ほったらかし 温泉 キャンプ 場。 ほったらかし温泉 ほーむぺーじ

ほったらかしキャンプ場 大自然の中で絶景を楽しむ(山コラム 2020年06月26日)

ほったらかし 温泉 キャンプ 場

こんにちは。 毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。 2019年最初のキャンプは、山梨県にあるほったらかしキャンプ場です!ここは2回目の利用ですが、何度も来たくなるキャンプ場です。 スタッフの手作り感のあるおしゃれな施設、絶景、温泉、フルーツ公園と、ぎゅっと一箇所に凝縮しています。 では、キャンプレポどうぞ! ほったらかしキャンプ場の予約を取るぞ! 前回ほったらかしキャンプ場に行ったのは、2018年の9月。 ここはまた来たい!と思い、さっそく次回の予約を取ろうとするも、直近2ヵ月の土日はすでに満サイト。。。 ここは3か月前の1日の朝9時から電話予約が可能です。 なので、この記事を読んで「うおおおお!ほったらかし行きたいぜ!!」と思ったら、毎月月初めに予約することをお勧めします。 ほんと人気だから、ここ。 ちなみに前回のレポはこちら。 まずは大月インター近くにある、桂川ウェルネスパークという公園へ。 ここ、初めて来ましたがすごく広くて、遊具も充実してて、駐車場も無料。 広いので、今回は西ゾーンのみで遊びました。 大型のアスレチック遊具がたくさん。 しかもわりと新しい感じ。 水を得た魚のように、飛び回る長男と次男。 室内にも手作りのおもちゃやボーリング、積み木などもあって、こちらでも楽しめました。 スポンサーリンク ワークマン 都留店へ 大好きなワークマン。 キャンプついでについ寄ってしまいます。 前回、この裏アルミブルゾンが大活躍だったわけですが。。。 関連記事:ワークマンの裏アルミブルゾンが超あったかい! 今回、雪が降る予報だったので、ワークマンではなく、パタゴニアのダウンを着用していきました。 ただこのダウン、キャンプ用に買ったわけではなく、街歩き用に購入したもので細身のデザイン。 もうね、中にフリースジャケットとか着てると、く、くるしい~。 これではキャンプ中もつらい。 というわけで、近くにワークマンがあったのでまた立ち寄ったというワケ。 ここのワークマン、店頭のロゴが新しいタイプ!ワークマンプラスを意識してますな。 今後、旧店舗のロゴもこんな感じで変わっていくのかしら。 急場しのぎ用ということで、安めのアウターを買いました。 ジャケットについては別記事で詳しくレビューさせてくださいませ。 スポンサーリンク スーパー公正屋&道の駅つるでランチ ワークマンのすぐ近くにあるスーパー公正屋、田野倉店へ。 ここのスーパー、きれいだし、なによりすごく安い!もやしなんて1袋8円!いちごも1パック398円とお安い。 この近くに何店舗かあるので、山梨メインのスーパーなのかな。 おすすめ。 買い出し後、今度はここから10分ほどのところにある「道の駅つる」へ。 新しくて、きれいな道の駅。 そしてすぐ隣には。。。 リニアモーターカーの線路が!リニア見学センターがすぐ近くにあります。 今度時間があるとき寄ってみたいなぁ。 道の駅には、充実した産直コーナーあり。 キャンプのつまみになるお漬物と、自宅用の味噌を購入。 レストランの雰囲気もすごくいいです。 な、名前忘れちゃった。。。 豚の唐揚げに、しゃきしゃき玉ねぎ&人参がたっぷり。 特製のたれをかけていただきます。 このたれがめっちゃおいしかった! お子様ランチのハンバーグも、冷凍ではなくちゃんと手作り感があって好印象。 さて、いっぱい遊んで、いっぱい食べたのでこれからようやくキャンプ場へ。 次男は想定通り、お昼寝してくれました。 よしよし。 スポンサーリンク ほったらかしキャンプ場に到着! そして、ほったらかしキャンプ場へ。 左に行くと温泉、直進するとキャンプ場です。 そして、直進してすぐ右手に、広い受付棟ができていました!3か月前にできたそうですよ。 これまたおしゃれな受付です。 以前はキャンプ場の通路に受付があったので、チェックイン前は渋滞になってたのかもしれません。 こちらなら駐車場も広いので、混雑しても安心。 