コインランドリー経営 ランキング。 コインランドリー開業・経営支援のせんたくウサギチェーン

【コインランドリー経営】2019年3年目の実績公開!単体黒字は達成できたのか?否!

コインランドリー経営 ランキング

明けましておめでとうございます。 2020年一発目のブログは皆様の関心の高い実績公開をしていきます。 タイトルでネタバレした感がありますが、借入金返済まで含めるとコインランドリー事業単体ではキャッシュフローは生まれておらず、ひたすらキャッシュアウトが続いております。 2019年にTwitterやブログ、果ては楽待で「コインランドリーは簡単には儲からない!」と散々言っているので、やはり簡単には黒字に転換するなんてドラマチックな展開は起こらないのでありました。 読者のみんな、これがリアルだよ! 新年早々、お年玉キャンペーンで現金ばら撒きRTしている暇があれば、ビジネス書読むか、ジム行って身体を鍛えて決戦の時に備えておいた方が良いですよ。 では早速2019年の赤裸々な数字を公開、振り返り解説していきます。 Contents• 2019年の売上公開!前半戦 2019年はTwitterとブログを開始してコインランドリーに関しての情報発信を始めた年となりました。 さてさて、そんななんとか前年の売上超えを果たした2019年でしたが安心してはいられません。 だってまだトータルで現金を垂れ流しているんですからっ! (何とかアパート収入の範囲内に収まってくれる様になったので、総事業内では回っているんですがいつこのコインランドリーが牙を剥くか分からないのです) ではどういう数字で2019年を終えたのか公開しましょう! 2019年1月の27ヶ月目は525,000円(1日平均16,422円)というスタートになりました。 前年割れしているので売上的には昨年に負けていますが、とりあえずの50万を超えてきているので良しとしましょう。 しかし6月までは売上的に少し下降気味です。 冬の方が気温も下がって洗濯物の乾燥が悪くなるので乾燥機の利用が増えると思うんですが、乾燥機の動きも至って普通です。 他の地域は違うかもしれませんが、住みやすい都市ランキング上位の福岡は冬は乾燥して雨は少なく、そこまで気温も下がらずとても快適な環境が影響しているのでしょう(涙) 更には最近は自分が子供の頃より冬の痛い程の寒さは感じられず、冬と呼べる様な寒さを実感する期間が短くなっている気がします。 地球温暖化万歳ですね!www 話はそれましたが6月までは大きな動きはありませんでした。 特筆するならば一般的に春の衣替えシーズンとなる5月ですが、洗濯機の売上は上がっています。 洗濯機の稼働に続いて乾燥機の売上も上がって欲しいところですが、 乾燥機216,000円に対して洗濯機245,300円という謎の逆転現象が発生しています。 これは洗濯乾燥機の売上が年間2位の164,400円を記録しているので、洗濯乾燥機で完結している客層が一定数いたのでしょう。 しかし前後の月の売上を見ても他の洗濯機の売上も好調なので乾燥機ももっと動いても良いはずです。 これは心当たりがあるのですが、コインランドリーで洗濯して乾燥機を使わずに家で干す客層が存在するということです。 オーナーとしては乾燥機まで使ってふわふわに仕上げて帰ろうよ〜と思うのですが、5月は晴れの日も多く家で洗濯物を干すという選択肢が出てきてしまうんですね。 これも全て雨が月の半分くらい降ってくれたおかげである。 アメのおかge … オワカリイタダケタダロウカ…… 売上は天気次第という事を— アイン コインランドリー大家 ainecoinlaundry なんと月の売上が60万を超えました! ツイートしてる様に雨が降ってくれたおかげです。 雨様様・・・ 特に8月後半は台風が来たりして雨がいい感じに続いてくれたんですよね。 前年比200%って・・・本当に予測がつかないです。 しかし喜びは束の間。 9月は一気に落ち込みます。 秋雨前線は何処へ?と天気図と睨めっこしていましたが、秋雨前線はあまり活躍してくれない2019年でした。 10月からは月曜から金曜までの平日洗濯機半額キャンペーンを実施します。 これは何度も言っている様に洗濯機が平均で1日1回しか稼働しないので、稼働を上げる為の苦肉の策でした。 もちろん利用料金を半額にしても1回の洗濯にかかるコスト(水道、電気、洗剤代)は変わらないので洗濯機の利益は落ちます。 それでも高額な洗濯機を遊ばせておくよりかは、お客様を呼び込んだ方が認知度UPに繋がり、洗濯の後の乾燥機需要を伸ばせるという決断でした。 時期的にも秋の衣替えの時期と重なり、半額キャンペーン以降は洗濯機の稼働がグンと上がりました。 通常料金換算で見ても平均2回前後の売上となっていたので、実際は一日3〜4回稼働していると思われます。 これは詳細なデータ集計が出来るシステムがないので、稼働の結果は集金金額から推し量るしか出来ないのが悲しいところです。 それでも確実に洗濯機の稼働が上がった事が実感出来たので、来店数UPにも繋がったと確信できました。 同時に水道代も上がりました(涙) 10月から平日洗濯機半額キャンペーンをしているので、売上から見ても稼働は倍以上になっている。 なので水道料金も通常の倍以上だ。 当然の結果だ。 — アイン コインランドリー大家 ainecoinlaundry なんて強がりもTweetしながらお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ水道料金の請求書を眺めているのでした。 