内祝い お礼 メール 上司。 出産祝いのお返しをもらったら、お礼は必要なの?

【結婚内祝い】上司に贈りたい結婚祝いのお返しにおすすめの品物と注意点とは?

内祝い お礼 メール 上司

結婚式のお祝いのお返しを上司に贈る時の金額は? ズバリ お返しする金額は 頂いた金額の半分弱です。 これはお返しは 「上には薄く、下には厚く」という考えがあり上司や目上の人に半返しをするのは生意気に思われるとか失礼にあたるなど言われているからなんですよね。 でもお祝いのお返しは半返しと思っている人が多いのは事実なので、3,000円程度のお返しをしたらケチったと思われるかもしれない。 だから地域の風習などがあればそれに従うのが一番。 もしよくわからないようであれば 頂いた金額の4割から5割のもの(1万円のご祝儀なら4,000~5,000円)を贈るのが、どちらの考えにも合う無難なお返しと言えます。 上司に贈る内祝いのおすすめは? 上司ともなれば頂くお祝いも多いことが予想されます。 もしお祝いが1万円であれば4,000円~5,000円、2万円であれば8,000円~1万円のものをお返しすることになるので、これだけの金額なら色々なものが選べそうですね。 では実際に どんなものを贈れば相手の方に喜んでもらえるのでしょう。 目上の人への内祝いで避けたいもの まずおすすめの品の前に タブーな内祝いについてご紹介しておきましょう。 ただし最近は未来を切り開くという解釈もされるようになったので全くダメということもないようですがあえて選ぶこともないでしょう。 下に敷くマット類も同様です。 中には喜んでくれる人もいるんだけど、マナーやしきたりに厳しい人からは快く思われないこともあるよということです。 だからお返しの品は他にいくらでもあるのでこれらは避けて他のものを選んだ方が無難です。 上司のタイプ別に内祝いの品を贈り分ける せっかく贈るなら喜んでもらえるものを贈りたいけど、上司も年齢や性別、生活環境などさまざまで、正直細かい好みまではわからないでうよね。 ならば喜んでくれそうなものが揃ったカタログギフトを贈ってみてはどうでしょう。 カタログギフトなら会社で渡しても邪魔にはなりませんからね。 そこでこちらでは上司を5つのタイプに分けて それぞれにピッタリのカタログギフトを選んでみました。 ただいずれにしても 夫婦で楽しんだり自分の時間を楽しむ余裕のある人ということを意識して選んでみましょう。 できれば子供だけじゃなく 家族で楽しめるものを選びましょう。 よく夫婦で出かけるというご夫婦には一緒に出掛けられる「体験」などもおすすめです。 またあまりにたくさんのものや生活感のあるものは避け、【贅沢】【優雅】を感じるものを選びましょう。 参考>>> 上司への内祝いの渡し方は? 本来お祝いのお返しは手渡しするものなので、 直接上司の家に訪ねて行って手渡しするのが一番丁寧な方法です。 でもこれだと相手に時間を作ってもらわないといけないし、お宅にお邪魔するということは逆に気を遣わせてしまうことにもなるので、そこまで考えると一番良い方法とは言い切れませんよね。 会社で手渡しする場合の注意点 できるだけ手間をかけずに直接渡して感謝に気持ちを伝えたい!と言うのであれば会社で渡すという方法もありますが、会社で渡すとなると色々と注意しなくてはいけないことがあります。 1 帰りの荷物にならないようにする 重たいもの、大きなものを家まで持ち帰らせてしまうのは申し訳ないですよね。 でもなるべく手間をかけずに直接渡して感謝に気持ちを伝えたいというのであれば、 重くない・かさばらないものにすれば相手の負担にはならないでしょう。 2 渡す時間に配慮する まず定時間内は絶対にNGです! また会議や外出で忙しい上司の時間を拘束することにもなるので、とにかく 上司が落ち着いていると判断できる時間を選んで、「少しお時間を頂けますか?」と確認してから渡すと良いでしょう。 もちろん自分の仕事が終わっていることも必須ですよ。 3 周りの人の目を避ける もしお祝いをもらっていない同僚などがいたらお互いに気まずくなるし、他のお祝いを渡していない上司からしたら催促のように受け取られてしまうこともあります。 なのでどうしてもという場合は、できるだけ 人目につかないような時間や場所を選んで渡しましょう。 上司に内祝いを郵送する時の注意点 直接渡したいけどやっぱり自宅に行くのも会社で渡すのも厳しい場合は、 自宅にお送りするのがベスト! 最近では相手に負担をかけずスマートに渡せることから多くの人が郵送を選んでいるんです。 ただしただ送ればいいってもんじゃありません、贈り方にもマナーがあるんです。 【POINT1】送る旨の連絡を兼ね日時を確認する 何も言わずに内祝いを贈るのはマナー違反と言われています。 それにせっかく手間をかけないようにと郵送を選んでも、いない時に届けても再配達となってはまた面倒なので郵送や宅配で贈る場合は、 送るという連絡と受け取ってもらえる日や時間を確認してから送りましょう。 この度は 私たちの結婚に際しまして多大なお心遣いを頂きまして心よりお礼申し上げます。 ささやかではございますが、お礼のしるしに心ばかりの品をお贈りいたしますのでご笑納頂ければ幸いです。 まだまだ未熟な二人ですが明るく幸せな家庭を築いていきたいと思いますので、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます。 謹白 平成〇〇年〇月吉日 武田 慎太(夫の名前) 真理(妻の名前) 小池 太一様(上司の名前) POINT挨拶状は心をこめて書くことが大事!字に自信がなくてもパソコンではなく手書きにしましょう。 内祝いを上司に贈る時の金額とおすすめの品~まとめ~ 上司に贈るお祝いのお返しは頂いた金額の半分弱が目安です。 そして細かい好みまでわからないなら、 品物が選べてコンパクトなカタログギフトがいいでしょう。 お祝いを頂くと考えることややるべきことが色々とあって、面倒だなと思う人もいるかもしれませんね。 でもお祝いを頂いたということはとてもありがたいことだし喜ぶべきことなので、お互いが幸せな気持ちになれるような内祝いを心をこめて選びマナーを守って贈りましょう。