撮影スポットまでありました。 こういうのうれしい。 手前にカメラを置ける台もあるので、タイマーセットして全員で記念写真も撮りやすいです。 なにはともあれ、受付しましょ。 今回はフリーサイト、電源付き、大人2人と小学生1人、未就学児1人で、合計7,500円でした。 薪は600円です。 すごい薪入れ!「これ、乾燥できるやつですか?すごいですね~」と聞くと、ただのワインセラーだそう。 買っては見たものの、大きすぎて使えず、薪入れにしてみただとか(^^)でも湿気などから守られて、ちょうどいい感じですね~。 受付のラインナップ。 あとは缶バッジ、ステッカーなど。 品揃えは必要最低限なので、事前に購入しておくことおすすめ。 ちょっとしたお菓子なんかは、歩いてすぐのほったらかし温泉の売店で調達もできます。 基本おみやげって感じのラインナップですが。 個人的には、キャンプ場の売店ってかわいいものあると、つい財布のひもがゆるむので、おしゃれ売店を作ってほしいです。 ちなみに今までのナンバーワン売店は、フォレスターズビレッジコビットです。 関連記事:フォレスターズビレッジコビットに行ってきた! スポンサーリンク ほったらかしキャンプ場の新サイト ちなみに、受付だけではなく、新サイトもオープンしていました。 出典:ほったらかしキャンプ場公式サイトより 右端のセンターハウスの坂の上が新サイトです。 見晴らしがいいですが、手前側のサイトだと。。。 受付棟などの建物がけっこう目に入っちゃうかも。 もう一段上のダイノジサイトは、さらに高い位置にあるのでよさそうです。 今までのサイトから臨めていた富士山側も見えますが、左手側もなかなかいい景色。 そして、新サイトだけあって、トイレや炊事場もさらに新しいです。 既存のところも新しくて綺麗なので、そんなに差はないですが。 便器が新しくてぴかぴか。 炊事場横には、グリルなんか洗うのによさそうなシャワーもありました。 たらしがかわいい。 スポンサーリンク フリーサイトに設営 この日は1月ということで真冬キャンプですが、電源付きサイトなので、満サイトでした。 区画サイトをちらりと撮影。 いっぱい来てますね~。 さてさて、今回はフリーサイトに宿泊です。 ここは3組泊まれまして、区画の線引きがありません。 人がいなければのびのび使えます。 今回は私達が2組のグルキャン。 そして1家族が来ていらして、一番奥に先に設営されてました。 お隣おじゃまします~とご挨拶をしてから、設営。 奥のファミリーが車で出入りすることも考えて、できるだけ柵側にぴったり設営することに。 設営完了。 柵に近いので、ペグダウンはせずに柵にガイロープを結び付けました。 ちなみに一段上に区画サイトがあるのですが、高さもあるし、冬キャンでマナーがいい方が多かったせいか、音も全然気になりませんでした。 9月に来た時はパリピみたいな若者いましたからね。。。 次男のイヤイヤが勃発したので、場内をふらふらお散歩。 受付に立ち寄って、生ビールを思わず注文。 そしたら、もう残りが少ない&在庫がないとのことで、なんとか1杯しぼりだそうとがんばってくれたのですが。。。 「お待たせしてごめんなさい、こちらぬるくて、しかも量が少ないのでよかったら。。。 」と無料で頂けました。 いやなんか逆にすみません。 生ビールならぬ、生ぬるいビールをゲットw スポンサーリンク 焚き火&晩酌タイム さあさ、夕方から雨と雪予報が出てるから、さっさと焚き火しましょ。 生ぬるいビールとともに、グルキャンの友からおつまみの差し入れ。 クラッカーとか、キャビアとか、豚肉のパテとかおしゃれなものが登場。 ありがたい~。 ちなみにキャビアはししゃもの卵で安価なのだとか!ちょっと塩気があっておいしい。 そして、リンゴの中心をスプーンでくり抜き、バターと砂糖をセット。 アルミホイルに包んで焚き火にドボン。 完全にアップルパイのあれ。 めちゃくちゃおいしいわ~。 いつもはイモばかりやってたけど、リンゴでもいいのね。 はまりそう。 だんだんと日が暮れてきて、街に光が灯り始めました。 応援のクリックお願いします。 twitter始めました。 フォローうれしいです。

