キス 釣り ルアー。 キスのチョイ投げ超入門|元釣具屋が釣り方を分かりやすく解説|TSURI HACK[釣りハック]

本格的なキスの釣り方(遠投仕掛け、競技用仕掛け)

キス 釣り ルアー

提供:tsuki キス釣りで釣果を上げるためのコツをいくつか紹介します。 釣れない時、もっと釣りたい時のために覚えておきましょう。 砂浜では変化のある場所を狙う 広い砂浜を見渡し、一部だけ波立っているところがあればチャンスです。 そのような場所は海底の地形に変化があり、キスの好ポイント。 良いポイントを見つけるために海面を観察しておきましょう。 手前から探る はじめから遠投はせずに近い場所から探っていくようにしましょう。 近いポイントから釣ることで余計な範囲を探る必要がなく、効率的に釣っていくことができます。 連掛けを狙おう! キスは群れで行動していることが多いため、アタリのある場所では高確率で他の個体もいます。 キスがヒットしても素早く回収せず、ゆっくり巻いているともう1本の鈎に別のキスが掛かることも。 連掛けを狙えば釣果が倍増するかもしれませんよ。 美味しいキスを釣ろう!.

次の

Kisu Game ルアーで狙うキス釣り

キス 釣り ルアー

こういったセットになった製品を使っても全く問題なくキス釣りを楽しむことが出来る。 キスの投げ釣り用の竿で大事なのは シャキッとした硬さ。 他の釣りにつかう竿でも代用できるが20号という重さの重りをぶら下げてしなりすぎない竿が良い。 柔らかい竿だと投げる時に負担がかかりすぎてものすごく投げにくいしアタリもわかりづらい。 出来れば専用の竿がいいがシーバス用やエギング用の竿ならチョイ投げに流用可能。 キス釣りのリール キスの投げ釣りに使うリールは小さすぎないスピニングリールなら特に問題はない。 ダイワやシマノの1000番クラスだと結構小さくて糸巻き量が不十分になる可能性があるので出来れば 2000番クラス以上を使いたい。 大きければ大きいほどいいというわけでもなく、 竿とのバランスが取れた大きさを選ぶのが大事。 5メートルの投げ竿にはクラスの大きさのリールを取り付けたいが3メートル程度の竿なら3000番クラスの普通のスピニングリールで十分。 キス釣りのライン 最近は投げ釣りはPEラインと言う超高性能ラインが主流になってきているが初心者ならまずはナイロンラインを使ってみることをおすすめする。 ナイロンラインのメリットは安くてしなやかでトラブルになりづらく、十分な強さがあること。 デメリットは吸水性による劣化があり時々巻き替える必要があること伸びやすく、アタリや底の質がわかりづらいことなど。 ちなみに、PEラインは伸びが殆ど無くアタリや底の質を明確に捉えることが出来るラインで強いので細くすることが出来、それにより飛距離はナイロンラインの1. 5倍くらい飛ぶ。 デメリットは値段が2〜3倍以上することと絡まった時外すのが困難であることなど。 キスの投釣り仕掛け キスの投釣りに使う仕掛けは天秤という針金を使ったものに重りと仕掛けを取り付けるものが普通。 この天秤というのがあるおかげで投げた時に仕掛けが絡まりづらく釣りがしやすくなる。 私はなんかかっこいいという理由でジェット天秤をよく使うが多少高いので安く抑えたい場合は普通の天秤にナス重りを取り付けたもので十分釣れる。 針がついた仕掛けなのだが市販のチョイ投げ仕掛けで十分釣れる。 同じ投釣り用の仕掛けでもカレイ釣りの仕掛けに付いている針は大きさが大きく、キスの口にはかかりづらいので注意。 天秤までセットになったものも売られている。 こういった仕掛けでも十分釣れる。 重りは重ければ重いほど飛ぶのだが、竿にかかる荷重が重くなりすぎると投げるのに失敗しやすく、ちぎれて仕掛けが飛んでいってしまう可能性もあり初心者には10〜20号までの仕掛けをおすすめしたい。 