次の

結婚の内祝い 上司への渡し方!手渡しと郵送 それぞれまとめました

内祝い お礼 メール 上司

「内祝い」とは、何らかの慶事にもらったお祝いへの返礼品と捉えてください。 ここでは、会社の上司に結婚の内祝いを送る際のポイントについて見ていきましょう。 会社の上司に結婚の内祝いを送る際、知らず知らずの内にマナー違反しないようにしたいですね。 結婚の内祝いを贈る期間と相場に気を付ける 結婚の内祝いを贈る期間というのは、一般的に結婚式の後、なるべく早めで、1ヶ月以内を目安にするといいと言われます。 「無事結婚しました」という報告の意味も兼ねていますから、結婚の内祝いを贈る際には、あまり遅くなるのは考えものです。 結婚式の内祝いは相手が喜ぶ想像をしながら選ぼう 結婚式の内祝いを贈る時は、まず予算を元に、相手が何を貰ったら喜ぶか想像しながら結婚式の内祝いを探しましょう。 会社の上司は家族持ちだし、肉好きなのでハム&ソーセージセットを、といった具合が良いです。 一祝いを食品にする場合は、賞味期限も必ずチェックするようにしましょうね。 注文の際には「内祝」ののし紙を忘れずに! 上司に結婚の内祝いとして贈るものが決まったら、直接手渡しをするか、発送するかを決めましょう。 会社の人や、比較的近いところに住む親戚でしたら挨拶も兼ねて内祝いを手渡しするのが良いと思います。 注文の際には、「内祝」ののし紙を掛ける事を忘れずにしましょう。 内祝いで喜ばれるプレゼントのランキングと選び方 上司への結婚の内祝い。 何を贈ったらいいのかとあれこれと悩んでしまいますが、ここでは上司への結婚の内祝いで喜ばれるようなプレゼントの選び方をご紹介していきます。 ただ、上司への結婚の内祝いに贈るプレゼントのランキングは、あくまでも参考程度に留めておきましょう。 上司など目上の方への結婚式の内祝い人気ランキング 某サイトを参考に、上司に適切な結婚の内祝いをランキング形式にしてみました。 お菓子詰め合わせ 2. グルメ詰め合わせ(肉や魚、珍味など) 3. テーブルウェア(和食器など) 4. タオルセット 5. カタログギフト 上司の世代に結婚式の内祝いを贈る際は、グルメな方も多いことから、食べ物の詰め合わせには間違いのない高級老舗店のものを選ぶ人が多い傾向となっています。 内祝いは実用的なものや消耗品が選ばれるケースが多い 一般的に上司への結婚の内祝いには、カタログギフトや日用品(タオルセットや食器グラス)、冷蔵品やお菓子の詰め合わせなどの食品類、紅茶のセットなどを選ぶ事が多いようです。 逆に上司への結婚式の内祝いで避けたいお返しとしては、置き場所に困る飾り物や、自分たちの名前や結婚日が記された品物もお返しとして避けた方が良さそうです。 上司への結婚の内祝いにはブランド物や趣味のグッズも選択肢に 上司など目上の方への結婚の内祝いには、老舗製品や名の高いもの、ブランド品を選ぶと良いでしょう。 たとえば、上司には、ご家族への配慮も考えて、老舗菓子店のお菓子詰め合わせを。 