リート指数 アメリカ。 米国REIT指数の推移とチャート・構成銘柄と先行性・株価と景気との関係を解説|株式マーケットデータ

株価指数詳細

リート指数 アメリカ

米国REIT(リート)の役割 米国リートは不況時に株式以上に値下がりする傾向にあります。 逆に言うと、不況時に株式以上に反発することがしばしばあります。 少なくとも過去を見る限りはそうです。 また、株式投資家にとっては、債券・金・不動産(リート)といった具合に分散投資が可能になることから人気があります。 つまり、一定のリスクヘッジ、あるいはパフォーマンスに優れる、そういう効果が期待されるということです。 かつては金や不動産というのは現物に投資するしか方法がありませんでした。 しかし、今は証券化されたものを買うことができます。 また、証券化されたものの集合体をETFという形で買うことができます。 金ETFやリートETFがそうですね。 そのため、日本にいながら米国REIT(リート)が簡単に買え、管理もできるのです。 そういう意味では分散投資がペーパーアセットだけでできる、そういう時代になったと言えます。 さて、今回は米国のリートについてご質問を頂いています。 米国REIT(リート)は何が良いのか たぱぞう様 毎日拝見し、勉強させて頂いております。 REITについて、たぱぞう様のお考えを御教示頂ければ幸いです。 「株式投資の未来」や「ウォール街のランダム・ウォーカー」に記載されている推奨ポートフォリオには、一部にREITが組み入れられています。 係るREITの具体的な商品として、たぱぞう様は何が良いと思われますでしょうか。 また、そもそも株式にREIT(や債券)を一部加えるメリットは、リスクを下げてリターンを上げることと認識しておりますが、正しいでしょうか。 尚、私はRWR(もしくはIYR)、又はニッセイグローバルリートインデックスファンドのいずれかが適切かと愚考しております。 (SBI証券で購入できる上記以外の海外REIT投資信託はコストが高いため、選択肢から除外しました。 ) RWRとIYRを比較すると、組入銘柄、配当利回り、経費率の点から、どちらでもリターンに大差は無く、経費率の点からRWRの方がやや有利か、という私見です。 これらに対し、ニッセイグローバルリートインデックスファンドは、米国以外の不動産も含むため、米国以外の人口増加国を含み、且つリスク分散できる点がメリット、人口減少国も含む点がデメリットと考えています。 さらに、実質コストはRWRよりやや高いですが、無配のため課税を先送りしながら配当再投資できる点がメリットと考えています。 一方、係るメリットの割に基準価額は上がっているように見えないため、投資先として自信を持てない状況です。 また、上記インデックスファンドは、日本円で購入できるため手間が少なく、購入手数料が掛からず、少額から購入できる点もメリットと思われます。 尚、私の属性ですが、28歳サラリーマンで、今年から1千万円の余裕資金を約5年かけて運用に投入する予定です。 (上述の質問は係るREITの購入に関します。 ) また、昨年のNISA枠で高配当米国株を約100万円分購入し、保有しています。 また、会社の確定拠出年金およびマッチング拠出を先進国株式インデックスファンドに満額行っており、iDeCoは活用していません。 保有している証券口座はSBI証券のみです。 