へそ 臭い。 おへそのトラブル!何科を受診すればいい?痛みや膿が出てきたら?

おへそのトラブル!何科を受診すればいい?痛みや膿が出てきたら?

へそ 臭い

おへそのごま を取ったのにおへそが臭いことで悩んでいませんか?おへそが臭い原因はさまざまあるため、臭いのあるおへそのごま を無理やり取るなどしてしまうと臭いが悪化してしまう可能性があります。 まずは原因と正しいケアを知ることが大切です。 おへそのにおいが臭い原因 おへそが臭う原因はいろいろありますが、においが気になるようでしたら自己判断せず病院で診察してもらうことが大切です。 おへそが臭くなる原因について紹介します。 へそのごまの臭い おへその断面図を見ると分かるとおりくぼみがあるため体から分泌される皮脂や皮膚の剥がれた皮、垢などが溜まりやすい構造になっています。 さらに、石鹸やボディソープの残りカスなど、さまざまな汚れが溜まることで悪臭を感じさせるガスが発生してしまうのです。 臍炎 さいえん おへそが細菌により感染してしまったことで、炎症を引き起こし化膿してしまう病気が臍炎 さいえん です。 へその緒がまだ取れない新生児に起こりやすい症状なのですが、大人でも発症する場合があります。 尿膜管遺残 にょうまくかんいざん お腹の赤ちゃんは、へそと膀胱を尿膜管と呼ばれる管でつながっています。 尿膜管は通常、生まれると役目を終えて閉じるのですが、まれに尿膜管が閉じない場合があります。 これを尿膜管遺残と呼ぶのですが、尿膜管が細菌感染してしまうとおへそから膿が出てきて臭いを放つ場合があります。 尿膜管遺残はフィギュアスケートで世界的にも有名な羽生結弦選手が発症したことがあり、緊急入院・手術をしたことで世間的にも認知度が高まった病気です。 子供だけではなく、大人も発症する可能性があります。 臍腸管遺残(さいちょうかんいざん) 通常、お腹の赤ちゃんは胎盤と腸をつなぐ臍腸管が産まれる前に無くなるのですが、産まれても残ってしまう状態を臍腸管遺残と呼びます。 臍腸管遺残の状態によりますが、おへそがジュクジュクしたり、消化液でおへそがかぶれて臭いを強くする場合があります。 臍肉芽腫(さいにくがしゅ) 赤ちゃんのへその緒が取れたのに、へその緒が部分的に根本に残って増殖したことでおへそが盛り上がる病気が臍肉芽腫です。 そのままにしておくと細菌感染を引き起こし、おへそがジュクジュクしたり強い臭いを放ちます。 ワキガ体質 ワキガ の臭いを発生させるアポクリン汗腺は、おへそにもあります。 アポクリン汗腺から出る汗はタンパク質や脂質、糖質、アンモニアなどの成分が含まれているため臭いが強くなります。 おへそは面積が小さくアポクリン汗腺が集中してあるので、ほかと比べると臭いを強烈に感じやすい部位です。 ワキガ体質の人は注意が必要です。 