仮想通貨 購入方法。 仮想通貨/ビットコイン投資の始め方|購入方法・買い方・やり方

Tether(テザー)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・購入方法

仮想通貨 購入方法

取引所に口座を開設する• 本人確認書類の提出• 郵送による本人確認• 日本円を入金して、購入 1.仮想通貨取引所に口座を開設する 株を購入するためには証券会社に口座を開設する必要がありますよね。 それと同じで、ビットコインなど仮想通貨を購入する場合は、仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。 日本で手数料が最も安い取引所。 ICOのCOMSAで注目を集めている。 日本円 JPY で購入できる仮想通貨が最も多い取引所。 三井住友、みずほ、UFJ、第一生命などが出資する経営基盤が安定している取引所 東証一部のGMOグループの取引所。 運営会社の信頼度は非常に高い。 上記以外にも仮想通貨取引所はありますが、まずはこの4つのどれかであれば大丈夫でしょう。 ちなみに、口座管理費などゼロ円で、 無料で開設できます。 細かな話をすれば…取引所によってビットコイン以外の取り扱っている仮想通貨(アルトコイン)が異なります。 だから僕は全部の取引所で口座を開設しています。 取引口座を 作るのは無料ですし、 チャンスを逃したくないので準備はしっかりしてます^^; 2.本人確認書類の提出 住所や氏名、電話番号等の基本情報を入力したのち、本人確認書類の登録が必要になります。 運転免許証やパスポートをコピーして郵送でも登録できますが、スマホなどで撮影した画像をアップロードする方が手続きが速く進みます。 3.郵送による本人確認 口座開設手続きを行い、審査を通過すると郵送物が届きます。 (通常は数日以内に発送されます)登録された住所が間違いがないか、確認するために行われていますので、確実に受け取りましょう。 最近は、日経新聞などでも仮想通貨が取り上げられることも多くなり注目度が高まっているため、どの仮想通貨取引所も申込者が殺到しています。 そのため、 本人確認の郵送物が届くまでに1週間~1ケ月かかる場合もあるそうです。 ですので、仮想通貨に注目しているのであれば、先々のことを考えて早めに、口座を開設の手続きをしておくことをおすすめします。 4.日本円を入金して、購入 郵送による本人確認を終えると仮想通貨取引所の口座にお金を入金すると、ビットコインなど様々な仮想通貨を購入することができるようになります。 入金にはコンビニ支払、クレジット支払、銀行振込などいくつか入金手段はありますが、コンビニ支払、クレジット支払には手数料が必要になるため銀行振込が一番安くなります。 国内の仮想通貨取引所は住信SBIネット銀行の口座をつかっているため、 住信SBIネット銀行の口座を準備しておくと振込手数料ゼロ円、即時入金ができるためおススメですよ。 参考: 仮想通貨口座の取り扱い注意点 仮想通貨においては、投資家保護の法整備がまだまだ不十分です。 口座のIDとパスワードの管理には十分注意してください。 1.同じパスワードを流用しない ハッキングされるアカウントの大半は、他サービスと同じパスワードを利用している、または、誕生日や電話番号など類推しやすい簡単なパスワードを利用している場合が大半を占めます。 他サービスと同じパスワードを流用しない• 半角英数字だけでなく記号を入れる ぼくがやっていて、おすすめできるのはパスワード生成ツールを使う方法です。 以下に紹介するパスワード自動生成サービスを使い「最強」でパスワードを生成すると、半角英数字と記号をランダムで組み合わせてくれます。 参考: 2.二段階認証を設定する 二段階認証とは、自分で設定したパスワードとは別に、もう一つのパスコードを入力しないといけない仕組みです。 その二段階認証は1分に1度変更されるため、セキュリティ度合いがグッと高まります。 取引所は二段階認証を推奨していますので、手順に従って必ず二段階認証を設定しましょう。 (取引所によっては二段階認証を必須にしているところもあります) 仮想通貨投資の注意点 売買益は雑所得。 総合課税が適応される ビットコインなど 仮想通貨の売買益は雑所得として扱われます。 また、ビットコインでアルトコインを購入しても、アルトコインとアルトコインのトレードでも、決済した瞬間の日本円レートで課税対象となります。 トレードし過ぎると確定申告の手間が増え、また、たとえ仮想通貨売買で損失がでても、 雑所得は他の所得(給与所得や不動産所得)と損益通算したり、損失の繰り越しはできないので、注意が必要です。 値動きが激しいので振り回されないようにする ビットコインをはじめ、仮想通貨は値動きが早いです。 滅多にありませんが… 24時間で10倍に暴騰になることもある一方で、 50%暴落することもあります。 株式市場のようなストップ高・ストップ安、サーキットブレーカーなどの制限はないため、ボラティリティが異常に高いのです。 ただし1日の値動きを気にして細々と損切、利確を繰り返してると疲れ果ててしまいますので、余裕をもったトレードをするよう心掛けた方がよいと思います。 1年2年単位でみると、仮想通貨市場はまだまだ拡大する見込みが高いですから。 