母子 4 人 放火 殺人 事件。 愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?|世界の歴史

愛知県殺人放火事件は夫がなぜ犯人で画像は?真相は愛知県警の捜査ミス?【世界仰天】|kaznaoのエントピ

母子 4 人 放火 殺人 事件

愛知豊明母子4人殺人放火事件は 2004年の9月に住宅街で発生した放火事件で いまだに解決していない事件です。 未明に 豊明市沓掛にある1件の住宅に何者かが侵入し、 その場にいた 母と子供3人を殺害し ( 殺害方法はナイフで刺殺、鈍器で撲殺) その後 灯油をまき放火し、犯人は逃走。 父親は仕事で家にいなかったため無事だったが、 警察からは疑いをかけられた。 犯人はいまだに見つからず、 証拠となるものも何も発見されず、 目撃情報も少ない。 怖い点は自分が住むところの隣の市であること。 車で20分くらいのところで起こった事件であること。 数ヶ月前に車で豊明市の主要駅の近くを通った時、 赤信号で止まったら、 警察官が急に来て、 事件についてのチラシを配ってきたので驚いた。 2008年の事件なのにいまだそんなことやってるのかと思った。 一番怖いのは、毎年会社の健康診断で豊明の病院に行っているのだが、 そういえば事件が起こったのこの辺だなと思って健康診断後に、 昼食が出るので病院の最上階(4階)に行き昼食後に 同僚と何気に裏手の窓から周りを見ようと眺めたら、 なんと 現場が目の前にあったことです。 火事で焼けた家が黒くなったままその場に残っていました。 その光景はかなりの衝撃で 殺人現場が そのままの状態で残っているのを生で見ると 恐怖感でいっぱいでした。 現在は建物も壊され更地になっていますが、 それでも犯人が捕まっていない以上 健康診断に病院へ行くたび思い出します。 都道府県&カテゴリから探す• 386•

次の

愛知・母子4人殺害放火事件

母子 4 人 放火 殺人 事件

Index• 愛知豊明母子4人殺人放火事件の概要 2004(平成16)年9月9日未明に、愛知県豊明市の民家から火が出ます。 消防隊などが駆け付け火を消し止めましたが、焼け跡からこの家に住む当時38歳の母親と15歳の長男、13歳の長女に9歳の次男の遺体が発見されました。 この家の45歳の主人は仕事のため不在で、被害には遭いませんでした。 その後の調べで4人の遺体には損傷の痕跡が見つかり、これはただの火災ではなく 母子は殺害されたのちに室内に灯油が撒かれ、火をつけられたことが判明。 愛知県警はすぐに殺人放火事件に切り替えて、特別捜査本部を設置しました。 警察は必死の捜査をおこなっていますが、火が放たれたことにより犯人の侵入経路などがわからず、捜査は難航。 被疑者は未だ逮捕されていません。 当時の現場の状況 被害に遭った母子は男女の性別によって殺害方法が異なっていました。 母親と長女の女性はともに刃物で刺されていて、母親は背中を中心に顔や頬など十数カ所、長女はろっ骨が折れるほど上半身を何度も刺されていました。 いずれも執拗に刺されたことによる出血性及び外傷性ショック死とみられています。 長男と次男の男性には刺し傷はなく、鈍器で撲殺された形跡がありました。 バールのようなので一撃され、いずれも頭部の損傷が確認されていて、急性クモ膜下出血や脳挫傷が死因となっています。 4人の被害者の遺体には、すべて抵抗した痕跡がなく、寝ている間に襲われた可能性がありました。 それぞれの遺体の肺からは微量のすすが検出されていて、これは放火された後も4人に息があったことを示しています。 おそらく犯人は一家4人を襲った後、すぐに大量の灯油を撒き、火をつけたと考えられています。 事件当時、玄関や勝手口のほか、1階のすべての窓は施錠されていて、唯一2階の長男の部屋の窓が網戸であったため、そこからの侵入が疑われました。 しかし、2階にのぼるための梯子をかけた跡など 犯人が侵入した形跡が何も見つかりませんでした。 この家では父親が頻繁に仕事で帰宅が遅くなるため、車庫内の指定の場所に勝手口のカギを置いておく習慣があり、この日もこの場所にカギが置いてあったそうです。 被害者宅では番犬として犬を飼っていて、普段はよく吠えますが事件発生時には犬が吠える声を近隣の人を始め、誰も聞いていません。 火災時は首輪が外されていて、被害者宅の車の下に隠れていて無事だったそうです。 現場周辺は、住宅街でしたが街灯は少なく夜は比較的暗い場所となっています。 この家にあった貴金属や通帳、カード類などは残されていました。 灯油が撒かれた箇所は遺体周辺ほか広範囲に及びましたが、この家ではもともと灯油が無かったため犯人が持ち込んだと考えられました。 また、被害者宅周辺からは犯人の血液反応が出ておらず、殺害時に返り血を浴びた犯人が来ていた服も一緒に焼却した可能性があります。

