スパニッシュ フラメンコ。 初心者必見!フラメンコの歴史とタンゴとの違い、フラメンコダンサーについて知ろう

フラメンコギターデュオ徳永兄弟ホームページ

スパニッシュ フラメンコ

未経験者&初心者 2018. 04 guitarrista アンケートのお願い「フラメンコ?スパニッシュ?」 VIVAフラ池川寿一です! 今回は アンケートのお願いです。 ぼくがフラメンコギターを 広めるにあたって、 これまで 「フラメンコギタリスト」 だったり、 「フラメンコ伴奏ギタリスト」 だったり、 当たり前ですが、 「フラメンコ」 という言葉を メインに使ってきました。 しかし、 そもそも「フラメンコ」という言葉に あまり馴染みがなかったり、 「フラメンコ=踊り」 というイメージが強いせいか、 なにか違う言葉の方が 多くの人に響くのかなぁと思い、 どんな言葉だったら伝わるのかと、 ここず〜〜〜っと考えていたのですが、 一つの言葉を思い浮かびました。 それが、 「スパニッシュ・ギター」 (スパニッシュ・ギタリスト) です。 「なーんだ!」 「普通じゃん!」 と思うことなかれ。 そこでアンケートです! — Q. 1 ズバリ、 「スパニッシュ・ギター」 の言葉ってどうでしょうか? (例:イメージは伝わる、 いまいちピンとこない、 よく分からない、など) — Q. 2 「フラメンコ・ギター」と「スパニッシュ・ギター」 の、それぞれ持つイメージはどんなものでしょうか? (例:フラメンコ=踊り、歌、本格的、難しそう。 スパニッシュ=ジプシー・キングス、ルンバ、激しそうな弾き方、 カジュアル、ロドリーゴ・イ・ガブリエラみたいとか) — Q. 3 あなたが ギターを習う立場になったとします。 家や職場の近くにある ギター教室のホームページを見つけて、 「フラメンコ・ギターのレッスンします」 というのと 「スパニッシュ・ギターのレッスンします」 というのではどちらが習ってみたいと思いますか? — Q. 4 今度は逆にあなたが ギターを教える立場になったとします。 (考えたことがなくても、 ぜひイメージしてみてください!) あなた自身の 教室のホームページに 「フラメンコ・ギターのレッスンします」 というのと 「スパニッシュ・ギターのレッスンします」 というのではどちらが敷居が低く感じますか? (教えるのにハードルが低く、 心理的プレッシャーが低いと感じる方) — Q. 5 最後に 「スパニッシュ・ギター」 「スパニッシュ・ギタリスト」 という言葉について ご自由に感想をお書きください! 例: 「やっぱりいまいちピンとこない」 「もっと違う名前がいいかも」 アンケートは以上です。 ちなみに、 ざっくりとイメージしているのが、 「スパニッシュ・ギター」は ピカード、ラスゲアード、ゴルペといった奏法 + ジプシー・キングスに代表される 「ルンバ」のリズム をメインにしたもの、 「フラメンコ・ギター」は もう少し深掘りして、 セビジャーナス、タンゴス、ブレリアスといった曲種 のリズムとファルセータ(フレーズ) まで踏み込んだもの、 と定義しています。 フラメンコギターの 裾野を広げるべく、 ご意見を聴かせてください。 (タイトルが「なんでも質問コーナー」となっていますが 気にせずにご意見を頂戴できれば幸いです!) どうぞよろしくお願いします!!.

次の

情熱の国スペインより〜スパニッシュ・ブラス

スパニッシュ フラメンコ

未経験者&初心者 2018. 04 guitarrista アンケートのお願い「フラメンコ?スパニッシュ?」 VIVAフラ池川寿一です! 今回は アンケートのお願いです。 ぼくがフラメンコギターを 広めるにあたって、 これまで 「フラメンコギタリスト」 だったり、 「フラメンコ伴奏ギタリスト」 だったり、 当たり前ですが、 「フラメンコ」 という言葉を メインに使ってきました。 しかし、 そもそも「フラメンコ」という言葉に あまり馴染みがなかったり、 「フラメンコ=踊り」 というイメージが強いせいか、 なにか違う言葉の方が 多くの人に響くのかなぁと思い、 どんな言葉だったら伝わるのかと、 ここず〜〜〜っと考えていたのですが、 一つの言葉を思い浮かびました。 それが、 「スパニッシュ・ギター」 (スパニッシュ・ギタリスト) です。 「なーんだ!」 「普通じゃん!」 と思うことなかれ。 そこでアンケートです! — Q. 1 ズバリ、 「スパニッシュ・ギター」 の言葉ってどうでしょうか? (例:イメージは伝わる、 いまいちピンとこない、 よく分からない、など) — Q. 2 「フラメンコ・ギター」と「スパニッシュ・ギター」 の、それぞれ持つイメージはどんなものでしょうか? (例:フラメンコ=踊り、歌、本格的、難しそう。 スパニッシュ=ジプシー・キングス、ルンバ、激しそうな弾き方、 カジュアル、ロドリーゴ・イ・ガブリエラみたいとか) — Q. 3 あなたが ギターを習う立場になったとします。 家や職場の近くにある ギター教室のホームページを見つけて、 「フラメンコ・ギターのレッスンします」 というのと 「スパニッシュ・ギターのレッスンします」 というのではどちらが習ってみたいと思いますか? — Q. 4 今度は逆にあなたが ギターを教える立場になったとします。 (考えたことがなくても、 ぜひイメージしてみてください!) あなた自身の 教室のホームページに 「フラメンコ・ギターのレッスンします」 というのと 「スパニッシュ・ギターのレッスンします」 というのではどちらが敷居が低く感じますか? (教えるのにハードルが低く、 心理的プレッシャーが低いと感じる方) — Q. 5 最後に 「スパニッシュ・ギター」 「スパニッシュ・ギタリスト」 という言葉について ご自由に感想をお書きください! 例: 「やっぱりいまいちピンとこない」 「もっと違う名前がいいかも」 アンケートは以上です。 ちなみに、 ざっくりとイメージしているのが、 「スパニッシュ・ギター」は ピカード、ラスゲアード、ゴルペといった奏法 + ジプシー・キングスに代表される 「ルンバ」のリズム をメインにしたもの、 「フラメンコ・ギター」は もう少し深掘りして、 セビジャーナス、タンゴス、ブレリアスといった曲種 のリズムとファルセータ(フレーズ) まで踏み込んだもの、 と定義しています。 フラメンコギターの 裾野を広げるべく、 ご意見を聴かせてください。 (タイトルが「なんでも質問コーナー」となっていますが 気にせずにご意見を頂戴できれば幸いです!) どうぞよろしくお願いします!!.

