トゥレット 症候群 と は。 チック・トゥレット症候群とは?その原因や症状と治療法は?遺伝の可能性もある?

トゥレット症候群と噂の芸能人/有名人ランキング16選!噂の真偽も検証【2020最新版】

トゥレット 症候群 と は

トゥレット障害とは、児童期から青年期にみられるチック症の一種で、 多様な「運動チック」と1つ以上の「音声チック」が1年以上持続することを特徴とする精神・神経疾患です。 1885年に研究者のGilles de la Tourette(トゥレット氏)にちなんで命名され、トゥレット症やトゥレット症候群と呼ばれることもあります。 トゥレット障害は、大きくは チック症と呼ばれる疾患群の1種として分類されます。 まばたきや首振り、咳払いといった、一見癖のように見える症状が起こることをチックと呼びます。 チックの症状には 運動性チックと 音声チックの2種類があり、さらに持続時間に応じて、 単純性チックと 複雑性チックに分類されます。 2013年に出版されたアメリカ精神医学会のDSM-5(『精神障害のための診断と統計のマニュアル』第5版)の診断基準によると、チック症は5つの診断カテゴリに分類されます。 そのうち、以下の4つの条件を満たすものがトゥレット障害と診断されます。 トゥレット症の推定有病率は 学童期の子どもで1000人あたり3~8人の範囲とされています。 トゥレット障害の症状を悪化させる要因は環境要因、気質要因、その他の要因の3つに分けることができます。 たとえば、テストを受ける、課外活動に参加するなどの、ストレスが多い出来事はしばしば症状を悪化させる一方、勉強や仕事に集中しているときは、症状を軽減させます。 また、結膜炎を生じた際の目のかゆみでまばたきをしていたのが癖になったケースや、テレビの見過ぎによる目の疲れが原因となったケースもあります。 トゥレット障害によく見られる合併症 トゥレット障害のある人は、他の障害も併発することが少なくありません。 代表的なものとして、 ADHD(注意欠如・多動性障害)と 強迫性障害の2つが挙げられます。 これらが合併症として現れる理由は、トゥレット障害、ADHD(注意欠如・多動性障害)、強迫性障害がいずれも、ド-パミン系やセロトニン系などの脳内神経伝達物質の機能不全に起因するためであると推測することができます。 その他、 学習障害、 睡眠障害、 気分障害、 自傷行為などを併発することがあります。 これらは、日常生活においてチックが現れることへの不安や、チック症状そのものが学習活動や仕事をするうえでの支障となることで生じる二次障害であると考えられます。

次の

神経系疾患分野

トゥレット 症候群 と は

概要 トゥレット症候群(TS)は、音声チックを伴い複数の運動チックが、一 年以上持続する精神神経疾患である。 1885年、フランスの神経科医ジル・ド・ラ・トゥレットにより報告され、稀な疾患と考えられた。 1960年代後半 Shapiroらは、出現するチックの種類(運動チック、音声チック)、経過期間(一年以上を慢性と定義)により分類し、1 小児期にみられる一過性の チック症、2 慢性運動チック症、3 慢性音声チック症、4 慢性運動および音声チック症、に分類し、4 をTSと定義した。 注意欠陥多動性障害、強迫神 経症など併発症をみることが少なくない。 その病態は大脳基底核のドパミン神経系活性低下に随伴する受容体の過活動が考えられている。 治療は、1961年に ハロペリドールの有効性が報告されたが、未だ確立されていない。 早期診断、年齢に応じた環境要因の調整、本人の意識、理解が大切である。 疫学 正確な疫学調査は困難で、限られた地域の医師、学校、公的サービスを通 した調査が主体である。 また、本症が年齢依存性に変容するため年齢を設定した調査が多く、「生涯有病率」は0. 46-36. 本邦ではいまだ正確な有病率の検索は行われていない。 原因 本症の原因は完全には解明されていない。 家系発症が多く、遺伝性素因が 指摘されている。 5~6歳に発症し、増悪・寛解を示し、一年を越え持続する単純チックは、10歳代中頃に軽快の方向をとり、10歳代後半には自然寛解する ことより、大脳基底核のドパミン神経系の発達障害が示唆される。 一方、10歳頃より出現する複雑チックも薬物に対する反応からドパミン神経受容体の異常が 考えられるが、強迫神経症を伴い、長期持続、難治化する。 したがって、TSには少なくとも2つの病態の存在が考えられる。 症状 多くは6歳頃、瞬き、頚振りなどの単純運動チックで始まり、咳払い、発 声など単純音声チックが加わる。 ひとつのチックが消失すると新しいチックが出現するなど、2~3週、2~3ヶ月の周期で増悪・寛解を繰り返し、一年以上経 過する。 10歳頃より複雑運動チック、複雑音声チックが出現する。 「汚言」は複雑音声チックの一種であるが必発ではない。 単純チックは思春期以後自然寛解 するが、複雑チックは10歳以後併発症を伴い永続、難治化する。 発症は男性優位であり、家族発症が多い。 合併症 しばしばみられる合併症(併発症)は、小児期の注意欠陥多動性障害と10歳以後の強迫性障害がある。 ほかに、小児期には睡眠障害、昼夜の区別に一致した生活リズムがとれない、直立二足歩行がきちんとできないことがみられ、10歳代には衝動性行動などをみることもある。 治療法 ハロペリドールほかドパミン受容体の異常に対し、種々の薬剤が試みられ ているが、すべての患者に有効なものはない。 小児期から日中の活動を高め睡眠覚醒リズムを正し、きちんとした歩行を行わせることも併発症発現予防に必須と考 えている。 研究班 トゥレット症候群の診断、治療、予防に関する研究班 (註)6. 治療法の記載内容の一部に誤解を招く表現がありましたので平成25年3月25日に修正いたしました。