次の

【今日の事件簿】犯人はどこへ。動機は?何も盗られていない愛知豊明母子4人殺人放火事件とは

母子 4 人 放火 殺人 事件

事件の概要 [ ] 少年は、父(47歳)と、父の再婚相手である少年にとっての(38歳)、父と継母との間に生まれた異母弟(7歳)妹(5歳)の一家5人で生活していた自宅に放火し、継母と異母弟妹が焼死した。 父は仕事の都合で自宅に不在だった。 少年は全焼した住宅に住んでいたが、焼け跡からは少年は発見されなかった。 少年は放火後に自宅を脱出し行方がわからず電話連絡も通じない状況だったが、6月22日に京都市内でに発見され、放火を認めたので逮捕された。 放火して3人を殺害していることを重視したは、本件はからへのによる刑事処分相当との見解を示して 、少年と捜査資料を家庭裁判所に送致した。 少年の成育状況と犯行動機 [ ] 少年の父は、妻(少年の実母)に対する身体的または精神的な、少年に対する身体的または精神的なの常習者だった。 少年の実母は、夫(少年の父)からの暴力に心身ともに耐えられなくなり、少年の実妹(当時3歳)を連れて別居し、少年が小学校1年の時に離婚が成立し、少年のと養育権は父、少年の実妹の親権と養育権は少年の実母が得た。 実父母の離婚後は、実父の考えにより、少年は実母と実妹とは交流も連絡も遮断され、一度も会っていない。 少年の父は少年の幼児期から、父のようにになることが唯一絶対の正しい価値や生き方であるという考えに基づいて、医師になることを強要した。 少年の学校の試験の成績が実父の要求値より低い場合には、いつも以上に激しい暴力により虐待されていた。 また少年は自宅でも居場所が無かったためか息抜きの場所が学校であったと語っており、持っていたマンガ本は友人にあげていたという。 少年の父は少年の実母と離婚後、同じ職場で働いていた医師と再婚した。 少年は継母や異母弟妹とは円満な関係だった。 少年は父との関係については、父の期待に応えて医師になろうとする気持ちと、父から医師になることを強要され、学校の試験の成績が父の要求よりも低いと身体的・精神的な虐待を受けることに苦痛や恐怖や屈辱を感じる気持ちの、両方の感情を抱いていたが、成長するにつれて苦痛や恐怖や屈辱を感じる気持ちが大きくなっていった。 そして、ついには父が仕事で不在であることは分かっていながら、この苦痛や恐怖や屈辱にはもう耐えられない、自分の生活環境をすべて破壊してこの状況から脱出したいという感情により、自宅に放火した。 なお、継母と異母弟妹を殺害する明確な意思はなかったという。 裁判所の処遇 [ ] 2006年10月26日、奈良は、少年のにより先天性の発達障害と異なる虐待による後天性の広汎性発達障害と診断されたこと、および、少年の生育環境や生活状況から、この事件の根本的原因は少年の父の考え方や言動が少年を精神的に追い詰めて、その状況に精神的に耐えられなくなった少年がその状況から脱出しようとして放火したものと認定し、少年の更生にはよりもが適切と判断し、少年をに送致する処分を決定した。 その他 [ ] 家庭裁判所からの依頼により少年をした医師が、ジャーナリストのから、この事件を解説する著書の参考にしたいから、鑑定資料を開示してほしいと要求し、医師が草薙に渡した資料を基にして、草薙が著書を発行したことに対して、鑑定医が刑法第134条の秘密漏示の罪 で起訴され懲役4月執行猶予3年の有罪判決を受けた が、草薙は不起訴だった。 これにより、同医師は2012年11月28日より1年間の医業停止処分を受けた。 同医師は処分の取り消しを求める請求を行ったが大阪地裁は請求を棄却した。 この処分について同書の出版元である講談社は重過ぎる処分であり容認できないとの見解を表明している• 朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、2006年10月27日• 2012年3月12日時点のよりアーカイブ。 2019年3月31日閲覧。 2012-02-15 at the. 2012-02-16 at the. 2019年10月31日閲覧。 2019年10月31日閲覧。 2019年10月31日閲覧。 参考文献 [ ]• 『僕はパパを殺すことに決めた』講談社、2007年。 『いったい誰を幸せにする捜査なのですか。 』光文社、2008年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2007年10月11日アーカイブ分)• - (2009年2月6日アーカイブ分) PDF• - (2012年7月6日アーカイブ分) PDF• - (2011年5月15日アーカイブ分) PDF• - (2012年7月6日アーカイブ分) PDF• - (2011年5月15日アーカイブ分)• - (2008年4月12日アーカイブ分) この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の