とはいえ、半額キャンペーンの効果か、はたまた衣替えや季節的なコインランドリー需要が重なったのか詳細は判断しかねますが、10月から年末までの売上は前年比から見ても良い数字に落ち着きます。 そして12月は過去最高の 818,800円(1日平均26,413円) の売上を記録しました。 目標は1日3万円の90万円でしたが、80万の大台に乗ったことは素直に嬉しいです。 やっと借入金返済後にまともなキャッシュフローが出たのです。 しかし売上が伸びている事は間違い無いのでこのまま借入金返済がなくなれば、やりようはいくらでもあるでしょう。 売上も基本の伸び代は何もしなければ4年目までとメンテナンスに来た人が言っていたので2020年は勝負の年となりそうです。 コインランドリー経営3年を振り返って 石の上にも3年と諺がある様に3年経ちましたが、まだまだ黒字化への道のりは長そうです。 3年間の推移をグラフにしてみました。 上から月間売上、1日平均売上、乾燥機と洗濯機の売上となります。 売上の振り幅はありますが、少しずつ売上が伸びている事が何よりの救いです。 コインランドリー経営1年目、2年目の方は是非参考にされてみてください。 規模により売上の数字は変わりますが、季節の変動、年度の変動は参考になると思います。 そして、コインランドリー経営を検討している方へ。 上記の折れ線グラフから分かる様に月の売上は乱高下します。 しかもこの乱高下の要因の多くは天候なのです。 販売会社の言う安定経営とは程遠いので、年間通して長期で売上を見通せる体力、気力が必要です。 今もなお出店が目立つコインランドリー業界は戦国時代に突入しています。 商圏内に競合店が出店すれば、売上は折半となります。 メーカーの言う顧客総取りなんて現象は絶対に起こりません! 副業としてコインランドリー経営を考えているサラリーマンの方や、事業拡大を検討されている企業の方はもう一度冷静になってみましょう。 情報発信をした2019年 雨に振り回されるコインランドリー経営ですが、それだけではダメだとコインランドリー経営の先輩方からアドバイスをいただきました。 1年間の半分以上は雨降らないのだから、晴れの日の集客を工夫していく必要があります。 2016年のオープンからずっと雨乞いをメインにしてきましたが(笑)、まだ改善出来る箇所があると知りコインランドリー経営に改めて向き合っていく所存でございます。 これもSNS、ブログで情報発信をしたおかげで逆に情報が集まってきたからなんですね。 情報発信をすることの本当の価値はここにあると自分は思います。 この話は長くなりそうなので、いつか別の記事にしたいですね。 そんなアドバイスもあり、10月から店内装飾や大物洗いを促進するPOP等を作成し、需要の開拓に励んでいます。 リアルビジネスの難しいところでもあり、面白いところを実感しながら試行錯誤の毎日です。 環境というものはすごく大事で、環境を整える為には最初は自分で行動しなければいけません。 自分もTwitterを始める前は一人でコインランドリー経営に立ち向かって、何をすればいいか闇の中で手探りをしていましたが、同じコインランドリー経営をしている人達と繋がり、目指す方向も見えてきました。 これから副業や個人で稼ぐ力といった言葉がちらつくと思いますが、そんな時だからこそまずは環境作りを重視した方が良いです。 なのでネットを上手に活用することをお勧めします。 リアルの自分の周囲にはいなくても広大なネットの海には、同じ目的を持った仲間は沢山いるので、一人で悩まない事ですね。 (でも変な人もいるので自己判断でお願いしますw) このブログもコインランドリー経営に限らず、起業や投資を考えている人の参考になれば嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 このブログでは、ネットでもあまり見かけない詳細なコインランドリー投資の失敗談を私の経験から独断と偏見でお伝えしていきます。 私のコインランドリー経営は赤字ですが、コインランドリー経営の全てが悪いという訳ではありません。 中には、綿密に事業計画を立てて、利益をちゃんと上げている企業や経営者は沢山います。 このブログは「コインランドリー投資を私と同じ様な内容で失敗する人を減らしたい」という想いで情報発信していきますので この情報が役に立ったと感じていただけたら、是非拡散をお願い致します。 49,253件のビュー November 6, 2019 に投稿された• 24,841件のビュー September 25, 2019 に投稿された• 4,487件のビュー October 9, 2019 に投稿された• 3,933件のビュー September 16, 2019 に投稿された• 2,663件のビュー January 5, 2020 に投稿された• 2,412件のビュー November 8, 2019 に投稿された• 2,329件のビュー November 2, 2019 に投稿された• 2,149件のビュー October 15, 2019 に投稿された• 1,989件のビュー September 25, 2019 に投稿された• 1,597件のビュー September 26, 2019 に投稿された.

