メメント スカーレット。 284ページの読み応え!闇を抱える一匹狼×敏腕ドSビッチ「メメントスカーレット」楔ケリ

メメントスカーレット 【電子限定特典付き】 1巻(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

メメント スカーレット

冷酷非道に捜査を進める腕利きの刑事・周カイリ。 とあるクラブで派手に遊んでいる男にドラッグをちらつかせ、 ホテルに連れ込み探り合いのセックス。 思惑がありその男・狩野尾に声をかけたカイリだったが、 狩野尾はある事件をきっかけに辞職した元刑事で、 彼にもカイリに近づいた本当の目的があった。 またの呼び名をゴロツキ。 そこでバディを組まされることになったカイリと狩野尾は 違法薬物 MAZE メイズ 中毒者による殺人事件を追う。 I'm not entirely sure if the translation I read was just bad, but the plot seemed very confused. There talk about a drug called Maze and them something about Red Hood Maisie that seems to be a drug dealer. A woman who has been killed is the daughter of a Diet member who seeks to persecute drug users, but then she is killed and she also seems to be a drug user. Then there's a former case where kids were kidnaped and killed and the detective that had to kill his own partner and the case was neve I'm not entirely sure if the translation I read was just bad, but the plot seemed very confused. There talk about a drug called Maze and them something about Red Hood Maisie that seems to be a drug dealer. A woman who has been killed is the daughter of a Diet member who seeks to persecute drug users, but then she is killed and she also seems to be a drug user. Then there's a former case where kids were kidnaped and killed and the detective that had to kill his own partner and the case was never solved and was buried. Then the other police detective who is a double agent for both the special investigation unit and the yakuza. The two detectives confusing initial meeting. The televised torture sequence, and the lead Inspector's reaction to his kidnaped daughter. As translated, the story doesn't make much sense at all. The art is typical Keri Kusabi and racy. Read for the porn, not the story. Me ha encantado de principio a fin. Y menudo smut que tiene este!!!! Y menudo smut que tiene este!!!! Espero que lo haga.

次の

メメントスカーレット 【電子限定特典付き】

メメント スカーレット

冷酷非道に捜査を進める腕利きの刑事・周カイリ。 とあるクラブで派手に遊んでいる男にドラッグをちらつかせ、 ホテルに連れ込み探り合いのセックス。 思惑がありその男・狩野尾に声をかけたカイリだったが、 狩野尾はある事件をきっかけに辞職した元刑事で、 彼にもカイリに近づいた本当の目的があった。 またの呼び名をゴロツキ。 そこでバディを組まされることになったカイリと狩野尾は 違法薬物 MAZE メイズ 中毒者による殺人事件を追う。 お話自体は良く出来ていて(偉そうでスイマセン)、テンポもよくて楽しめたので続きがあれば購入したいです。 だけどなぁ… 登場人物が多くなったので人物の識別が良く出来ないのですよ。 先生のお話の登場人物は、基本、切れ長の目ばかりなので体型で識別してましたが、今回はそれでは追いつけない。 何回も読み返して、さらに数ページ戻って確認を何度か繰り返しました。 う~ん… なんだか残念… エロシーンは相変わらず色っぽいです。 眼福です。 でもね、先生の新刊を(エロ込みで)楽しみにしてた分、読後のコレジャナイ感が満載なんですよね。 エロスとありますが、事件とキャラが作り込まれていて惹き込まれずにはいられないストーリーでした。 2年前のある事件で相棒だった同僚の"殉職"に深く関わった元刑事の狩野尾は元上司だった不破に請われて ゴロツキと呼ばれる捜査一課・特務室で任務にあたることに。 過去の事件のカギを握る人物を追っていた狩野尾でしたが、そこでバディを組まされることになった得体の 知れない周カイリと事件に向き合います。 凶悪な殺人事件の捜査の中で警察内部もあまり信用できず、ふたりに緊迫した状況が続いていたのでずっと 緊張感を感じながら読みました。 狩野尾と周の関係もヒリヒリしましたが、事件の方も2年前の事件と無関係ではなく目が離せない状況です。 真犯人が見つかるまで一息もつけないような展開でした。 これはシリーズ化してふたりには次々と事件に立ち向かってほしいと思わずにはいられなかったです。 作者のコアな熱狂ファンや、どエロ描写だけを求めている人向きだと思います。 爬虫類、ナメクジ系の過剰描写が自分には不向きだと今作でハッキリしました。 作者自身の性癖趣向全面推し、設定に偏りがあります。 極端に読む人を選り好みしてる。 人物の目つきや口の描き方など絵に灰汁が強く、粘っこく脂っこいので 脳内が胸ヤケしました。 特にアヘ受けビッチの五月蝿く鬱陶しい喘ぎがまとわり付くようでした。 ジメジメした攻めも腑に落ちない。 登場人物の伏線未回収だし、続きは売り上げ次第な終わり方でイラつきました。 マンネリ化しているような描写が多く話題性が先で、オサレ演出や 見た目誇示の必死感 が漂うだけで読了。 毎回似たり寄ったりなキャラクター、ウジウジした攻め、エロはこう描いときゃいいんでしょ?みたいなやっつけ感というか、投げやり感が作品を重ねる毎に露骨になっているような…?描き方が雑なのかな。 エロもエロいことしてるはずなんけどこの人の描き方って別にエロいと思えないんですよね。 前後の展開に繋がりなく突然おっぱじめたりするし。 せっかくのここのレーベルでの作品だったのに勿体ないなぁとも感じますね。 分厚くて読み応えあるのかな、と期待していたのですが正直ただ分厚いだけで読んでいる最中に何度も「まだあるのか…」ってゲンナリする事が何度か…。 設定詰めすぎなんですよ…。 あと他のレビュアーさんも仰ってましたがこの方の描かれる話って何だかクドいんですよね… ラストも突然の展開で正直ついていけませんでした。 「え?あ、そう…」っていう…キャラクターにもストーリーにも感情移入できずエロ部分にも有り難みを感じられないただ苦痛な作品でした。 私には合わなかったんでしょうね…残念です。 狂僕を読んだときの衝撃は凄くて続編や他作品、今回も購入しましたが今後はもうこの作家さんの作品を手に取ることはやめようかな、という感じです。 作家さんの描かれる作品なら何でも受け止められる!今までの作品も全部好き!!という方にはいいのかと思いますー。

次の

【無料試し読みあり】メメントスカーレット

メメント スカーレット

by 狂い鳴く~の作者様ということで、迷わず購入。 今回のお話は結構サスペンスが強く、読みごたえがあります。 一回だけじゃ読み足りないってなる。 キャラが魅力的なお話でした。 ミステリアスな周カイリ 受 がとても格好いいです。 過去を背負って、今にも壊れてしまいそうな鉄雄とバディを組むわけですが、次第に距離を縮めていく過程が重めで、でも鉄雄の心が段々とほどけていくのが分かって救われる気持ちになります。 この二人は恋人というよりも、一緒に生きることを選んだ二人って感じです。 まだ傷は癒えてないけれど、一緒なら生きていけるっていうある意味相互依存みたいな。 私はそう思ってます。 作者様の意図は分かりませんが。 エッチもあります。 結構重要な役割を果たしてます。 エッチの時に二人の関係が変わることが起こる感じで、エロを楽しむというよりは、気持ちの変化を読み取る感じです。 全体的に作り込まれていて、じっくり読むものです。 さらっとハッピーエンドなものが好きなら向かないかな。

次の