アメリカ オワタ。 トランプ氏ってアメリカでは右翼なん?例えば日本では自民党(基...

トランプ氏ってアメリカでは右翼なん?例えば日本では自民党(基...

アメリカ オワタ

71 ID:ibxygR2d0 新型コロナウィルスの発祥地とも言われている武漢。 そんな中、ドナルドトランプ米大統領が武漢にある 研究所からウィルスが漏れたのではないかと指摘。 その証拠もあるとしているが証拠は出せないとしている。 そんな中、武漢にあるウィルス研究所の研究員である石正麗(せきせいれい)が家族と共にフランスの アメリカ大使館に亡命していたことがわかった。 研究員は1000近くもの極秘書類を持って保護を要請。 保護された人は研究員の情報共有についてはフランスとアメリカで行われるようだ。 財産と資料ともに守られており、現在この研究員はオーストラリアに送られた。 石正麗は1990年から武漢ウィルス研究所で研究実習員助手として働いており、2000年以降は研究員に就任している。 この研究員が持ち出した資料から、新型コロナウィルスの発症が研究所だと判明したら、それこと中国はかなり危うくなるのではないだろうか。 そもそも中国はなんでこんな重要な人物の国外渡航(脱出)を許可したのかすら謎だ。 ・追記:2020年5月3日 17時00分 石正麗の亡命について中国のメッセージサービス、WeChatに否定する投稿が行われた。 WeChatには文章とともに9枚の写真が確認されたと中国の公式メディアであるグローバルタイムズは報じている。 今回の亡命に関する報道はTwitterだけでなくサウスチャイナモーニングポストをはじめとする世界中のメディアが既に報じており、 それを否定するかたちとなった。 情報戦なのか本当に亡命しなかったのかは定かではない。 ただグローバルタイムズがどのようにWeChatの文章と画像を入手したのかは不明だ。 70 ID:mbzFyxiM0 ガセネタ掴まされて失墜するトランプ.

次の

『くそみそテクニック』がまさかの全米デビュー!? アメリカオワタ\(^o^)/|おたぽる

アメリカ オワタ

武漢肺炎の脅威は「有事」だ トランプ氏は、3月18日の記者会見で、「自分は戦時の大統領だと思っている。 戦争には打ち勝たなければならない」と「戦時」を強調した。 また、朝鮮戦争時の1950年に成立した「国防生産法」発動してまで、マスクなどの増産をメーカーに要求した。 トランプ大統領だけではない。 フランスのマクロン大統領は3月16日にテレビ演説し、17日から全土で外出制限を実施すると発表したが、その演説の中で、我々は(ウイルスとの)戦争状態にある」と何度も強調した。 また、ドイツのメルケル首相は、3月18日のテレビ演説の中で「第2次大戦以来の試練だ」として、国民に団結と協力を呼びかけた。 私が物心ついてから半世紀が過ぎるが、このような言葉が各国首脳から次々に跳びだす事態は記憶がない。 キューバ危機は1962年10月に起こり、生まれて間もない私は全く記憶が無いが、世界中が米ソの対立による核戦争の恐怖におびえた。 その後1989年のベルリンの壁崩壊に至るまで、冷戦時代には米国を中心とした国々で政府施設用の巨大な核シェルターが建設された。 もちろん当時は最高機密であったが、現在では上下院の議会がまるごと(1100名収容)開催可能であったウェストバージニア州の豪華リゾートホテルの地下にある施設などが公開されている。 エアフォースワンは、有事の指揮権を持つ大統領を守るためのものだが、エアフォースワンという機体が存在するわけではない。 簡単に言えば、大統領が核ミサイルボタン(黒く大きなカバンに入っている)を持参する担当者と一緒に搭乗する飛行機が自動的にエアフォースワン(コールサイン)と呼ばれるのである。 ちなみにヘリコプターの場合は「マリーン・ワン」という名前がつく。 今から考えれば、ハリウッド映画さながらの危機を想定した対策は少し過剰なような気がするが、冷戦当時の世界中(日本は平和であったが……)の人々の危機感はそのような状態に高まっていたのである。 特にEU諸国については3月31日公開の「で述べたような武漢肺炎以外の問題が重くのしかかっているし、3月26日の記事で述べた様に過剰な心配はパニックを引き起こすだけなのは事実だ。