次の

コインランドリー経営で失敗する人の特徴と成功するためのコツ

コインランドリー経営 ランキング

明けましておめでとうございます。 2020年一発目のブログは皆様の関心の高い実績公開をしていきます。 タイトルでネタバレした感がありますが、借入金返済まで含めるとコインランドリー事業単体ではキャッシュフローは生まれておらず、ひたすらキャッシュアウトが続いております。 2019年にTwitterやブログ、果ては楽待で「コインランドリーは簡単には儲からない!」と散々言っているので、やはり簡単には黒字に転換するなんてドラマチックな展開は起こらないのでありました。 読者のみんな、これがリアルだよ! 新年早々、お年玉キャンペーンで現金ばら撒きRTしている暇があれば、ビジネス書読むか、ジム行って身体を鍛えて決戦の時に備えておいた方が良いですよ。 では早速2019年の赤裸々な数字を公開、振り返り解説していきます。 Contents• 2019年の売上公開!前半戦 2019年はTwitterとブログを開始してコインランドリーに関しての情報発信を始めた年となりました。 さてさて、そんななんとか前年の売上超えを果たした2019年でしたが安心してはいられません。 だってまだトータルで現金を垂れ流しているんですからっ! (何とかアパート収入の範囲内に収まってくれる様になったので、総事業内では回っているんですがいつこのコインランドリーが牙を剥くか分からないのです) ではどういう数字で2019年を終えたのか公開しましょう! 2019年1月の27ヶ月目は525,000円(1日平均16,422円)というスタートになりました。 前年割れしているので売上的には昨年に負けていますが、とりあえずの50万を超えてきているので良しとしましょう。 しかし6月までは売上的に少し下降気味です。 冬の方が気温も下がって洗濯物の乾燥が悪くなるので乾燥機の利用が増えると思うんですが、乾燥機の動きも至って普通です。 他の地域は違うかもしれませんが、住みやすい都市ランキング上位の福岡は冬は乾燥して雨は少なく、そこまで気温も下がらずとても快適な環境が影響しているのでしょう(涙) 更には最近は自分が子供の頃より冬の痛い程の寒さは感じられず、冬と呼べる様な寒さを実感する期間が短くなっている気がします。 地球温暖化万歳ですね!www 話はそれましたが6月までは大きな動きはありませんでした。 特筆するならば一般的に春の衣替えシーズンとなる5月ですが、洗濯機の売上は上がっています。 洗濯機の稼働に続いて乾燥機の売上も上がって欲しいところですが、 乾燥機216,000円に対して洗濯機245,300円という謎の逆転現象が発生しています。 これは洗濯乾燥機の売上が年間2位の164,400円を記録しているので、洗濯乾燥機で完結している客層が一定数いたのでしょう。 しかし前後の月の売上を見ても他の洗濯機の売上も好調なので乾燥機ももっと動いても良いはずです。 これは心当たりがあるのですが、コインランドリーで洗濯して乾燥機を使わずに家で干す客層が存在するということです。 オーナーとしては乾燥機まで使ってふわふわに仕上げて帰ろうよ〜と思うのですが、5月は晴れの日も多く家で洗濯物を干すという選択肢が出てきてしまうんですね。 これも全て雨が月の半分くらい降ってくれたおかげである。 アメのおかge … オワカリイタダケタダロウカ…… 売上は天気次第という事を— アイン コインランドリー大家 ainecoinlaundry なんと月の売上が60万を超えました! ツイートしてる様に雨が降ってくれたおかげです。 雨様様・・・ 特に8月後半は台風が来たりして雨がいい感じに続いてくれたんですよね。 前年比200%って・・・本当に予測がつかないです。 しかし喜びは束の間。 9月は一気に落ち込みます。 秋雨前線は何処へ?と天気図と睨めっこしていましたが、秋雨前線はあまり活躍してくれない2019年でした。 10月からは月曜から金曜までの平日洗濯機半額キャンペーンを実施します。 これは何度も言っている様に洗濯機が平均で1日1回しか稼働しないので、稼働を上げる為の苦肉の策でした。 もちろん利用料金を半額にしても1回の洗濯にかかるコスト(水道、電気、洗剤代)は変わらないので洗濯機の利益は落ちます。 それでも高額な洗濯機を遊ばせておくよりかは、お客様を呼び込んだ方が認知度UPに繋がり、洗濯の後の乾燥機需要を伸ばせるという決断でした。 時期的にも秋の衣替えの時期と重なり、半額キャンペーン以降は洗濯機の稼働がグンと上がりました。 通常料金換算で見ても平均2回前後の売上となっていたので、実際は一日3〜4回稼働していると思われます。 これは詳細なデータ集計が出来るシステムがないので、稼働の結果は集金金額から推し量るしか出来ないのが悲しいところです。 それでも確実に洗濯機の稼働が上がった事が実感出来たので、来店数UPにも繋がったと確信できました。 同時に水道代も上がりました(涙) 10月から平日洗濯機半額キャンペーンをしているので、売上から見ても稼働は倍以上になっている。 なので水道料金も通常の倍以上だ。 当然の結果だ。 — アイン コインランドリー大家 ainecoinlaundry なんて強がりもTweetしながらお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ水道料金の請求書を眺めているのでした。 