もしくは上司との会話の中で、オフの時の趣味を知っているなら、趣味のグッズも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。 趣味の話を覚えている事が上司に伝わり、自分の為に選んだのだなと感激されるかもしれません。 ゴルフ用品やアウトドアグッズなどは、価格帯も様々なので上司や目上の方への結婚式の内祝いとしても最適です。 多忙な上司には体を思いやるグッズとメッセージを! 多忙を極める上司には、平日の帰宅後に楽しめるものを結婚の内祝いで贈るのもいいでしょう。 晩酌好きな上司には格別な気持ちになれるビールグラスやワイングラスもオススメです。 入浴剤やマッサージグッズ、上質なボディケア商品など上司の忙しさを思いやるメッセージと共に結婚式の内祝いを贈ってみましょう。 また、身体に使用するものは、アレルギーや好みを事前にリサーチしておくと失敗しませんので安心して贈れます。 上司が既婚者なら「食品」が多いカタログギフトもオススメ 上司が既婚者なら、結婚の内祝いは「食品」が鉄板です。 ただ、おめでたいから鰹節では、パッとしませんよね。 そこで、上司への結婚式の内祝いは、デパートなどで扱っている食品のカタログギフトが便利です。 カタログの有効期限は半年と長く、自分で買って食べるには少々高いなと思う商品が沢山の品の中から選べますし、楽しめるでしょう。 上司への結婚の内祝いとしてタブーにあたる物を押さえておこう 現在では、上司や目上の方への結婚の内祝いに贈る際に避けた方がいい品物も、少なくなったと言われています。 しかし地方によっては上司への結婚の内祝いでも、特有のマナーやタブーが根強く残っている場合があり、贈る際には注意が必要です。 上司へ贈る結婚式の内祝いだからこそ、細かい点まで注意しておきたいですね。 結婚の内祝いでお茶と包丁を選ぶのは避けて! 上司への結婚式の内祝いでは、気を使わせるような、超高級な物を贈るのもよくないとされています。 年配の上司に対して「毎日使うものだから」とお茶を贈るのは、気が利いているようですが、結婚式の内祝いでは避けておいた方がいいかもしれません。 なぜかというと、お茶は慶弔どちらにも好適とされ、弔事の贈り物の定番でもあるからです。 「不祝儀みたい」と思われてしまうと、上司への結婚式の内祝いで失礼ではないにせよ、つまらないですよね。 また緑茶は仏事に用いられる事から、上司への結婚式の内祝いには相応しくないとされていたそうです。 また刃物は、「縁を切る」に通じるとして、結婚式の内祝いの贈答品としては相応しくないという考え方もあります。 ただし、刃物は「未来を切り開く」という考えもあり、実用的な贈り物として人気もあります。 上司に結婚の内祝いを贈るなら家族構成や趣味に合ったものを選ぼう 現在では、結婚の内祝いでの贈答に関するマナーはあまり堅苦しく考えなくなっています。 ですが、会社でお世話になっている上司へ贈る内祝いを選ぶ以上、結婚式の内祝いでの最低限のマナーを知っておくと、お返しする際にも何かと安心ですよ。 今回紹介した上司への結婚式の内祝いのポイントや注意点を参考に、ぜひ素敵な結婚式の内祝いを選んでください。