自分がワキガかもしれないと感じている人はこちらの記事もご覧ください。 おへその臭いのケア方法 おへその臭いを改善するために、さまざまな方法でケアしていると思います。 無理やりおへそのごまを取ったり、ゴシゴシ洗ってしまうと臭いが悪化する可能性があります。 おへそはお腹周りの皮膚よりもくぼんでおり薄い皮膚で構成されています。 そのため摩擦などの衝撃に弱く、ゴシゴシ洗ってしまうと腸まで刺激を受けて腹痛を感じてしまう場合があります。 おへその皮膚はとてもデリケートなため、ナイロン製のボディタオルなどは絶対に使用しないようにしましょう。 おへそを洗う時は、ふわふわに泡立てた泡をおへそに乗せ、泡パックしてからクルクルと円を描く泡洗いがおすすめです。 おへそのごまは取っても大丈夫? 基本的におへそのごまが気になっても、無理に取るなどせず放置しましょう。 しかし、臭いが強烈など気になる場合は病院で取ってもらうことも大切です。 臭いへそのごまの取り方 おへそから臭う場合は、炎症を起こして膿が発生している可能性があります。 おへそのごまが眼の前に見えるのでついつい取りたくなってしまいますが、炎症を引き起こす可能性があるので必ず病院で取ってもらいましょう。 自分でおへそのごまを取る方法 おへそのごまを自分で取るときは、刺激に注意しなくてはなりません。 爪でカリカリと黒いごまを剥がしたり、綿棒や耳かきでグリグリとおへそを擦ってしまうと、腹膜を傷つけてしまい臍炎になってしまう可能性があります。 お風呂でやさしく洗っても取れない場合は、ベビーオイルやオリーブオイルなどでおへそのごまを柔らかくし、タオルやガーゼなどで軽く拭き取ると腹膜を傷つけずにケアできます。 それでもなるべく自分で取るのは控えたほうがいいですよ。 おへその臭い改善のためには何科に行けばいいの? おへその臭いが改善されない場合、症状によりますが皮膚科か泌尿器科で診てもらえます。 臍炎など、おへそがジュクジュクと炎症を引き起こし膿が出ている程度なら皮膚科でも大丈夫ですが、尿膜管遺残などの症状が疑われる場合は手術が必要となるため泌尿器科の受診となります。 赤ちゃんの場合は何科? 赤ちゃんのおへそが臭い時や赤く腫れ上がっているなど炎症を引き起こしている場合は、まずはかかりつけ医の小児科を受診しましょう。 手術設備が整っていない病院で受診すると、大きな病院を紹介される場合があります。 赤ちゃんと一緒に病院を移動するのは大変なので、始めから手術ができる小児科を受診しておくと安心ですよ。 まとめ おへそのにおいが臭い原因はさまざまありますが、間違ったケアを自分でしてしまうことで炎症などを引き起こしてしまうケースもあります。 おへそはデリケートな部分なので、臭いや症状の悪化を不正ぐためにも病院で診てもらった方が安全です。 そのほかデリケートゾーンの悩みならはこちらの記事もご覧ください。

