ティック トック セーブ と は。 【TikTok(ティックトック)の使い方】動画の編集・保存・公開/非公開設定や、アカウントの削除/退会方法を紹介!

【検証】ティックトック(Tik Tok)のデータ通信量の目安と節約方法。

ティック トック セーブ と は

もくじ• いまさら聞けない『TikTok』とは? 『TikTok』とはどのようなアプリ? TikTokは、2分以内の短尺動画を閲覧・投稿できる動画を軸にしたSNSサービス/アプリです。 すでにダウンロード数は全世界で20億回を超えており、一部では 「動画サイトといえば(YouTubeより)TikTok」という層も存在します。 『TikTok』でできることは? まずこのアプリでできることですが、• 短尺動画の閲覧• 動画の作成・投稿• SNS的交流 が主な機能となります。 「動画サイト」という意味ではYouTubeと楽しみ方はほぼ一緒ですが、TikTokの場合、「徹底的に短尺動画にこだわる」という構成になっています。 このレコメンドは YouTube で言うところの「あなたへのおすすめ」 に該当しますが、それまでユーザーが閲覧してきたコンテンツのジャンル・内容・視聴時間の長さによって、 かなり最適化された結果が表示されます。 例えばサッカーの動画を数多く見ていた場合は、徐々にサッカーに関連する道具が多くなり、お笑いや特定のタレントに関連する動画の視聴時間が長いと同じジャンル・もしくはタレントの動画が数多く流れます。 暇つぶしにTikTokを見る、という使い方で言えばこの 「レコメンド」をずっと観ている、ということになるでしょう。 検索して特定の「TikToker」や動画を探す tiktok には特定のジャンルのタレント・ユーザーなどを探すことができる検索の機能が用意されています。 動画に「コメント」や「いいね」をする 自分がその動画をよく思ったり、思わなかったりした時は 「コメント」や「いいね」をしてみましょう。 再生を一時停止する 再生中に動画を一時停止したい場合は、 画面内を一回タップすることで、その動画を停止させることができます。 端末内に動画の保存をしないまでもいつでも見れるようにしておきたい場合は セーブが便利です。 セーブすることによって保存された動画はプロフィール画面からいつでも確認することができます。 動画に使われている音楽を確認する 様々が tiktok 内の動画を再生していて気になった楽曲があればその楽曲名を確認することもできます。 ただこの楽曲名が表示されるパターンは、 TikTokのアプリ内で動画編集・選曲が行われたパターンに限られ、あらかじめ音楽が入って編集済みの動画をアップロードする場合にはこちらに楽曲名が表示されませんので注意が必要です。 気になったユーザーをフォローする 可愛い動物の動画など気になるTikTokerがいた場合、積極的にフォローしてみましょう。 ユーザーをフォローした場合そのユーザーが新しい動画をアップロードしたタイミングで、通知を受け取り最新作をチェックすることができます。 またそのような通知設定についても受け取る受け取らないの調整ができます。 動画の「モード」を選択する 動画の撮影を開始するには、まずは「モード」を決定する必要があります。 モードは全部で• 60秒モード• 15秒モード• グリーンスクリーン• フォトモーション の4種類が存在します。 上記は 「MagicComic」というエフェクトで、自分の顔をアニメ顔に変換してくれます。 ここでは 最も基本となる「15秒モード」で動画を作成して方法をご紹介します。 フィルター/メイク/スタンプで装飾を行う 次に動画を装飾するためのフィルターやメイク・スタンプなどを予め試していきます。 撮影ボタンを長押しして撮影 ここまでで 「モード」「音楽」「スタンプ等」で撮影の前段が整ったら、いざ撮影してみましょう。 実際に再生行った時にスローモーションに見せたい場合は0. 3x、0. 5xを選択しましょう。 倍速の場合は2x、3xを選択します。 もちろん通常の可愛い系アニメーションスタンプも選ぶことができます。 一連の装飾が完了したら画面下の 次へをタップし、最終工程の 「動画の説明記入と保存/投稿」の画面に移動します。 サウンドシンクと表示されている時は、画面下のジャケット写真から楽曲を選択することができ、 標準モードは元々動画に含まれていた音声を再生する形となります。 サウンドの調整が完了したら画面右上の 次へをタップ。 これにて、この動画も最終工程の 説明記入/保存/投稿の段階に進めることができます。 最終工程:動画の説明と保存/投稿 その場での撮影か、クリップ編集かで制作が完了した動画は説明を付けて保存するか、投稿してみましょう。 下書きの場合、公開状態とならず、非公開と同じ状態で、いつでも再編集をすることができます。 投稿の場合、 公開範囲で設定した範囲に公開され、ユーザーの検索やレコメンドなどで発見されるようになります。 著作権に対する配慮について いざ自信作に「仕上がった!」と思っていても、うっかり公の著作権を侵害していたり、本来は映像に含めてはいけないものが含まれている可能性もあります。 悪意がない場合であれば、即座に重罪になることはありませんが、トラブルはできるだけ避けたいもの。 ただし、この時に使用している音楽によっては、 著作権の関係でダウンロードボタンが押せる状態にならないものがありますので、注意が必要です。

