手足 口 病 水ぶくれ。 夏に流行しやすい子どもの「手足口病」 発疹・水ぶくれなどの症状と原因、対処法

流行の「手足口病」とは限らない 原因不明の水ぶくれ

手足 口 病 水ぶくれ

概要 手足口病とは、口のなかや手足に(ほっしん)が現れる感染症のひとつで、夏季を中心に流行します。 4歳くらいまでの幼児が発症しやすく、なかでも2歳以下で発症する子どもが多いとされています。 代表的な手足口病の原因ウイルスには、コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型などがあります。 多くの子どもは、小学校に入学する年齢を迎える頃までに、これらのウイルスに感染しており、免疫を獲得しているとされます。 そのため、大人になってから手足口病を発症するケースは、子どもに比べると多くはありません。 手足口病は、基本的には良好な経過をたどって自然に治る病気です。 しかし、発疹などの症状がみられた場合は医療機関を受診し、経過観察することが大切です。 経過中に強いや嘔吐、強い全身倦怠感やむくみが現れた場合は、や、などの重い合併症がないか確認するためにも、医療機関を早期に受診する必要があります。 原因 原因ウイルス 手足口病の原因ウイルスは、大人の手足口病と同様、一種類ではありません。 代表的なウイルスとしては、コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型が知られています。 また、日本では2009年以降、コクサッキーウイルスA6型が原因となる手足口病が増えています。 どのようなウイルスに感染するかにより、引き起こされやすい合併症などは異なります。 感染経路 原因となるウイルスは、次の経路を介して感染します。 飛沫感染 感染している人が咳やくしゃみをした際に、唾液や鼻水などに混ざって排出されたウイルスを取り込むことで、感染することがあります。 経口感染・糞便感染 手足口病の原因ウイルスは、感染している人の便や皮膚にできた水疱(水ぶくれ)の中にも含まれます。 これらのものに触れた手を介し、ウイルスを取り込むことで感染が成立することもあります。 お子さんの排泄物を処理した後は手を洗う、日頃から手洗いうがいを習慣づけるといった一般的な対策が、手足口病の予防においても重要です。 症状 原因ウイルスに感染してから、3~5日程度の潜伏期間 *を経て、次のような症状が現れます。 *コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型の潜伏期間です。 水ぶくれ状の発疹 手足口病では、手のひら・足の裏・口のなかに小さな水ぶくれが生じます。 この水ぶくれを水疱(すいほう)とよびます。 水疱はおしりやひざに生じることもあります。 口腔内のはすぐに破れて潰瘍性になります。 熱は出ないことが多いとされます。 手足口病の症状は、3~7日ほど経つと消えていき、治癒に向かいます。 手足口病の水ぶくれは、(すいとう)と異なり、消退までの過程で「かさぶた」にならないという特徴があります。 爪の症状 手足口病の原因となっているウイルスにより、特徴的な症状がみられることもあります。 たとえば、コクサッキーウイルスA6による手足口病では、水疱のサイズが比較的大きく、発症後数週間を経て爪が剥がれる「爪脱落」がみられる場合もあると報告されています。 以下の症状が出た場合はご注意ください 子どもの手足口病患者さんの大半は、合併症を来すことなく治癒に向かいます。 しかし、まれに、、手足のしびれ、ギランバレー症候群、など、重い合併症が生じることがあります。 お子さんに次の症状がみられる場合は、すみやかに医療機関を受診しましょう。 元気がない• 吐いた• 発熱が2日以上続いている• 強い全身倦怠感を伴うむくみ、腹痛など 治療 手足口病そのものを治す治療薬は存在しないため、基本的には症状を抑えることを目的とした治療が行われます。 たとえば、口内の水疱による痛みや、脱水をコントロールするために、薬や点滴による治療が行われることがあります。 これを対症療法といいます。 脱水への対応 水分補給・食事の工夫 手足口病を発症しやすい年齢層(主に4歳頃まで)の子どもは、脱水状態に陥りやすい傾向があるため、こまめに少量ずつ水分を与えることが大切です。 口のなかにできた水疱は強い痛みを伴うため、口から飲食物を摂ることを嫌がる患者さんもいます。 このような場合は、痛み止めの薬を使いながら、柔らかく薄味の食べ物を与えることなども必要になります。 主治医の説明をよく聞き、必要に応じて食事内容を工夫しましょう。 点滴 脱水が進行し、口からの飲食物の摂取が難しい場合は、点滴による水分の補給も検討されます。 合併症の治療 手足口病は、多くの場合数日で治癒に向かいますが、まれにや、麻痺、などの合併症を発症することがあります。 通常の手足口病とは異なる様子がみられた場合には、その患者さんの状態に応じた治療方法が検討・追加されます。

