韓国崩壊ニュース youtube。 【韓国 崩壊 最新】速報 日本国内の在日韓国人が続々と国外脱出しているとの情報!!!!関西のコリアンタウンがもの凄い事になってるぞ!!!!!

韓国の慰安婦支援団体が窮地、疑惑続出で崩壊寸前の現状を元駐韓大使が解説

韓国崩壊ニュース youtube

昨年7月、ラオスで起きたダム崩壊の原因を調べた政府調査委は「不可抗力と言えず、ダムの建設地盤が不適切」と結論。 これを拒否する施工の韓国SK建設はズサンな対応を続け、被災者が救済されない惨状が続きます。 日本語で読めるニュースは中央日報の29日付ですが、読んでも意味不明の内容です。 3月20日にラオスのバウントンチットマン副首相が地盤不良と言明したrfa. orgの記事を見ると、米スタンフォード大研究者の分析に依拠しているので、分析を詳報したASIA TIMESのから見ましょう。 スタンフォード大のリチャード・ミーハン氏はラオスの隣国タイでダムを設計・施工した経験があり、今回のダム崩壊について解析を発表しています。 上の模式図はミーハン氏が描いた図で、もとの図は断面図と平面図の境目が無かったので見やすいように水面上部の補助線を入れました。 崩壊したダムはダム湖の貯水面積を稼ぐための補助ダムであり、メインダムにほど近い谷間に700メートルにわたって架けられました。 ダムの西端部が設けられた場所が沈み込む穴のような地形であるとミーハン氏は主張します。 この場所には古い盆地があり、雨期になると深さ1-4メートルの水を湛えていたと言います。 ダムは現地の赤土を盛って表面をアスファルトで覆っただけのアースフィルダムであり、盛土は吸水性に富んでいます。 ダムの貯水が進むとダム湖の底は20メートルもの水圧に晒され旧盆地の底から水が漏れる経路が出来て大量洩れにつながり、やがてダムの基盤部も浸食して崩壊に至ったとの主張です。 ラオス副首相は「この地質が事前に分かっていればダムの建設を許可しなかっただろう」と言っています。 決壊した補助ダムの代わりに「1キロ離れた谷に長さ400メートルのコンクリートダムを建設中」と伝えられていますから、上の地図のグリーンの線あたりになるでしょう。 しかし、施工業者のSK建設は《「調査結果は事故前後に実施した精密地盤調査結果と一致しないなど科学的・工学的根拠が欠如している」としながら「経験的推論に過ぎない調査結果に同意することはできない」》と反発し、受け入れようとしません。 調査委の認定では「ダムの水位は最大貯水レベルよりも十分低かったのに崩壊した」点も論拠とされ、これは下の、崩壊直前に満水になっている現場写真と明らかに矛盾します。 どうやら調査委はメインダムでの水位を基準に議論しているようです。 で伝えたように、基本設計を大幅に変更して低い補助ダムを建設した事実をSK建設はきちんと説明しなかったのでしょうか。 4メートルも低いダムだったのでSK建設が言うように大雨で氾濫、越流が起きた可能性もあるのですが、地域の降雨特性なども勘案して考えられた基本設計に手を付けたのが後ろめたいのでしょうか。 この件に限らず韓国が関わると事件事故の細部を詰め切っていないズサンがよく発生して困ります。 《SK建設は「深層的かつ追加的な検証を通じて、すべての専門家が同意できる結果が導き出されるように最善の努力を尽くす」とし「当社は今回の結果発表とは関係なく、過去10カ月間行ってきたように、被害の復旧と補償のために最大限の努力を尽くす」と付け加えた》そうですが、いつまでも責任が確定しないズサンさのために被災者への補償や日常ケアは良好とは言えません。 《先月、ラオス政府の特別任務全国救済委員会は、ダム開発事業者に、当局が正式に死亡または行方不明を宣言した71人のそれぞれの家族に1万ドルを支払うように命じました。 金額は昨年8月に最初に提供された 176米ドルよりはるかに優れていますが、これでもまだ不十分です》 この他に事業者側から提供されたのは仮設住宅用に80万ドル、救援活動の資金として1000万ドル、これと別にSK建設から1000万ドルの寄付があったと言います。 こうした資金から洪水で立ち退いた避難民には月に20キロのコメと11. 66米ドル、さらに1日当たり0. 58米ドル相当の食料が与えられるのですが、食料供給は足りていません。 復興に向けて大きな問題があります。 安全上の懸念から生存者は元の低地から乾燥した丘の中腹に移動することになり、これまでのように稲作で生きていけません。 タピオカの原料であるキャッサバ芋を作ることになり、換金性は良いのですが市況の変動に踊らされて地域社会の生活が様変わりしてしまいそうです。 何より食料自給が出来ません。 金額面だけ見ても十分な補償とはとても言えないと思いますし、本格的に治水工事をしてでも稲作を続ける基盤は整備すべきでしょう。

