オリンピック どころ では ない。 2020東京オリンピックはない予言的中、松原照子氏│気になる情報

東京オリンピックどころではない

オリンピック どころ では ない

東京オリンピックは中止? はじまりはここから。 2020年、1月30日こんなニュースが駆け巡りました。 東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議 2020年1月29日 — エキサイトニュース さんから 東京オリンピックを中止しよう!パンデミック対策、外国観光客を含む、人命最優先です。 — 孫向文 新刊「国籍を捨てた男が語る中国のヤバすぎる話」 sonkoubun え、東京オリンピックが中止? これは正式に発表されているものではありませんが1月下旬から東京オリンピック大丈夫?中止?と心配する声が多くなりました。 元ネタはこちらです。 ドイツメディアの報道によると、国際オリンピック委員会 IOC が世界保健機関 WHO と連絡を取り合っていることをDPA通信が報じたそうです。 これは新型コロナウイルスによる新型肺炎対策の一環で、あと半年に迫った東京オリンピックについて「感染症対策は、安全に大会を開催するための重要な要素」としています。 なお、新型肺炎の発生を受け、サッカーやバスケットボールのオリンピック予選トーナメントが中国から移転済み。 2002年11月に発生したSARSの終息が2003年7月までかかったこと、新型肺炎がSARSを上回る勢いで感染拡大していることを踏まえると、東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります。 協議してる=中止ではないため、この記事は煽っていという声が多数。 とはいえSARSは収束まで8~9ヶ月。 今回の新型肺炎コロナウイルスは、どれくらいで収束宣言されるのか不明です。 結果、東京オリンピック2020年開催は延期。 2021年に開催と決まりました。 東京オリンピック中止!?松原照子さんの予言どおりになる!? 「延期」が決まった東京オリンピックですが、東京オリンピックは「ない」と数年前から言っている方がいます。 それは、 東日本大震災の予言が的中したことで有名となった「松原照子」さん。 作家・株式会社SYO代表取締役。 自身のブログ「幸福への近道」では、毎日、日記と世見を更新。 『聞いてビックリ「あの世」の仕組み』『心を整えて幸せを呼ぶ64の方法』(学研プラス)などの著書がある。 数多くの書籍も出版されています。 リンク 松原さんは東京オリンピックが決まる前から「 東京ではオリンピックは開催されない」と断言していました。 そればかりか、東京オリンピックの開催が決まってからも「 東京はない。 」と言っているのです。 実は、開催されない可能性があるんです。 東日本大震災の発生を予測した、松原照子さんという予言者が指摘しています。 全世界的に大混乱が起きるため、五輪どころではなくなるかもしれません」 全世界的に大混乱=コロナウィルス のこと?? と今となっては誰もがそう考えてしまいますね。 とりあえず無料で読める範囲の内容はこちら この記事は2015年10月25日に書かれたものです。 当時私はリアルタイムで読んでいましたが、あまりにも強烈でインパクトがあったので、とても気になっていました。 なぜ「東京はない」と言い切れるのか。 「東京に地震が来るから?一体何が起こるの?」と。 延期とされている東京オリンピックですが、2021年の開催も中止となれば、松原照子さんの予言が再び的中ということになります。 ところで今までにオリンピックが中止になったことは? では過去オリンピックが中止になったことはあるのか? ありました。 しかしいずれも 戦争が原因での中止です。 1916年 第7回ベルリンオリンピック• 1940年 第12回東京オリンピック• 1944年 第13回ロンドンオリンピック 東京も中止になったことがあるんですね。 ちなみにウイルスが原因で中止になったことはありません。 松原照子さんの「次」の予言は? 東京オリンピックはない。 と予言している松原照子さんですが、 他にも予言していることがあります。 それは 「地震」 場所は 「愛知県」とのこと。 東日本大震災が起こる前から、陸前高田が気になると度々ブログに書かれていただけに、南海トラフ、東海地震ではないか?と非常に気になってしまいます。 お聞きしたいのですが、松原さんは日本の真ん中はどこだと感じますか? 参照:松原照子の未来予言 MUTube(ムー チューブ) 2019年4月号 7(YouTube) 松原 それは、愛知県ではないでしょうか。 松原 1945年に愛知県の三河湾で発生した三河地震(M6. 8)の2年後に、昭和南海地震(M8. 0)が起きています。 2018年4月14日に起きた愛知県西部地震(M4. 6)は、三河地震の震源地近くだったんです。 この流れでいくと、2年後の東京オリンピックが開催される2020年には、南海トラフ巨大地震が起きるのではないかと考えられないだろうか。 そうなれば、松原さんの予言通り「東京オリンピックは開催されない」という可能性もあるだろう。 地震の場所などについて詳しく語ってはいませんが動画はこちら。