次の

【2020年版 初心者ガイド】動画アプリ『TikTok』とは?見る側・作る側での基本的な使い方

ティック トック セーブ と は

どのような動画を見ているか• トレンドで検索するワード• 動画が投稿されたタイミングでアプリを開いた• 多くのいいねが集まっている おすすめにのる動画は、上記のような選考基準が設けられています。 一番おすすめに出やすいのは、その人がどのようなジャンルの動画を最後まで見ているかということです。 おすすめに出てきてもすぐにスワイプされているようなものはカウントされません。 ただ、おすすめに出てきたうえで、動画を最後まで見たり繰り返し見たりしているジャンルはその人のおすすめに出やすくなります。 また、トレンドで検索しているワードに関しても、その人のおすすめに載る基準となります。 そして、誰にでもチャンスがあるとされるのが動画の新しさです。 TikTokにログインしたタイミングで、他のユーザーが動画を投稿することで、おすすめに表示されることがあります。 この基準を理解すると、 誰でもおすすめに載る可能性はあるということになります。 ただ、おすすめに載ったからといっていいね数が獲得できたなかったり、最後まで動画を見られることがなければ、おすすめに出るのは一度切りとなるでしょう。 トレンドより流行しているハッシュタグを見つける おすすめに何度も動画を載せるためには、トレンドで流行っているハッシュタグを投稿することが重要です。 もちろん、投稿する動画もハッシュタグに沿った内容でないと意味がありません。 ただ、トレンドはすぐに回転していくので、トレンドを確認したらすぐに動画を投稿する必要があります。 クオリティの高さだけを意識して、編集などに時間をかけていると、さっきまで流行っていたトレンドがもう流行っていないなんてこともあります。 TikTokに投稿する動画は、 クオリティも重要ですが、速さも重要になります。 また、何度も流行っているハッシュタグがあれば、その動画のストックを作っておくというのもおすすめです。 おすすめにのりたい• バズりたい• いいねが欲しい• フォローお願いします TikTokではハッシュタグを何個つけても構いません。 つけすぎてもあまり効果はないようですが、トレンドなどでひっかかるように、お願い系のハッシュタグもつけておきましょう。 動画を見てくれた人が優しければ、いいねなどをしてくれるかもしれません。 ハッシュタグはないよりあった方がいいので、ある程度の数のハッシュタグをつけるのがおすすめです。 どんな人がおすすめに載っているのか調査する トレンドやレコメンドはその都度変わってしまいます。 また、自身がどんな動画を見ているかによってもおすすめは変わってしまいます。 ただ、おすすめに載る人はあなたが見ているジャンルの中で良い評価を得ているものばかりです。 他人の動画のいいところは参考にするのがおすすめです。 特にTikTokでは、自身が好きなことに関しての動画を投稿するパターンが多いので、ネタ集めにもなります。 動画をおすすめに乗せたいのであれば、しっかりと自身の投稿したいと考えているジャンルについて調べるのも重要となります。 また、投稿するジャンルが決まっていない場合は、別途アカウントを用意するようにしてください。 閲覧履歴がないアカウントであれば、ジャンルなどで差別されることなく、人気のある動画がおすすめとして表示されます。 みんなが知っているようなバズってる動画を真似することでも、おすすめに載ることがあるので、十分に参考になるといえるでしょう。 音源選びも重要 TikTokでは、動画と同時に音楽が再生されていることが多いです。 特に日常系の動画を投稿している人は、音ハメを使用して、動画を面白くしています。 そして、おすすめにのるような動画は 同じ音楽を使用していることが多いです。 音源は動画からそのままセーブして、自身の投稿の際に使用することができます。 保存しておきたい音源が流れてる動画が再生されたら、 右下のアイコンをタップします。 「セーブする」をタップすると音源がセーブできます。 あとは自身が投稿するときに楽曲をタップして、セーブ済みを確認すると先ほどセーブした音源が確認できます。 既にバズっている動画をオマージュする どんな投稿をしていいかわからない場合は、すでに バズっている人の動画をオマージュするのがおすすめです。 おすすめに載る基準として、似ているジャンルはおすすめとして表示されやすくなります。 既にバズっている動画をそのまま、真似することで同じジャンルとして投稿され流行りやすくなります。 そして、バズっている動画を見つけるのに役立つのが有名なティックトッカーのフォローです。 人気が出ている人がきっかけとなって流行っている動画は多いですし、早くオマージュすればそれだけ表示される頻度は上がります。 有名なティックトッカーは下記記事で紹介しています。 TikTok外で話題になっていることを動画にする TikTokのネタと一つとして使われるのが、時事ネタです。 コロナウイルス関連でいえば、手の洗い方やマスクの作り方などです。 他にもおうち時間の過ごし方などを紹介しているティックトッカーもいます。 Twitterなどでトレンドを検索することで、今の話題を知ることもできます。 今話題になっているということは、気になる人がたくさんいるということです。 特に有益な情報であれば、確認したいと思う人も多いので、時事ネタについてしっかり調べるのもおすすめです。 時間や頻度もポイント 動画を投稿する時間や頻度も、おすすめに載るためには意識する必要があります。 いいね率ということはクオリティの低い動画を何本も投稿してしまうといいね率が低いユーザーになりやすいです。 なんでも動画ができたからといって、投稿すべきではないといえます。 いいねをされるためには、まず動画が見られなければいけません。 TikTokは投稿したタイミングで、一部のユーザーにおすすめとして表示されます。 