イタリア 語 おやすみ。 イタリア語で眠いよ~暇だなあおやすみなさい今起きたよはど...

イタリア語で眠いよ~暇だなあおやすみなさい今起きたよはど...

イタリア 語 おやすみ

Boa noiteはボア・ノイチと発音されることが多いですよ。 B oa noiteは教科書的ではよく「こんばんは」という挨拶として紹介されていますが、「おはよう」や「こんにちは」の挨拶と同じで 友人同士の挨拶ではあまり使いません。 友人との挨拶は以前ご紹介したもう少し砕けた挨拶をします。 詳しく知りたい方はをご覧くださいね Boa noiteを「こんばんは」の意味で使用する場合は、相手が親しい人ではない場合が多いです。 ですが、 おやすみなさいと言う意味では、普通に使えますので、いくつかフレーズを見ていきましょう。 Boa noiteの使い方• T chau, boa noite! じゃあ、おやすみ !• Vou dormir. Boa noite! 寝るね。 おやすみ!• じゃあ行くね、 おやすみ! 同行者がいる場合 A:Vamo? A:行こうか? B:Quer ir? B:行きたい? A:Vamo. A:行こう。 (ハグしながら) C:また会おうね! A・B:Tchau. A・B:バイバイ これはAとBの二人組 が一緒に帰る場合ですね。 まずAがBに「そろそろいこうか?」などと声をかけて、帰る雰囲気を作ります。 「じゃあ、またね」と言いながら席を立ちあがります。 「また今度会おう!」などの声を掛けながらA とBが順番にCとハグをします。 その後進行方向に向き直って完全に立ち去ります。 これがよくある別れの挨拶の一連の流れです。 別れ際にはとにかく間を開けずしゃべりますが、そんなに話すネタもありませんよね。 だから話す内容は同じことを何度か繰り返しても大丈夫です。 知っている限りの別れの挨拶を言ってみてください。 ちなみに別れ際は3人いれば3人が同時にしゃべりますので非常にうるさいです。 あなたが同じ事を何度も言ったとしても気が付きませんし気にしません。 A:もう遅くなっちゃったみたいだね。 (去りながら話す) A:帰るね。 また今度話そうね! 今度は一人ですので、そろそろ帰るよという雰囲気を自分で作りださなくてはいけません。 まずは会話がひと段落したところで、「もう遅くなっちゃったね」などと言います そして、ライオンのあくびのように「ゥオー」と言いながら伸びをしましょう。 話しすぎたなぁという雰囲気を醸し出します。 また先ほどと同じように何か別れの言葉を掛けつつ、身支度をして席を立ちハグをして、去っていきます。 一人の場合でも帰り際にしばらく振り返りながら声を掛けつつ去っていくととても自然だと思います。 A:帰るよ。 B:Tenha uma boa noite. B:良い夜をね。 A:また会えてよかった。 A:Depois a gente conversa mais. A:また話そうね。 A:いや、いかないと。 A:明日早起きしないといけないから行かないと。 A:Tchau! A:じゃあね!行こう行こう! C:Tchau. (席を立ちハグする) C:じゃあね。 これはAとBの二人組がCの家へ訪問し、そろそろ帰ろうかとしている状況です。 このパターンはさあ帰ろう!としたときに、 相手からの引き留めが入ることですね。 話し相手が年配の人で特に相手の家に訪れている場合にはこのような感じになりがちです。 帰ると言って席をたっても「これがあるよ」「あれがあるよ」と相手がいろんな物で気を引いてきます。 隙を見せると、また話が始まり、なかなか帰れなくなります。 ポイントはあなたが本当に帰りたいのであれば、相手に引き留められたときに理由を言いながら身支度をして、同行者をさあ帰ろうと 半ば強引に引っ張るようにして帰ることですね。 勢いがないとなかなか帰れないんですよ。

次の

イタリア語でさようならを言おう!色々な言い方15フレーズ!

