簡単自殺。 拳銃自殺の方法

Googleは自殺方法を教えてくれないらしい|ワタガシ/営業ウーマン|note

簡単自殺

質問一覧• 自殺は日本国内では違法なので教えることが出来ません。 仮に自分がするならどの方法でしますか? 」 というのに、私の記憶が正しければ「首吊り」と著者は答えたそうですが、その理由は何ですか?... 間も質問させていただきました、高校生です。 母に、わたしの気持ちなんてわからないのに…ほっといてよ!と言ってしまいました。 そうしたら、じゃあ言えばいいじゃん!と言われました。 しかし、たくさん理由があること、そし... 閲覧できる方法を教えてください 自殺したいとかではないのでお願いします... 王道の首吊りです。 欲が収まらず自殺方法を調べたり確実に死ねそうな場所を探す ・部屋が散らかっているのに片付けをする気がおきない ・食器洗いも洗濯もする気にならず溜めてしまう ・過去の辛い経験が頭から離れず早く消えたいと思う ・自分は... 無くなりたいです。 でも子供や親、仕事のことを考えると今は死ねません。 でも、自分が悪いのですが、この状況 から今すぐ逃げ出して無になりたいです。 でも今は出来ません、いざ死のうとしても色々方法を考えてもスタンダードな... 自殺方法をたくさん調べてしまいます。 彼のことが大好きだったので、これから先、恋愛なんてできる気がしません。 もう全部比べてしまって。 楽しい思い出がたくさん浮かんできて、毎日涙が止まりません。 私はこれから先ど...

次の

家庭用の塩素系洗剤による自殺も、苦しまず簡単に死に至るわけではない|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

簡単自殺

簡単に死ぬ方法は、実に簡単です。 実に多くの人々が、簡単な死を選ばず、困難な死を選択しています。 上記、私のダイアリーでは、様々な死を取り上げています。 死を大事業と考えている人々の死です。 死の反対は生ですね。 生きようなどと思うから死にたくもなるのですね。 生も死も超越してしまえばいいのではないでしょうか。 雀 スズメ は、生も死も考えないから、楽々死んで行けるのですね。 薬など使って死のうなどと思うのは人間だけで、しかも死に損なって、苦しむのですね。 生も死も一つ、生きたいと思ったって死ぬ時は死にます。 死ぬことは簡単です。 簡単に死ねます。 あなたにも私にも死は訪れます。 その時は死ぬしかないのです。 生き延びられません。 あえて簡単に死ぬ秘訣はと云えば、生きようなどとは思わないだけでいいのです。 スズメのように、チュンチュンと軽い足取りではねていれば、人生なんて、楽珍なものですね。 考えないで、ただひたすら生きる、これが簡単に死ぬ方法です。 建設業における労働災害 何をもって『簡単』とされるかはわかりませんが、いくつかの状況を仮定した場合、 回答として『労働死亡災害』が挙げられます。 リンク先は、ある年のデータをモデルに建設業に於ける労災発生率の高さを解説した ページですが、同業種は数十年間相変わらず我が国に於ける労災発生業種の一位の位置に おり、特に労働死亡災害の発生率においては、次点の倍以上の発生率をみています。 私の経験から言えば、仕事に熱中する人ほど、労災に遭遇する事が多いようです。 私の 身の回りで起きた、墜落・感電・熱中症(熱射病)による死亡事故が、やはりこういった 仕事熱心な人達による災害でした。 ですので、こういう死亡災害の発生率の多い職場に従事し、一つの仕事に没頭していると、 死亡災害に遭う率も格段に高くなるという意味で、『簡単に死』ねる、と言えます。 urlはダミーです。 吉野朔実さんの著書 「この本によって自殺者は増えるだろうか?」によると、「自殺というのは生きることと同じくらい面倒」らしいです。 「身近で手軽な死」というのが キーワードみたいです。 自殺にしろ 他殺にしろ、戦争でさえも。 石田衣良は上記著で 「どれほど些細な理由でも自殺できるし その反対にどれほどくだらない目的でも 生きていくことができる」そうです。 養老さんの「死の壁」では「死」を 「取り戻せないもの」と定義しています。 質問者へ回答をした者ですが、コピーを保存してありませんでしたので、私の回答を開示して下さい。 事務局は質問だけで、回答を軽視しているのでしょうか。 その回答者の意志を無視することは、回答者を愚弄しているとも考えられます。 はてな利用規約 第5条(ユーザーの責任)第2項より 「本サービス上においてユーザーが自己のユーザー名のもとに開示した、質問及び回答、掲示板への発言等全ての情報に関する責任は、ユーザー各自にあります。 従って、当社はユーザーが本サービスにおいて開示した質問や回答、掲示板への発言等の内容について、一切の責任を負いません。 」 「全ての情報に関する責任」の範囲はいささかアイマイですが、取りあえずこれまでの所、ログを保存しておくのはユーザーの自己責任の範囲であったかと思います。 また、「質問に対する答を求める」というサイトの目的から言って、質問者が必要と認める情報が得られればそこで閲覧を打ち切ることは充分考えられる行為であり、またそれはシステム上可能であるのですから、回答者として「全ての回答は開示されるはずだ」という期待は、明らかに得られません。 ログを保存しておかれなかったことはお気の毒ですが、あきらめるか、または授業料と思って(それにしても回答数が多いですが)ポイントを支払いオープンするしかないと思います。 ちなみに、同様の失意を感じている回答者は(私を含めて)もちろん多数いると思います。 しかし、下のURLのような企画をされる方もおられますので、「はてな」に失望のみを感じられるよりも、ご自分が「はてな」に対して何ができるか?を考えて頂いた方が建設的ではないかと思います。 最後に、事務局への問いかけは、メールの方が良いと思います。 hatena.

