制服 ポロシャツ。 【楽天市場】ポロシャツ

半袖ボタンダウンポロシャツ(61

制服 ポロシャツ

半袖|ボタンダウン 「ポロシャツ」 の製造販売 1 「 より良い物をより安く」をモットーに自社で製造販売をしています。 節電や環境(温暖化防止)が意識されるにつれて、ボタンダウンポロシャツは、年々加速するクールビズ、スーパークールビズにも対応する、新しいビジネススタイルのユニフォームです。 中でも、『より涼しく』、『より快適に』、そして『お洒落に』過ごせるビズポロが注目されています。 ポロシャツ特有のニット素材は洗濯後のシワ等がすくなくお手入れが簡単です。 また、素材が軽く、伸縮性に優れているので着心地は作業着やビジネスシャツよりも楽な場合もございます。 そのポロシャツをボタンダウンにする事で、襟元の乱れを防ぐだけでなく、カジュアルすぎない雰囲気に仕立てる事ができる ボタンダウン ポロシャツはビジネスシーンのユニフォームとして最適です。 弊社ではデザイン性の高い商品はもちろん、洗濯に対する耐久性にも優れ、型崩れしにくいユニフォーム素材のボタンダウンポロシャツをご提案しています。 ポロシャツ・ Tシャツは丸十服装にお任せください。 (メーカー商品も対応可能です。 ) 半袖 ポロシャツ|ボタンダウン ユニフォーム 1 COB77シリーズ (全4色) ポロシャツ|ボタンダウン 衿配色部分や裾のスリットがお洒落で、ビジネスシーンにおけるワイシャツの代わりとして、また、接客業にもご利用いただけます。 またこちらのシリーズは、「UVカット」、「肌透け防止」、「吸汗速乾」、超消臭テープ「デオクリアー」を使用するなどしてかなり機能性満載です。 さらに、スマートなシャツスタイルでありながらJIS T8118帯電防止適合と本格的なユニフォームとしてもご着用いただけるオールマイティーなビジネスポロシャツです。

次の

ポロシャツの通販|ユニフォームタウン

制服 ポロシャツ

サイズ詳細 【男女兼用】…ベーシックシルエットを女性が着用する場合はワンサイズ下のサイズをお薦め致します。 即日マークがある商品が対象商品となります。 以上の条件に当てはまる場合のみ、即日出荷いたします。 以上の点をあらかじめご了承くださいませ。 1点のご購入ならメール便発送OK!! ご購入1点ならメール便がご利用できます! メール便の注意事項 お届けまで3~5日ほどかかります 最短のお届けで3~4日かかります。 地域によっては、それ以上かかる場合もございますので、あらかじめご了承ください。 メール便はポスト投函になります 手渡しではなくポストへの投函になるため、ポストがない・ポストが小さすぎて入らない・ポストに鍵がかかっている・表札/名前がない場合は、投函できませんので、あらかじめご了承ください。 代金引換はご利用できません お支払いは、銀行前振込 前払い 、またはクレジットカード払いをお選びください。 配送日・時間の指定はできません 遅延保証はございません。 お急ぎの場合は、メール便をお選びにならないようにご注意ください。 メール便にはお荷物の保証がありません 配送中の紛失・破損・遅延等について、配送業者・弊社側では一切保証いたしかねます。 商品一点のみでのご注文の場合に限ります 複数の商品をご注文された場合、規定のメール便サイズを超えてしまう場合には、メール便として発送することはできません。

次の

学校制服にポロシャツという選択肢があるのは羨ましい!

