ペチュニア 挿し 芽。 ペチュニア(カリブラコア)の挿し木がどうしても成功しません。ペチュニアは挿...

ペチュニアの挿し木(挿し芽)の方法は?時期はいつごろがよい?

ペチュニア 挿し 芽

前にも質問させていただいたツカサです。 題名のとおり、ペチュニアの挿し芽をして増やそうとしたのですが、 何度やっても枯れてしまいます。 そろそろ切り落とす枝がなくなってきました。 親株も弱りきっているので、なんとか助けたいのですが… 詳しい方、ご教授いただけると幸いです。 やや少ないぐらいのほうがいいです。 また、切り口はカッターや剃刀のようなものでスパッと斜めに切っていますか? 水揚げも、私は一晩しておきます。 親株自体が弱っている場合は、最後の手段的なもので、 本来成功率が低いものです。 また、もうひとつ、土が乾いたら水を、とありますが、 挿し芽の場合、根が出るまでは土を乾かさないように しないとしなびてしまいます。 光を通さないビンや容器に水をいれ、そこに挿し穂の 下の部分を指し、水ざしも試したらどうでしょうか?。 うまくいけば2週間ほどで根が出ます。 ある程度根が伸びたら定植するとよいでしょう。 >水挿し これも試したのですが、結局根が出ず腐ってしまいました… 今回は元気な株からうっかり折ってしまった枝を、今水揚げしている 最中です。 このまま水挿しにしたらいいのかな… 折れてしまった枝なので、ちょっと短めです。 今はペットボトルの蓋に 水を張ってそこに立たせています。 >葉っぱ何枚くらい ちょっと多すぎたかも知れませんが、小さな葉を5〜6枚残して挿して いました。 切り口はカッターで斜め45度に切り、その後水揚げです。 置き場は室内で、直射日光の当たらない場所です。 >親株を休めさせて はい、元気のない親株は今休ませています。 置き場は、私の経験では室内は成績が悪いですね〜。 本当だったらすごいわ〜。 でも、ルートンの取説には、切り口にのみつけるように書いてあったと 思うのですが、効果があるのかな〜。 私は水揚げの時にはメネデールかHB101をたらしてます。 挿し芽の土は通気性があまり良くない感じがします。 キャンドゥで売っている挿し芽の土なら問題ありませんでした。 これで随分増えまして、今ではペチュニア畑のようです。 また、水遣りは始めは上から与えて、あまりムレさせないように、 後半は底面給水に切り替えます。 根が水分を求めて下まで伸びてくるので元気な株になります。 今は三本、根元が光に当たらないように工夫し水挿しにしております。 >ネメデール (メネデール?) これも発根促進剤なんでしょうか? 普通の液体希釈肥料なら家にはあるのですが、HB101とかネメデールとかの メジャーどころを使わないと成功しないでしょうか。 ちょっと不安です。 (うちの近くに園芸用品店が無いもので…ルートンも遠出して買ってきました) とりあえず、無いよりはましと言い聞かせて、液体肥料をやってみます。 >キャンドゥの土 はい、私も某100均の土を使ってました。 でもダメでした… どうか根っこが出ますようにー。 挿し芽に使うのでしたら、やめてください。 肥料分があると根が出にくいです。 なにかつけないといけない、というわけではなく、 どちらかというと、何か手順・管理がまずくて (お答えいただいている範囲では何かがわかりませんが) 失敗しているか、もともと挿し穂の状態が悪いので 失敗しているかいずれかのように思われます。 このような場合は、なにを使っても、もともとの原因を 改善しないと効果は出にくいですね。 逆にあまりいろいろやると、かえって失敗の元になることもあります。 弱っている植物に肥料を与えるのも、逆効果です。 水替えついでに真水に取り替えました。 今は半日陰?(直射日光の当たらないベランダ)に置いてあります。 挿し穂にしようと切り取った枝が短すぎるのか、切り口の状態が あまり良くないです。 (茶色く腐りかけ?) 今までもずっとそうでした。 暫くこのまま真水で様子を見ようと思います。 (くれたお花屋さんすらわからなかったので) 当方、関東在住です。 色々調べてみたのですが、ブリエッタとかの改良を加えられたものでは なさそうで、一重の白い花をつけてくれます。 切り取った時点ではみずみずしくて状態が良さそうに見えるのですが 一昼夜水揚げした時点で茶色く変色した物がいくつかあります。 ちなみに、今回あった三本のうち一本はダメになってしまいました… また遠出してメネデール買って来ました。 もう少し涼しくなってからのほうがいいのかなぁ。