以上、長文となり誠に申し訳ありませんが、たぱぞう様のご意見を御教示頂ければ幸いです。 ご多用中恐れ入りますが、何卒よろしくお願い致します。 買ってはいけない米国REIT(リート) 最も買ってはいけない米国REIT(リート)は「毎月分配型米国REIT(リート)為替ヘッジあり」です。 毎月分配で元本を削り、為替ヘッジで手数料を稼ぐ商品です。 こういう商品を勧める窓口の人がいたら、信じてはいけません。 ノルマの虜になっています。 これは、そもそもREIT(リート)自体の表面利回りが高く、投資に関して知らない人にとっては商品としての訴求力があるからです。 しかし、これは毎月分配金で元本を削って利回りを高く見せるなどのおかしなことをしているケースがほとんどであり、こういう商品に近づいてはいけません。 また、信託報酬がやたらと高い米国REIT(リート)投資信託も買ってはいけません。 それならば、直接米ドルで買い付けたほうが安いものがたくさんあります。 買う必要がありません。 にもかかわらず、高手数料のREIT(リート)商品ばかり薦めるプロもいますので、自分なりにしっかりと知識を得たうえで買うのが良いのでしょう。 といっても、対象商品が限られますので、リートETFに関しては簡単です。 買って良い米国REIT(リート) 買って良い米国REIT(リート)というのもあります。 本来の目的に沿った、比較的低手数料で買えるETFです。 これらは分配金もしっかりしていますし、内容も悪くありませんので安心して買える商品と言ってよいでしょう。 もし、ポートフォリオに米国REIT(リート)を加えたいならば、こういった商品を買うと良いでしょう。 あとは直接単体のリートを買い付けるという手もあります。 ただ、日系証券会社ではあまり扱っていません。 ちなみに、日本で買えるETFならば以下の商品がベンチマークが安心できるものです。 【IYR】 iシェアーズ 米国不動産 ETF• 【1659】 iシェアーズ 米国リート ETF 米国リートETF【IYR】の圧倒的なリターン IYRとRWRは米国でも取引が多く、歴史もあることから安定的です。 円で米国REITを買う場合は今は2515か1659ということになります。 この2つはベンチマークは悪くなく、期待ができます。 しかし、設定日が比較的新しく、流動性が米国ETFに比べると劣る、などの問題がまだあります。 取引量が安定し、定着してくれば問題ありませんが、日本だと海外投資がまだまだ根付いていません。 もっともドルで買うことに慣れていれば前者2つが良いですが、円で買うこと前提ならば後者も悪くはありません。 ただし、REITは不況時に大きく下がる性格を持ちます。 全体としては株式に比重を置き、サテライト的に活用していくというのがパフォーマンスも優れるかと思います。 株式投資メインにしつつ、リートETFをトッピングするというのがよいでしょう。 どうしても投信ということならば、質問者様の文中にあったような、ニッセイグローバルリートインデックスファンドのような投資信託で購入というもの手でしょう。 こちらの商品の投資先は米国のみならずグローバルですね。 ご質問ありがとうございました。 関連記事です。 こちらは【IYR】米国不動産ETFの記事です。 ブラックロックのETFで、最も高い人気を誇るreit系ETFの1つです。 アセットクラス、分散投資の考え方です。 こちらも話題は似ています。 分散についてですね。 tapazou.