ログインしているユーザーが多ければ多いほど、おすすめに表示されることが多くなります。 いいね返しを利用する いいね返しは、いいね率を上げるために使えます。 「#いいね返し」をつけた投稿にいいねをすることで、自身の投稿もいいねもらえるシステムです。 ただ、あまりにもいいねの数が多い投稿にいいねをしても、いいね返しが返ってこないこともあります。 また、過去に投稿にいいねをしても、相手が気付かないということもあります。 いいね返しを狙う場合は、まだいいね数が少ない投稿や最新の投稿だけに絞り込むようにしましょう。 コメント欄を活用する TikTokでは投稿されている動画に、コメントを行うことができます。 ここで勘違いしてほしくないのが「コメントを宣伝する場所」として使うことです。 あからさまに「私の動画を見てほしい」などの内容を書くと、いいねなどは貰えません。 それどころか多くの人に報告やブロックされてしまうことさえあります。 他のユーザーを不快にするようなコメントの使い方はおすすめできません。 普通に会話をしてみる• 目を引くアイコンにしておく• ワードセンスのある言葉をいう• 的確なツッコミを入れる• 私の動画と似ているなどの自然な誘導をする この中でも、誰でもできるのが「私の動画と似ているなどの自然な誘導をする」ということです。 TikTokでは、バズった動画をまねているものも多いので、この言葉を上手く使うことができます。 中には「本当に?」と思って確認してくれる人もいますし、悪い印象は与えません。 おすすめに載らなくなる可能性がある行為 TikTokではさまざまな利用規約があります。 皆が利用しているからといって下記のような内容を投稿すると、おすすめに載らなくなる可能性があります。 外部リンクへ誘導する TikTokでは、外部リンクに誘導するような投稿は禁止しています。 長い動画を投稿したくても、続きはYouTubeでなどの誘導も禁止です。 長い動画を投稿する場合は、何回に分けて投稿するのがおすすめです。 動画を続ける必要があることで、続きが気になるユーザーはあなたの事をフォローしてくれるかもしれません。 著作権を著しく侵害している 著作権を違反するような投稿は禁止されています。 ただ、TikTokではさまざまな音楽が使われているのが確認できます。 実はTikTokはJASRACと利用許諾契約をしています。 この契約が有効な限りは、JASRACで管理されている楽曲に関しては使っても著作権侵害にはなりません。 著作権侵害になるのは、それ以外の曲を使用した時や、許可を得ずに他人が書いたイラストなどを使ったときなどです。 おすすめに表示されないだけでなく、そのままアカウント停止になる可能性もあるので十分に注意しましょう。 性的な表現などをしている TikTokでは性的な表現をしている動画は規約違反となります。 露骨な性的表現や、露出はおすすめに載らないだけでなくアカウント停止につながる可能性もあります。 他にもTikTokでは投稿を禁止しているものが多くあります。 詳しくはより投稿できる内容を確認してください。 フォロワーを買っている TikTokでは、フォロワーを買って運用するシステムを販売している業者がいます。 フォロワーが多いことで、おすすめに表示させやすくしているのです。 Instaglamなどでもフォロワーを買うツールなどは多く販売されています。 TikTokでも同じようにフォロワーを買うツールは販売されていますが 規約違反となる行為です。 TikTok側にばれてしまうと、おすすめに表示されなくなるだけでなく、そのままアカウント停止となる可能性もあります。 簡単にフォロワーを増やすことはできますが、フォロワーは買わないことをおすすめします。 TikTok(ティックトック)でバズる秘訣 TikTokでおすすめに載ることができたら、次はバズり方を学びましょう。 秘訣を理解して動画を投稿することで、1ヶ月で200万リーチ、23万いいね、2500シェアという記録も夢ではありません。 バズりやすい内容• 雑学系• 共感できるネタ• 動きが面白い• ビジュアルがいい• 学校ネタ TikTokでは、今までもさまざまな動画がバズって来ています。 ちょっとした雑学を紹介するだけでも、バズることがあります。 また共感できるあるあるネタをを実演する動画はバズりやすいです。 動きが面白かったり、かわいい女の子やかっこいい男の子が出演している動画もバズりやすいです。 TikTokを利用している人の多くが学生ということもあり、学校ネタもバズりやすいです。 TikTokでは凝ったことをするのもいいですが、誰もが親しみやすいような話題・ネタを投稿するのがバズるコツをいえるでしょう。 最後まで見てもらえるようなストーリー仕立て バズるためには、面白い動画を投稿するというのは当たり前です。 たくさんのいいねやシェアをしてもらうためには、内容をしっかりと考える必要があります。 TikTokは短い動画なので、面白くない内容だとすぐに飛ばされてしまいます。 最初の一言や、ワンシーンで続きを見たいという内容を投稿する必要があります。 雑学系なら問いかけから始めてみたり、あるあるネタなら最初にこんなネタだとタイトルを伝えることを意識してください。 バズるためには、最後まで動画を見てもらって、視聴時間を稼ぐ必要があります。 視聴時間が長いことで、おすすめにさらに表示されやすくなりバズる可能性が上がります。 クオリティが低い動画は投稿しない 動画は何本も投稿するよりも、定期的にクオリティの高い動画を投稿するようにしてください。 クオリティが低い動画を投稿してしまうことで、いいね率が下がってしまいます。 ある程度ファンがついている状態であれば、クオリティ関係なくいいねは稼げますが、バズるほどにはならないでしょう。 いいね率を高く維持することで、多くの人のおすすめに載るようになりバズる可能性が上がります。 そして、クオリティが高いことでバズる確率がさらに上がるといえるでしょう。 