とはいえ、半額キャンペーンの効果か、はたまた衣替えや季節的なコインランドリー需要が重なったのか詳細は判断しかねますが、10月から年末までの売上は前年比から見ても良い数字に落ち着きます。 そして12月は過去最高の 818,800円(1日平均26,413円) の売上を記録しました。 目標は1日3万円の90万円でしたが、80万の大台に乗ったことは素直に嬉しいです。 やっと借入金返済後にまともなキャッシュフローが出たのです。 しかし売上が伸びている事は間違い無いのでこのまま借入金返済がなくなれば、やりようはいくらでもあるでしょう。 売上も基本の伸び代は何もしなければ4年目までとメンテナンスに来た人が言っていたので2020年は勝負の年となりそうです。 コインランドリー経営3年を振り返って 石の上にも3年と諺がある様に3年経ちましたが、まだまだ黒字化への道のりは長そうです。 3年間の推移をグラフにしてみました。 上から月間売上、1日平均売上、乾燥機と洗濯機の売上となります。 売上の振り幅はありますが、少しずつ売上が伸びている事が何よりの救いです。 コインランドリー経営1年目、2年目の方は是非参考にされてみてください。 規模により売上の数字は変わりますが、季節の変動、年度の変動は参考になると思います。 そして、コインランドリー経営を検討している方へ。 上記の折れ線グラフから分かる様に月の売上は乱高下します。 しかもこの乱高下の要因の多くは天候なのです。 販売会社の言う安定経営とは程遠いので、年間通して長期で売上を見通せる体力、気力が必要です。 今もなお出店が目立つコインランドリー業界は戦国時代に突入しています。 商圏内に競合店が出店すれば、売上は折半となります。 メーカーの言う顧客総取りなんて現象は絶対に起こりません! 副業としてコインランドリー経営を考えているサラリーマンの方や、事業拡大を検討されている企業の方はもう一度冷静になってみましょう。 情報発信をした2019年 雨に振り回されるコインランドリー経営ですが、それだけではダメだとコインランドリー経営の先輩方からアドバイスをいただきました。 1年間の半分以上は雨降らないのだから、晴れの日の集客を工夫していく必要があります。 2016年のオープンからずっと雨乞いをメインにしてきましたが(笑)、まだ改善出来る箇所があると知りコインランドリー経営に改めて向き合っていく所存でございます。 これもSNS、ブログで情報発信をしたおかげで逆に情報が集まってきたからなんですね。 情報発信をすることの本当の価値はここにあると自分は思います。 この話は長くなりそうなので、いつか別の記事にしたいですね。 そんなアドバイスもあり、10月から店内装飾や大物洗いを促進するPOP等を作成し、需要の開拓に励んでいます。 リアルビジネスの難しいところでもあり、面白いところを実感しながら試行錯誤の毎日です。 環境というものはすごく大事で、環境を整える為には最初は自分で行動しなければいけません。 自分もTwitterを始める前は一人でコインランドリー経営に立ち向かって、何をすればいいか闇の中で手探りをしていましたが、同じコインランドリー経営をしている人達と繋がり、目指す方向も見えてきました。 これから副業や個人で稼ぐ力といった言葉がちらつくと思いますが、そんな時だからこそまずは環境作りを重視した方が良いです。 なのでネットを上手に活用することをお勧めします。 リアルの自分の周囲にはいなくても広大なネットの海には、同じ目的を持った仲間は沢山いるので、一人で悩まない事ですね。 (でも変な人もいるので自己判断でお願いしますw) このブログもコインランドリー経営に限らず、起業や投資を考えている人の参考になれば嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 このブログでは、ネットでもあまり見かけない詳細なコインランドリー投資の失敗談を私の経験から独断と偏見でお伝えしていきます。 私のコインランドリー経営は赤字ですが、コインランドリー経営の全てが悪いという訳ではありません。 中には、綿密に事業計画を立てて、利益をちゃんと上げている企業や経営者は沢山います。 このブログは「コインランドリー投資を私と同じ様な内容で失敗する人を減らしたい」という想いで情報発信していきますので この情報が役に立ったと感じていただけたら、是非拡散をお願い致します。 49,253件のビュー November 6, 2019 に投稿された• 24,841件のビュー September 25, 2019 に投稿された• 4,487件のビュー October 9, 2019 に投稿された• 3,933件のビュー September 16, 2019 に投稿された• 2,663件のビュー January 5, 2020 に投稿された• 2,412件のビュー November 8, 2019 に投稿された• 2,329件のビュー November 2, 2019 に投稿された• 2,149件のビュー October 15, 2019 に投稿された• 1,989件のビュー September 25, 2019 に投稿された• 1,597件のビュー September 26, 2019 に投稿された.