次の

重症化しやすい!大人の手足口病の症状と対処法。仕事はどうする?

手足 口 病 水ぶくれ

手足口病で水ぶくれ以外の症状は出ないことが多い では発熱は3分の1くらいの人に出現し、たいていの場合は高熱になることはありません。 数日から1週間ほどで自然と治っていくのがほとんどです。 水ぶくれが目に見える前に、痛みやかゆみを感じる人もいます。 まれに、で下痢になることもあります。 さらにごくまれなことですが、で激しい頭痛、意識がぼーっとするなどの症状が出たときは緊急事態を疑って、すぐに病院に行ってください。 水ぶくれ以外の症状は、では出ないことが多いです。 子供の年齢によってはかゆみなどを感じていてもうまく伝えられません。 「水ぶくれの前に発熱やかゆみが出るはずだ」と思っていると、水ぶくれが出たときに「発熱がなかったからではない」と間違った考えが浮かんでしまうかもしれません。 手足口病のこんな症状は急いで病院へ はごくまれに重症になります。 の初期症状に気付くのが遅れてもあまり問題にはなりませんが、危険な症状は見逃さないように気を付けてください。 で(ずいまくえん)、小脳 失調症(しょうのうしっちょうしょう)、脳炎、、神経原性(しんけいげんせいはいすいしゅ)、急性弛緩性 麻痺(きゅうせいしかんせいまひ)といった 合併症を起こした場合は、全身の状態が悪くなります。 この場合の症状は、 ひどい頭痛が出たり、意識がぼーっとしたり、息苦しくなったりするというものです。 また、特に子供ではで口の中に水ぶくれができると、痛いことで飲食ができず脱水になることがあります。 1日以上飲食ができないような状態になった場合も要注意です。 皮膚や口の中が乾燥していたり、ぐったりしていたら脱水かもしれません。 の悪化した状態が疑われる時は、迷わずに行ってください。

