ボーナス 税金 高い。 ボーナスはあるが月給は低い、ボーナスはないが月給は高い、どっちがお得?

ボーナスから引かれる税金は高い?手取り金額を割り出す計算法とは

ボーナス 税金 高い

そうだよ。 ボーナスからは、税金と社会保険料ががっつり引かれるんだよ。 ボーナス=賞与の手取り金額は、以下のような式で決まります。 ボーナスの手取り=額面-社会保険料-所得税 この式を見て「住民税は?」と思われた方がいたら鋭いです!そう、 ボーナスからは住民税は特に引かれません。 住民税はいわば「後払い」で、前年の年収全体から翌年1年分の金額があらかじめ決められ、月割りされているので、ボーナスの分も月々払う住民税額に含まれているからです。 しかし、所得税はいわば「先払い」です。 その年の収入が決まる前から、収入があると同時に払っていかなければなりません。 ボーナスの所得税ってどう決まるの?というと、実際にはこんな式で決まります。 健康保険料 健康保険料はちょっとややこしいです。 まず、厚生年金と同じく標準賞与額が基準となるのですが、その上限が1回の支給額(月額)ではなく、年間の合計額で 573万円が上限とされています。 次に保険料率ですが、これがご自身が加入されている健康保険組合やお住まいの自治体によって変わってきます。 本記事では、全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険に加入されている前提で、以後の話を進めます。 もし勤務先独自の健康保険組合に加入されているなら、保険料率はそちらで確認してください。 協会けんぽにおける平成30年度(2018年度)の都道府県別保険料を一覧表にまとめたものが、下表になります。 例えば、みのりたが住んでいる愛知県を例にしますと、健康保険料率の一覧表は9. よって、ボーナスから引かれる健康保険料は下式で求められます(愛知県の場合)。 配偶者や子供など、扶養している人数によって変わりますので、ご自身の家族構成と給与明細から、適用される税率を調べましょう。 ただし、ここで注意したいのは、ベースにする金額は 前月の給与から社会保険料(厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料)差し引いた額である点です。 具体的な数値は給与明細を確認するのが1番確実ですね。 引用: 例として前月の給与額が38万円とすると、社会保険料額が大体5万円位でしょうから、ベースになるのは33万円です。 上の表を見ると、賞与の所得税率は6. な、何だか空しくなってきますね… そうならないように、年末調整っていう仕組みがあるから、払い過ぎた分は1年の最後にはちゃんと返って来るよ! 昨年のボーナスと支給額は変わらないのに、手取りが減った(=税金が増えた)という方は、それまでのの給与明細を並べてみて下さい。 ボーナス支給の前月に残業が多かったりして、給与が増えていませんでしたか? ボーナスの所得税は、先程ご紹介した通り 支給の前月の給与額で税率が決まります。 もし仮に、残業時間がいつもなら20時間程度なのに、その月だけ倍の40時間だったとしたら、ボーナスの所得税は「この人は1年間、毎月40時間の残業をしているんだな」という前提で計算されてしまいます。 巷で「ボーナスの前の月はあまり残業しない方が得」と言われたりするのは、このためです。 逆に、いつもは40時間残業をしているのに、この噂を信じて、その月だけ20時間に減らしたとすれば、確かにボーナスの所得税率は下がりますから、払う税金は少なくて済みます。 ではそれでめでたしめでたしかと言うと、そうはいきません。 記事の最初の方に書いた通り、所得税は「先払い」方式ですから、1年間を通しての収入合計額を推測して課税されています。 つまり、ボーナス支給時点で取られる所得税は 「とりあえずの仮決め金額」なのです。 そ、そうね… 所得税の支払いは「先払い」方式で「とりあえずの仮決め金額」だとお伝えしました。 では、先払いした税金が多過ぎたり少な過ぎたりする場合はどうなるのでしょうか? 