次の

#13 ほったらかしキャンプ場 〜温泉&公園が隣接の夜景キャンプ〜

ほったらかし 温泉 キャンプ 場

お盆後半の2連休の予定がなかったので、3日前にネットで人気キャンプ場の予約状況を確認。 この時期は直前キャンセルの空きも出ていないかなぁ…と思って期待せずに見ていたら、「ほったらかしキャンプ場」に空き表示を発見! 予約困難なイメージのあったキャンプ場なだけに慌てて即予約し、行ってきました。 住所:山梨県山梨市矢坪 ほったらかしキャンプ場(1日目) 肉のはせ川 買い出しは当日、ほったらかしキャンプ場から15分圏内エリア。 肉のはせ川で馬刺し、馬切出し牛スジ煮込み、馬肉ハンバーグを調達。 手書きのメニューで、馬刺しはヒレの部位のみを扱っているようです。 JAフルーツ山梨 続いてJAフルーツ山梨で野菜、きゅうりの漬物、ぶどうなどを購入。 野菜と果物の品揃え豊富で、地元の方で賑わっていました。 ほったらかしキャンプ場 買い出しが終わったらキャンプ場へ。 「笛吹川フルーツ公園第1駐車場」から道に沿って登っていきます。 受付 キャンプ場には11時半過ぎに到着。 通常は13時チェックインですが、アーリーチェックインを予約していたので、11時半からチェックインOK。 受付でフリーサイト大人2名6,500円(小学生未満は無料)とアーリーチェックイン1,000円の計7,500円をお支払い。 フリーサイト 受付が済んだら予約していたフリーサイトへ。 フリーサイトは3組程度の予約制サイト(テント1張、タープ1張)。 フリーサイトは入口側が狭く、奥側が広くなっている。 キャンプ場内の1番低い位置にあるので、トイレや炊事棟、ほったらかし温泉など比較的アクセスは良い。 フリーサイトからの景色 フリーサイトからの眺めはこんな感じ。 区画サイトからの景色 1つ上の区画サイトからの眺めは、フリーサイトより広がった景色。 生ビール 設営が終わったら生ビールでひと休憩。 設営は地面が硬かったので少し苦戦しました。 ハンモック キャンプ場を一通りお散歩したら、テント前でゆっくり。 ボールやフリスビー遊びはスペースがないので、トランプをしたり、最近夢中のハンモック。 ほったらかし温泉 夕方にはキャンプ場から徒歩5分程度の「ほったらかし温泉」へ。 あっちの湯 どっちの湯に入るか迷いましたが、「あっちの湯」に決定。 サイコロ 決められないときのためにサイコロが置いてありました。 受付 頭上にブドウがなる階段を降りていき受付。 景色 お風呂からの景色も裏切ることなく最高でした。 出典: 夜景 夜は新日本三大夜景と焚き火でゆっくり。 馬刺し 夜ご飯には「肉のはせ川」で購入した馬刺し。 これが美味しかった!リピート決定。 ほったらかしキャンプ場(2日目) 笛吹川フルーツ公園 チェックアウト後は「笛吹川フルーツ公園」で水遊び。 園内にはリンゴやブドウがなっていました。 水遊び 無料なのに水遊び場もしっかり充実。 温泉ぷくぷく 満足いくまで水遊びをしたら、笛吹川フルーツ公園前にある「温泉ぷくぷく」へ。 「ほったらかし温泉」と同じような景色が眺められ、人も多すぎずゆっくり出来ました。 温泉を出たら帰宅。 子供も遊び疲れて車に乗るなり、即就寝で大満足のキャンプとなりました。

次の

【絶景キャンプ】予約が取れない大人気キャンプ場はやっぱり凄かった!「ほったらかしキャンプ場/ほったらかし温泉」

ほったらかし 温泉 キャンプ 場

冬季の焚き火場ーの中。 アラジンストーブに、武井に、薪ストーブ!テンション上がりますね!管理人の若い男性スタッフが気さくに色々と話しかけてくれます。 ほったらかしキャンプ場は、消灯時間や細かいルールが設定されておらず、キャンパーの自主性を大事にしているアットホームで自由な雰囲気です。 各キャンパーが各自マナーを守って音楽を聞いたり、遅くまで焚き火を楽しんだりしていました。 そういった雰囲気に不思議な調和がとれている、そんなキャンプ場と感じました。 魅力4. ほったらかし温泉まで歩いて5分の好アクセス 出典: サイトの種類は、全部で3種類あります。 5mと広々としたサイトで、サイト内にシンク(水場)付!グループキャンプにはオススメの区画エリアです。 また、一番上段にあるサイトなので眺望はピカイチです! 小屋付きサイト 小屋付きのサイトもあり、テントを持っていない人も気軽にキャンプができます!トイレ、シャワー、ベッド、寝具、冷蔵庫、水道、エアコン、電気コンロや布団があり快適なキャンプを楽しめます! 予約前のチェック事項 実際に予約する前にあらかじめ確認しておきたいポイントをまとめます。 現地の天気はこちら: 周辺のスーパーをあらかじめ確認しよう キャンプでの食材を調達するためにも事前に知っておきたい情報として、周辺のスーパーがあります。

次の