次の

女の自殺は失敗するが、男の自殺は確実に死ぬ理由

簡単自殺

自殺を実行してしまう人の共通点 「死にたい」と周囲にこぼす人と「 実際に行動に移す人」では、 思考回路に大きな違いがあります。 実際に自殺に踏み切ってしまう人は、周囲とのコミュニケーションを徐々に避け始めるのだそう。 「 周囲に相談」「 救済を求める」。 これらは、コミュニケーションをとる気力があってはじめて可能になります。 自殺をしてしまう人の多くは、そんな余裕はなく、 人に頼る方法は選択肢にすらのぼらないのです。 「死ぬしか道がない」という、追い詰められた状態で自殺に至る場合、彼らの視野は極端に狭くなった状態。 生還者のコラムなどを読んでも、「 自殺実行当時の自分は思考が崩壊していた」と、振り返る人が大多数でした。 自傷する人が自殺するとは限らない 自傷行為と自殺行為は同列にあると思われがちです。 リストカットなどの自傷行為の延長線上に、自殺があるという認識。 ただ、実際の場合、自殺する人が前触れとして自傷行為をするとは限らず、反対に、自傷行為をする人がいつか必ず自殺行為をするとも限らないのです。 自殺と自傷は思考が違う もちろん度重なる自傷行為から鬱状態になり、自殺してしまうという方もいるでしょう。 そのように思考が自傷から自殺へ移行した場合以外、 自殺と自傷は実行に至るまでの過程が違うのです。 自傷行為をする人の心理• 生きることにまだ希望を持っている状態• 「事態を改善させたい」「助けてほしい」という望みが他人にも分かるような行動となって表れる 自殺行為をする人の心理• 感情の救済は諦めており、「痛みからの解放」「意識が永久に無くなること」が目的• この目的のためには「死ぬ以外選択肢がない」という状態 適切な策をとれば「自殺は防止できる」 世界保健機関(WHO)が行った「 自殺予防に関する特別専門家会議」。 それによれば、「 自殺は、そのほとんどが防ぐことのできる社会的な問題。 適切な防止策を打てば自殺が防止できる」のだとか。 どう思いますか?これを読んだ時、自殺って、ものすごく個人的な問題であって「社会が良くなったところで、自殺する人は自殺するのではないか」と筆者は思いました。 具体的にどんな策で自殺者が減ったのか、みてみましょう。 自殺者を減らすことに成功した国「スイス」 年々自殺者が増える日本とは対照的に、 自殺者を減らす取り組みが成功している国はいくつかあります。 代表的なのは、オーストリアやフィンランド、そしてスイス。 主に 「自殺の報道のしかた」を変えることで、自殺率を下げることに成功しています。 「自殺を予防する自殺事例報道の在り方」という国際基準があり、そこには具体的な方法が提示されています。 写真や遺書を公表しない• 自殺の詳しい内容や方法を報道しない• 自殺に代わる手段を強調する• ヘルプラインや各地域の支援機関を紹介する 自殺について報道するときには、 自殺以外の選択肢についても併せて語り、 視野を広げられるような報道を心がけること。 あまり日本では見られない配慮ですね。 なんの気なしに見るニュースの内容、これを改めるだけで、非常に高い自殺防止効果があったようです。 ニュースの内容を変えただけ。 これだけで、思いとどまれる人がいるということは、どういうことでしょうか?「自殺するぞ」と切羽詰まっている人の精神状態の危うさ。 軽いきっかけで死にも性にも転んでしまいそうな不安定さが見て取れます。 この方法でスイスは、10年間で自殺者の数を半分以下まで減らすことに成功しました。 減らすための試みを本気で行なった結果。 「 自殺は減らせる」という意識がそうさせたのかもしれません。 「自殺は逃げ」「鬱は甘え」が追い詰める また、スイスについて。 スイスでは「精神病の存在」をタブー視する傾向があったのだとか。 もし身内に精神を病んだものがいれば、ひた隠しにするのが普通だったのだそうです。 日本も似たような傾向が見られますよね。 「 うつは甘え」「 身内に精神病患者がいるのは恥」など、 精神疾患そのものと、それを患っている人から目を背ける風潮は残ります。 