会社員(サラリーマン)世帯において、1年間を通して、きちんと年収額に合わせた所得税を正確に徴収するための仕組みが 「年末調整」と呼ばれるものです。 社会人の方なら、12月の給与で何か手取り多いな!と思われたことがあるでしょう。 あれは、「年末調整によって正確な所得税を計算したら、あなたは払い過ぎていた分があったので、お返ししますよ」と還付されたお金が含まれるからです。 つまり、先ほど残業時間20時間と40時間の話をしましたが、例えボーナス直前だけ給与の額を調整した所で、最終的には年間の収入全体を見られてしまうので、結局 払う所得税の金額は一緒なのです。 得も損もありません。 では、所得税が返ってくる(還付される)場合と、逆に追加で徴収されてしまう場合、それぞれの具体例にはどんなものがあるのか、ご紹介します。 基本的には還付されるケースが多いと思いますが、転職で給与が大きく上がった人や離婚された人は注意が必要かもしれません。 注意ボーナスに限らず、1年を通しての条件になります 所得税が還付されるケース• ボーナス月の前だけ収入が多く、税率を高めに見積もられていた場合• 年の途中で転職し、前職よりも給料が大きく下がった場合• 生命保険料を払っており、生命保険料控除が受けられる場合• 地震保険料を払っており、地震保険料控除が受けられる場合• 住宅ローン控除2年目以降(初年度に確定申告済みの場合)• 年の途中で結婚し、控除対象配偶者が適用できる配偶者(妻・夫)を扶養し始めた場合• 老親を扶養に入れるなど、給与計算時より扶養控除となる人が増えた場合• 寡婦控除(あるいは寡夫控除)の申請を年末調整時に行った場合• 障害者控除(あるいは特別障害者控除)の申請を年末調整時に行った 所得税が追加徴収されるケース• ボーナス月の前だけ収入が少なく、税率を低めに見積もられていた場合• 年の途中で転職し、前職よりも給料が大きく上がった場合• 扶養していた(控除対象配偶者が適用できる)配偶者(妻・夫)と離婚した場合• 子供が就職等で扶養を抜け、給与計算時より扶養控除となる人が減った場合 ボーナスの税率だけでそこまで所得税を追加徴収されることはないと思いますが、このような所得税の仕組みを知っておくと、妙な噂に惑わされず適切に節税することも可能ですので、これを機に、過去年末調整で戻った金額の意味など勉強してみると良いかもしれませんね! まとめ ボーナス(賞与)にかかる所得税の決まり方や計算方法、実際の税率など、「ボーナスの所得税が高い!」と感じた時に覚えておきたい内容をまとめました。 所得税の計算の前に社会保険料の計算が必要だったりして、ちょっと複雑ではありますが、額面に対して意外と手取りが減ってしまう事実はご理解いただけたのではないかと思います。 「今年はやけにボーナスの所得税が高いな」と感じる背景には、ボーナスの所得税がその前月の給与額をベースにして計算されるという仕組みが大きく関係しています。 しかし、もし税率を高く見積もられて払い過ぎてしまった分は、年末調整で戻ってくるので、安心して下さい。 次のボーナスが果たしてどんな税率になるのか、本記事を参考に、1度計算してみてはいかがでしょうか? 【裏技】保証は充実したのに保険料が年間10万円も下がった?! 生命保険料は、案外無駄が多いのをご存知ですか? 実際に私は子供が産まれてから不要な保険を見直して、合計で月々8000円以上、年間10万円近く減らすことができました。 なので、必要な保険だけを契約して下さい。 と言われても何が必要なのかよく分からないですよね。。。 そこでおすすめなのが、あなたに合った保険代理店を探して相談できる「」です。 登録されている保険代理店では、複数の保険会社の商品を1度に比較・紹介してもらえます(納得いかなければ加入を強制されることはありません)。 これを使えばカンタンにムダのない保険が見つかります。 保証は充実したのに…あなたも年間10万円近く保険料が下がるかも!? 【先着99名:失敗しない保険選びガイド付き】 保険料を節約したい方は今すぐチェックです。