次の

2020東京オリンピックが失敗に終わる理由

オリンピック どころ では ない

前回とは日本の人口構造が大きく変化 前回の東京オリンピックが行われたのは日本の 高度成長期真っ盛りの1964年です。 世の中には多くの若者が溢れ、日本全体が活気に溢れていた時代です。 下図は、その 1964年当時と2020年時の日本の人口ピラミッドです。 まず、1964年当時です。 この時代は、チャレンジ精神に溢れスポーツに関心の高い 10代~30代の若者が、国民全体のなんと54. 6%も占めていたのです。 逆に、スポーツとは縁のなさそうな 65歳以上の高齢者は、6. 1%しかいないのです。 これじゃー、国民一丸となって盛り上がるのは当たり前でしょう。 当時の自分はまだ4歳だったのでよくわかりませんが、きっと凄かったんでしょうね。 次に、 超高齢化社会の2020年です。 10代~30代の若者の比率は29. 9%で、65歳以上の高齢者の比率は28. 4%です。 そうなんです、 高度成長期と低成長期という時代背景だけでなく、人口構造が大きく異なっているのです。 これじゃー、いくらマスコミや政治家が騒ぎ立てようが、2020東京オリンピックは 盛り上がりに欠けても当たり前でしょう。 多くの国民は自分たちの老後を心配し、オリンピックどころではないのです。 開催地である東京はともかく、高齢者が多い地方では全く盛り上がらないのではないでしょうか? 1964年の東京オリンピックは「1兆円オリンピック」と呼ばれ1兆円前後の投資をしましたが、2020オリンピックはその倍以上の2兆円越えという莫大な投資です。 東京都では大会10年後の「 2030年までの経済波及効果は32兆円で雇用創出は194万人」と言っていますが、きっと国民の多くは大会が終わったらすぐにオリンピックのことなど忘れてしまい、 経済波及効果などほとんどないのではないでしょうか? 過去のオリンピックと比べても特異な2020東京 次に、 ここ30年に行われた過去のオリンピック開催国の当時の人口構成を調べてみました。 下の表の若者比率は10代~30代の構成比、高齢者比率は65歳以上の構成比です。 開催年 開催都市 国 若者 比率 高齢者 比率 2016年 リオ ブラジル 49. 2% 8. 1% 2012年 ロンドン イギリス 38. 2% 16. 4% 2008年 北京 中国 49. 2% 7. 8% 2004年 アテネ ギリシャ 41. 1% 18. 1% 2000年 シドニー 豪州 43. 4% 12. 3% 1996年 アトランタ アメリカ 45. 2% 12. 5% 1992年 バルセロナ スペイン 46. 9% 13. 9% 1988年 ソウル 韓国 56. 6% 4. 7% 1964年 東京 日本 54. 6% 6. 1% 2020年 東京 日本 29. 9% 28. 4% 2020年の東京オリンピックの数字は異常だと思いませんか? 日本のような若者比率と高齢者比率がほぼ同じような社会構造の中で行われたオリンピックなど過去にないのです。 きっとごく一部の高齢者を除き、大半のお年寄りはオリンピックの競技など関心がないと思います。 日本のような超高齢化社会で、「スポーツの祭典であるオリンピック」を開催すること自体無理があるのです。 