お盆 の 料理。 お盆の意味とお供物・料理をご紹介!!

お盆には何を食べる?お盆の食べ物、肉を食べてはいけないって本当?

お盆 の 料理

カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 【商品発送のタイミング】ご注文確認後(前払いの場合はご入金確認後)5営業日以内の発送をこころがけております。 万が一出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。 【配達時間指定】午前中・12時〜14時・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・19時〜21時・20時〜21時 ただし時間を指定された場合でも、配達地域や交通事情や天候などの諸事情により指定時間内に配達ができない場合がございます。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 連絡先について 返品について 電話番号:072-864-5773 メールアドレス:shikiya shop. rakuten.

次の

お盆の行事食って?由来から地域ごとの違いまで徹底的に解説します!|終活ねっとのお坊さん

お盆 の 料理

浄土真宗では故人は浄土で仏となると考えられており、霊供膳は使いません。 お盆にお膳をお供えする意味は? お盆は、故人があの世からお盆期間の4日間だけ現世へ帰ってきて、私たちと一緒に過ごすという行事です。 そのため、 毎食私たちと一緒に故人が食事をしているように振る舞い、お膳でおもてなしをするという意味が込められています。 そのため、お膳の他にもお菓子やフルーツ、地域によってはお団子やそうめんなど様々なものでお供えし、故人に供養の気持ちを込めるのです。 お膳をお供えするのはいつからいつまで? お供えする期間 お盆にお膳をお供えするのは、 8月13日の夜から16日までの4日間です。 16日の夜に送り火で先祖をお送りするまでの期間中、毎食後にお供えします。 基本的には毎食お供えしますが、1日1回に省略する場合もあります。 お供えと下げるタイミング お供えするタイミングは、 毎食食事をいただく前のタイミングでお供えをします。 いつ下げるのかというのに悩む方も多いかもしれませんが、これは食べ物が悪くならない程度の適度なタイミングで良いでしょう。 仏教ではお供えしたものを仏様からの「お下がり」としていただくことがマナーとされています。 夏場なので、食べ物が腐らないうちに早めに下げていただくのが良いでしょう。 どんな食べ物を用意するの? 霊供膳は仏教の「不殺生」の教えに従ったメニューで構成され、基本的には 肉や魚などの生き物の食材を避けた「精進料理」になります。 精進料理は、植物由来の食材や野菜などが中心のメニューです。 お膳の名称・メニュー・向き 実際に、仏膳のそれぞれの器の名称・器に盛り付ける献立・仏様にお供えするときの向きを見ていきましょう。 お膳の器の名称 仏膳はフタと器がセットになっており、お膳・器・お箸を全てセットで 仏具屋さんなどで購入できます。 rakuten. 飯椀(めしわん):ご飯• 汁椀(しるわん):お味噌汁・お吸い物• 平椀(ひらわん):煮込み物• 高杯(たかつき):漬物• 壷椀(つぼわん):煮物・あえ物 飯碗は「親椀(おやわん)」とも呼びます。 