次の

ボーナスが多い会社と月給が多い会社、どっちがお得?

ボーナス 税金 高い

所得税だけでなく、実はボーナスからは 社会保険料も引かれています。 所得税と同様に、ボーナス支給時に会社が差し引いて納付することが法律で決まっています。 つまり、ボーナスの手取り額を見て高い税金が引かれていると感じたのは、所得税に加えて社会保険料も引かれているからです。 そのため、額面金額から手取り額を計算するには、社会保険料を計算できなければいけません。 また既に見たように、所得税の源泉徴収税額を計算する上でも社会保険料の金額を知る必要があります。 そこで社会保険料の内訳を見てみると、 健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料の3つが引かれています。 社会保険料の合計額を計算するためには、それぞれの計算方法を理解することが大切です。 保険料率は、加入している健康保険制度や地域、そして年齢が40歳以上かどうかによって変わります。 例えば「協会けんぽ加入者・東京勤務・40歳未満」の人であれば、2019年度の保険料率は9. 90%です。 (協会けんぽ:) 保険料率は労使折半(社会保険料を企業と労働者が半分ずつ負担すること)のため、ご自身の負担は4. 95%となります。 ここで仮にボーナスの額面金額が40万円の場合、健康保険料は以下のように計算することができます。 保険料率は加入している健康保険制度や地域によって変わります。 例えば「協会けんぽ加入者・東京勤務・40歳未満」の人であれば、2019年度の保険料率は18. 3%です。 そして保険料率は労使折半のため、ご自身の負担は9. 15%となります。 ここで仮にボーナスの額面金額が40万円の場合、厚生年金保険料は以下のように計算することができます。 保険料率は事業の種類によって変わりますが、例えば一般の事業であれば2019年度の保険料率は0. 3%です。 (厚生労働省:) ここで仮にボーナスの額面金額が40万円の場合、雇用保険料は以下のように計算することができます。 3%=1,200円 以上で計算した健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料を合計すると、 ボーナスから引かれる社会保険料の合計額を求めることができます。 課税される所得金額 所得税率 195万円以下 5% 195万円超~ 330万円以下 10% 330万円超 ~ 695万円以下 20% 695万円超 ~ 900万円以下 23% 900万円超 ~ 1,800万円以下 33% 1,800万円超 ~ 4,000万円以下 40% 4,000万円超 45% (国税庁HP「」より抜粋) ここで表中の「 課税される所得金額」には、ボーナスや毎月の給与以外でも含まれている所得があります。 また一定の金額(控除額)を引いた後に税率を掛けるので、所得金額自体に掛けるわけではありません。 つまり源泉徴収税額と所得税額では、率を掛ける対象がそもそも違うということです。 適用される率の数値自体も、全く異なることが表から分かると思います。 そのため源泉徴収税額と所得税額で違いが生じるのは当然です。 年末に調整をする必要があるので、文字通り 年末調整が行われることになります。 既に見たように、ボーナスから引かれる社会保険料は 健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料の3つです。 このうち厚生年金保険料の保険料率は特に高く、ご自身の負担分だけでも10%近くにもなります。 健康保険料と併せると約15%にもなるわけです。 これだけ引かれていれば、高いと感じる人も当然多いはずです。 なお 以前はボーナスから社会保険料は引かれていませんでした。 そのため「いつからか額面金額と手取り額の差額が増えた気がする」「より高い税金が引かれるようになった気がする」と思っていた人もいるはずです。 そもそもボーナスから社会保険料が引かれるようになったのは 平成7年からです。 年金財政を支えるために徴収が開始されました。 しかし当時徴収されていた特別保険料は、あくまで高齢者世代のための年金支給の財源でした。 保険料を払っている人たちの年金額には反映されませんでした。 そのため「この制度はおかしい」と批判が出ました。 また毎月の給与からだけ社会保険料が引かれていたため、賞与の比率を上げれば社会保険料の負担額を減らすこともできました。 これも制度としておかしいと批判が出た理由です。 そこで 平成15年には制度が改正され、毎月の給与だけでなくボーナスも含めて社会保険料を計算する 総報酬制に移行しました。 こうして現在のように、ボーナスからも社会保険料が引かれる形になりました。 なおここまで社会保険料や所得税について見ましたが、 住民税のことが気になった人もいるでしょう。 毎月の給与から住民税が引かれているため、ボーナスからも引かれるのではないかと思うかもしれません。 しかし実は ボーナスから住民税は引かれません。 これは 所得税と住民税の違いが理由です。 所得税は、毎月の給与やボーナスを支払う度に源泉徴収され、年末調整で最終的に精算を行う仕組みです。 一方で 住民税は、前年の所得金額を基準にして住民税額を計算し、毎月の給与から引く形で徴収されます。 つまり住民税は後払いの形であり、税額を12で割った金額が月々の給料から引かれます。 ボーナスからは徴収されないということです。 これまで 社会保険料と 税金について見てきました。 この2つはボーナスから引かれる点では一緒です。 しかしいくつかの点で 大きな違いがあります。 まずあなたの所得金額によって料率が変化するかどうかで違いがあります。 所得税は所得が高い人ほど高い税率が適用される 累進課税制度です。 一方で社会保険料は、あなたの所得金額の大小で料率が変化することはありません。 これは 徴収する目的がそもそも異なるからです。 所得税などの税金は、高所得者から低所得者にお金を移動させる 所得の再分配を目的にしています。 所得格差を是正するためです。 また暮らしやすい社会を作るためには、高い所得・高い負担能力がある人ほど多くの税金を払うべきであるという考え方に基づいています。 一方で社会保険料は自分自身のために払うお金です。 例えば厚生年金保険料であれば、あなたが将来受け取る年金を積み立てるために保険料を支払っています。 給与額に関わらず料率は固定なので、低所得者のほうが寧ろ負担感が大きい 逆進性があるとも言えます。 このように社会保険料と税金では、大きな違いがあることが分かります。 これまで「ボーナスから高い税金が引かれている」と同じに見えていたものが、社会保険料と税金という全く異なるものであることが理解できたと思います。 「ボーナスにかかる税金が高い理由」について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? この記事のポイントは• ボーナスからは所得税と社会保険料が引かれているため税金が高くなる• 前月の給与が高いとボーナスから控除される税金が高くなるが年末調整で精算される• ボーナスからは税金以外にも社会保険料が引かれている でした。 この記事を読んでいただけたことで、 額面金額と手取り額の差について理解することができたと思います。 社会保険料も引かれていることや具体的な内訳・計算方法も理解できたことで、ボーナスから引かれる額が大きい理由も理解できたはずです。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

