ラフマニノフ 前奏 曲。 ラフマニノフの前奏曲、練習曲でオススメのCD、ピアニストを...

ラフマニノフのピアノ曲演奏難易度ランキング

ラフマニノフ 前奏 曲

背景 [ ] 1892年にを卒業してから、ラフマニノフが自由な芸術家として書き上げた最初の作品の一つである。 同年10月の初演を経て、翌に、恩師に献呈された《幻想的小品集》の第2曲として出版された。 当時のは、のをしていなかったため、ラフマニノフは出版社からを受け取ることができず、たった40(現在で約1. 64)の報酬を得ただけだった。 楽曲構成 [ ] 楽曲は、3つの部分ととから成る。 ショパンの《》の開始にも似た、による3つの開始和音によって、作品の主調である憂鬱なが導き出される。 この導入部の的なは、終始一貫して反復される。 第3小節で音量はに転じ、主題が呈示される。 「」と指示された、突き進むような中間部は、きわめて的なに始まり、による三連符の絡み合いを情熱的に築き上げ、その頂点で主要主題の強力な再現に落ち着く。 ここでは4段譜によるが採られており、特定のにはが添えられている。 曲は、7小節の短いによってひっそりと終わる。 この短いコーダのモチーフはの開始部にも使われている。 受容と評価 [ ] ラフマニノフの最も有名な楽曲の一つである。 西側での名声に力があったのは、作曲者の従兄であった。 ジロティは秋にとで演奏旅行を行なった際、そのプログラムに本作品を取り上げた。 その後まもなくの複数の出版社によって、「モスクワの大火」「」あまつさえ「モスクワのワルツ」と題した出版譜が出回った。 アメリカでは、「モスクワの」と題する出版譜がそれに続いた。 の《ロシア風》は、この曲を原曲としている。 この作品の人気ぶりは、「ラフマニノフの(例の)前奏曲」と呼ばれたり、ラフマニノフの演奏会で聴衆から、として「Cシャープ!」との呼び声がかかったりするほどであった。 作曲者自身は、この曲のあまりの評判によって、自分のそのほかのピアノ曲がかすんでしまうことを毛嫌いするようになった。 それでもラフマニノフは、電気吹き込みと社製を通じて、後世に本作品の自作自演を遺している。 註 [ ]• Score. Available for download at any of the External Links see below. Rachmaninoff: Life, Works, Recordings. London: Continuum International Publishing Group. 72—73. Bertensson, Sergei; Jay Leyda, Sophia Satina 2001. Indiana: Indiana University Press. 関連項目 [ ]• -管弦楽編曲版を、2009-10シーズン(含む)のフリープログラムで使用。 外部リンク [ ]•