次の

ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群

トゥレット 症候群 と は

概要 トゥレット症候群(TS)は、音声チックを伴い複数の運動チックが、一 年以上持続する精神神経疾患である。 1885年、フランスの神経科医ジル・ド・ラ・トゥレットにより報告され、稀な疾患と考えられた。 1960年代後半 Shapiroらは、出現するチックの種類(運動チック、音声チック)、経過期間(一年以上を慢性と定義)により分類し、1 小児期にみられる一過性の チック症、2 慢性運動チック症、3 慢性音声チック症、4 慢性運動および音声チック症、に分類し、4 をTSと定義した。 注意欠陥多動性障害、強迫神 経症など併発症をみることが少なくない。 その病態は大脳基底核のドパミン神経系活性低下に随伴する受容体の過活動が考えられている。 治療は、1961年に ハロペリドールの有効性が報告されたが、未だ確立されていない。 早期診断、年齢に応じた環境要因の調整、本人の意識、理解が大切である。 疫学 正確な疫学調査は困難で、限られた地域の医師、学校、公的サービスを通 した調査が主体である。 また、本症が年齢依存性に変容するため年齢を設定した調査が多く、「生涯有病率」は0. 46-36. 本邦ではいまだ正確な有病率の検索は行われていない。 原因 本症の原因は完全には解明されていない。 家系発症が多く、遺伝性素因が 指摘されている。 5~6歳に発症し、増悪・寛解を示し、一年を越え持続する単純チックは、10歳代中頃に軽快の方向をとり、10歳代後半には自然寛解する ことより、大脳基底核のドパミン神経系の発達障害が示唆される。 一方、10歳頃より出現する複雑チックも薬物に対する反応からドパミン神経受容体の異常が 考えられるが、強迫神経症を伴い、長期持続、難治化する。 したがって、TSには少なくとも2つの病態の存在が考えられる。 症状 多くは6歳頃、瞬き、頚振りなどの単純運動チックで始まり、咳払い、発 声など単純音声チックが加わる。 ひとつのチックが消失すると新しいチックが出現するなど、2~3週、2~3ヶ月の周期で増悪・寛解を繰り返し、一年以上経 過する。 10歳頃より複雑運動チック、複雑音声チックが出現する。 「汚言」は複雑音声チックの一種であるが必発ではない。 単純チックは思春期以後自然寛解 するが、複雑チックは10歳以後併発症を伴い永続、難治化する。 発症は男性優位であり、家族発症が多い。 合併症 しばしばみられる合併症(併発症)は、小児期の注意欠陥多動性障害と10歳以後の強迫性障害がある。 ほかに、小児期には睡眠障害、昼夜の区別に一致した生活リズムがとれない、直立二足歩行がきちんとできないことがみられ、10歳代には衝動性行動などをみることもある。 治療法 ハロペリドールほかドパミン受容体の異常に対し、種々の薬剤が試みられ ているが、すべての患者に有効なものはない。 小児期から日中の活動を高め睡眠覚醒リズムを正し、きちんとした歩行を行わせることも併発症発現予防に必須と考 えている。 研究班 トゥレット症候群の診断、治療、予防に関する研究班 (註)6. 治療法の記載内容の一部に誤解を招く表現がありましたので平成25年3月25日に修正いたしました。

次の