器ごとに盛り付ける食べ物も決まりがあり、盛り付け方も注意が必要です。 具体的にどのような献立にしたら良いのか見ていきましょう。 お膳の精進料理の献立と盛り付け方 それぞれの器に盛り付ける具体的な精進料理の献立例と盛り付け方は以下の通りです。 飯椀 基本的に白米のご飯。 大盛りにして、上を丸く形を整えてお供えします。 汁椀 お味噌汁またはお吸い物。 具は豆腐、おふ、油揚げ、ワカメ、玉ねぎ、季節の野菜等。 出汁には昆布などを使い、かつおだしは使いません。 高坏 お漬物。 キュウリの塩もみ、梅干し、たくあん、ナス・キュウリ・大根のぬか漬けなど。 たくあん等は2切れが原則です。 平椀 煮込み物。 煮物の出汁は昆布や野菜等を使用しましょう。 壺椀 煮物やおひたしなど、平椀よりもサイドメニューらしいもの。 煮豆、胡麻和え、白和え、おひたし、酢の物等。 見た目が小さな山になるように、高さをつけて盛り付けます。 rakuten. 実際は、不殺生などのルールを気にしすぎず、故人の好きだったものをお供えするのが良いとも言われています。 また、地域によっても違いますので、その土地のしきたりに従うことをおすすめします。 仏壇にお供えするときの向き お膳は、 お箸を仏壇側に向けてお供えします。 召し上がるのは仏様なので、仏様がお箸を取りやすい向きにお供えします。 間違えやすいので注意しましょう。 宗派による並べ方の違い 仏教の宗派によって、配置などに違いがあります。 自分の家の宗派をよく確認し、器を並べる時の違いに注意しましょう。 臨済宗・曹同宗 臨済宗・曹同宗の場合は、 高杯を右上に、壺椀を真ん中とします。 浄土宗 浄土宗の場合は、 平椀が右上、壺椀が左上にくるように並べます。 真言宗・日蓮宗・天台宗 平椀が左上、壺椀が右上、高坏が真ん中になるように並べます。 日蓮宗の場合、仏膳は朱色のものを使います。 実は超簡単!お膳を手軽に用意する方法 いざ実際にお膳を用意する!という場面になったとき、仏膳を揃えるところからメニューを考えて作るところまで、かなり面倒くさそう・・と、考えるだけで白旗をあげたくなってしまうのが正直なところ。 でも、今はインターネット販売や便利グッズなどを駆使すれば、超簡単にお膳の用意ができてしまうんです。 お手軽!通販で安く購入できる仏膳セット >> Amazonや楽天などで、 霊供膳のセットが販売されています。 仏具屋さんに行かなくても、名だたる多くの仏具店が楽天などにショップを構えています。 安いものでは2千円程度からセットで購入することが可能で、手軽に一式揃えることができます。 手軽でスタイリッシュな現代風のものや、格式高いものまで様々なセットがありますので、自分の家にあったものを選んでみましょう。 レンジで楽チン!お手軽精進料理セット >> Amazonや楽天などで、 精進料理のフリーズドライのセットが販売されています。 「何を作ったらいいかわからない!」「手軽に済ませたい」などの声に応えてくれる便利グッズです。 初盆などはしっかり手作りが望ましいですが、手間はかけたくないけれど、形式だけでもしっかりしたいという方にはこのようなグッズがお助けアイテムになります。 まとめ お盆のお膳の基本知識を一通り見てきましたが、いかがでしたか?並べ方や精進料理のメニューなど、現在はなかなか覚える機会も少ないものです。 法事などで今後お膳について悩むことがなくなるよう、今回の基本知識と自分の宗派の特徴などをしっかりおさえておいてくださいね!.