タブー視とは、 傷ついている人の存在を無視するということ。 心の弱さでも本人のせいでもなく、誰でも心を病む可能性があるということを、知っておくべきでしょう。 たとえ心を病んでも、周りに助けを求めやすければ選択肢が増えます。 そこから視野が広がり、自殺を食い止める効果があったのではないでしょうか。 自殺幇助、安楽死OKの国「スイス」 最後に、またスイスつながり。 スイスでは、なんと自殺幇助が認められています。 安楽死OK、ということなのですが、日本では想像できないシステムです。 金銭などの、利益を得なければ自殺幇助をしても罪には問われません。 自殺幇助専門の非営利団体もスイスには存在します。 安楽死OKですから、もちろんこの法律は医者にも有効。 もし、末期患者の望みが死であれば医者は協力をします。 末期患者の外国人がスイスの病院で治療を受けようとする問題が起きるほどに支持されているこの法律。 「 自殺」ってなんでしょう? 自分から死ぬって、悪いことではないんでしょうか?そもそも、自殺が悪いという価値観、どこから来たものなのでしょう。 自殺=悪 という価値観 「 自殺だって」と聞けば、みんな眉をひそめます。 人間は、いつか必ず死にます。 ただ世間的には、自分の意志で死のタイミングを決めることは喜ばれることではありません。 農耕民族である日本人は「 命がもったいない」という価値観を持っている、また 聖書では「自殺は重罪」と教えられていることから、海外でも自殺は悪いことと考えられています。 他人を殺すことは「殺人」。 重罪です。 では、 自分を殺すことは?本当に悪いことなのでしょうか。 「自殺は迷惑だから悪い」は間違い 筆者は新宿に住んでいます。 電車を使うと、人身事故でよく遅延します。 いつか駅前の歩道橋での焼身自殺が原因で、交通規制がされたこともありました。 そんな時に周囲の会話から聞こえる言葉で代表的なものが「 死ぬのにわざわざ人に迷惑かけんなよ」「 死ぬなら誰にも迷惑かけんな」という感じのもの。 これ、一見して自殺を悪と捉える言動ですが、本気で迷惑に思っている人はあまりいないことも読み取れるようになってきました。 もちろん、電車が遅れるのは嫌ですが、 自殺者に対して嫌悪の念を持つ人はあまりいないようなのです。 「迷惑」の言い回し、突然遭遇してしまった自殺という重苦しい事態をいったんバウンドさせて、自分の心にマイルドに着地させようとするための防御だと思います。 確かに、自殺って多くの場合突然ですから、手続きや片付けなど、大勢の人が動くことになります。 手を煩わすと考える自殺者は「 ご迷惑をおかけします」という遺書を残したりします。 この風潮からみて、自殺=迷惑=悪?いやいや、自殺は迷惑だから悪いというわけではないでしょう。 電車が止まったり、後片付けについて憤慨する人はいても、「自殺そのもの」に怒り心頭、という方はあまりいません。 心理学の見地では、「 1人自殺するごとに、周囲の人間少なくとも平均6人が心理的にかなり深刻な影響を受ける」という調査結果があります。 自殺者の家族、関係者、業務上自殺後の対応に関わった人達など。 6人は最低人数ですから、学校や職場など大規模な場所で自殺した場合、もっと多くの人々の心理に影響します。 周囲で自殺が起きたことが原因で、 うつ病、不安障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などの深刻な症状に陥ってしまう人もいるのです。 また、自殺者が社会的に影響の強い人物である場合。 遺された人間が自殺の危険を伴う事すらあります。 いわゆる「 後追い」という現象。 ミュージシャンやアイドルの自殺後にファンが自殺することがありますよね。 特に、自殺者と身近だった人間。 彼らは「 自殺を止められなかった」「 気がつかなかった」という 多大な罪責感にさいなまれて、鬱状態が長期的に続くと言われています。 意外と大事な命 「 自分が死んでもどうせ誰も悲しまない」「 自分が死んだほうが事態が好転する」「 死ぬしかない」自殺志願者はこんな風に考え、自殺者になります。 人が死ぬと、残された人間は神妙な気持ちになります。 