参考: ぼくの投資方針 1年以上保持する覚悟で購入する 仮想通貨に投資をはじめた頃は数日~数週間単位でトレードしてましたが、今は1年以上は保持し続けるために購入しています。 1年単位でみれば仮想通貨市場は現在の10倍、20倍に規模が拡大すると考えているので、短期間で100%暴騰しようが50%暴落しようが売るつもりはありません。 暴落したら追加で購入 仮想通貨市場では年間に2~3回くらい、3倍に暴騰してから半値に暴落する…という大きな暴騰と調整があります。 暴騰すると「革命だ・バブルだ」というニュースが報道され、調整で暴落すると「仮想通貨バブル崩壊か」というニュースが報道されます。 ぼくは暴騰後の調整こそ狙い目だと考えていて、追加購入するようにしています。 取引所によって購入できる仮想通貨とレートが違うので、住信SBIネット銀行に現金を入れておき、ここぞ!という時に即座に仮想通貨を購入できる準備はしています。 仮想通貨の値動きは本当に早いので、複数の仮想通貨取引口座と即時入金ができる住信SBIネット銀行口座は必須ですよー。

次の

「知らなきゃ損!」仮想通貨の税金・確定申告まとめ【完全版】

仮想通貨 購入方法

・仮想通貨交換所が提供している積立サービスを利用する方法 ・仮想通貨交換所での毎月の仮想通貨購入を自動化する方法 初心者が仮想通貨積立をはじめる場合は、仮想通貨交換所が提供している積立サービスを利用するのが良いと思いますが、積立したい仮想通貨が積立サービスに対応していない場合は、自分で毎月の積立を自動化する必要があります。 仮想通貨積立サービスを利用する方法 まずは仮想通貨交換所が提供している積立サービスを利用する方法について説明していきます。 2018年のZaifのハッキング事件でZaifの仮想通貨積立サービスが利用できなくなって以来、国内で仮想通貨の積立サービスを提供する交換所はありませんでしたが、2019年11月6日からコインチェックが積立サービスの提供を開始しました。 今後、仮想通貨を積立したい場合はコインチェックの積立サービスに申し込むだけでよくなりそうです。 サービス開始当初の現在はビットコインのみしか積立できないみたいですが、積立できる通貨は順次拡大していくとのこと。 はじめに積立の設定をすれば入金から仮想通貨の購入まですべて自動でやってくれるので、初心者の方にはぴったりだと思います。 >> 仮想通貨交換所での毎月の仮想通貨購入を自動化する方法 仮想通貨交換所の積立サービスを利用する以外の方法として、仮想通貨交換所での毎月の仮想通貨購入を自動化し、積立を実現する方法もあります。 私はコインチェックが積立サービスを提供する以前から自分が考えたその手法で仮想通貨購入を自動化しています。 今回はその方法も説明していきたいと思います。 私は2018年1月から仮想通貨のXRPを積み立てしているのですが、以前は毎月以下のような手順で仮想通貨の購入をしていました。 給料が振り込まれる地方銀行 都市銀行 から住信SBIネット銀行へ振り込み• 取引所で住信SBIネット銀行の即時決済サービスを利用して仮想通貨を購入 住信SBIネット銀行の即時決済サービスというのは、住信SBIネット銀行から取引所の口座に振り込みをしなくても決済することができる便利なサービスです。 住信SBIネット銀行の即時決済サービスとは 提携している企業WEBサイトで、簡単に決済や入金ができるサービスです。 提携先企業の取引画面から入金先の情報や入金金額を引き継いで、当社のWEBサイトの振込画面が表示されますので、面倒な入力作業がなく、お客さまの代表口座の円普通預金から代金の決済や振込入金ができます。 出典: このやり方でも仮想通貨の購入の手間は少なかったのですが、地方銀行 都市銀行 から住信SBIネット銀行への振り込みと仮想通貨の購入は自分でする必要がありました。 最初のうちは毎月少し面倒だなくらいだったのですが、途中からかなり面倒くさくなってしまい、なんとか全部自動化できないかと考えました。 そして2019年に入ってからこれだったらいけるという方法を見つけ、入金から仮想通貨の購入まですべてを自動化しました。 自動化設定手順 それでは具体的に仮想通貨の購入までの自動化方法を解説していきます。 結論から言うと、購入までの面倒な作業は以下の3つの設定をすることで自動化できます。 住信SBIネット銀行の定期自動入金サービスに申し込む• 住信SBIネット銀行の定期自動振込サービスに申し込む• 仮想通貨取引所のAPIを利用した仮想通貨購入プログラムを設定する 1で地方銀行 都市銀行 から住信SBIネット銀行への入金を自動化し、2で住信SBIネット銀行から仮想通貨取引所への振り込みを自動化します。 そして3で仮想通貨の購入を自動化します。 1については住信SBIネット銀行と地方銀行 都市銀行 で設定します。 2については住信SBIネット銀行で設定します。 3については、各取引所のAPI アプリケーションプログラミングインターフェイス を利用した積立購入プログラムを作成して毎月1回購入するように設定します。 >> そのため、入金したい仮想通貨取引所の口座がどの銀行の口座であっても毎月1回は無料で振り込むことができます。 