気持ちのいい音ハメを意識する TikTokでバズりやすいのが、 音ハメです。 音に合わせて自分が動きをすることで、見ている側も気持ちよく動画を見ることができます。 また、音ハメはコラボしやすく、誰でも真似しやすいというメリットもあります。 複数の似たような動画が投稿されることで、おすすめに表示されやすくなります。 人気が出ることで、誰が最初にこの動画を作ったのかという話題にシフトチェンジし、元の動画がバズることはよくあることです。 真似しやすい動画や投稿する上で、音ハメはかなり使いやすいジャンルといえるでしょう。 一つのジャンルに徹底する• あるあるネタを紹介• 料理を作り続ける• ゲームのテクニック• 便利な掃除方法の紹介など 一つの動画ではバズらなくても、専門的な投稿者になることで徐々に人気が出てくることもあります。 積み重ねやネタを収集するという努力が必要になりますが、根気よく動画を撮れる人にはおすすめの方法です。 また、自身の好きな事だけを動画にできるというメリットもあります。 楽しみながらできるというのもおすすめできるポイントといえるでしょう。 真似できそうな内容を投稿する 音ハメだけでなく、簡単なダンスなどは真似されてバズることがよくあります。 ダンスが得意な人は自身の持っている力を出したいと思うかもしれませんが、バズるためにはすごいテクニック入りません。 音楽に合わせて基本的なダンスをするのがおすすめです。 誰もが真似できそうなダンス動画を投稿した後に、自身の持っている力を最大限に活かせる動画を投稿しましょう。 あなたの事が気になったユーザーは、フォローをしてくれますし、他の動画を見てくれることにもなります。 最初は敷居の低いものから広めていくようにしましょう。 動画に出演させる人・動物を選ぶ TikTokでも動物系やカップル系の動画はバズりやすいです。 YouTubeなどでもカップルチャンネルといったジャンルがあるように、カップルで投稿された内容は自然と目が行く人が多いです。 男の人は女の人を見ますし、女の人は男の人を見るという自然な心理を利用した方法になります。 告白系やロマンチックな演出をしているものは特にバズりやすいです。 また、カップルでTikTokを見ていれば「真似してみよう」という発展につながることにもなります。 そしてテレビと同じように かわいい動物は、数字を取れます。 これはTikTokであっても同じです。 また犬や猫などにアテレコをして喋っているように見せるといった動画もバズりやすいです。 どちらにも言えることですが、やはり絵面がいいことはバズる要因の一つといえるでしょう。 有益な情報を教えてあげる 誰もが知っているような雑学を投稿しても意味はありません。 普段は何気なく使っているものや触れているでも、実は隠された雑学があります。 なぜ空は青いのか?と聞かれると多くの人が答えられないと思います。 この問いかけが気になると、その動画を最後まで見ようと思います。 最後まで見られることで、おすすめに載りやすくなります。 そして、有益な情報に時事ネタを重ねて上げるとさらに動画が伸びやすいです。 動きやビジュアルで視聴数が取れない場合は、頭を使って視聴数を稼ぐのがおすすめです。 素人ではなく、プロとしてチームで投稿する TikTokは誰でも投稿が可能なコンテンツです。 面白いだけで投稿している人もいるかもしれませんが、目標を持っているなら適当な考えは捨てましょう。 クリエイターとして、プロの意識を持って投稿することが重要です。 一人でクオリティの高い動画が撮影出来ないなら、チームを組んでもいいです。 人数が多いことで拡散などもしやすくなりますし、フォロワーも増えやすくなります。 チームを組んでやるということは、全てにおいてプラスに働きます。 複数で投稿してはいけないという制限もありませんし、他の人と協力してバズる投稿を作ってみましょう。 他のSNSを利用して多くの人に見てもらう TikTokはそのまま別のSNSにリンクすることは禁止事項です。 ただ、Twitterで宣伝するのは規約違反にはなりません。 プロフィールにはYouTubeやTwitterのアカウントを貼ることもできます。 TikTokで力を持っていないのであれば、他のSNSで拡散してもらうのもおすすめです。 バズるきっかけはどこに落ちているかわかりません。 なるべく多くの人に見てもらう事が何よりも大事だといえるでしょう。 今流行りの稼げるオススメアプリは何!? 今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします! 特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」 驚異的なアプリが頭角を表してきました。 それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。 特別に紹介させていただきます。 あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します! ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。 それ以外はそこまで違いがありませんからね。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。 まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください! 第1位「Hakuna Live」 Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。 これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています。 通常配信、オーディオ配信、 相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