次の

ガーデニング 挿し芽 ペチュニアを増やすよ! 花壇 春夏秋 gardening

ペチュニア 挿し 芽

ペチュニアの切り戻し時期 ペチュニアは茎の先端に花を咲かせるので外側にしか花がつきません。 春に花が咲き終わったあと、手入れをしないで放っておくと次第に花がつかなくなります。 生育旺盛なので茎はどんどん伸びていきます。 しかし、 ・株元の葉がなくなってしまった ・ヒョロヒョロとしか茎が伸びない というように株元にボリュームがなくなってしまうことが起こることもあります。 このような状態になったら切り戻しをするタイミングです。 ペチュニアは高温多湿が苦手なので、梅雨は傷みやすい時期です。 切り戻しをして風通しがよくなると、夏越ししやすくなります。 蒸れを防ぐためにも、梅雨に入る前に行いましょう。 ペチュニアの切り戻し方法 葉の脇に小さな芽が出ているのを確認したら、この 脇芽の上を剪定バサミで切りましょう。 このときに小さな芽まで切ってしまわないように注意することが大切です。 目安としては根元から10~15cmを残す程度、 元の大きさの3分の1くらいまで切り戻します。 切り戻し後、根詰まりしている鉢は二まわりほど大きな鉢に植え替えします。 その後、芽吹いてボリュームがまた出てきたら月に2回ほど液肥を与えましょう。 約1ヶ月で再び花が咲き始めます。 切り戻しは1回でお終いというわけではありません。 茎葉が混み合ってきたら、その都度、茎を間引くとよいでしょう。 雨の日は切り口から雑菌が入りやすいといわれています。 切り戻しの作業は、天気のよい日を選んで行った方がよいでしょう。 ペチュニアを挿し芽で増やす方法 切った茎を使って挿し芽をすれば株の数を増やすことができます。 挿し芽用の土はポットなどにいれ水をかけて湿らせておきます。 割り箸など挿し芽を挿すための穴を開けておきましょう。 5~7cmくらいに切った茎は葉を2枚くらいつけて下の方についている葉は取り除きます。 花芽が付いているものは摘んでおきます。 挿し芽用の土に挿したら雨が当たらない場所で土が乾かないようにして管理します。 発根は容易ですが失敗していまう場合には ルートンなどの発根促進剤を使うとよいでしょう。 さいごに ペチュニアは春から秋まで花を咲かせてくれる植物です。 ただ、高温多湿が苦手なので梅雨時期は開花を休ませるとよいかもしれません。 切り戻しをして枯れた葉をこまめに取り除き風通しをよくすれば再び花を咲かせてくれます。 長く楽しむコツは、 ・伸びすぎたら切り戻す ・肥料を与える この2つです。 早い時期に植え付けると秋までに5回も開花させられることもできるとか! しっかり摘芯をすれば大株に育てることも可能です。 梅雨を元気に乗り切って花を咲かせましょう。 関連記事.

