コメ の 生産 量。 (キッズ外務省)米の生産量の多い国(モミ量)|外務省

どうして北海道、東北、新潟(にいがた)で米の生産量が多いのですか。:農林水産省

コメ の 生産 量

農業生産に関する統計(2) 米の生産量 単位:万トン 平成27年 28年 29年 30年 令和元年 米の生産量合計 798. 9 804. 4 782. 4 778. 2 776. 4 水稲(子実用) 798. 6 804. 2 782. 2 778. 0 776. 2 陸稲(子実用) 0. 3 0. 2 0. 2 0. 2 0. 2 水稲10a当たり収量 kg 531 544 534 529 528 水稲作況指数 100 103 100 98 99 資料:(農林水産省統計部) 農産物の生産量 単位:面積:千ha、収穫量:千トン 平成27年 28年 29年 30年 令和元年 水稲 作付面積(子実用) 1,505 1,478 1,465 1,470 1,469 収穫量(子実用) 7,986 8,042 7,822 7,780 7,762 飼料用米 生産量 (トン) 440,066 505,998 499,499 426,521 383,443 小麦 作付面積(子実用) 213 214 212 212 212 収穫量(子実用) 1,004 791 907 765 1,037 二条大麦 作付面積(子実用) 38 38 38 38 38 収穫量(子実用) 113 107 120 122 147 六条大麦 作付面積(子実用) 18 18 18 17 18 収穫量(子実用) 52 54 52 39 56 はだか麦 作付面積(子実用) 5 5 5 5 6 収穫量(子実用) 11 10 13 14 20 大豆 作付面積(乾燥子実) 142 150 150 147 144 収穫量(乾燥子実) 243 238 253 211 218 そば 作付面積 58 61 63 64 65 収穫量 35 29 34 29 43 てんさい 作付面積 59 60 58 57 57 収穫量 3,925 3,189 3,901 3,611 3,986 資料 :(農林水産省統計部) 注 :飼料用米については農林水産省政策統括官調べ(令和元年については、取扱計画認定数量) 家畜の飼養戸数及び飼養頭羽数 単位:飼養戸数:戸、飼養頭羽数:千頭、千羽 平成27年 28年 29年 30年 31年 乳用牛 飼養戸数 17,700 17,000 16,400 15,700 15,000 飼養頭数 1,371 1,345 1,323 1,328 1,332 肉用牛 飼養戸数 54,400 51,900 50,100 48,300 46,300 飼養頭数 2,489 2,479 2,499 2,514 2,503 豚 飼養戸数 … 4,830 4,670 4,470 4,320 飼養頭数 … 9,313 9,346 9,189 9,156 採卵鶏 飼養戸数 … 2,440 2,350 2,200 2,120 飼養羽数 … 173,349 176,366 181,950 182,368 ブロイラー 飼養戸数 … 2,360 2,310 2,260 2,250 飼養羽数 … 134,395 134,923 138,776 138,228 資料 :(農林水産省統計部) 注 :1 各年2月1日現在の飼養戸数、飼養頭羽数 :2 豚、採卵鶏及びブロイラーの平成27年は、2015年農林業センサス実施年のため調査を休止した。 お問合せ先 米、農産物関係について (作付面積) 大臣官房統計部生産流通消費統計課 担当者:面積統計班 代表:03-3502-8111(内線3681) ダイヤルイン:03-6744-2045 (収穫量) 大臣官房統計部生産流通消費統計課 担当者:普通作物統計班 代表:03-3502-8111(内線3682) ダイヤルイン:03-3502-5687 農産物の生産量のうち、飼料用米について 政策統括官穀物課水田農業対策室 担当者:土地利用型農業調整班 代表:03-3502-8111(内線4778) ダイヤルイン:03-6744-7135 家畜関係について 大臣官房統計部生産流通消費統計課 担当者:畜産・木材統計班 代表:03-3502-8111(内線3686) ダイヤルイン:03-3502-5665.