次の

子どもの水ぶくれのような湿疹|水疱瘡・とびひ・手足口病が原因かも【医師監修】

手足 口 病 水ぶくれ

もっと見る 「子どもの夏風邪」と呼ばれることもある手足口病ですが、大人にも感染します。 大人の場合は 子どもよりも重症化しやすく、40度以上の発熱や、唾液を飲めないほどの喉の痛みも…。 この記事では、大人が手足口病にかかった時の症状や、感染から完治までにかかる期間について解説します。 大人は重症化しやすいので要注意! 大人への感染例も増加 一昔前は、大人の感染自体が珍しく、かかっても多くは軽度だったといわれています。 ところが近年では、大人の感染例が増加し、重症化する例も増えているのです。 「子どものころかかったから大丈夫」…ではない! 手足口病の原因となるウイルスは数種類あるため、一度かかったら二度とかからない、というわけではありません。 つまり、子供のときにかかった人も再び感染する可能性があります。 また、 短い間に連続で感染することもあります。 大人の手足口病にみられる症状 発生しやすい症状 風邪のような寒気やのどの痛み、発熱 大人が手足口病にかかると、まず、寒気やのどの痛みなど 軽い風邪に似た症状がみられます。 続いて発熱することもあります。 子供の場合、発熱しても高熱になることは稀ですが、大人が発熱すると約3割が40度近い高熱になります。 熱が下がるころに口の中や手足に発疹が出ます。 さらに、大人の手足口病では 頭痛や倦怠感、高熱が出たときのような 関節の痛み、 全身の筋肉痛を伴うことも多くあります。 かゆみと痛みを伴う発疹 手足にできる発疹も、大人の方がひどくなる場合が多いです。 皮膚の炎症が子どもに比べて強く起こるため。 かゆみと同時に痛みも伴います。 手や足の裏の発疹の痛みから、物を握れなくなったり、歩けなくなったりすることもあります。 痛みや痒みがひどい場合は、必要に応じて症状を和らげる薬が処方されます。 口内炎の痛みがひどく、唾液を飲みこむことすら困難に… 口の中の発疹も重症化しやすい傾向にあります。 口内炎がたくさんでき、のどの奥や舌の付け根にも発疹ができることがあります。 そうすると、痛みのせいで固形物はおろか唾液を飲み込むことすら困難になります。 水分をとれないと脱水症状も起こしかねません。 少量ずつ こまめに水分補給するよう心がけてください。 水をどうしても飲めない場合は、氷を口に含んで溶かしながら飲むなど、工夫して水分をとりましょう。 ひどい脱水症状の場合は点滴が必要になることもあります。 まれにあらわれる症状 嘔吐、下痢 あまり多くはありませんが、手足口病によって、嘔吐や下痢などの症状がみられることもあります。 嘔吐がある場合は、無理に食べないようにしましょう。 吐き気が治まったら消化によい食べ物を食べてください。 下痢の症状には、病院で整腸剤が処方されることもあります。 下痢がある場合は、特に脱水症状への注意が必要です。 水分の摂取を心がけましょう。 爪がはがれる ウイルスの種類によっては、発疹が治った数週間後に爪が割れたり、はがれたりすることがあります。 爪の根元にできた水ぶくれが原因だと考えられます。 はがれた爪は、自然に生え変わるので心配いりません。 手足のしびれ 手足の発疹が出る前から発疹が治まるまで、手足にピリピリとしびれを感じる人もいます。 歩くのが困難になるほど、強いしびれを感じることもあります。 頻度は高くないものの、注意が必要な症状 髄膜炎や脳炎になることも ごくまれではありますが、脳炎や髄膜炎を同時に起こすことがあります。 脳炎や髄膜炎は、どちらも命にかかわることのある病気です。 下記のような場合はすぐに病院へ行きましょう。 ・頭痛や悪寒がひどい ・2日以上熱が下がらない ・吐き気が4日以上続く 子どもの病気と甘く見ず、早めに診察を受けることが大切です。 感染から完治までの期間 潜伏期間 潜伏期間は 3日から7日です。 潜伏期間中は、特に症状は出ません。 また、症状がおさまっても2週間から1か月は人にうつることがあるので、気を付けましょう。 治癒するまでの期間 症状が出始めてから 痛みが治まるまでは、10日ほどかかります。 水ぶくれが消えるには、子どもの約2倍である、2週間から3週間ほど必要です。 会社に行けるのはいつから?仕事はどうする? 手足口病は、出勤停止の義務はありません。 ただ、感染から1ヶ月くらいは感染の可能性があるので、主治医や勤務先と相談しながら出勤の目安をつけるといいですね。 出勤の際は、感染予防としてマスクや手洗いうがいをするようにしましょう。 まとめ 手足口病は、大人がかかると、子どもよりはるかに重症化しやすい病気です。 大人が感染するのは、子どもからうつるケースがほとんどです。 特に、疲れて抵抗力が落ちているときほど、感染しやすくなります。 子どもの看病をしていたら自分も…とならないように、きちんと栄養や睡眠をとるよう心がけてください。 また、看病をするときは、マスクを着用し、こまめな手洗いを徹底して予防につとめましょう。

次の