取引所の口座が住信SBIネット銀行だった場合は、住信SBIネット銀行同士の振り込みなので常に振り込み手数料は無料です。 楽天銀行なども口座残高10万円以上で月1回無料で他行へ振り込めますが、条件なしに毎月1回以上無料で振り込める住信SBIネット銀行のほうが手数料の面で使い勝手はよいです。 住信SBIネット銀行の定期自動入金サービスに申し込む 積立を自動化するためのはじめの設定として、 住信SBIネット銀行の定期自動入金サービスに申し込みます。 この定期自動入金サービスを利用することで、給与が振り込まれる地方銀行や都市銀行から住信SBIネット銀行へ自動で入金してくれます。 毎月5日か、27日に指定金額を引き落とす設定を行えば、自動的に地方銀行 都市銀行 から住信SBIネット銀行に入金してくれます。 定期自動入金サービスの申し込み方法は以下の記事を参考にしてみてください。 仮想通貨を購入したい日から逆算して、5日に引き落とすのが良いのか、27日に引き落とすのが良いのかを設定すると良いと思います。 ちなみに私は毎月25日に仮想通貨を購入するので、5日に引き落とし日を設定しています。 >> 住信SBIネット銀行の定期自動振込サービスに申し込む 地方銀行や都市銀行から住信SBIネット銀行に自動入金されたあと、住信SBIネット銀行から仮想通貨取引所の口座へ自動で振り込まれるように設定します。 これも 住信SBIネット銀行の定期自動振込サービスを利用すれば、簡単に設定できます。 申し込み方法は以下のページを参考にしてみてください。 毎月1~31日の中で好きな振込日を設定できます。 自分の場合は毎月15日に仮想通貨取引所に振り込むように設定しています。 15日に設定している理由は、を確認したところ、遅い入金日だと12日になる月があったからです。 入金日の12日から3日あけて15日に振込日を設定しておけば大丈夫だろうと考え、15日にしています。 APIを利用可能な仮想通貨取引所と取扱通貨 取引所 取扱通貨 bitbank BTC、ETH、LTC、BCH、XRP、MONA bitFlyer BTC、ETH、ETC、LTC、BCH、MONA、LSK BITPoint BTC、ETH、LTC、BCH、XRP BTCBOX BTC Coincheck BTC、ETH、ETC、LTC、BCH、LSK、FCT、XRP、XEM FISCO BTC、BCH、MONA、Counterparty GMOコイン BTC、ETH、BCH、XRP、LTC Houbi BTC、ETH、LTC、BCH、XRP、MONA Liquid BTC、ETH、BCH、XRP、XEM 自分が積立したい仮想通貨を取り扱っていて、APIを利用できる取引所はどこなのか把握しておきましょう。 *APIを使って仮想通貨を購入するためには、取引所に口座を開設する必要があります。 Google Apps Script GAS を利用した仮想通貨購入プログラム 取引所APIを利用した仮想通貨購入プログラムの作成については、Googleアカウントを持っていれば誰でも使える Google Apps Script GAS を利用するのが一番簡単です。 Google Apps Scriptというのは、Googleが提供しているJavaScriptをベースにしたプログラミング言語のことで、Googleスプレッドシートなどにプログラムを記述することでGoogleサーバー上で簡単にプログラムを実行できます。 なので、やり方としてはまずGoogleドライブ上にスプレッドシートを作成し、その中に取引所APIを利用した仮想通貨購入プログラム書いていきます。 多少プログラミングをかじった方ならAPIを利用した仮想通貨購入プログラムはわりと簡単に作れると思いますが、プログラミング未経験者だとかなりつらいと思いますので、私が作ったプログラムを利用いただけるようにしたいと考えています。 まとめ 仮想通貨積立を自動でする方法は、コインチェックの自動積立サービスを利用する方法か、自分で仮想通貨の購入を自動化する方法の2通りです。 初心者の方は積立したい仮想通貨がコインチェック積立に対応していれば、コインチェックで積立をすれば良いと思います。 XRPなど、コインチェック積立に対応していない仮想通貨の場合は、今回紹介した仮想通貨の購入を自動化する方法で積立すれば楽だと思います。

次の

【初心者向け】仮想通貨はどこで買う?購入方法から使い方まで!

仮想通貨 購入方法

本記事は、仮想通貨/ビットコイン投資の始め方を初心者向けにわかりやすく解説することを主眼としている。 仮想通貨投資を実際に始める場合、下記で記載しているように、、、等の仮想通貨取引所で口座解説を行うことが必要である。 また、投資対象となる銘柄候補を探す場合は、必要に応じて、こちらの記事「」を参照頂きたい。 そもそも仮想通貨とは とは、電子データのみでやりとりされる通貨であり、法定通貨のように国家による強制通用力(金銭債務の弁済手段として用いられる法的効力)を持たず、主にインターネット上での取引などに用いられる。 デジタル通貨(digital currency)とも。 2009年に運用が開始されたビットコイン(Bitcoin)の登場以降、アルトコイン(altcoin)と呼ばれる派生の仮想通貨も次々と生まれ、法定通貨と仮想通貨を交換するが登場したことによって、仮想通貨の保有が急速に広がった。 