制服 ポロシャツ

こんなことを書くと私がアラフォーだということがバレてしまうのかもしれませんが、私が中学や高校に通っていた当時、どちらも学校制服にはポロシャツというものが存在せず、春夏期間はワイシャツの一択のみでした。 私の記憶の中では、当時は他所の学校もポロシャツを制服にしていたところ無かったような気がします。 だからなのか、夏服がワイシャツしかない、ということに特に不満を感じていたわけではありません。 そんな私が、学校の制服としてポロシャツを着ている男女を見かけるようになったのは、すっかり大人になってしまった社会人になってからのこと。 シンプルに「最近の学校は、夏服にワイシャツとポロシャツのどちらかを自由に選ぶことが出来るのか。 なるほど、いいなぁ」 と羨ましく思ったものです。 ということで今回は、 学校制服としてのポロシャツについて、少し掘り下げて考えてみることにしました。 学校制服がポロシャツな場合のメリット ポロシャツが学校の制服として使用されているのは最早、至極一般的なことなのでしょうけれど、そのメリットと言えばやはり 着心地の良さではないでしょうか。 ワイシャツと違って 柔らかい綿素材は動きやすいですし、それに夏場は汗を沢山かきますから、 吸汗性の良さというのもポイントは高いと思います。 また、ポロシャツは 洗濯がしやすい、という面もあります。 ワイシャツももちろん一般的な洗濯機で洗えるには洗えますが、乾燥させたあとにアイロンをかけないといけません。 その点、ポロシャツはTシャツなんかと同じように干す際に何度かパンパンと皺を伸ばしてあげればそれだけでも十分だったりしますし。 一方の制服としてのポロシャツのデメリットを考えてみましたが、ちょっと透けやすいかな、ということくらいしか思いつきませんでした。 ただこれはワイシャツでも全く同じことが言えますので、ポロシャツだけに限ったことではありませんよね。 冬にポロシャツはOKなのか 基本的にポロシャツは夏服用としての指定があるかとは思いますが、冬に着ても良いものなのでしょうか。 例えば冬服が詰め襟の所謂学ランの場合、その下がワイシャツだろうがポロシャツだろうが着ている本人以外はわからなかったりしますし、ブレザータイプであってもポロシャツの上にセーターを着て、襟にネクタイをしてその上からブレザーを着てしまえばワイシャツとほとんど変わりはないのでは。 それでも校則で服装規定が厳しい学校では、注意される場合もあるかと思います。 が、私個人としては、夏は良いのに冬はダメ、というのはイマイチ理解出来ないなと思ってしまいます(笑) 校則の服装規定はやっぱり守りましょう しかし、やっぱり大人になってから思うのは、校則で決められている服装規定は、 ある程度ちゃんと守ったほうが良いような気がします。 私が通っていた中学校は男子は坊主、女子はおかっぱ、という髪型の校則がありました。 高校では、ブレザータイプの制服でしたがワイシャツから靴下、ローファーに至るまで、全て学校指定の校章が入ったものでないといけない、という服装の規定がありました。 さすがに大人の社会人になって、今考えてもあれはやり過ぎな気もしますが、当時は所謂ヤンキー的なやんちゃな人種も多かったから、仕方がないと言えば仕方ないのかもしれません。 それに平成も30年を迎えたこの現代においては、そこまで厳しい校則は少なくなってきましたし、ある程度の服装規定くらいは守っておいても損はないかと思います。 理由としてはまず、 生活指導の先生などに注意されるというストレスがなくなります。 まあ、エネルギーに満ち溢れた若い時期ですので、怒られるかもしれない、というスリリングな状況に楽しさを感じる場合もあるでしょうけれど(苦笑) また、制服があるというのは、 毎日何を着るかを悩まなくて済む、ということです。 かの有名な世界的大企業Appleの創始者であるスティーブ・ジョブスも生前、毎日同じもの着ることによって 決断疲れを減らし、 時間的な余裕を作っていました。 つまり 「今日は何を着ようかな」と考えること自体が彼にとっては無駄であり、そんな時間があるのだったら他のことに時間を使いたいと考えていたのです。 何も考えずに用意された学校の制服を着るだけで、とりあえずは誰にもとやかく言われずに通学できるというのは、案外有り難いことなのかもしれません。 特にポロシャツだったら頭からすっぽり被るだけで良いのですから。 ということで今回は、学校制服のポロシャツについて考えてみました。 では制服用のオリジナル製作も格安価格で承っております。 ボディの種類も豊富に取り揃えておりますので興味のある方は是非、合わせてご覧下さい。 よろしくお願いします!.

次の