次の

【ブルーミングスケープ】 ペチュニアの挿し芽 >> ガーデニング&観葉植物の育て方 Q&A

ペチュニア 挿し 芽

特殊な花型をしているけれど、基本はペチュニアなので育て方も難しくありません。 花付き良く、枝の広がりもいいので一株でもかなり大きく育てることができます。 一般のお客さんに販売はしていないんです。 私たちが購入するには、このプラグ苗を育てて一般苗になったものを大型の園芸店や、ガーデニングに力を入れているホームセンターなどで購入することになります。 お店で購入できるなら、苗の状態をしっかり選んで購入できるので、その方がおすすめですよ。 日当たりを好むので明るい場所がいいのですが、できれば雨には当てない方がきれいに育つので鉢植えがおすすめです。 左側が1週間くらい半日陰にあった株。 右は日向で育った株。 写真の下のようになったら花を摘み取ってしまいましょう。 なぜかというと、 ペチュニアは加湿が苦手。 なのでいきなり大きな鉢に植えつけると、土がなかなか乾かないため根張りが弱く成長します。 枝をピンチして枝数を増やす ペチュニアをこんもり育てるのに欠かすことのできない作業。 それが ピンチです! ピンチとは、伸びた枝の先を切り戻すことで新しい枝の発生を促し、花を咲かせる枝をたくさん作る作業のこと。 苗の状態から5号鉢に植えたら、5号の鉢の縁から飛び出す枝を切り詰めます。 花が咲いていても関係なし。 のちの花のために今の花は多少犠牲になっても仕方がない。 そうしたら一気に枝を伸ばして花を咲かせてあげてください。 株いっぱいに詰まって花が咲いてくれますよ。 植え付け時は浅植えに ペチュニアの植え付けのポイントは、浅植え。 こうすると何がいいのかというと、枝が横に広がる性質を持つ花衣の枝葉が、株元で土に触れることがなくなりカビや病気の発生を防いでくれます。 ペチュニアを枯らしてしまう多くが、蒸れによって株元が病気になることが原因。 土より根が高い位置にあることで、加湿になりにくい利点もあります。 花衣に限らず、横張性のペチュニアには有効です。 生育期の追肥は必須です! おススメは液体肥料。 生育の早いペチュニアは即効性のある液肥の使用が効果的です。 特に有機原料で作られたスーパーワンやトップドレッシングは節間(葉と葉の間)が詰まって密に育つのでおススメです。 水やりは株の下から!上からかけてはダメ! ペチュニアの水やりは葉の上からかけてはダメです! 中央の葉が蒸れて黄色くなり、落ちてしまうとなかなか回復しません。 そうなると外には花がいっぱい咲いても中央が剥げてしまっているという、ちょっと寂しい姿になってしまう。 こうならないためにも、水やりは株を持ち上げて鉢の中の土にだけかかるように与えるよう注意してあげましょう。 ペチュニア花衣の冬越し ペチュニア花衣は今年しか楽しむことはできないんでしょうか? 紹介にはたいてい 「一年草」と書かれていますが、実は ペチュニアは本来は多年草。 冬の寒さを避けられれば次の年も楽しむことが可能です。 やり方は、秋霜が降りる前に伸びすぎた枝を短く切り詰め、凍らない程度の温度で乾燥気味にして冬を越させます。 次の春、植え替えを行って管理をすれば、うまく冬越しが完了すれば新しい葉が次々に伸びてくるはずです。 うまく冬越ししても2~3年で株が老化して、花付きが悪くなったり、病気にかかりやすくなります。 その場合は挿し木で新しい株を育てて更新するか、新しい苗を購入しましょう。 ペチュニア花衣の増やし方 花衣は花が終わてもほとんど種をつけません。 そのため種から増やすことはできないんです。 でも、ペチュニアは挿し木で増やすことができます。 もちろん花衣も同じように増やすことが可能です。 ペチュニア花衣の挿し芽の仕方• 丈夫でしっかりした若枝を10㎝位に切ります。 枝の葉は上の2~3枚を残してすべて取ってしまいます。 花や蕾も取り除きメネデール100倍液に1時間くらい切り口をつけます。 発根促進剤を切り口につけて、挿し木用の土に3㎝ほど埋め込みます。 乾燥させないように水を与えていると、2週間ほどで根が出てきます。 ポットに移して管理をしてお店で販売している程度のサイズになったら鉢を大きくして通常栽培を開始します。 上のリンクでは果樹についての説明ですが、他の植物についても当てはまります。

次の