まあ、日本のことだからオリンピックは上手く運営していくと思いますが・・・、 国民は莫大な投資(=税金)に見合った見返りを得ることは出来ないでしょうね。 参考)過去のオリンピック開催国の開催当時の人口ピラミッド 2016年 リオデジャネイロ(ブラジル) 10代~30代の若者の比率 49. 2% 65歳以上の高齢者の比率 8. 1% 2012年 ロンドン(イギリス) 10代~30代の若者の比率 38. 2% 65歳以上の高齢者の比率 16. 4% 2008年 北京(中国) 10代~30代の若者の比率 49. 2% 65歳以上の高齢者の比率 7. 8% 2004年 アテネ(ギリシャ) 10代~30代の若者の比率 41. 1% 65歳以上の高齢者の比率 18. 1% 2000年 シドニー(オーストラリア) 10代~30代の若者の比率 43. 4% 65歳以上の高齢者の比率 12. 3% 1996年 アトランタ(アメリカ) 10代~30代の若者の比率 45. 2% 65歳以上の高齢者の比率 12. 5% 1992年 バルセロナ(スペイン) 10代~30代の若者の比率 46. 9% 65歳以上の高齢者の比率 13. 9% 1988年 ソウル(韓国) 10代~30代の若者の比率 56. 6% 65歳以上の高齢者の比率 4. 7% 22年前の長野冬季オリンピックの費用は5,000億円 長野オリンピックは、72の国と地域から4,638人の選手・役員を迎え、大会期間中の延べ競技観戦者は約127. 6万人と冬季大会としては過去最大規模のものでした。 この長野オリンピックにつぎ込まれた費用は・・・、 オリンピック招致活動費 25億5606万円 大会運営費 1070億から1080億 オリンピック競技、運営施設建設費 1,398億円 オリンピック関連道路建設費 2,479億円 で、合計で約5,000億円にもなります。 2020東京オリンピックは2兆円程度と言われてますが、「競技数や参加国・参加者が格段の差である夏のオリンピック」であることや「世界の大都市東京」であることを考えると、よく長野オリンピックが「 ゼネコン五輪」と揶揄されたのもわかりますね。 一方、この長野オリンピック全体の経済波及効果は2兆円以上と試算されていました。 ただ、その真実のほどは誰にもわかりませんが・・・。 負の遺産処理で苦悩する長野県 開催からたった2年後には、スピードスケート会場の「エムウェーブ」、アイスホッケー会場の「ビックハット」、フィギュアスケート会場の「ホワイトリング」など、オリンピック開催で新設された全ての関連施設が赤字経営に陥り、その後もさまざまな施設活用の施策を試すものの、現在でもその維持運用費が雪だるま式に膨らみ悲惨な状況のようです。 長野市オリンピック記念アリーナ・エムウェーブ(M-WAVE) また、莫大な金をつぎ込み整備した「オリンピック関連道路網」も、需要がなくなった今では、イノシシも通らないぐらい閑散とした状況だそうです。 結果的に後に残されたものは、これらのオバースペックな施設と、20年経つ今でも長野県財政を苦しめ続けている2兆円もの県債残高です。 まさに、「負の遺産(レガシー)」ばかりの「長野オリンピック」だったようですね。