仮想通貨の今後の将来性については、こちらのページ「」を参照のこと。 【参考】 1 仮想通貨取引所/販売所への登録 まず、仮登録を完了させるべく、公式サイトやアプリ上でメールアドレスを登録する。 すると、入力したメールアドレス宛に下記のようなリンクが送付されてくるので、こちらをクリックし、パスワードを設定する。 パスワードを設定し、仮登録を完了させる。 これでマイページにログインできるようになる。 マイページにログインし、顧客情報を入力する。 2 本人確認書類の画像の提出 本人確認書類としては、運転免許証やパスポート等が必要となる。 また、本人確認書類に加え、自分の顔写真が一緒に写ったセルフィーを提出することが求められる場合がある。 3 スマホでSMS認証を実施 本人確認の審査が完了すると、SMS認証と呼ばれる電話番号の確認を求められる。 SMS認証が完了すると、後日、自宅にハガキが送付される。 このハガキを受領した時点で、口座開設が完了となる。 4 二段階認証の設定 口座開設完了後は、二段階認証を設定する。 二段階認証とは、取引所にログインする際に、二段階のコード入力を必要とする設定のことを指す。 ハッキングリスク等を低減するために、二段階認証の設定を実施することは必須である。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 5 仮想通貨取引所/販売所への入金 仮想通貨を購入するためには、に日本円の入金を行う必要がある。 入金は、銀行口座等から入金手続きを実施することで完了する。 6 仮想通貨の選定・購入 入金完了後、購入する仮想通貨を選定の上、購入する。 通貨の種類/数量を指定し、注文を出すことで、仮想通貨を購入することができる。 【参考】仮想通貨取引所/販売所の選び方 世界中に数多くの取引所が存在するが、口座開設を行う場合、金融庁に仮想通貨交換業者として認可された国内の仮想通貨取引所の中から選ぶことを推奨する。 こちらの記事「」では、「サービスの使いやすさ」「取扱通貨の豊富さ」「売買に要するコスト」「システムの安定性」「ハッキング時の補償制度の有無」を含むいくつかの評価軸を定めた上で、している。 取引所を選定する際は、仮想通貨の仕組みや特徴について理解を深めた上で、上記のページの記載内容を判断材料の一つとして、自身にとって最適な取引所を決定することを推奨する。 仮想通貨/ビットコイン 投資を始める上で、おすすめできる取引所/販売所 上記を踏まえ、初心者が仮想通貨投資を始める場合、ユーザー数が多く、操作が簡単なを選ぶことを推奨する。 具体的には、下記の通り。 DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) を運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM. com証券を傘下に抱える合同会社DMM. comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。 DMM. com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。 現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取扱仮想通貨 9種類 手数料 販売所:スプレッド 最低取引数量 0. 001BTC スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 Coincheck(コインチェック) を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。 2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:)に見舞われたが、東証一部上場のの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。 取引手数料は無料。 国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。 代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、の理事(非常勤)を務めている。 CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。 スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。 創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。 取扱通貨の種類 9種類 手数料 取引所:0. 01〜0. 001BTC/販売所:0. 00000001BTC スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能 セキュリティ を他社に先駆けて導入 GMOコイン を運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、仮想通貨FXアプリ「」の使いやすさで初心者にも人気がある。 