次の

へそが臭い!理由とへその正しいお手入れの方法

へそ 臭い

へそが臭い原因について 服を着ている時にはあまり意識しませんが、下着を脱いだ時にへそから嫌なにおいがするのに気づいて愕然とする時がありますが、なぜへそが臭くなるのでしょうか。 へそはくぼんでいるので、皮脂、汗、垢、埃、石鹸の洗い残し等の汚れがたまりやすく、その汚れを栄養分として細菌が繁殖しまうためです。 細菌が繁殖することによって不快なにおいが発生するのです。 へそに汚れがたまりやすいとはいうものの、へその手入れをほとんど行っていない人は多いです。 へそを触るとお腹が痛くなるからあまり触らない方が良いという言い伝えをよく耳にしますが、その影響も多分にあるでしょう。 確かに、へそを触ることによってへその下にある腹膜の神経が刺激され、へその周辺に痛みを感じる事がありますので、へそを触るとお腹が痛くなるという話はうそではありません。 ですが、へその手入れをしなければ確実に汚れがたまり、細菌が繁殖してにおいを発するようになりますし、 細菌感染でへそが炎症を起こす危険もあります。 へその手入れは、へそを刺激しないように丁寧にすれば、しても大丈夫です。 へそを触りすぎて皮膚を傷つけてしまうのは禁物ですが、週2回程度、へそに汚れをためないようにするケアを心がけましょう。 へそが臭いのは病気なの? 単にへそが臭いだけあれば、へその汚れが原因ですので病気ではありません。 ただし、においだけでなく、へそが赤くなったり、腫れて痛みがあったり、へそから膿が出たりする場合は、臍炎(さいえん)や尿膜管遺残症といった病気の可能性があります。 へそに異常を感じた時は、まず 皮膚科を受診しましょう。 尿膜管遺残症の場合は泌尿器科が専門ですが、最初から自分が尿膜管遺残症だとは分からないことが多いです。 もし尿膜管遺残症と分からずに皮膚科を受診し、尿膜管遺残症の可能性があると診断された場合は、泌尿器科で受診するようにしましょう。 チェック 臍炎は、産まれたばかりの赤ちゃんがかかりやすい病です。 へその緒(臍帯)が取れた直後のへそは細菌が侵入しやすいためですが、大人でも、へその皮膚にできた傷から細菌が入って臍炎にかかることがあります。 放置しておくと、へその周囲の腹膜に細菌が感染して腹膜炎を発症し、命に関わる危険があります。 尿膜管遺残は、母親のお腹の中にいた時に膀胱と母体をつないでいた尿膜管が産まれた後も閉じずに残ってしまっている状態ですが、そこに尿が漏れ出したり細菌が感染したりして炎症が起こると尿膜管遺残症を発症します。 へそが臭いことそのものは病気ではありませんが、細菌が繁殖して病気を引き起こしやすい状態になっているサインですので、病気を予防するためにはへそのにおいに注意しなければなりません。 スポンサードリンク へその正しいケア方法について まず抑えておきたい点として へそからの悪臭を防ぐために常にへそを清潔に保つのは重要ですが、へそはデリケートな部分であり、決して乱暴に触ってはいけません。 へその皮膚は薄いので、爪を立てたりすると傷ついてしまいます。 傷から雑菌が入ると炎症を起こす恐れがあります。 へそのケアは、入浴の時に行うと、水分で汚れがふやけて汚れが落ちやすくなるので楽に行えます。 あまり頻繁にやりすぎても皮膚を傷める恐れがあるので、 頻度は週1~2回程度が目安です。 ・へそに指を入れて洗う時は、石鹸やボディーソープ等をしっかり泡立て、爪で皮膚に傷をつけないように注意しながら、力を入れずに軽く回すようにして洗いましょう。 湯船にしっかりとつかると、へその汚れがふやけてより落ちやすくなります。 ・へそに汚れがたまり始めているようであれば、綿棒と刺激の少ないオイル(オリーブオイルやベビーオイル)で手入れをしましょう。 オイルを直接おへそに少量たらしてしばらく待つと、汚れがふやけて落ちやすくなるので、綿棒でやさしく汚れを拭き取りましょう。 へそを傷つけないために、綿棒は奥まで突っ込まないようにしましょう。 最近では、へその汚れをきれいに落とすお掃除キットも販売されており、手軽にへそのケアが行えるようになっています。