キスのエサ キス釣りの餌は虫エサと呼ばれるアオイソメ・石ゴカイ(ジャリメ)・チロリなどの餌を使う。 おすすめは チロリ。 小さくちぎって使えるので経済的でキスはチロリが大好き。 匂いも悪くなく初心者でも非常に扱いやすい優れた餌であるが売っている店が少なくエサ専門店ぐらいしか売っていないので買いたい場合は事前に電話で問い合わせておく必要がある。 どこでも手に入るエサは アオイソメ。 投釣りの定番エサで喰いもよく単価も安い。 どうしても虫エサを触れないという人は最近はワームでもエサの匂いと味が付いた生分解性の物が出ていてこれでも釣れる。 ただ、エサに比べるとやはり食いは悪い。 おすすめ製品。 エサ屋のマルキューが作ったワーム。 餌の付け方 餌の付け方だがキス釣りの場合は通し刺しと呼ばれる針をイソメの中に通す方法。 餌の大きさはあまり大きすぎてもキスが飲み込みづらく中々掛からないので最大でも5センチぐらいにしてつけたほうがいいと思う。 食いがいい時は垂らしが無くても釣れる。 食いが悪い時は垂らしを長めにつけてアピール力を大きくしたほうが良い。 キスのいる場所 キスのいる場所は 砂地の場所。 砂浜や海底が砂地の漁港などによくいる。 水深は浅い場所から深い場所までいるが夏場のシーズンは 浅い場所によくいる。 おすすめのスポットは漁港の堤防で、あまり遠投しなくてもキスのいる場所まで軽く届く。 堤防の先端から船が通る場所(掘られて深い)を目掛けて投げると大体そこがキスの通り道になっていることが多い。 アタリがなければ広範囲に投げてどこにいるのかを探す。 投げ釣りの醍醐味はド遠投だ!って人は広い砂浜で遠投すると良いだろう。 砂浜は広くて中々居場所が掴みづらいので 上級者向きのポイントだといえる。 キスの釣り方 釣り方なのであるが投げ釣りの中でもキス釣りは 引き釣りというジャンルであり、カレイ釣りや鯉釣りのような投げっぱなしで置いておく釣りではない。 リールを巻かずに 竿を動かして少しずつ引っ張って仕掛けを引きずってくる。 スピードはキスがついてこれる程度の速度(一秒間に10センチ程度)で必ず底に仕掛けが接しているように引く。 限界まで竿を引ききったらリールを巻きながら竿先を元の場所へ戻す。 この時仕掛けは動かさないようにしておく。 竿を戻して糸がたるんだ分を巻き取る感じでリールを巻くのが正解。 アタリがあったら竿を動かしてキスの口に針を引っ掛ける。 あまり慌てて合わせてもキスがエサを食っている途中だと引っかからないので向こうが思い切り引っ張ったタイミングで竿を動かそう。 かかっていたらゆっくりとリールを巻いて釣り上げれば良い。 キスなら問題なく抜きあげることが出来るだろう。 他の大物が来た場合は無理せずにゆっくりと弱らせて砂浜ならズリ上げるか堤防なら玉網ですくい上げると良い。 キスにもしも針を飲み込まれた場合は針外しという道具を使うか、無理やり針を引っ張って引き出すか、諦めて糸を切るかを選ぶ。 小さなキスなら無理やり糸を引けば針が出てくる可能性が高いが大きい物は中々出てこないので諦めて糸を切ることになることが多い。 糸を切った場合は料理の時にわかりやすくするため出来る限り長めに糸を切っておく。 キス釣り豆知識 キス釣りをしていると釣れるメゴチという魚はヌルヌルして持ちにくく、エラに刺があって危険であるが 実は美味しい魚なのでキスと一緒に天ぷらにして食べるのがおすすめ。 キスの投釣りまとめ キスは初夏から夏にかけてのファミリーフィッシングに最適なお気軽ターゲットで釣ってよく天ぷらなどで食べても上手い楽しいターゲット。 是非ともお手軽な堤防からのチョイ投げ釣りをエンジョイしてほしいと思う。 注:毒針を持つ魚(・・・・等)が釣れたら糸を切って触らずにリリースするのがおすすめ。 もし刺された場合は耐えられるギリギリの温水で患部を温め(毒の力が弱まり痛みが和らぐ)、病院へ行こう。 関連ページ•

