてない。 私が庭で花を摘む代わりに斧を磨くことに慣れたときには、私は15歳になっていたわ。 "'I am a pro. I used to be expensive, but I'll cut you some slack here, under one condition. Hand me over that goddamn cunning bastard if you ever see him. I will hang his head over my bed. Only then I can fall asleep without having a nightmare. "Female warrior with striking red hood. Her frayed, and patched hood has initials embroidered on it which are unreadable because of the damage the hood has taken. Rumor says her hood used to be white, but became red after being soaked in blood for countless times. It turned out to be not true. Fix this, Michael! Before coming to this facility, she was a mercenary, wandering around without residence. She does not trust others well, and has extreme fondness for battles. She is unusually uncomfortable with her part of flesh being exposed, and looking at mirror. Also, numerous symptoms of paranoid have been observed in her behaviors. She has strong desire to resolve emergency situations if one ever breaks out. She says it's "a contract". Since this behavior consequently helps the management process, the company recommended putting it to use. The followings contain must-read for employees in all class. If she faces "Big and Might be bad Wolf", she goes out of control. She will undergo extreme shift in personality, embitterment disorder, and other psychologically dangerous disorders which result in serious collateral damage. Thus, extreme caution is advised when working on Little Red Riding Hooded Mercenary. "No victory will come in our battle. All I think about is how to kill that bastard in most gruesome way possible. Thus, I will drink no toast. I will not celebrate in any way. When I got used to grinding an axe instead picking flowers in the garden. I was 15. 赤ずきんの傭兵はいつも契約を待っています。 血のにおいを待っています。 赤ずきんの傭兵は彼女の斧を研磨するのに日のほとんどの時間を過ごす。 彼女が戦闘に参加しているときに頭巾が羽ばたくと、彼女の肌に大小様々な傷を見ることができます。 彼女がオオカミと対峙するとき、すべてが終わります。 毛皮の野郎を見つけたら教えな。 私がその糞野郎の頭を切り落とした日には、仕事の報酬は無料にしてあげる。 事実、赤ずきんの傭兵は職員よりもはるかにアブノーマリティを抑えることができます。 多くの職員は赤ずきんの傭兵がどのように傷跡が付いたのか不思議に思います。 しかし、多くは尋ねる勇気がありません。 長い間続いた戦いの憎悪はますます深まっていきます。 赤ずきんの傭兵は射撃練習ができる場所を望んだが、職員はそれを強く拒否しました。 "Little Red Riding Hooded Mercenary is waiting for contracts as always. Waiting for smell of blood. "Little Red Riding Hooded Mercenary spends most time of the day grinding her axe. "You can see small and huge scars on her skin through flapping hood when she engages in battle. "Everything ends when she finally faces the wolf. "Tell me if you ever see that furry bastard. The price for my handy work will be free when the day I cut that damned thing's head off comes. "Actually, Little Red Riding Hooded Mercenary is much more capable of suppressing abnormalities than employees. "Many employees wonder how Little Red Riding Hooded Mercenary got her scars. But not so many are brave enough to ask. "The fight has been continuing for a long time, and her disgust is deepening by second. "Little Red Riding Hooded Mercenary wanted somewhere she can practice shooting. But employees strongly rejected it. このアブノーマリティアブノーマリティは同名の寓話、赤ずきんを引き合いにしている。 The Abnormality is a reference to the fairy tale of the same name, Little Red Riding Hood.

次の