イタリア 語 おやすみ

日本人によく知られているイタリア語のひとつが、イタリア語の「こんにちは」に該当するとされる「 ボンジョルノ(Buongiorno)」。 同じく、挨拶のイタリア語である「チャオ(Ciao)」よりも、「ボンジョルノ」の方が丁寧な挨拶なので、私も初めてのイタリア旅行の時には、「ボンジョルノ」を連発しました。 しかし、時として、イタリア人が「ボンジョルノ」ではなく、違う挨拶を返してくることに戸惑った私。 実は、 「ボンジョルノ」は、厳密には「こんにちは」と同じ意味ではなかったんです! ボンジョルノはどちらかと言うと「おはよう」に近い! ボンジョルノは、「良い(=Buon)」+「一日(=giorno)」という、二つの言葉で構成された単語です。 そのため、挨拶として使うと、厳密には「今日は良い一日になるといいですね」というようなニュアンスになり、一日のうちの、早い時間帯にしか使わない挨拶なのです。 ボンジョルノ(Buongiorno)で挨拶する時間帯は、午前中から、遅くても午後の3時くらいまで。 地域によっては、お昼ご飯を食べた後には、もう使わないということもあります。 そのため、 ボンジョルノは、日本語で一番近い挨拶は「おはよう」になります。 イタリア語で「午後」を意味する「ポメリッジョ(Pomeriggio)」という単語が、挨拶として使うには長すぎるため、セーラで代用しているのではないかと推測されます。 イタリア人は、ボンジョルノとボナセーラはしっかり使い分けます。 そのため、私が最初のイタリア旅行で、午後の時間帯に「ボンジョルノ」と挨拶すると、イタリア人から「ボナセーラ」と返ってきていたというわけです。 「こんばんは」はBuonasera?Buonanotte? イタリア語で「夜」を意味する単語は「notte」で、この「notte」に「Buona(よい)」をつけた、「 ボナノッテ(Buonanotte)」という挨拶もあります。 「ボナノッテ」には、「こんばんは」という意味もありますが、主に「おやすみなさい」の意味で使います。 寝る直前だけでなく、夜に会った人とお別れする際にも使います。 たとえば、レストランでのディナーの後、ウェイターさんは、「ボナノッテ」と言って見送りしてくれます。 「ボナノッテ」は、別れ際に使われることが多く、実際にイタリアでは、出会った時の「こんばんは」の意味では使われないというのが、私の印象です。 「こんばんは」は、「ボナノッテ」の代わりに「ボナセーラ」が使われることが多いです。 イタリア語の「こんにちは」は3種類覚えておけば十分! イタリア語の挨拶には、最初に書いたように、カジュアルな「こんにちは」である「チャオ(Ciao)」もあります。 チャオは、時間帯を選ばず、いつでも使える便利な挨拶です。 まとめると、イタリア語で「こんにちは」を言いたい場合は、この3つの言葉を覚えておけばじゅうぶん! Ciao(チャオ)=カジュアルで一日中使える挨拶 Buongiorno(ボンジョルノ)=朝からランチ後まで使う挨拶 Buonasera(ボナセーラ)=午後2時頃から夜まで使う挨拶 イタリア語らしく発音するコツ! ボンジョルノは、「 ブオンジョルノ」と発音すると、イタリア語っぽい響きになります。 同じように、ボナセーラも「 ブオナセーラ」という感じで発音しましょう! ついでに別れる時の挨拶をご紹介 別れる時の挨拶は、カジュアルな場面では、イタリア人も「バーイ」「バイバイ」と、英語っぽい表現を使うことが多いです。 他にイタリア語の特徴として覚えておきたいのが、「チャオ(Ciao)」「ボンジョルノ(Buongiorno)」「ボナセーラ(Buonasera)」は、別れる時にも使える挨拶だということです。 ミラノのホテルに宿泊した時に、ホテルスタッフが、夕刻に別れる時に、日本語で「コンバンワ~」と言いましたが、これは、イタリア語の挨拶は、別れる際にも使えるため、間違えたのだと思います。 別れる際の挨拶としては、「ボンジョルノ」の代わりに「ボンジョルナータ(Buon giornata)」、「ボナセーラ」の代わりに「ボナセラータ(Buona serata)」と言う人もいますが、大きな意味の違いはありません。 他には、一日中使える別れの挨拶として、「 アリヴェデルチ(Arrivederci)」という挨拶があります。 丁寧な「さようなら」を言いたい場合は、時間帯を選ばないこの「アリヴェデルチ」が一番使いやすいです。

次の

イタリア語の挨拶!おはよう・こんにちは・こんばんはを使い分けよう!