次の

iシェアーズ米国リートETF(1659)の評価|高い分配金利回りが魅力

リート指数 アメリカ

株式市場が乱高下していてもJリートの配当は安定している 昨今では時々株式市場が乱高下します。 私も米国株・日本株に投資しているので株価が乱高下すると資産がジェットコースターのように増えたり減ったりします。 多分一日100万円を超える単位で資産が変動するときもあります。 でも、NYダウが800ドル下がろうが日経平均が400円下がろうが、私の精神は非常に安定しています。 昔だったら株価が心配で寝られないなんてこともありましたけど、今は大丈夫です。 今は資産の7-8割をリスク資産に投資していて、かつ資産総額が前よりも比較にならないくらい大きいため、変動幅も大きいはずなのですが全く心配になりません。 何故だと思いますか? 答えは簡単で、 投資資産の多くはリートであり、株式市場が乱高下してもリートは毎月変わらず安定して分配金を受け取れているからです。 Jリートの場合、日本高配当株と同様に高い利回りがありつつ不動産賃貸の長期契約をベースにしているため収益は安定しています。 私の見方では 株式市場が混乱すればするほど、Jリートの安定性という魅力がより増してくるはずです。 感染症のパンデミックによる極めて大きな経済へのインパクトにより株式市場が大混乱しています。 株式市場が混乱し停滞するときこそ、Jリートの配当の安定性が魅力的と考えています。 直近で金利が大きく上がることは考えにくいのでJリートは買い 現在 先進国の政策金利は非常に低い水準です。 いわゆるゼロ金利が先進国に広がっています。 各国が政策金利を下げるのは景気が悪いからですが、現在景気が絶好調な国なんてありませんし今後の景気の見通しも決してよくありません。 この中で先進各国の政策当局が金利を上げるという判断を容易にするとは思えません。 資金の需給面についてはどうでしょうか? 銀行にしたって資金の貸し出し需要が多くあればいいのですが、今の主流のビジネスはあまり巨額の資金を必要としないビジネスが多いです。 日本のいたる所で工場を建てまくったりすればお金は必要ですが、経済の主体がサービス産業に移行して期待今企業も多額の資金を借り入れる必要はありません。 結果、資金の需給の観点でも金利は上がらないでしょう。 Jリートは多額の借り入れをして不動産に投資するビジネスです。 金利負担はJリートの収益と配当にお大きな影響を与えます。 金利が増えれば支払い配当金が増え、利益が減り、株主への配当金も減ってしまいます。 その結果、一株配当金が減り株価は下がってしまうかもしれません。 でも、 金利が直近では上る見込みがないとしたらどうでしょうか? Jリートの金利負担が増えないのですから、安定して配当金を支払うことができます。 もし今後金利が上がるどころか更に下がるとすると、金利負担が減り利益は増えるので配当金を増やすことができるかもしれません。 私は直近で金利が大きく上がることは考えにくいと考えています。 そして、 その結果Jリートの金利負担は増えることはなくむしろ減る方向にあると考えるため、Jリートの収益性はこれから上がる方向ではないかと考えます。 このため Jリートは買いだと考えるのです。 将来の配当が安定しているJリートを選別して投資するのがおすすめ Jリートは買いだと考えていますが、その理由は 配当が安定的だと考えられるからです。 Jリートの中には配当が安定しない、あるいは今後減る可能性と想定される銘柄も存在します。 Jリートは買いだと考えつつも、配当が変動する可能性があるリートは当面避けたほうが良いと考えます。 具体的には、• ホテル系のリート(変動賃料によって配当が変わる)• オフィス系のリート(今後在宅勤務が普及していくとオフィス需要は減ることが予想される)• 商業施設系のリート(商業施設の閉鎖が長期間続く可能性があり、テナントの退去あるいは賃料の減免が避けられないと予想される) といったものです。 あくまで「 配当が安定すると考えられるJリートは買い」という前提で投資を検討しましょう。 まとめ Jリートの価格が大きく下がった中で、果たしてJリートは今でも買いなのかを検討してみました。 当ブログでは、 今後株世界経済が停滞し株式市場が混乱する方向にあるからこそJリートは買いである、と考えます。 なぜなら、• 株式市場が混乱しても、Jリートの配当の安定性には変わりはない• 世界経済が停滞すれば金利は直近で大きく上がることは考えにくいため、Jリートの収益と配当はこれからも安定する からです。 私はこの銀行預金金利とJリートの分配金水準との大きな差が安定して続くと思っていますので、Jリートは買いだと思うのです。 私は過去3年間Jリートをホールドしてきて、ずっと毎月安定した分配金をもらえています。 給料以外にJリートの分配金という不労所得があるととても生活が楽になります。 Jリートに投資するなんてことは、ネット証券に口座を開いて注文ボタンを押すだけで誰でもできることです。 Jリートに投資するのは決してまだ遅くありませんので、あなたもぜひJリートに投資していきましょう。 Jリートの選び方については以下も参照下さい。

次の

S&P米国REIT指数(リート・インデックス)とは?