次の

【FP監修】ボーナス(賞与)の所得税は高い?税金がかかる理由と計算方法を解説

ボーナス 税金 高い

そうだよ。 ボーナスからは、税金と社会保険料ががっつり引かれるんだよ。 ボーナス=賞与の手取り金額は、以下のような式で決まります。 ボーナスの手取り=額面-社会保険料-所得税 この式を見て「住民税は?」と思われた方がいたら鋭いです!そう、 ボーナスからは住民税は特に引かれません。 住民税はいわば「後払い」で、前年の年収全体から翌年1年分の金額があらかじめ決められ、月割りされているので、ボーナスの分も月々払う住民税額に含まれているからです。 しかし、所得税はいわば「先払い」です。 その年の収入が決まる前から、収入があると同時に払っていかなければなりません。 ボーナスの所得税ってどう決まるの?というと、実際にはこんな式で決まります。 健康保険料 健康保険料はちょっとややこしいです。 まず、厚生年金と同じく標準賞与額が基準となるのですが、その上限が1回の支給額(月額)ではなく、年間の合計額で 573万円が上限とされています。 次に保険料率ですが、これがご自身が加入されている健康保険組合やお住まいの自治体によって変わってきます。 本記事では、全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険に加入されている前提で、以後の話を進めます。 もし勤務先独自の健康保険組合に加入されているなら、保険料率はそちらで確認してください。 協会けんぽにおける平成30年度(2018年度)の都道府県別保険料を一覧表にまとめたものが、下表になります。 例えば、みのりたが住んでいる愛知県を例にしますと、健康保険料率の一覧表は9. よって、ボーナスから引かれる健康保険料は下式で求められます(愛知県の場合)。 配偶者や子供など、扶養している人数によって変わりますので、ご自身の家族構成と給与明細から、適用される税率を調べましょう。 ただし、ここで注意したいのは、ベースにする金額は 前月の給与から社会保険料(厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料)差し引いた額である点です。 具体的な数値は給与明細を確認するのが1番確実ですね。 引用: 例として前月の給与額が38万円とすると、社会保険料額が大体5万円位でしょうから、ベースになるのは33万円です。 上の表を見ると、賞与の所得税率は6. な、何だか空しくなってきますね… そうならないように、年末調整っていう仕組みがあるから、払い過ぎた分は1年の最後にはちゃんと返って来るよ! 昨年のボーナスと支給額は変わらないのに、手取りが減った(=税金が増えた)という方は、それまでのの給与明細を並べてみて下さい。 ボーナス支給の前月に残業が多かったりして、給与が増えていませんでしたか? ボーナスの所得税は、先程ご紹介した通り 支給の前月の給与額で税率が決まります。 もし仮に、残業時間がいつもなら20時間程度なのに、その月だけ倍の40時間だったとしたら、ボーナスの所得税は「この人は1年間、毎月40時間の残業をしているんだな」という前提で計算されてしまいます。 巷で「ボーナスの前の月はあまり残業しない方が得」と言われたりするのは、このためです。 逆に、いつもは40時間残業をしているのに、この噂を信じて、その月だけ20時間に減らしたとすれば、確かにボーナスの所得税率は下がりますから、払う税金は少なくて済みます。 ではそれでめでたしめでたしかと言うと、そうはいきません。 記事の最初の方に書いた通り、所得税は「先払い」方式ですから、1年間を通しての収入合計額を推測して課税されています。 つまり、ボーナス支給時点で取られる所得税は 「とりあえずの仮決め金額」なのです。 そ、そうね… 所得税の支払いは「先払い」方式で「とりあえずの仮決め金額」だとお伝えしました。 では、先払いした税金が多過ぎたり少な過ぎたりする場合はどうなるのでしょうか? 