6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているを通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。 取扱仮想通貨 7種類 手数料 取引所:-0. 0001BTC スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 TAOTAO(タオタオ) を運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるのグループ会社。 2020年2月29日時点で、口座管理料、取引手数料、入出金手数料、入出庫手数料がすべて無料となっている。 また、スプレッドが狭いことでも知られており、トレーダーを中心に人気の仮想通貨取引所である。 現物の取り扱いは、ビットコイン、イーサリアムのみとなっている点については、注意されたい。 0001BTC スマホ対応 現物とレバレッジ取引が可能 セキュリティ WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 仮想通貨/ビットコイン投資はスマホ一つで簡単に始められる 仮想通貨/ビットコイン投資と言うと、「なんだか難しそうだ」と感じる人もいるかもしれないが、スマホ 1台あれば、基本的には誰でも簡単にで口座開設を行うことができる。 また、実際に、スマホで仮想通貨/ビットコインを購入する場合は、safariやchrome等のブラウザでも仮想通貨の購入自体は可能だが、「アプリの方が使いやすい」という声も少なくない。 「とにかく気軽に仮想通貨投資を始めてみたい」という方にとっては、アプリをダウンロードしてみるのも良いだろう。 ちなみに、上記で紹介している、、、、はすべてスマホ経由で口座開設することが可能である。 国内の仮想通貨取引所のアプリ対応状況 ・ビットフライヤー:アプリ「bitFlyer ウォレット」を提供 ・コインチェック:アプリ「コインチェック」を提供 ・DMM Bitcoin:アプリ「DMM Bitcoin」を提供 ・GMOコイン:アプリ「仮想通貨ウォレット」「ビットレ君」を提供 ・タオタオ:アプリ「TAOTAO(タオタオ)」を提供 取引所別:仮想通貨/ビットコインの買い方・購入方法・始め方 各仮想通貨取引所からは具体的な仮想通貨の始め方ガイドが公開されている。 必要に応じて、参照のこと。 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン) DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)で仮想通貨投資を始める場合、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck) コインチェック(Coincheck)で仮想通貨投資を始める場合、こちらのページ「」を参照のこと。 ビットフライヤー(bitFlyer) ビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨投資を始める場合、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコイン GMOコインで仮想通貨投資を始める場合、こちらのページ「」を参照のこと。 TAOTAO(タオタオ) TAOTAO(タオタオ)で仮想通貨投資を始める場合、こちらのページ「」を参照のこと。 通貨別:仮想通貨の始め方・買い方・購入方法 通貨別の仮想通貨投資の始め方については、下記の通り(ただし、ビットコインの始め方は上記で既に説明しているため、割愛) リップル(XRP) リップル(XRP)の始め方については、こちらのページ「」を参照のこと。 イーサリアム(ETH) イーサリアム(ETH)の始め方については、こちらのページ「」を参照のこと。 ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコインキャッシュ(BCH)の始め方については、こちらのページ「」を参照のこと。 ライトコイン(LTC) ライトコイン(LTC)の始め方については、こちらのページ「」を参照のこと。 イーサリアムクラシック(ETC) イーサリアムクラシック(ETC)の始め方については、こちらのページ「」を参照のこと。 レバレッジ取引はリスクが高いため、初心者にはおすすめしない の中には、現物取引だけでなく、レバレッジ取(別名:)を行うことができる取引所/販売所も存在する。 しかし、手元にある資金以上の取引が可能になるレバレッジ取引は、現物取引と比べると、損失を被るリスクも大きくなる。 そのため、仮想通貨投資の経験が浅い初心者の方は、レバレッジ取引は一旦は控え、現物取引から取引を始めるのが良いだろう。 中級者・上級者の方がレバレッジ取引を行う場合、おすすめの取引所は下記の通りである。 GMOコイン を運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、仮想通貨FXアプリ「」の使いやすさで初心者にも人気がある。 