次の

2.米の生産関連情報 | 米穀安定供給確保支援機構:米ネット

コメ の 生産 量

昨年の一汁一菜ブームも、コメはデフォルトの「主食」として想定されていた。 しかし、現実には、1962年度に年間1人当たりの消費量がピークを記録して以来、コメの消費量は減り続けている。 この問題は長年くり返し報道され、議論されてきたにもかかわらず、その傾向は一向に変わることなく、2016年度には1962年度の約半分、約54キロにまで減少している。 なぜ、食事に不可欠なはずのコメの消費量は、減り続けているのだろうか。 1人分を調理するのは面倒くさい その原因としては、「食生活の多様化によって主食の選択肢が増え、相対的にコメの割合が減った」「女性の社会進出が進み、外食・中食に頼る傾向が強くなった」などの見解が代表的だ。 もちろん、この2つの要因は、大きな関係があるだろう。 しかし、食卓の現場はもう少し事情が複雑である。 飲食関係の企業に勤める31歳の後藤真美さん(仮名)は、1人暮らしの女性だ。 「最近は炊いて冷凍しておき、食べることもあるけれど、基本的にコメはあまり食べない。 年に2回ぐらいしか炊かないときもあった」と話す。 夜は情報収集を兼ね、友人たちと外食をする。 昼は弁当を作って持っていくか、外で買ってきて職場で食べる。 朝も、コーヒーとクロワッサン程度の簡単なもので済ませる。 よく作るのはパスタ。 2007年から1年間、イタリアに留学していたこともあり「パスタは簡単なので、ついそれでやっちゃう」。 今、多数派の世帯は、後藤さんのような1人暮らしや、2人暮らしである。 少人数世帯の人にとって、コメを炊くのは効率が悪いことかもしれない。 最近は味の良さを売りにする炊飯器が数多く出ているが、1合未満の1人分のコメを炊ける商品はあまり見当たらない。 また、コメのご飯をつくる調理は、時間を要する。 通常のコメは、洗って吸水させるまでで30分~1時間、炊いて蒸らすのに40分~1時間程度。 最大で2時間かかる。 無洗米を吸水させないで使う、圧力鍋などを使うなど工夫すれば時間短縮が可能だが、それでも30分~1時間はかかる。

次の

2.米の生産関連情報 | 米穀安定供給確保支援機構:米ネット

コメ の 生産 量

フィリピンは一日325gの消費に対し、コメ離れが著しい日本は118gとフィリピンの約3分の1で49位となっている。 このようなコメ消費大国であるにも関わらず、フィリピンはコメを自給できずコメ輸入の大国でもある。 フィリピンの輸入米は『国家食糧庁』が、輸入、備蓄、販売を管理していて、販売価格なども規制されているが、その裏を掻い潜ってコメの密輸も盛んで市場には堂々こと密輸米が販売されている。 また、輸入米を扱う業者によってコメの市場価格が操作され、ドゥテルテ政権になって食料価格が高騰したのもコメが原因と見られている。 そのため、ドゥテルテ政権は従来あったコメの輸入規制枠を撤廃し、民間業者が自由に輸入できる法案が成立し、大統領の署名を経て近く発効する運びとなった。 しかしながら、この自由化法案は、国内でコメを生産する農家を切り捨てると猛反発が起きている。 これは国内生産するコメの値段と比べて輸入米の方が安く、大量に輸入されればコメ農家のコメは売れなくなるためで、コメ輸入業者などの業界を利するためと指摘されている。 これに対して政権側は『コメ供給体制を安定させ米価を押さえ、コメ業界の談合体質の一掃、業界とコメに関わる政府関係者の汚職根絶』と美辞麗句を並べているが、逆に今までのコメ政策の問題点が暴露された形になった。 コメ自由化に伴ってコメ輸入の主体であった国家食糧庁は、国内コメ生産農家からの買い付けと備蓄米確保に専念するように業態が変わるが、巨大組織である国家食糧庁の改革は示されていない。 今回の措置によって政府は、農務省が持つコメ増産プログラム70億ペソと国家食糧庁の国産米の買い付けと備蓄米確保用の70億ペソ、計140億ペソを支出することを予算化した。 また農務省はコメ自由化政策とコメ農家に対して付加価値の高い農産物転作を進めているが、これらは農家にとってリスクの高い選択になると同省高官から懐疑の声が出ている。 フィリピンの農業は気候変動、天災に弱くGDPに占める割合も低い上に、近年アセアン内で高い経済成長率を強調するフィリピンでは足を引っ張る状態となっている。 実際、2018年度の産業部門別の経済成長率の貢献度は年度成長率が6. 2%の中で、農業部門は0. 1%とほとんど伸びていないことが明らかになっている。 これは農業を含む第一次産業の生産性がフィリピンでは置き去りにされている結果で、最近の歴代政権でも農業部門の成長率が良かったのはエストラダ政権で6. 5%で、最低はラモス政権の0. 8%となり、他の政権でも1~2%台という低成長。 しかしながら、フィリピンの労働者数の3分の1が何らかの農業に関係し、これは全世帯の4分の1に達するという調べもあり、このため農業従事者を尊重しない政策によってフィリピンの貧困がなくならない要因の一つともなっているとされる。 ソース:•

次の