次の

前奏曲 (ラフマニノフ)とは

ラフマニノフ 前奏 曲

RCAレッド・シール・ザ・ベスト 192kHz最新リマスタリング/ルビジウム・クロックジェネレーター使用最新カッティング ラフマニノフ:前奏曲全集 1.前奏曲嬰ハ短調 Op. 3-2 2.10の前奏曲 Op. 23 1 第1番嬰ヘ短調 2 第2番変ロ長調 3 第3番ニ短調 4 第4番ニ長調 5 第5番ト短調 6 第6番変ホ長調 7 第7番ハ短調 8 第8番変イ長調 9 第9番変ホ短調 10 第10番変ト長調 3.13の前奏曲 Op. しかし、ペダルを過度に用いずに、強靱な打鍵を行ないながら分厚い和音を濁らすことなく澄明に響かせて、至難なパッセージをも淀みなく弾き進んでいくスタイルは、まさにワイセンベルクならではの魅力に満ちています。 パーフェクト・ピアノ・コレクション(25CD)の中の一枚。 これはCDno25で最後のディスク。 聴くのも最後のCDになった。 ワイセンベルクはブルガリア出身の名ピアニストで、巨匠カラヤンと多く競演していることで知られているが、ソロでもEMI、DG、RCAと60年代から結構CDを出している。 わたしも幾つか持っているが、このラフマニノフの前奏曲集も20年以上まえに、RCA Victor GOLD SEALシリーズで購入していた。 勿論、音源は同じで演奏も同一だが、リマスターされてクリアーな音になっている。 ワイセンベルクはわたしにとって評価はイマイチで、このディスクも買ってしばらくは聴いていたのだが好きになれず、このところずっと聴いていなかった。 10数年以上だろう。 久しぶりに改めて聴くと、そんなに悪くはないなと言う印象。 とくにメロディアスな緩徐な部分はとてもいいと思う。 でも、やはり全曲を通して聴くなら別の演奏で聴きたいなと思う。 ところで、この25枚組のBOXは2990円と激安だが、(1枚120円で缶コーヒー1本分!)フランスソニーの企画だけにフランスの曲や演奏者が多く取り上げられている。 初めて聴く曲も結構あり、クラシックピアノ音楽入門としてお勧めだが、通でもダブリは生じるが、コストパフォーマンスを考えれば、持っていないCDを得るために購入するのも悪くはない。

次の

前奏曲 (ラフマニノフ)とは

ラフマニノフ 前奏 曲

『エレジー』と同じ幻想的小品集の曲だよ ラフマニノフの出世作品 ラフマニノフは1891年にモスクワ音学院のピアノ科を首席で卒業し、1892年には作曲科を卒業。 その後、音楽家として活動を始めるのですが、いきなりこの年に自身の代名詞となる曲を作ることに・・・。 ラフマニノフは幻想的小品集という全5曲からなるピアノ独奏曲集をモスクワ音楽院を卒業した同年の1892年に完成させます。 以前の記事に同じく幻想小品集に収められている『エレジー』という曲を紹介した記事もありますので、こちらも合わせてご覧ください。 今回ご紹介している『鐘(前奏曲嬰ハ短調)』は幻想小品集の2番目に収録されおり、1892年の10月8日に行われたモスクワ電気博覧会の祝賀会でラフマニノフ自身の演奏で同曲を披露することになります。 その演奏が非常に高い評価を受け、その後もラフマニノフの代名詞として長く愛される曲となるのです。 モスクワ音楽院を卒業したその年にいきなり名曲を輩出するのですからラフマニノフの作曲能力も演奏能力も音楽院に通っていた頃からずば抜けていたことがわかりますね。 『鐘(前奏曲嬰ハ短調)』のより音楽家として名声を得たラフマニノフですが、このまま順調に音楽家としての道を歩む・・・。 ことはできずに途中で挫折を経験します。 その件について興味のある方はこちらの記事をご覧いただければと思います。 ラフマニノフのもう一つの『鐘』 2009-10シーズンのフリープログラムで浅田真央さんが『鐘(前奏曲嬰ハ短調)』の管弦楽編曲版を使用しました。 管弦楽編曲版はまた違った印象がありますね~。 因みに浅田真央さんはラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』を使ったこともあるのでラフマニノフ押しなんでしょうかwww 『鐘』に込められた意味は? 先ほど紹介しました合唱交響曲『鐘』についてはエドガー・アラン・ポーの詩のロシア語訳が構想に関係していると書きましたが、『鐘(前奏曲嬰ハ短調)』の鐘は何を意味しているのでしょうか・・・。 「祭りの日、モスクワのクレムリン宮殿の鐘の音を聴いた印象を小品としてまとめたものとされる」と解説されることもありますが確かな情報ではないようです。 また『鐘』というのはラフマニノフがつけた訳ではなく後から『鐘』という名がついたとも言われ、必ずしも『鐘』を連想して書いた曲でないのかも知れません・・・。 つまるところわかりませんwww ラフマニノフの鐘(前奏曲嬰ハ短調)おすすめ動画.

次の