次の

【米国オワタ・・・】米死者予想 10月までに20万人超

アメリカ オワタ

トランプ氏ってアメリカでは右翼なん? 例えば日本では自民党 基本右翼 、民主党 左翼 のように、 アメリカではトランプ氏って右翼ってきいたけど? どうなんですか? あと日本のマスコミは左翼が多く民主党を応援して、感じなところは報道しないけど、 トランプ氏も実は左翼のマスコミにより嘘の報道されたりしてるんですか? 実はアメリカや日本にとってもこの人が大統領になればいい事なんですかね? 補足あとトランプ氏は日米は重要と実はおっしゃってるのですが、日本のマスコミはこの事を一切報道しないのは何故ですか? トランプ氏が大統領になれば実は日本にとっては良くて、日本の 左翼 在日たちが困るのですか? それで日本の在日マスコミたちは報道しないのですか? トランプ氏のイメージを悪くするような報道しかしないですもんね! オバマはアメリカ国内的には極左です。 しかし、共産主義を指向しているという意味ではありません。 徹底的にマイノリティ弁護に動くタイプの法律家で、多数派の白人軽視という意味で極左です。 オバマ大統領が政治家になる前の職業は人権弁護士です。 黒人などのマイノリティが事件で被告に立った時、駆け付けるタイプの弁護士です。 日本で人権弁護士と言えば、凶悪な殺人事件(光市母子、和歌山毒物カレー、オウムなど)で一般的感覚からすれば被告弁護には立ちたくないような案件に参加し、これまた一般的な感覚からすれば非常識な弁護法(押入れのドラえもん、過剰な黙秘)で被告を守ろうとします。 このような人権弁護士が日本では一般に嫌われていますね。 それと似たような感じで、オバマはアメリカの保守層からは徹底的に嫌われています。 昨年、アメリカではLGBTへの権利拡大を急進的に進めましたが、アメリカの一般社会ではオバマのゲイ・レズビアンの権利拡大は「やり過ぎ」と考えられています。 社会的にゲイ・レズビアンに対する議論が煮詰まっていないのに、オバマは自身の理念先行でLGBTへの権利拡大をしてしまったと捉えられています。 日本で言えば、在日への擁護姿勢が行き過ぎの菅直人のような捉えられ方です。 >日本のマスコミは左翼が多く民主党を応援して、 >感じなところは報道しないけど、 そうです。 アメリカもマスコミはリベラル擁護のバイアスがかかっているので、全般的に民主党やオバマの政策を評価する傾向があります。 しかし、それはアメリカの一般大衆に共有されているのではありません。 >トランプ氏も実は左翼のマスコミにより嘘の報道されたりしてるんですか? トランプに対する印象操作は私がこれまで人生でも最悪の部類の印象操作がなされています。 嘘の報道という訳ではありませんが、非常に細かい一連のスピーチの中の別の意味にとれるような部分を切り取ったり、ビデオの編集・加工で「とんでもない人間」のイメージ作りがされています。 トランプは最初に述べた「オバマは極左」の対極に位置する意味で「右翼」ですね。 オバマは基本、アメリカの国益よりもいわゆる「インターナショナルな理想主義」を重視しているので、結果的にアメリカの国益を軽視しているのです。 トランプは徹底したアメリカ「国民」の利益重視(アメリカ「企業」の利益ではないところが重要)ですから、アメリカ一般有権者から人気が高いのです。 日本にとって利益があるかといえば、それは難しいと言わざるを得ません。 右翼とは(ウイキより) 政治においては「より安定した社会を目指すための社会制度を支持する層」を指すとされ、一般に、社会秩序や社会的成層への支持を表すために使われる。 保守、愛国心、国粋主義的な思想を含む。 >トランプ氏ってアメリカでは右翼なん? 右翼の定義からすればそうだと思います。 右翼思想の根幹は祖国の伝統を護ることなのでどうしても排外主義的な傾向になります。 トランプは野放図な移民や宗教の受け入れはアメリカの利益にならないと主張しているのでまさに右翼の定義にぴったりあてはまります。 >トランプ氏も実は左翼のマスコミにより嘘の報道されたりしてるんですか? それは大いにありえますね。 日本の報道はまがりなりにも中立性を保とうとしますが、アメリカの報道機関はよくいえば自由、悪くいえば好き嫌いをあからさまに出して報道します。 支持しない大統領候補に対しては不利な情報ばかり流したり、発言をオーバーにとり上げたりしてネガティブな印象操作をやることは普通ですね。 特にトランプ候補に対してはかってないほどその傾向は強いでしょうね。 報道だけではなく、政界も同様です。 だって本来全面的にバックアップしてくれるはずの共和党が選挙戦を通じて反トランプだったのですよ。 いかにトランプが異端児扱いされているかということです。 共和党主流派は彼に対する支持をためらっているのですが実はこの現状と似たような過去がありました。 1964年大統領選で、共和党から立候補したバリー. ・ゴールドウォーターはトランプとイメージが重なる幾つかの共通点があります。 彼は極端な保守派の政治家であり、ソ連との戦争に踏み切る危険性が懸念されるほど極度の反共産主義者として世間に騒がれましたが、それにもかかわらずゴールドウォーターは予備選を通過し、指名を獲得しました。 ところが共和党主流派はゴールドウォーターを支持することを拒否し、民主党候補の現職大統領ジョンソンを支持したのです。 そしてジョンソンが大勝しました。 プリンストン大学のジュリアン. ゼリザー教授は、トランプのスタイルやアプローチはゴールドウォーターに似ており、極端な政策を提案し、間違った候補者が指名された事で共和党が苦しんでいる点などは共通している。 また、トランプは共和党が望まない政策を掲げているため、彼が共和党大統領として勝利した場合、厳しい結果に直面することを恐れている。 ゴールドウォーターはこの点も非常に類似した前例であると指摘し、またトランプは高度に発達した通信手段を利用し、政敵を攻撃するメッセージを送っているが、ゴールドウォーターも極端な表現で政敵を攻撃した点で類似していると語っている。 私はトランプが登場し、その特異な政策を聞くにつけ、すぐにゴールドウオーターを思い出したのですが、日本のメディアはいっさい言わないのが不思議でした。 さてアメリカは時々、極端な保守主義が台頭してくることがあるのです。 主に黒人、アジア人、近年においてはヒスパニックなどの他の人種の市民権に対し異を唱えている。 白装束で頭部全体を覆う三角白頭巾を被りつつデモ活動を行う集団として世間で認知されている。 保守系の市民運動。 参加者の大半は白人で、全体にリバタリアニズム 自由至上主義 の傾向を持つが、反オバマ・反再分配・反国家介入で結集している。 上のふたつがその現れですが根底ではトランプの思想と共通している部分があります。 アメリカはさまざまな人種が集まっているだけに非常に複雑な事情を抱えていて、単一民族でなりたつ日本では理解しにくい点が多々あるのです。

次の