次の

ダム崩壊の原因究明、韓国がズサンで被災者放置(団藤保晴)

韓国崩壊ニュース youtube

中途半端な線引きをしないで、延期したらいいのに。 さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に 零戦搭乗員 より• に 大石勝 より• に ももんが より• に たろうちゃん より• に へのへのもへじ より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 1,000件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

韓国SK建設施工のラオスダム崩壊事故で決着!補償内容も決定するが、SK建設側がまさかの爆弾発言…【世界情勢】

韓国崩壊ニュース youtube

『韓国経済の生命線であるサムスン電子米中対立に圧力などで崩壊間近?』 米中対立の中で板挟みになり苦しむ韓国ですが、その影響を一番受けているのは他でもない、韓国経済の生命線であるサムスンではないでしょうか?外需依存、中国依存を皮切りに、他にも様々な悪材料がサムスンの歩みを阻害しています。 韓国の景気停滞感は強い。 そうした状況下、サムスン電子の半導体事業が韓国の経済を支えている状況が鮮明化している。 しかし、サムスン電子の先行きがどうなるかは見通しづらい。 1つには、米中対立が先鋭化し、米国が韓国に中国向けの半導体供給を見直すよう圧力をかけていることがある。 7月8日に米国のスティーブン・ビーガン国務副長官が訪韓した背景には韓国の対中政策を見直すよう圧力をかける目的などがあるのだろう。 それに加えて、中長期的な将来像を考えると、サムスン電子は重要顧客であるファーウェイなどの中国企業といずれライバル関係になる可能性が高い。 圧倒的な国からの支援を背景にする中国の先端企業との競争は口で言うほど容易ではない。 サムスン電子が自力で、中国企業との半導体分野での競争に対応できるかは不透明だ。 それは、サムスン電子の業績拡大に依存してきた、韓国経済の不安定性が高まる可能性があることを示唆する。 現在の韓国経済の状況を一言で表現するならば、サムスン電子の半導体事業によって、経済全体が支えられているというべきだ。 それは、サムスン電子と他の企業の業績動向を確認するとよくわかる。 また、地域別に見た収益状況の詳細は公表されていないものの、中国からの需要がサムスン電子の半導体事業の業績拡大を支えた可能性は高い。 米中対立が先鋭化する中で中国は半導体の在庫確保を急いでいる。 他方、半導体以外のサムスン電子の事業は苦戦したようだ。 スマートフォン事業は世界各国での都市封鎖や移動制限の影響から出荷台数が減少したとみられる。 サムスン電子以外の韓国企業の業況を確認すると、かなり厳しい。 韓国の輸出動向を見ると、半導体以外の品目は総崩れというべき状況だ。 感染症の影響によって世界全体で貿易取引が減少した影響は非常に大きい。 現在の韓国経済でサムスン電子以外に、高額の付加価値を創出し、景気の低迷を食い止められる企業はほとんど見当たらない。 今後の世界経済をけん引するIT先端分野を中心に、米中は覇権国の座を争っている。 5月、米国は中国のIT覇権を阻止するために、ファーウェイへの禁輸措置を強化した。 台湾の半導体受託製造大手TSMCは、ファーウェイからの新規受注を止めた。 TSMCは収益の22%を占める中国から距離をとり、56%の収益を生み出している米国の需要獲得に注力することを選択した。 韓国も台湾と同様に安全保障を米国に依存している。 冷静に考えると、韓国は安全保障を固めるために米国との同盟関係を維持・強化しなければならない。 米国から韓国への圧力が強まる中、サムスン電子が中国への半導体輸出を続け、業績拡大を目指すことができるか否かはわからなくなっている。 半導体の設計と開発に関して、中国の実力は高い。 ファーウェイ傘下のハイシリコンの半導体開発力は世界トップレベルにある。 その一方で、中国の半導体生産能力は発展途上にある。 中国の量産体制の弱さを補完する形でサムスン電子は中国の半導体需要を取り込み、それが韓国経済を支えた。 