友達の紹介 ライン めんどくさい。 友達の紹介でメールを始めたんですが、面倒になってきてしまいました。...

友達がめんどくさい! 特徴と対処法をタイプ別で紹介|サイコな転職

友達の紹介 ライン めんどくさい

1.ラインがめんどくさい理由 まずは、ラインがめんどくさい理由を考えてみましょう。 理由が分かると、どういった対処法をしていけばいいのか見えてきます。 ここでは、 ラインがめんどくさい5つの理由を確認していきましょう。 返信しないと嫌われるのではと不安になる• 集中している時に届く• 延々とやり取りが続く• 気を遣い過ぎて疲れる• 自分の時間がなくなる めんどくさいと思っている理由を知ると、「なるほど!」と納得し モヤモヤとして気持ちが解消できるはずです。 理由1.返信しないと嫌われるのではと不安になる ラインでメッセージが届いたら、ちゃんと返信しないと嫌われるのではないと不安になります。 たしかに、ラインを使えば 会話感覚で連絡が取れるので、とても便利です。 その反面、 返信が遅れたり既読スルーしていると相手が不機嫌になるなど、めんどくさいことが起きます。 便利なはずのラインが、人間関係に影を落とすことに繋がるのです。 理由2.集中している時に届く プライベートで自分の趣味などに没頭している時にメッセージが届くと、集中力が切れて嫌な気持ちになります。 「なんでこんな時に来るの!」と憤りを感じるのです。 もちろん相手は、あなたが何をしているか分かりません。 しかし、自分の思い通りのタイミングでないメッセージだと、作業が途切れて 不快な思いをするのです。 理由3.延々とやり取りが続く メッセージのやり取りが延々と続くのもめんどくさい理由の1つです。 ラインは目の前で会話しているような、 ライブ感のあるやり取りで人気を集めています。 一方で、切り上げどころが難しく、 ダラダラとやり取りが続いてしまうのです。 メッセージのやり取りが始まると、「いつ切り上げようか?」と常に辞めるタイミングを考える必要があります。 理由4.気を遣い過ぎて疲れる 相手のテンションに合わせる必要があるので、疲れます。 恋バナなどで相手のテンションが一方的に盛り上がっているのに合わせると、気を遣うのでとてもめんどくさいです。 ラインの画像を見るたびに、ため息をついては「どんな返しをしたらいいの?」と悩みます。 顔が見えないので、相手の表情から気持ちを読み取ることができません。 そのため、思いがけず テンション高めのやり取りに巻き込まれることがあるのです。 理由5.自分の時間がなくなる ラインでやり取りをしていると、 自分の時間がなくなるのでめんどくさいです。 ラインは彼や友人との直接のやり取りの他に、グループラインもあります。 参加しているグループラインが多いと頻繁にメッセージが届き、 目を通したり返信したりを繰り返すので時間がなくなるのです。 2.ラインがめんどくさいと感じる瞬間 普段はラインを楽しく使っていても、めんどくさいと感じる瞬間があります。 ここでは、 めんどくさいと感じる5つの瞬間を確認していきましょう。 相手に即スレされた• 自慢話をしてくる• 非常識な時間帯に送信してくる• どうでもいいメッセージが届く• 何をしているか確認してくる 自分がどういった瞬間にめんどくさいと感じるのか理解することで、 上手に 気持ちを落ち着かせることができるはずです。 瞬間1.相手に即レスされた ラインのメッセージを送り、 相手から即レスされるとめんどくさいと感じます。 自分も即レスしないといけないと プレッシャーを感じ、焦りを覚えるのです。 少し時間を空けて送ろうと思っているときに即レスされると、余計に「ラインはめんどくさい!」と思ってしまいます。 瞬間2.自慢話をしてくる 付き合っている彼から「数合わせで無理やり参加した合コンで、3人からアプローチされて困る」などモテ自慢されるのも、めんどくさいと感じる瞬間です。 自慢話に対し素っ気ない返信をすれば 「妬いているの?」と誤解をされるのも嫌なので、文面を考え込んでしまいます。 メッセージだけでなく、モテ自慢画像を送ってくると、 余計にイライラが募るのです。 瞬間3.非常識な時間帯に送信してくる 彼が夜中の2時にメッセージを送信してきて、 睡眠を妨げられるのでめんどくさいです。 とくに平日の深夜にラインが届くと、重要な内容なのではと目が覚めてしまいます。 しかし、彼から寂しからなどの理由で送られてくると、 うんざりした気持ちになるのです。 瞬間4.どうでもいいメッセージが届く 彼から「今、電車に乗りました!」など、 返信に困る内容が届くのも、めんどくさいと感じる瞬間です。 どんな反応をしていいかわからず、かと言って未読スルーするのも気が引けます。 返信しにくいメッセージは取り扱いが難しいので、とてもめんどくさいです。 瞬間5.何をしているか確認してくる 彼から「今何をしているの?」と確認するメッセージが届くと、ラインにめんどくささを感じます。 既読スルーしていると、 彼は誤解するのでとても厄介です。 監視されていたり浮気を疑われているようで、良い気分になりません。 3.彼からのラインがめんどくさくなった時の対処法 付き合っている彼からのラインがめんどくさくなったら、 放置せずに対処法を実施していきましょう。 ここでは、彼とのラインがめんどくなった時の4つの対処法を確信していきます。 ライン以外の連絡手段を使う• ラインの使い方を話し合う• スタンプを上手に使う• 「またね」と切り上げる 男性は女性に比べてラインを多用しない傾向がありますが、仲にはマメにラインをする男性もいます。 正しい対処法をしていくことで、 彼との関係をより密なものにしていきましょう。 対処法1.ライン以外の連絡手段を使う ライン以外の連絡手段を使うよう提案しましょう。 