6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているを通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。 取扱仮想通貨 7種類 手数料 取引所:-0. 0001BTC スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 仮想通貨/ビットコイン を購入した後は、自身で用意したウォレットで保管 仮想通貨を購入した後は、ハッキングリスクを抑えるために、自身のウォレット内で仮想通貨を保管することを推奨する。 ウォレットの種類としては、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどが存在する。 利便性とセキュリティの高さの観点から、出来る限り、ハードウェアウォレットで保管することを心掛けたい。 ウォレットの種類については、下記を参照のこと。 ウェブウォレット ウェブウォレットとは、サービス提供者のサーバー内で仮想通貨を管理するタイプのウォレットのことを指す。 利便性の高さが特徴であり、インターネットがつながる環境下であれば、いつでもアクセスすることができる。 その一方で、セキュリティ面については、サービス提供者に依存することになる点には注意が必要である。 モバイルウォレット モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するタイプのウォレットのことを指す。 QRコードが利用できる点や持ち運びができる点が特徴であり、実際の店舗で利用する場合は、最も利便性が高いウォレットの一つであると言える。 一般的には、ウェブウォレットよりも安全性が高いと言われている。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットとは、自身のPC上にインストールし、ローカル環境で管理するタイプのウォレットのことを指す。 ウェブウォレットよりもセキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェア端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことを指す。 オフライン環境下で保存することは可能であり、セキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ただし、ハードウェアウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 ペーパーウォレット パーパーウォレットとは、秘密鍵や秘密鍵を復元するためのパスワードを紙などの物理媒体に転記し、保存するタイプのウォレットのことを指す。 ハードウェアウォレットと同様、オフライン環境下で保存することが可能であり、非常に高いセキュリティ性能を誇る。 ただし、ペーパーウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 【参考】ウォレットの主な事例 bitcoin. com ・開発主体: ・タイプ:デスクトップウォレット/モバイルウォレット ・対応通貨:BTC /BCH ・日本語対応:対応済 ・公式サイト: BitGo ・開発主体:BitGo ・タイプ:ウェブウォレット ・対応通貨:BTC /XRP/ETH/ERC20トークン/Stellar/BCH/LTC/DASH/ZCASH等 ・日本語対応:未対応 ・公式サイト: BitPay ・開発主体:BitPay ・タイプ:ウェブウォレット ・対応通貨:BTC/BCH ・日本語対応:未対応 ・公式サイト : 複数の仮想通貨取引所で口座開設すべき まず、セキュリティの観点から、一つの仮想通貨取引所に自身の仮想通貨を集中させる形で保管することはリスクが伴う。 また、取引所毎に手数料/スプレッドや取扱通貨の種類も異なるため、いくつかの仮想通貨取引所の口座開設を行った上で、自分の投資スタイルに合う取引所を選ぶことをおすすめする。 各仮想通貨取引所の具体的な入金方法については、下記の通りである。 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck)で入金する方法 コインチェック(Coincheck)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコインで入金する方法 GMOコインで入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 仮想通貨投資で利益を得た場合にかかる税金 仮想通貨で利益を得た場合、税金を支払うことが義務付けられている。 ここでは、仮想通貨の税務上の取り扱いについて記載する。 仮想通貨と所得税 所得税の取り扱いについては、国税庁からのやによって、以前から税務上の取り扱いが公表されていたが、平成31年度税制改正を踏まえ、「所得区分は原則として雑所得であること」「取得価額の計算方法については、移動平均法または総平均法とすること」が明らかにされている。 