次の

【みんなが作ってる】 お盆 料理のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

お盆 の 料理

実は、お盆におはぎを用意することには意味があり、 魔除けと五穀豊穣の効果があると昔から信じられています。 お盆の時期にスーパーで見掛ける機会も増えるでしょうし、甘い物はおじいちゃん・おばあちゃんが特に好む食べ物ですので、「 お盆と言えばおはぎ!」と言うご家庭もたくさんあることと思います。 参考記事> お盆料理の定番2 おせち お盆料理の定番と言えば、 おせちが真っ先に思い浮かぶ方も少なくないのではないでしょうか? 実は、私の家も毎年おせちを食べることが通例化しており、家族で何を食べるか相談することも無く おせちを食べてお酒を楽しむことが当たり前となっています。 一般的には、おせちはお正月に食べると言う印象がありますが、付き合いのある料亭があるご家庭だと、お正月・お盆の時期におせちの予約確認の電話が入ることも珍しくありません。 また、最近では大手スーパーのイオンが「夏おせち」として帰省向けオードブルの販売を始めましたので、 お盆休みにおせちを食べるご家庭も更に増加することと思います。 お盆料理の定番3 そうめん 7月・8月の夏のお盆時期は非常に暑いですので、家族全員で そうめんを食べると言うご家庭も少なくないことでしょう。 お住まいの地域によっては、 お盆時期に流しそうめんをしてご近所の皆さんでいただくと言うところもあるそうです。 そんなそうめんには、実は色々な意味があると言われており、• そうめんのように幸せが細く長く続く• ご先祖様が供物へあの世へ持って帰る際の手綱 などなど、たくさんの説が解説されています。 そうめんは七夕の食べ物としても有名ですので、夏の時期は欠かさずに家にストックしておいても良いですね。 参考記事> お盆料理の定番4 天ぷら お盆に 天ぷらとは聞いたことが無い人も多いと思いますが、実は中部地方を中心に天ぷらを食べる風習が広がっています。 また、スーパーの惣菜コーナーなどでも、お盆時期になるとエビ・イカ・ナス・カボチャ・シシトウなどがセットになった天ぷらが並び、その横には 天ぷら饅頭と言う鉄板メニューも登場します。 天ぷら饅頭の写真 私も偶然つい先日、泊まったホテルで提供されていたので食べてみたのですが、揚げ饅頭とも違う独特な美味しさがありました。 中部地方へ行く機会があれば是非食べてみてください! お盆期間じゃなくても販売されているところはあります お盆料理の定番5 精進料理 最近のご家庭では減ってきているかもしれませんが、 お盆料理には毎年 精進料理を食べると言うご家庭もまだまだ少なくありません。 精進料理とは肉や魚を使わずに、豆や野菜、海藻、果物を主として作られたお料理のことですが、 仏教の教えである五戒 生き物の殺生が禁じること の考えからきた食べ物です。 ちなみに、盆棚の供物としてお供えしたお下がりを頂くのではなく、ご先祖さまと同じ食べ物を同じ空間で食べるために 人数分+盆棚用の数を作ることが一般的です。 お盆料理の定番6 赤飯 知らない人からすると信じられないかもしれませんが、お盆時期に お赤飯を食べる地域も少なからず存在します。 具体的には北海道や宮城県、秋田県、山形県などの東北地域で見られることが多くなっており、 昔は小豆は貴重な食べ物であったことから、それをご先祖様にも召し上がって頂くと言う考えがあるそうです。 また、先にお伝えしたおはぎと同様の小豆を使っていることから、 魔除けや五穀豊穣の効果もあると信じられています。 お盆料理の定番7 BBQ お盆の季節には家族や親戚が全員で集まって、庭先で BBQを楽しむと言うご家庭も少なくありません。 中には、「 お盆時期にBBQなんて不謹慎だ!」と言う人も居るかもしれませんが、きちんとお線香をあげて祖霊をしのびながらバーベキューを楽しめば、ご先祖様も喜んでくれることでしょう。 ただ、家族内では良くても ご近所様は不愉快に思うかもしれませんので、そのあたりは注意が必要ですね。 お盆料理の定番8 お寿司 お盆休みには子供から大人まで人気の、 お寿司を食べると言うご家庭も少なくないことでしょう。 お年寄りの方も胃もたれせずに食べられますし、自分の好きな量・好きな物だけを食べることができるので、 大勢の人が集まる場にはもってこいのお料理ですよね。 先にご紹介した天ぷらとも食べ合わせが良いので、 天ぷらとセットで用意するのもオススメです。 お盆料理の定番9 うなぎ 意外と知られていませんが、お盆の時期に うなぎを食べると言う地域も珍しくありません。 私はもともと大阪育ちなのですが、梅田の地下街、所謂デパ地下へお盆時期に行ってみると、鮮魚コーナーにはうなぎの山があったのを今でも覚えています。 うなぎの蒲焼はもちろんのこと、うまき・うざく・白焼きなど、うなぎ中心のメニューがたくさん展開されていましたね。 ただ、 お盆時期に大阪でうなぎが好んで食べられていると言うことではありませんので、 あくまで個々の家庭での文化や風習があるのかもしれません。

次の