次の

職場で結婚祝いをもらったときのお返し(結婚内祝い)の基本【解説!お祝いのマナー】

内祝い お礼 メール 上司

内祝いにお礼って必要?お礼なしでもいいの? 内祝いは元々、身内に対してお礼と報告を兼ねて贈り物をしたり宴席を開いたりすることでした。 もうこの時点でお分かりかと思いますが、出産祝いや結婚祝いなどのお返しが内祝い。 「これ続けていくと、お祝いのお礼のお礼のお礼のお礼の・・・とかならないの?」って思うかもしれないんですが、不思議とお祝いのお礼のお礼でストップしますね。 しかし私はお礼ではないにせよ、 無事に内祝いが届いたことをお知らせる程度の挨拶は必要ではないかなと考えています。 あなたが内祝いを贈る立場になってみて考えてください。 お礼の内祝いを送ったのに無反応だと「本当に届いたのかな」「気に入ってもらえなかったんだろうか」って不安になりますよね。 別に「内祝いをわざわざ贈っていただいてありがとうございます」って言うのは期待しているわけではないんです。 単純に 届いたか・失礼なものを送らなかったか不安なだけなので。 可愛らしい柄で使いやすいので大変ありがたいです。 新しい生活はいかがですか?お二人で仲良く頑張ってください。 というように、構成はほぼ一緒ですが内祝いの中身や相手の状況に応じて変化させてお返事を作ることが可能です。 また、お返事をする際には届いた品物の種類をちゃんと言うと若干安心感がアップします。 なぜかというと「本当に注文通りにちゃんと届いただろうか・・・」という不安を払しょくできるから。 些細な気づかいではありますが、今後もお互いに気持ち良くお付き合いしていくうえで、お礼は言っても何が減るわけでもありませんから、お礼と連絡ぐらいは言ってもいいんじゃないかと思います。 内祝いのお礼の返事はメール・LINE・電話・ハガキどれ? じゃあお礼を言う手段はどれがいいのか?というのが次なる問題です。 メール・LINE・電話・ハガキなど色々手段がありますが、一番丁寧なお礼の言い方はハガキよりもお礼状です。 が!正直、お祝いに対するお礼に対するお礼ですからそこまでする必要はナシ。 私なら相手によりけりですが 電話かメール LINE で済ませます。 その差はどこに?というと、 相手の方がどちらに慣れているかという点が一つ大きいです。 例えばお礼を言う相手とはいつもLINEで連絡を取り合っているのであればLINEで連絡を入れます。 また、 出産祝いの内祝いだとしたら、まだ出産後の疲れが抜けていなかったり、慣れない育児に格闘している可能性もあるので、電話よりもメールやLINEの方が手軽で助かります。 逆にいつも電話で連絡を取っている相手であれば電話の方がいいです。 また結婚祝いの内祝いだとしたら、電話でも困るようなことはあまりないと思うので久々に声を聴きがてら電話をしてもいいかもしれません。 何にせよ、お礼の返事程度のことでも相手の状態を考えてあげたらどんな方法で返事をしたら相手が楽なのか予想を付けやすいのではないでしょうか。 また、相手が育児で忙しかったりする可能性なども考慮してあげるとなおよし 私も出産後の内祝いを送ったら、お礼の返事を下さった方となかった方の両方がいました。 しかしお返事を下さった方とはその場で積もる話で盛り上がったりもしましたし、久しぶりに友人から連絡があったりして慣れない赤ちゃんの相手で疲れていたところでちょっと気晴らしにもなりました。 お礼のお礼なんて必要ないというのはもっともな話ではあるんですが、特に出産後だと気が滅入っている可能性もあるので連絡してあげると喜ばれるかもしれません。

次の