会社員(サラリーマン)世帯において、1年間を通して、きちんと年収額に合わせた所得税を正確に徴収するための仕組みが 「年末調整」と呼ばれるものです。 社会人の方なら、12月の給与で何か手取り多いな!と思われたことがあるでしょう。 あれは、「年末調整によって正確な所得税を計算したら、あなたは払い過ぎていた分があったので、お返ししますよ」と還付されたお金が含まれるからです。 つまり、先ほど残業時間20時間と40時間の話をしましたが、例えボーナス直前だけ給与の額を調整した所で、最終的には年間の収入全体を見られてしまうので、結局 払う所得税の金額は一緒なのです。 得も損もありません。 では、所得税が返ってくる(還付される)場合と、逆に追加で徴収されてしまう場合、それぞれの具体例にはどんなものがあるのか、ご紹介します。 基本的には還付されるケースが多いと思いますが、転職で給与が大きく上がった人や離婚された人は注意が必要かもしれません。 注意ボーナスに限らず、1年を通しての条件になります 所得税が還付されるケース• ボーナス月の前だけ収入が多く、税率を高めに見積もられていた場合• 年の途中で転職し、前職よりも給料が大きく下がった場合• 生命保険料を払っており、生命保険料控除が受けられる場合• 地震保険料を払っており、地震保険料控除が受けられる場合• 住宅ローン控除2年目以降(初年度に確定申告済みの場合)• 年の途中で結婚し、控除対象配偶者が適用できる配偶者(妻・夫)を扶養し始めた場合• 老親を扶養に入れるなど、給与計算時より扶養控除となる人が増えた場合• 寡婦控除(あるいは寡夫控除)の申請を年末調整時に行った場合• 障害者控除(あるいは特別障害者控除)の申請を年末調整時に行った 所得税が追加徴収されるケース• ボーナス月の前だけ収入が少なく、税率を低めに見積もられていた場合• 年の途中で転職し、前職よりも給料が大きく上がった場合• 扶養していた(控除対象配偶者が適用できる)配偶者(妻・夫)と離婚した場合• 子供が就職等で扶養を抜け、給与計算時より扶養控除となる人が減った場合 ボーナスの税率だけでそこまで所得税を追加徴収されることはないと思いますが、このような所得税の仕組みを知っておくと、妙な噂に惑わされず適切に節税することも可能ですので、これを機に、過去年末調整で戻った金額の意味など勉強してみると良いかもしれませんね! まとめ ボーナス(賞与)にかかる所得税の決まり方や計算方法、実際の税率など、「ボーナスの所得税が高い!」と感じた時に覚えておきたい内容をまとめました。 所得税の計算の前に社会保険料の計算が必要だったりして、ちょっと複雑ではありますが、額面に対して意外と手取りが減ってしまう事実はご理解いただけたのではないかと思います。 「今年はやけにボーナスの所得税が高いな」と感じる背景には、ボーナスの所得税がその前月の給与額をベースにして計算されるという仕組みが大きく関係しています。 しかし、もし税率を高く見積もられて払い過ぎてしまった分は、年末調整で戻ってくるので、安心して下さい。 次のボーナスが果たしてどんな税率になるのか、本記事を参考に、1度計算してみてはいかがでしょうか? 【裏技】保証は充実したのに保険料が年間10万円も下がった?! 生命保険料は、案外無駄が多いのをご存知ですか? 実際に私は子供が産まれてから不要な保険を見直して、合計で月々8000円以上、年間10万円近く減らすことができました。 なので、必要な保険だけを契約して下さい。 と言われても何が必要なのかよく分からないですよね。。。 そこでおすすめなのが、あなたに合った保険代理店を探して相談できる「」です。 登録されている保険代理店では、複数の保険会社の商品を1度に比較・紹介してもらえます(納得いかなければ加入を強制されることはありません)。 これを使えばカンタンにムダのない保険が見つかります。 保証は充実したのに…あなたも年間10万円近く保険料が下がるかも!? 【先着99名:失敗しない保険選びガイド付き】 保険料を節約したい方は今すぐチェックです。

次の