次の

スパニッシュ・タパス・バル・バイラ

スパニッシュ フラメンコ

1989年に結成された メンバー全員がスペイン人の金管五重奏。 結成から7年を経た1996年、 第6回ナルボンヌ国際金管五重奏コンクール優勝! 注目を集め、一気に国際シーンに踊り出ました。 世界中から熱い支持を受け、 YouTubeで公開している動画は 約 15 万回の再生回数を誇ります。 ビゼー(T. カンス編曲):カルメン組曲 A. ピアソラ(T. カンス編曲):リベルタンゴ A. ピアソラ(T. カンス編曲):オブリビオン C. チャップリン( カンス編曲):チャップリン組曲 ピアフ・フォーエバー(T. カンス編曲) R. カルド:ペンタ・ブラス C. ドミンゲス(C. ベネト編曲):ソロ・コン・ヴェルテ J. トゥリーナ(M. 饗宴 I. アルベニス(M. サントス編曲):アストゥリアス(伝説) P. ドミニゲス:アレグリアス E. グラナドス(M. サントス編曲):「スペイン舞曲集」Op. 37より アンダルーサ(祈り) M. デ・ファリャ P. 粉屋の踊り J. ヒメネス(F. パフォーマンス、教育的な活動そしてクリエイティブなコラボレーションといった革新的なプロジェクトでたちまち世界中の名声を集めた。 その後1996年には世界の中でも最も名声のある大会の一つナルボンヌ国際金管五重奏コンクール(Narbonne International Brass Quintet Competition)で第一位に輝き、トランペット奏者ベルナール・スーストロは「1986年に大会が始まって以降の優勝団体の中で一番である」と述べている。 2017年最も影響力のある音楽家としてBankia Music Talent Award in Spainで第一位を獲得。 多彩なプログラムと最先端の演出で、スパニッシュ・ブラスは25 years! DVDを含む25種のCDをリリース。 スパニッシュ・ブラスは最先端の音楽教育も行なっており、スペイン国立ユース管弦楽団、カタルーニャ国立ユース・オーケストラ、バレンシア、アンダルシア、マドリード、香港演芸学院Trumpet Lounge、昭和音楽大学、リエクサ・ブラスウィーク、イーストマン音楽学校、ジョージア大学、ダーティントン・インターナショナル・サマースクール、ブラジリア・インターナショナル・ウィンター・ミュージック・フェスティヴァル、イベロアメリカ文化フェスティヴァルなどでレッスンやマスタークラスなども行なっている。 SBALZ Festival in Alzira とSpanish BrasSurroundにも中心メンバーとして関わっている。 初めはパーカッションを勉強し、その後ギターを学ぶ。 21歳の時ロンドンに渡り、そこではフラメンコに携わりロニー・スコットのような有名な会場でレジデンス・ギタリストを務めた。 The Turbans(パーカッション) 、Trovador(ギター)、Maria Camahort Quintet(パーカッション) などとも共演。 ルシア・ルイバル(フラメンコ・ダンサー) Lucia Ruibal — Flamenco Dancer 出身地エル・プエルト・デ・サンタ・マリアで4歳の時にクラシック・ダンスを始めた。 17歳の時にフラメンコ・ダンスを始め、後に振り付けも学ぶ。 メルセデス・ルイス、ファン・デ・ファン、カルロス・サウラ、ラファエル・アマルゴなどの劇団のメンバーも務めている。 2016年Tablao Villa Rosa Competitionで第1位を獲得。 ダヴィド・ニエト(フラメンコ・ダンサー) David Nieto- Flamenco Dancer 1988年カディス生まれ。 振り付けでも数多くの賞を受賞。 アドルフォ・デ・カストロのフラメンコ、フォークロアの劇団員を皮切りに以後様々な劇団で活躍。 第13回全国アレグリアス舞踊コンクールで優勝、第5回La Isla Ciudad Flamenca Festivalでも受賞。 2013年には自身が経営するフラメンコ音楽の学校を設立した。

次の