次の

コインランドリー経営の開業資金はいくら?始めるのに必要なもの

コインランドリー経営 ランキング

ビジネス特許、クラウドランドリーシステム開発など成長要素が豊富 WASHハウス<6537> まさに急成長企業の様相 コインランドリー業界唯一の上場企業として昨年11月22日の上場以来注目を集めているのが、 WASHハウス<6537>です。 宮崎市に本社をおくローカル企業ですが、ビジネスは全国規模。 個人的には10年以上前から知っている企業で、その当時から上場を目指していました。 コインランドリーを主として九州中心にFC展開し、16年末時点で 全国に386店舗。 今年は156店舗の開店を計画しており、年末には542店舗になる予定ですが、 将来的には国内だけで20,000~25,000店、海外では東南アジアや米国への進出も計画しているようです。 首都圏への本格進出は来年からということで、店舗数は今後一段と急ピッチで伸びていくと予想。 まさに 急成長企業の様相です。 WASHハウスは、本社による 遠隔監視・遠隔制御についてのビジネスモデル特許を保有しています。 さらに米マイクロソフトとランドリー機器メーカーのアクア(三洋電機)と共同で、 クラウドランドリーシステムを開発中。 年内には実用化の見込みで国内だけでなく、海外進出の際には競争力の決め手になるかもしれません。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の