次の

【検証】ティックトック(Tik Tok)のデータ通信量の目安と節約方法。

ティック トック セーブ と は

おばちゃん、目がチカチカするよ 1人で撮った動画だったりクラスのみんなで撮った動画だったり、イケメンだったりかわいい子だったり、本当に色んな人が投稿しているんですね。 どれも楽しそうで 『仲間との楽しい思い出』 に作るには丁度いい感じなのかな?と思いました。 それと同時に 『自分をアピールするためのツール』なのかな? という印象も受けました。 10代の頃って 芸能界とか、自分も有名になれるかもって気持ちがあったり、 密かに誰かに認めてもらいたいって気持ちもあったり、とにかく 『今の自分ではない自分』に憧れる時期でもあると思うんです。 中二病ってのがあるくらい、自分には何か他の人とは違う力があるんじゃないかって思ったり、『魔法』とか『実は持っていた秘めたる力』みたいなのがかっこいいと思ったり。 動画を投稿して 知らない人に『かわいい』『いいね』って言ってもらうのってすごく嬉しいことだし。 さらに芸能人もTikTokに投稿してるんです。 BOYS F. 今後人気がもっと拡大していくのかな? まぁでも、私はYoutubeの方が好きかな。 黒歴史とは、簡単に言うと なかったコトにしたい過去のことです。 youtubeもそうですがインターネットに動画を上げることって、しっかり覚悟をもってしないといけないことだと思うんです。 10代の皆さんはネットの怖さを知らないと言うか、軽く見ているのでは?と思ってしまいます。 TikTokの動画は素顔を出してることが多いですが、みんなそこらへんは分かった上で投稿してるのかな? おばちゃんは心配になります(汗) 非公開で投稿して自分の端末に保存する方法もあるようなので、友達同士で楽しみたい場合は全体公開しない方法も頭に入れておいた方がよさそうです。

次の