また、所得の計算方法については、平成29年12月に国税庁から公表された「」において、詳細に記載されている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と法人税 法人税の取り扱いについては、により、法人税法上の取り扱いが明確化されており、これに従い、課税所得を算出し、実際の税額を計算することとなる。 具体的には、「法人が期末に保有する仮想通貨の評価方法については、活発な市場が存在する仮想通貨については、時価評価により評価損益を計上すること」「法人が仮想通貨の譲渡を行った場合の譲渡損益については、その譲渡に係る契約をした日の事業年度に計上すること」「仮想通貨の一単位当たり譲渡原価の算出方法については、移動平均法又は総平均法とすること」「法人が事業年度末に有する未決済の仮想通貨の信用取引等については、事業年度末に決済したものとみなして計算した損益相当額を計上すること」が明らかにされている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と消費税 消費税の取り扱いについては、によって、資金決済法上の仮想通貨の譲渡が行われた場合、支払い手段の譲渡として、2017年7月1日以後、非課税取引に該当することが明らかにされた。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と相続税 相続税・贈与税の取り扱いについては、2018年11月に国税庁より公表された「」の中で取り扱いが明確化されている。 具体的には、仮想通貨を相続や贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税されることが定められている。 また、評価方法については、活発な市場が存在する場合には、相続人等の納税義務者が取引を行っている仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価することが定められている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨投資を行う上で、初心者が守るべき3つのポイント 仮想通貨投資を行う上で、初心者が守るべき3つのポイントを下記に整理する。 1 投資は余裕資金で行う 仮想通貨に限った話ではないが、投資は余裕資金で行うことを心掛けるべきである。 生活費や将来的に必要となる資金に手をつけることは避けることを推奨する。 2 まずは少額取引から いきなり多額の資金を投資するのではなく、まずは少額投資から始めることを心掛けたい。 仮想通貨は、株式投資や外国為替をはじめとする他の金融商品と比較して、少額から取引を始めることが可能である。 初心者のうちは、焦らずにゆっくりと少額から仮想通貨投資をスタートすることを推奨する。 3 仮想通貨FXは取引に慣れてから 仮想通貨取引に不慣れな初心者の段階では、現物取引だけを行うことを心掛けるべきである。 現物取引の場合、元手が「ゼロ」になることはあっても、元本がマイナスになることは基本的にはない。 仮想通貨FX取引に取り組むことで、レバレッジ効果を享受すること可能となり、僅かな価格の上昇でも大きな利益を得られる可能性があるが、逆に、価格が下落した際には、大きな損失を被る可能性もある点には注意されたい。 本記事で紹介した仮想通貨投資の始め方と具体的な購入方法を手引きとして、安全な仮想通貨取引を開始することを推奨する。 仮想通貨を購入するには、どのくらい手元に資金が必要なのか? 仮想通貨を購入する場合、必ずしも多額の資金を準備する必要はない。 実際、ビットコインの場合、最低取引単位が0. 0001BTCの取引所/販売所もあり、2020年2月29日時点のビットコイン価格であれば、100円未満の価格から購入することができる。 どの仮想通貨を最初に購入すべきか? 投資は自己責任であり、どの仮想通貨を最初に購入すべきかについては一概には言えない。 その前提を踏まえた上で、初心者に対しては、国内の仮想通貨取引所で扱われている仮想通貨から始めることを推奨する。 マイナーな仮想通貨を購入する際に注意すべきことは? 国内の仮想通貨取引所(交換業者)で取り扱われていない銘柄については、信頼性が相対的に低い可能性がある。 仮想通貨投資初心者の場合、出来る限り、国内の仮想通貨取引所(交換業者)で取り扱っている仮想通貨の売買から始めることを推奨する。 仮想通貨をクレジットカードで購入することは可能か? 2020年4月現在において、国内の仮想通貨取引所において、クレジットカードで仮想通貨を購入することは禁止されている。 海外においては、現在でもクレジットカードで仮想通貨を購入できる取引所は存在するが、我が国の金融庁から認可を得ていない海外の仮想通貨取引所で仮想通貨取引を行うことは推奨しない。 仮想通貨投資は儲かるか? そもそも、「絶対に儲かる」「間違いなくリターンが得られる」投資商品は世の中に存在しないことを理解すべきである。 仮想通貨投資(現物)でリターンを得るには、(基本的には)自身が保有する仮想通貨が値上がりする必要があるが、仮想通貨が値上がりするかどうかは、仮想通貨に対する需給バランス次第であり、今後のマーケット動向を適切に把握することが求められる。

次の