リート指数 アメリカ

REIT(リート)とは REIT(読み方:リート)とは、不動産投資信託と呼ばれる、投資家から調達した資金で複数の不動産にし、賃貸収入や売買益を投資家に配分する仕組みのです。 REITは取引所にされていて、で売買することができます。 REITは投資家から集めたお金を不動産に投資する仕組みのですので、不動産へ投資するだけの資金が必要ですし、投資家からそれだけのお金を集めなければならないので「お金の量」がREITに大きく影響します。 ゆえに、のなどでの状態となればREITへの投資が増えて上昇しやすくなります。 また、の上昇もREITの上昇要因ですので、率の上昇も見ておきましょう。 物価はの相場に影響を受けやすいので、原油の動向も見ておいた方がいいです。 原油高・物価上昇でREITは上昇しやすくなります。 逆に言えば、中央銀行のやインフレ率の低下・原油の低下などはREITの下落要因となります。 物価の指標や原油価格の推移は、当サイトの各ページでチェックできますのでご活用ください。 また、REITはの影響を受けにくいのも特徴の一つです。 REITの上昇要因・下落要因や不動産と金利の関係は、以下のページでまとめていますので参照してください。 米国REIT指数(米国リート指数)とはーわかりやすく解説 米国REIT指数は、米国(アメリカ)のREIT市場全体の動きを表している指数で、米国の不動産市場・住宅市況を反映する指数として非常に注目度が高いです。 というのも、これまで不動産の上昇・下落局面で、米国REIT指数は先行して上昇・下落しやすかったからです。 米国REIT指数の長期的な推移を見ると、米国REIT指数の上昇・下落の循環(波)は株に比べて緩やかです。 そのため、循環の期間を明確に判断しにくいですが、上昇と下落は9-16年あたりで1循環しやすい傾向はあります。 この循環は、株の2,3倍程度はあります。 つまり、不動産の1循環の間に株は2-3循環しているということです。 米国REIT指数は株価に先行する? 米国REIT指数は上記の通り、不動産の上昇・下落に先行しやすい傾向がありますが、不動産がからに転じる時には、それに遅れて株価も下降トレンドに転じてきたことから、米国REIT指数は米国株のピークを計る・あるいはそれを占う指標としても使われることが多いです。 日本株は日本の経済どうこうよりも米国株に連動しやすいことから、日本の投資家からも米国REIT指数は大変注目されています。 また、米国REIT指数は「」という株と似た動き方をする傾向もあります。 つまり、緩やかな上昇局面があった後、下落局面は「短く」大きな暴落になりやすい傾向があります。 「短く」と言っても、下落期間は平均で2-4年です。 不動産の循環は緩やかですので、下落期間も2-4年はかかっています。 過去の傾向では、不動産と株の暴落の局面では、最終的な下落率は株より不動産の方が大きくなりやすく、不動産の下落率が大きければ株の下落率も大きくなりやすいです。 不動産(住宅価格)と景気・金融政策の関係 不動産の上昇は、株と同じでがあります。 不動産が上昇すれば財産が増えて消費が増え、がよくなりやすいので、景気を計る指標としても米国REIT指数は注目されています。 一方、不動産の上昇でインフレ懸念が起こりやすくなります。 米国の不動産を見る場合、住宅価格の動向もチェックしてください。 住宅価格の推移は「」で確認するのが一般的ですので、当サイトで掲載しています。 景気の山と谷、住宅価格の山と谷はほぼ似た動きをしやすいです。 これまで住宅価格が下がればが訪れて株価下落が起こっていますので、住宅価格のピークは見ておいた方がいいです。 過去の傾向では、住宅価格のピークの2-3年後に景気後退している傾向があります。 それらは概ね金融引き締めが伴っているので、中央銀行の動向もチェックしておきましょう。 不動産は循環の期間が長いため参考になるものが少なく、転換のキッカケとなるものは明確に判断しにくい面がありますが、が大きく影響していると考えることができます。 米国のREIT動向を示す代表的な指数で、当指数は定期的に開催される会合によって構成銘柄の選択、配当の取り扱い、ウェイトなどが管理・変更されます。 Industrial REITs(インダストリアルリート)とは、産業用不動産REITです。 Specialized REITs(スペシャライズドリート)とは、特化型不動産REITです。 セルタワーやデータセンターなどに特化したREITです。 セルタワーとは、移動体通信ネットワーク用の電波中継棟です。 Residential REITs(レジデンシャルリート)とは、レジデンス(賃貸住宅)に特化した不動産REITです。 Health Care REITs(ヘルスケアリート)とは、高齢者向け住宅、有料老人ホーム、病院などのヘルスケア施設に特化した不動産REITです。 Retail REITs(リテールリート)とは、モールやショッピングセンターなど商業施設に特化した不動産REITです。 Office REITs(オフィスリート)とは、オフィスに特化した不動産REITです。 日 米国REIT指数 前日比 7. 16 1,190. 63 -18. 59 7. 15 1,209. 46 7. 14 1,193. 02 7. 13 1,185. 74 -9. 26 7. 10 1,195. 70 7. 9 1,189. 30 -9. 91 7. 8 1,199. 21 -1. 71 7. 7 1,200. 92 -29. 52 7. 6 1,230. 44 -4. 46 7. 2 1,234. 90 -5. 49 7. 1 1,240. 66 6. 30 1,209. 27 6. 29 1,198. 50 6. 26 1,175. 96 -22. 91 6. 25 1,198. 94 6. 