イタリア 語 おやすみ

イタリア語の挨拶センスがぐっと上がる!超便利20フレーズ! 1. Buon giorno! (ブォン ジョルノ) おはようございます! 映画などでもよく聞くあいさつですよね。 ぜひ覚えておきましょう。 Buon pomeriggio! Buona sera! Buona notte! (ブォナ ノッテ) おやすみなさい! ホテルで部屋に戻る前に受付の人に言ったり、夜バーで飲んで帰り際にサラっと言ってみるといいでしょう。 Ciao! 感情豊かなイタリア人は、相手の良いところをまっすぐ情熱的に伝えてくる人が多いです。 以下の記事を読んで、イタリア人の性格について知っておくとよいでしょう。 なお、イタリア人が褒める時に使う「かわいい!」というフレーズにも色々な表現があります。 そちらは以下に詳しく特集していますので、是非読んでみてください。 Arrivederci! Come va? イタリア語でどうやって声をかけると元気付けられるか、以下の記事で役立つフレーズを紹介していますので、ぜひマスターしてみてください。 Come stai? Sto bene, grazie! (スト ベーネ、グラッツェ) 元気です、ありがとう! この「ありがとう: Grazie」ですが、日本語にも色々な感謝の表現があるようにイタリア語にもたくさんのありがとうフレーズがあります。 どんな表現があるか、以下にまとめましたのでぜひチェックしてみてください! 11. Piacere! (ピアチェーレ) はじめまして! ビジネスでも最初のあいさつはとても重要です。 以下の記事でビジネスシーンで使えるイタリア語フレーズをまとめていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。 Ci vediamo! Buona giornata! (ブォナ ジョルナータ) よい一日を! 14. Di nullaはあまり聞かなくなりました 18. ~per favore (ペル ファヴォーレ) ~を(してくれるよう)お願いします。 なお、日本語でよく使う「よろしくお願いします」について、以下で詳しく解説していますので、合わせて読んでみてください。 A presto! それは日本語でも同じですよね。 以下の記事に色々なお別れシーンに使えるフレーズをピックアップしましたので、こちらもチェックしてみてください。 Buon lavoro! (ブォン ラヴォーロ!) いってらっしゃい! (よいお仕事を!) まとめ いかがでしたか? 人とのコミュニケーションは挨拶で始まり、挨拶で終わります。 ここで紹介した挨拶フレーズを駆使して、たくさんの人とイタリア語で言葉を交わしましょう。 基本的なフレーズだけでも意思疎通が出来る場はありますし、積極的に使うことがあなたの語彙力を向上させます。 例えば、外国人が日本語で挨拶してきたら、親近感が沸くし嬉しいですよね。 また、よく使われる言葉の一種に、汚い言葉、いわゆるスラングがあります。 自ら使わなくとも、どういう言葉があるかを把握しておくことは大切です。 以下に詳しくまとめましたので間違って使わないよう確認しておきましょう。 それと、よくテレビでも聞くイタリア語の「愛してる:Amore! (アモーレ!)」ですが、これも色々な表現があります。 愛情表現については以下の記事にまとめましたので、気になる人や恋人がイタリア人の方は、ぜひ読んでみてください。 コミュニケーションは心でするものです。 旅行中イタリア語で挨拶をして、イタリア人から素敵な笑顔のお返しをゲットしてください。 Buona fortuna! イタリア語の挨拶センスがぐっと上がる!超便利20フレーズ! 1. Buon giorno! (ブォンジョルノ) おはようございます! 3. Buon pomeriggio! (ブォン ポメリッジョ) こんにちは! 4. Buona sera! (ブォナ セーラ) こんばんは! 5. Buona notte! (ブォナ ノッテ) おやすみなさい! 6. Ciao! Arrivederci! Come va? (コメ ヴァ?) いかがお過ごしですか? 9. Come stai? Sto bene, grazie! (スト ベーネ、グラッツェ) 元気です、ありがとう! 11. Piacere! (ピアチェーレ) はじめまして! 12. Ci vediamo! Buona giornata! (ブォナ ジョルナータ) 良い位置に血を! 14. Mi scusi (ミスクージ) ちょっとすみません 15. ~per favore (ペル ファヴォーレ) ~を(してくれるよう)お願いします 19. A presto! (ア プレスト) またね! 20. Buon lavoro! (ブォン ラヴォーロ) いってらっしゃい!.

次の