次の

初心者でも楽しめる、キス釣り。手軽にルアーからはじめてみよう

キス 釣り ルアー

概要 遠投、競技用のキス釣りの仕掛け 項目 詳細 竿 専用竿20~30号 リール 投げ釣り専用 道糸 PE0. 3~1. 0号 200 m以上 チカラ糸 細い側で PE2~6号 12~15 m 天秤 20~30号 ハリス ナイロン2号 針 キス針4~7号 差しエサ 石ゴカイ、アオイソメなどの多毛類 遠投竿 浜から投げる大遠投専用の竿は長さが3本継ぎで4 mほどあります。 重さは300 g~450 g。 仕舞寸法が1. 5 mほどになります。 遠投用リール キス釣り用のリールにはサイズごとに 30とか35という数字が付いています。 この数字はスプールの寸法です。 直径62~74 mm、 スプールの長さ:ストロークが30~35 mm。 シリーズごとに1~2種類しかないことがほとんどです。 シマノ製品だと30か35、ダイワ製品だと35に加えて45 mmと、ロングストロークのリールがあります。 ラインローラーがゆっくり上下することでラインを密巻きにするスーパースローオシュレーションを搭載したリールもあります。 この機構を採用したリールは、トラブルが発生リスクが高くなるのと引き換えに遠投性能に長けています。 クロスラップによるライン抵抗が少ないためです。 昔(西暦2000年)、バスリールでは00ステラ(ミレニアムステラ)がこの機構を採用してライントラブルが多発するという大失敗をしました。 理由は、クロスラップをしないことによって下に巻いたラインがスプールから飛び出しやすかったからです。 バスリールの場合はメインラインが張りのある ナイロンか フロロなので特にトラブルになりやすかったのです。 ステラではスーパースローオシュレート機構は封印されました。 しかし遠投リールでは今なお採用されているところを見ると、少なくとも糸に張りの無い PEの場合、モノフィラメントラインよりはトラブルが少なそうですね。 遠投用リールの重さ 安価な製品だと600 gもあります。 かなり重たいです。 高級モデルだと、例えば最高級モデルでシマノ リール 16 スーパ-エアロキススペシャル コンペエディションなら360 gです。 で、軽さと安さを両立した丁度いいリールっていうと、思い当たるのはスーパーエアロ スピンジョイです。 ストロークが30 mmの場合、2014年のモデルは重量が445 g。 安価なモデルよりも150 gも軽いです。 150 gっていうと小型リール1個分くらいの重さなので、この差は大きいです。 2015年のモデルもありますが、510 gあります。 軽さを取るか、最新テクノロジーを取るかで悩むところですが、[1年最新]と[65 g軽量]なら、私は軽量を選びます。 天秤 タングステン製を使う人もいます。 タングステンは比重が大きいので遠投性能が高くなるうえ、硬いので感度が良くなります。 (ただし価格も高い) 主に20号~33号(75 g~124 g)を使いますが、遠投性能の向上と疲労低減の両立を考えると27号~30号(101 g~113 g)までが良いですね。 ハリス、モトス モトスは ナイロンか フロロで1. 5号~2. ハリスより先端には遠投の負荷はエサの重さしか掛からないので、キスが掛かっても切れない強度があれば十分です。 針 天秤から仕掛けの最先端までは1. 5 m~2. 0 m。 天秤から元鈎(一番上の針)は1 mほど開けます。 (天秤-1 m-元鈎-1~1. 5 m-先鈎) 元鈎 もとばり。 一番手元(リール側)にある釣り針。 先鈎 さきばり。 仕掛けの先端側にある釣り針。 ちょい投げなら2連から3連くらいが気楽でいいですが、遠投するなら5連~10連です。 ハリスが フロロで2号の場合、エダスは1. 5~1. 7号程度になります。 遠投を重視するなら天秤との間にスナップやサルカンを使わずに直結します。 針の大きさ 意見は様々です。 「どんな大きさのキスを狙うのでも4~6号で十分だ」という人もいれば、私のように 「小さいキスで4~5号、大きいキスで7号以上」という人もいます。 どっちが正しいとも言えません。 なぜなら、両者ではエサの動かし方、リールの巻き方が違うからです。 「どんな大きさのキスを狙うのでも4~6号で十分だ派」の主張 常にリールを巻いてサビいている。 合わせは向こう合わせで飲み込まれることはない。 常にエサを動かすことが前提となる。 常に動かすことで、 キスのヒット率を下げることなくエサ取りの被害が減らせる。 「キスのサイズで針サイズも使い分ける派」の主張 リールを止めることもあるので飲み込まれる可能性が高いし、それを考えると針の大きさは変えるべき。 針が大きい方がエサのホールド感が高まる。 小さいキスを弾くことができる。 なるべく大きい針の方が針掛かりが良くて、バレにくい。 途中で止める、あるいは放置することもある釣り方が前提。 ただし、フグなどのエサ取りに取られやすい。 競技者やガチ勢は常にリールを巻く人が多いです。 確かにそのほうが釣果は伸びるでしょうね。 でも、ちょい投げで遊ぶ人は放置するとかザラにあるんですよ。 それこそ、投げて放置して BBQしたり休憩するんです。 子供なら尚更です。 そういう釣り方をした場合、小さい針を使うと飲み込まれる確率は確実にあがるので、針を大きくするのは理にかなっています。 なので、どっちが絶対的に正しいという話ではないと思うんですよね。 エサ チョイ投げ編では ワームとの併用を提案しましたが、競技用となると全部エサでやるのがいいと思います。 特に、上の針にはニオイが強いアオイソメなどを付けて、下のほうには動きがいい石ゴカイ(ジャリメ)を使うなどする人もいます。 キスの生態については下記リンクを参照して下さい。

次の