24 1,181. 93 -30. 59 6. 23 1,212. 52 -6. 25 6. 22 1,218. 86 6. 19 1,216. 91 -33. 71 6. 18 1,250. 62 -11. 11 6. 17 1,261. 73 -21. 82 6. 16 1,283. 62 6. 15 1,254. 09 6. 12 1,239. 38 6. 11 1,193. 46 -80. 78 6. 10 1,274. 24 -40. 73 6. 9 1,314. 97 -27. 00 6. 8 1,341. 41 6. 5 1,305. 44 6. 4 1,252. 12 -6. 85 6. 3 1,258. 93 6. 2 1,213. 89 6. 1 1,203. 06 5. 29 1,174. 09 -16. 91 5. 28 1,191. 71 5. 27 1,190. 38 5. 26 1,170. 08 5. 22 1,122. 81 5. 21 1,115. 18 5. 20 1,113. 75 5. 19 1,103. 09 -11. 94 5. 18 1,115. 15 5. 15 1,046. 88 -4. 39 5. 14 1,051. 39 5. 13 1,045. 88 -27. 36 5. 12 1,073. 24 -56. 05 5. 11 1,129. 29 -22. 39 5. 8 1,151. 23 5. 7 1,124. 44 5. 6 1,105. 01 -21. 23 5. 5 1,126. 71 5. 4 1,122. 53 -7. 91 5. 1 1,130. 44 -41. 61 4. 30 1,172. 05 -18. 88 4. 29 1,190. 41 4. 28 1,161. 66 4. 27 1,143. 72 4. 24 1,102. 99 4. 23 1,095. 15 -10. 64 4. 22 1,105. 34 4. 21 1,093. 45 -17. 36 4. 20 1,110. 81 -47. 17 4. 17 1,157. 08 4. 16 1,118. 90 -20. 52 4. 15 1,139. 42 -54. 24 4. 14 1,193. 32 4. 13 1,159. 34 -53. 98 4. 9 1,213. 99 4. 8 1,142. 20 4. 7 1,076. 67 4. 6 1,060. 79 4. 3 979. 67 -17. 04 4. 2 996. 71 -8. 99 4. 1 1,005. 70 -77. 24 3. 31 1,082. 94 -20. 17 3. 30 1,103. 62 3. 27 1,091. 96 3. 26 1,082. 40 3. 25 1,018. 22 3. 24 965. 18 3. 23 885. 73 -39. 20 3. 20 924. 93 -37. 73 3. 19 962. 17 3. 18 947. 49 -112. 20 3. 17 1,059. 81 3. 16 1,005. 88 -233. 61 3. 13 1,239. 46 3. 12 1,142. 03 -132. 60 3. 11 1,274. 63 -90. 82 3. 10 1,365. 88 3. 9 1,312. 57 -111. 70 3. 6 1,424. 27 -23. 64 3. 5 1,447. 91 -34. 60 3. 4 1,482. 67 3. 3 1,427. 84 -5. 75 3. 2 1,433. 56 2. 28 1,380. 03 -34. 50 2. 27 1,414. 53 -81. 60 2. 26 1,496. 13 -15. 79 2. 25 1,511. 92 -45. 55 2. 24 1,557. 47 -21. 66 2. 21 1,579. 39 2. 20 1,572. 02 2. 19 1,550. 72 -23. 92 2. 18 1,574. 42 2. 14 1,574. 47 2. 13 1,555. 60 2. 12 1,545. 43 2. 11 1,539. 72 -0. 12 2. 10 1,539. 21 2. 7 1,522. 63 -1. 75 2. 6 1,524. 66 2. 5 1,517. 72 -0. 75 2. 4 1,518. 65 2. 3 1,502. 18 1. 31 1,498. 64 -17. 97 1. 30 1,516. 61 -0. 50 1. 29 1,517. 11 -2. 45 1. 28 1,519. 07 1. 27 1,514. 49 -8. 23 1. 24 1,522. 72 -4. 69 1. 23 1,527. 34 1. 22 1,515. 07 -11. 40 1. 21 1,526. 60 1. 17 1,511. 17 1. 16 1,510. 42 1. 15 1,495. 09 1. 14 1,482. 19 -5. 69 1. 13 1,487. 92 1. 10 1,471. 30 1. 9 1,461. 66 -2. 26 1. 8 1,463. 14 1. 7 1,458. 78 -16. 03 1. 6 1,474. 39 1. 3 1,472. 50 1. 2 1,456. 92 -24. 43 当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。 当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。 当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。

次の