次の

松原照子氏が予言「東京オリンピックは中止になる」 地震が影響か!?(1/2)

オリンピック どころ では ない

ご返事有難うございます。 そうですよね、コロナ菌も参加のオリンピックになる危険が有ります。 オリンピックはスポーツの祭典ですので 安全な環境の元 ちからいっぱい競技して貰いたいです。 現在 感染が拡大中ですので 夏までに薬が開発され 世界中に普及するのは期待できません。 そんな状況で 世界中から潜在感染者が集まりバイキングの料理を食べる。 感染が始まると競技どころの話で無くなってきます。 軽い病気とも云われていますが 感染力が強い? 薬が無い 事で 結構怖い病気と云う事になると思います。 ダイヤモンド・プリンセスの二の舞の責任を執る勇気は 誰にも無いと思っています。 多くの人が開催に納得しないと出来ない話なので 施設も造った事だし延期と云う事が順当な所でしょうか。 予防ワクチンと、ある程度利く薬が判明すれば、開催するんじゃないでしょうか。 世界中の製薬会社が開発競争に参入していますので、おそらく、そんなに時間はかからないと思います。 莫大な利益が見込めますから。 ただ、コロナウィルスはいわゆる「風邪」のウィルスの一種であり、世界中見渡しても「風邪」に利く薬は無い(対症療法のみ)ので、今回のウィルスの薬も、出来たとしても、根絶を目的とした薬というよりも、「重症化しない」「死なない」という感じになるのではないかと思います。 まあ、それでも、それがあれば、インフルエンザや風邪の流行でオリンピックを中止したことは無いのと同様、今回のコロナウィルスで中止する理由は無い、ということになるでしょう。 我が国は、あの原発の状況で、「アンダーコントロール」とか言っちゃうくらいの国ですしね。 個人的には、せっかく理由もあるんだし、これを期に中止にして欲しいと思いますけどね。 こんな災害列島に世界中の人間を集めるような真似をして、大地震でも起こったらどうするつもりなの??って感じですから。 ご返事有難うございます。 オリンピックはスポーツの祭典ですので 安全な環境の元ちからいっぱい競技して貰いたいです。 現在 感染が拡大中ですので 夏までに薬が開発され世界中に普及するのは期待できません。 さんな状況で世界中から 潜在感染者が集まると競技どころの話で無くなってきます。 軽い病気とも云われていますが 感染力が強い? 薬が無い 事で 結構怖い病気と云う事になると思います。 ダイヤモンド・プリンセスの二の舞の責任を執る勇気は無いと思っています。 多くの人が開催に納得しないと出来ない話なので 施設も造った事だし延期と云う事が順当な所でしょうか。 <個人的には、せっかく理由もあるんだし、これを期に中止にして欲しいと思いますけどね。 こんな災害列島に世界中の人間を集めるような真似をして、大地震でも起こったらどうするつもりなの??って感じですから。 > 地方に住んでいて 東京でイベントが有ってもテレビの中での事。 オリンピックが有っても テレビで見る程度。 中止しても何の支障も無いんですね。 東京に多くの人が住む事自体 地震の時には大惨事でしょう。 30年以内に高い確率で起きるのですから 色んな施設を東京に造るのは辞めて欲しいですね。 やるでしょう。 今大騒ぎしてるけど、何がそんなに怖いのか理解に苦しみます。 1か月前から拡大し始めてるけど、日本の死者は一桁をやっと超えたところ。 風邪こじらせて死んでる人のほうが圧倒的に多いわけで… 子供の重症化も1件もなし。 亡くなってるのは結局、免疫力が下がってるお年寄りがほとんどなわけで。 既存の感染症に比べて脅威には思えません。 昨日定期検査に通ってるとある病院の看護師さんと採血中少し話す機会がありましたけど、 もううんざりといった様子でした。 今日本で対策対策と言われてることのほとんどは、 脅威を封じ込めるためというより、何かあった時の責任をいかに逃れるかのためだと思います。 インフルエンザで同じことするのかよと。 蔓延中で収束してないので、現在の状況からしかまだ言えませんが、 現状では毒性で比較すればインフルより強毒とはとても言えません。 毎日ニュースで感染者が出ただの増えただの言ってますが、 その後の経過についてはほとんど触れられてない。 高齢者以外で重症化した率を出せよと。 ウィルスなので突然変異の可能性はありますし、その時に毒性が跳ね上がる可能性はありますが、 あくまでも冷静に数字から考えてほしいですね。 この程度の被害者数で一々社会インフラが止まってる方がよっぽど問題です。 ご返事有難うございます。 <今大騒ぎしてるけど、何がそんなに怖いのか理解に苦しみます。 > 軽い病気と云えばそんな面も有りますが 感染力が強い? 特に薬が無い 事で 結構怖い病気と云う事になると思います。 世界中が怖がっているのですから 一緒に怖がった方が良いように思いますよ。 <やるでしょう。 > ホスト国としては ダイヤモンド・プリンセスの二の舞を考えるとビビリます。 多くの人が開催に納得しないと出来ない話なので 施設も造った事だし延期と云う事が順当な所でしょうか。 <この程度の被害者数で一々社会インフラが止まってる方がよっぽど問題です。 > これは大問題ですね。 一時的に止めても 三ケ月位が限度かと思いますね。 中国からの回帰が進めば良いのでしょうがどうなるのでしょうか。

次の