自殺が起きたら、その場をきれいに片づけて、はい、終わりというわけにはいかないのです。 人は自分で思っている以上に、人の死に対しては敏感で影響を受けやすいものです。 「世の中」というのは、その土地のことではなく、そこに住む人たちのことです。 自殺が一件起きることによって、その人がいた世の中全体を暗くすることになります。 「 自分が死んでも誰も悲しまないだろうな」と考えている人。 そんなはずはありません。 誰であっても、人が死ぬのは寂しくて悲しいことなのです。 仏教は自殺をどう説いている? 自殺幇助は合法で、さらに安楽死OKのスイス、議論すら控えめな日本。 国によって自殺への価値観が変わることをお伝えしましたが、 世界中に広まる宗教は自殺をどのように捉えているのでしょうか? ユダヤ教、キリスト教、イスラム教では古くから 自殺は禁止。 もともとは、殉教者(宗教の教えの為に命を絶つ人)が増えすぎたことで禁止されたようです。 自殺は犯罪と考えられていて、 自殺者の葬儀は行わない時代もあったようです。 そして現在でも、 西洋では自殺は罪深いことであるという考え方が一般的です。 では日本の代表的な宗教、仏教では? 仏教では、自殺を原則タブーとしています。 ただ、絶対否定もしていないのです。 仏教における自殺の位置付けとは、 どんな亡くなり方であろうと「死」は「死」であり、お釈迦さまはその顛末は問わない、という考え方です。 仏教には 捨身(しゃしん)という言葉があります。 修行者が他の命を救ったり、供養をするために自分の命を投げ打つことを言います。 そしてこれは最高の布施であるとして高く評価されます。 日本の自死と自殺 日本人の自殺を語る上で、どうしても触れておきたいのが「自死」について。 武士が名誉を守るために切腹で死ぬこと、戦時中の兵士が敵に打ち取られる前に自決すること。 どちらも違う時代のことですが、日本特有の「 自死」の価値観です。 「 自殺」「 自死」。 このふたつ、言葉は似ていますが、全く異なるものです。 「 自死」に共通するのは、 自分の命を抹殺してしまうことで、汚いと自分の思っていることをしないという意思があるということ。 自殺そのものを文化のひとつとして捉える価値観は珍しく、海外でも日本の自死の歴史は研究されています。 「 自殺」の場合は、 意識を永遠に消滅させたいという目的があるということ。 それを叶えるのは「死しかない」という限定された状態にあるのが特徴です。 そして多くの場合、「死しかない」という思考は、 うつ状態によって脳に思わされている幻覚に他ならないのです。 Advertisement 自殺は悪いこと? 筆者、「 悪いこと」と「 悲しいこと」は分けて考えるべきなのではないかと思いました。 小さいころに親たちから聞かされたのは、「 自殺した人は天国には行けずに寒い河原で小石を積み続ける罰を受ける」というもの。 これって、 自分の子供がいつか自殺して欲しくないから、聞かせるのではないかなと思います。 「自殺させないために、聞かせるぞお!」というのではなく、自然と。 自殺することによって「 周囲を悲しませることへの罰」という意味で伝えられているように感じます。 自殺者は自分に殺された? 自殺に至る人が精神的に追い詰められたうつ状態であること。 歴史上の自死と比べて、現代の自殺者が視野狭窄しているのは明らかです。 自殺してしまった人は、追い詰められた自分に殺された被害者ではないでしょうか。 自殺者の心境。 想像はできても、知ることはできません。 自分の人生の最後を、世の中(周囲の人たち)を暗くすることに使うことになってしまった。 自分の命に価値を見出せなくなってしまった。 悪い、なんて言えるでしょうか。 周囲の人が自殺を知った時、きっと悲しくて、やりきれない気持ちになるでしょう。 結局、「 自殺」という行為に善悪を見出すとすればどこか?自殺をする直前に、 自殺者が自分自身にむける悪意くらいなものではないでしょうか。 自分の生死を冷静な状態で決めることができなかったのです。 こんなに悲しいことが、他にあるでしょうか。

次の