次の

おへそのにおいが臭い!病気?その原因とケア方法

へそ 臭い

スポンサーリンク みなさんは、おへそから黄色い汁や膿(うみ)が出てしまった経験はありませんか? なんか臭いし、気持ちが悪い・・・でも、なんだろうと思っても、いざその時になってみるとどう対処するべきかよく分かりませんよね。 けれど、この黄色い汁や膿は放っておくとよくないのだそうです。 そこで今回は、おへそについて見ていきたいと思います。 へその臭いの原因は? そもそもどうしておへそから黄色い汁や膿が・・・?と思いませんか。 この黄色い汁・・・実は、 膿(うみ)なんです。 おへその形が人によって色々あるのはみなさんもご存知かと思いますが、そのためか、お手入れもなかなか難しいのが現状です。 膜一枚で内臓と繋がっているおへそは、無理に掃除をすると、傷つけてしまう可能性も出てきますし、けれど、お手入れをしないのも良くないし・・・。 そう考えるとやはりお手入れが疎かになりがちなんです。 それでは現状はさておき、この臭いがどのようにして起きているのか見てみましょう。 おへそから臭いが起きるのは、汗や垢、汚れが溜まり、これらを栄養素とする細菌や雑菌が繁殖して炎症を起こしているからなのです。 見えないところだからこそ、気をつけなければいけないのかもしれませんね。 スポンサーリンク へそから汁や膿が出るのは病気なの? 臭いの原因から見ても、とても健康的ではないのは分かりますが、実際にこれらが出てしまうということは何かの病気のサインなのでしょうか? おへそから出る黄色い汁・・・つまり膿は「 へその細菌感染」という炎症が原因だと考えられています。 また、臭いに合わせて痛みが生じると、「 尿膜管遺残」という病気の可能性も出てくるのだそうです。 これを放っておくと、おへその奥がかゆくなりはじめ、尿膜管に感染した細菌が炎症を更に悪化させ、腹膜や内臓にまで広がってしまう恐れもあります。 それを考えただけでも恐ろしいですが、その症状が酷くなると膀胱と癒着して、なんと「へそ部から膀胱の尿が漏れる」という<へそ尿痩>という病気にまでなりうるのです。 この病気になってしまうと、尿膜管の摘出手術なども検討しなければなりませんから、おへその炎症が長引いたり不安に感じたら、消化器外科や小児外科などの受診をしてみてはいかがでしょうか? へその掃除のやり方は? それでは、おへその奥の炎症を起こさないためには、どのようにおへその掃除をするのがよいのでしょうか? デリケートな部分ですので、掃除の際も注意が必要です。 その掃除の方法をご紹介します。 綿棒やガーゼ+ベビーオイルで拭き取る ベビーオイルなどをおへそに垂らして、少しおくことでへその垢が柔らかくなってきます。 そうしたら、綿棒やガーゼを使って優しく垢を取り除きます。 綿棒やガーゼなどの清潔で柔らかいものならば何でもよいのですが、綿棒で力強く奥まで突っ込むのはやめましょう。 心配な方は、力加減もしやすいガーゼのほうがいいかもしれません。 そして、汚れがなかなか取れない、と思っても無理強いは絶対に禁物です。 常に「優しく」を心がけてぜひ実践してみてくださいね。 また、おへその周りのお手入れも忘れずにしてください。 入浴時に泡で優しく洗う 手やスポンジで優しく洗うだけでもへそ垢の蓄積される量は変わってきますし、病気の予防にもなりますので、入浴の際に意識的にへそを洗うようにしましょう。 シャワーを利用されることが多い方は特に湯船に浸かる習慣をつけると良いと思います。 湯船に浸かって優しくおへその周りを洗うだけでも、汚れの対処には効果が出てくるはずです。 そして、お風呂から上がったらしっかりと水気を取りましょう。 そのままにしているとせっかくきれいにしてもまた細菌の繁殖を促す羽目になってしまいますからね。 オロナインをへそに詰めて寝る 就寝前にオロナインをおへそに詰めてそのまま寝て、翌朝オロナインを拭き取ってから綿棒で掃除をすると垢が驚くほど取れます。 詰めたオロナインを拭き取るときは、やはりおへそを傷つけないように優しく拭き取ることを心がけましょう。 へそピアスは危険 今はそれほどではありませんが、以前はおへそにピアスをする人も多くいました。 へそピアスは、おへそに穴を開けてさらにそこに金属を通すので、おへそに傷がついて雑菌が繁殖しやすくなります。 ちゃんと病院で開けてもらい、なおかつ消毒なども定期的におこなえばそこまで心配する必要はないかもしれませんが、やはりおへそに傷をつけるという意味ではできれば避けたいものです。 まとめ 新生児期にへその緒が取れたあとに傷口から入る細菌によって、おへそやおへその周りが赤くなって腫れてしまう病気があるのは知っていましたが、大人になってまで発祥するとは知りませんでした。 しかし、いざへそから黄色い汁が出はじめて、下着につき、悪臭を感じるとぞっとします。 「どうしてこんなところから?」とか「何か良くない病気なのかも?」とか、よからぬことばかり考えて・・・。 そして、出来ることから色々実践した結果、悪臭もなくなり、もちろん汁も出ることはなくなりました。 お手入れを疎かにすること、それが招いた現実に今はお手入れも欠かせません。 「私に限ってそんなこと・・・」とは思わないで、出来ることを実践してみませんか? 誰にでもかかりうる病気なんだということを決して忘れないでくださいね。

次の