長めの目線で考えると、遠くない将来、ファーウェイ傘下のハイシリコンや中国の半導体受託生産企業であるSMICが韓国などに比肩する生産技術を確立する可能性がある。 サムスン電子は半導体の開発や生産技術、人材を日本などに依存してきた。 中長期的に考えると、サムスン電子の半導体分野での競争力には陰りが見え始める可能性がある。 それは、韓国経済の低迷リスクを一段と高める要因と考えられる。 【この記事に対する私の見解】 現在韓国にとって、サムスンの行く末が一番気がかりなのではないでしょうか?記事にもあるように、サムスンは現状一人で韓国経済を引っ張っているといえます。 そんな中で、今まではコウモリ外交でどっちつかずを決め込んでいましたが、今回は明確な結論を出せと、釘を刺されてしまった形になります。 米国の中国との関係破棄を迫る態度は今までとは違い、つい先日も、レーダー部品を中国に横流ししたという事で韓国企業が摘発されており、今後米国はこういった動きを見逃さないという、取り締まり強化の警告ではないでしょうか?サムスンも、表面上では米国側と歩調を合わせようという動きも見られますが、やはり、そう簡単には中国から脱却させてもらう事は出来なさそうです。 この度の米国からの半導体輸出規制によって、ファーウェイは手足を捥がれつつあります。 台湾TSMCも完全に米国側に立ったという事で、ファーウェイ向けの新規半導体の出荷を停止、高品質のメモリー半導体の供給先が、サムスンしかないという状況になってしまい、大きな供給元を失った中国が、サムスンを引き留めようと圧力を掛けています。 これについて、韓国側の対応がどうなるのか、その動きに注目が集まっていますが、サムスンとしても中国は大口の顧客でもありますし、ここを捨てるというには、国のバックアップも必要となってくるのですが、ここでネックになってくるのが、中国に頭の上がらない文政権ですね…中国から距離を取りたいから支援してくれと言っても、間違いなく二の足を踏むことになるでしょう、また、自国の外需に限りなく依存している経済構造も選択を難しくしています。 輸出額1位の中国から離れる事は出来ないのではないかと思われます。 まだ中国とは完全に手を切れないというのは、サムスン電子が昨年12月、中国のシーアン工場に80億ドルを追加投資すると発表したことからも見て取れます。 この工場は中国の首相が視察に訪れたこともあり中国政府との関係も伺えます。 米国の手を取ってアリゾナに工場建設を発表したTSMCとは対照的ですね。 では、中国と歩調を合わせていけるのかというとそうでもありません。 記事でも言われていますが、中国企業はサムスンにとっては警戒するべきライバルなのです。 何とか今は、技術がある分野が分れているため協力しているように映りますが、中国政府からの莫大な支援を受けた中国企業が一気に成長した場合、サムスンはそれに抵抗できるのかというと、ここでまた文政権が壁となってしまいます。 中国政府ほどの支援もできないのは仕方ないとして、この政権は大企業にとっては疫病神のような存在になっています。 でたらめな経済政策、労組支援に力を注ぐ、経営陣の拘束など、皆さんも認識しているように、支援をすることよりも足を引っ張っているといえます。 このままでは中国と韓国の技術格差が年々縮まっていき、待っているのは中国からは用済みとされ、米国とは離反しているという最悪の状況です。 既に、4月には中国のYMTCは3D NANDを開発し、生産を開始すると発表しました。 この製品は昨年サムスン電子が開発したばかりの新商品ですが、わずか1年も経たず中国に追いつかれてしまったのです。 そのような状況を懸念して、サムスンも独自の動きを見せています。 そもそもサムスンは、日本との関係を断絶するのはまだ無理だと考えており、国産化に沸く韓国を横目に、日本との連携を進めているようです。 米中どちらを失っても大丈夫な独自路線の開拓といったところでしょうか、韓国政府はともかく韓国国民はサムスンが最後のよりどころと考えています。 周りは不安材料だらけのこの大荒れの状況をサムスンは乗り越えられるのでしょうか?それでは、この話題に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

次の