「ライン以外の連絡の方が嬉しい」と自分の気持ちを伝え、電話連絡などに切り替えるのです。 ラインは相手の表情が見えず、 文の意味を取り違えるとイザコザの原因になります。 苦痛なままやり取りをしていると、常に素っ気ないメッセージになるなど 勘違いを引き起こしかねないのです。 電話で直接話しをして、2人の間に溝を作らないようにしていきましょう。 対処法2.ラインの使い方を話し合う 彼とラインの使い方を話し合いましょう。 お互いが気持ちよくやり取りできるよう、ルールを決めてください。 23時過ぎたらラインのメッセージは送らない• 返信しなくてもお互い文句を言わない• 忙しい時は連絡を控える このように、話し合いをしながら 2人が納得した形でラインを使うように心がけましょう。 対処法3.スタンプを上手に使う 返信するのがめんどくさい時は、スタンプを上手に使いましょう。 彼の 気持ちが和むような癒し系のスタンプを選びましょう。 返信が めんどくさい気持ちの隠れ蓑として、上手に使ってください。 対処法4.「またね」と切り上げる 彼とのやり取りが延々と続きそうなら、頃合いを見て 「またね」と切り上げましょう。 用件が済み、 惰性で続きそうな雰囲気になったら切り上げのタイミングです。 「会う日を楽しみにしているね。 それじゃ!」と明るく終わらせることを意識しましょう。 逆にラインで盛り上がりたいのに、盛り上がらずめんどくさいと思うのであればを参考にしてください。 4.友達からのラインがめんどくさい時の対策 友達からのラインがめんどくさいと感じる時もあります。 いくらめんどくさくても、ブロックすると友情にひびが入るので 柔軟に対応することが大切です。 ここでは、 友達からのラインがめんどくさい時の4つの対策を確認していきます。 ラインは苦手とさり気なくアピールする• ラインの通知をオフにしていると公言する• 返事にスタンプを利用する• 短文で切り上げる 友人とのコミュニケーションツールとして人気のあるラインなので、しっかり対策をして友人との関係を円滑にしていきましょう。。 対策1.ラインは苦手とさり気なくアピールする ラインの話題が出たら、 「実はラインが苦手なんだよね」とさり気なくアピールしましょう。 日頃から嫌味なくアピールしておくと、友人もメッセージの返信が遅いことに 文句を言わなくなるはずです。 「そういえば、彼女はライン苦手なんだよね」と捉えてくれます。 対策2.ラインの通知をオフにしていると公言する ラインの通知をオフにしていると公言しましょう。 「どうしてもメッセージに気がつくのが遅くなる」と伝えておくと、友人も 送る回数を減らすはずです。 メッセージを気にせず過ごしたいなら、通知オフ設定にしておきましょう。 対策3.返事にスタンプを利用する いちいちメッセージを書いて送るのがめんどくさいなら、返事にスタンプを利用しましょう。 友人への 返信内容に合うものを選ぶようにしてください。 話に噛み合わないスタンプを使うと、 「私のこと嫌い?」と受け止めるので気をつけましょう。 対策4.短文で切り上げる 友人とのラインは、だらだらと続くことが多いので、 短文を送って切り上げるようにしましょう。 例えば、「明日早いからもう寝るね!ゴメン」と理由を言い切ると、相手も納得してくれるはずです。 ただし、 相槌のような言葉だと「早く切り上げたいの?」と相手に不快を与えるので気をつけてください。 5.ラインする時間がないとアピールするコツ ラインの返信がめんどくさいと感じるなら、ラインをする時間がないことをアピールしましょう。 ここでは、 ラインする時間がないとアピールする3つのコツを確認していきます。 仕事が忙しいとアピール• スキルアップで勉強しているとアピール• ラインより電話連絡してとアピール 忙しくしていると、ラインのメッセージを大量に送ったり、返信を求める人は少なくなるはずです。 嫌味なく時間がないことをアピールしていきましょう。 コツ1.仕事が忙しいとアピール 仕事が忙しいとアピールすると、 自然とメッセージ数が減っていくはずです。 そもそも、忙しい人は返信率が低くなるので「メッセージを送っても返ってこない」と相手は考え、 送らないようになるのです。 ただし、口だけだと「避けたいから忙しいと嘘を言っている?」と思われます。 本当に忙しい時にだけ、アピールするようにしましょう。 コツ2.スキルアップで勉強しているとアピール 仕事や趣味のスキルアップで勉強していることをアピールしましょう。 例えば、仕事で役に立つ資格を取ろうとしたり、TOEICに向けて勉強を始めたと話してください。 それを聞き「邪魔をしたら悪い」と、 重要な件のみメッセージを送るようになるはずです。 勉強している人を応援するために、 ラインの回数を相手の方から控えるようになります。 コツ3.ラインより電話連絡してとアピール 「忙しいからラインより電話連絡の方が確実に答えられる」とアピールしましょう。 ラインは自分の時間を奪われてしまうので、忙しい時にはめんどくさい気持ちが強まります。 軽い用事で電話することに抵抗感を持つ人も多いので、効果的です。 電話ならOK、とアピールすることで 本当に重要な時だけ連絡してくるようになります。 6.ラインがめんどくさくても避けるべきNG言動 いくらラインがめんどくさくなっても、 自己中心的な言動をすると不評を買うので注意が必要です。 ここでは、 ラインがめんどくさくても避けるべき3つのNG言動を確認していきましょう。 面と向かって「めんどくさい」と言う• どのメッセージでも未読スルーする• 重要なメッセージをスタンプ返しする ラインはコミュニケーションの一部と見なしている人も多くいます。 円滑な人間関係を構築するためにも、非常識な言動は控えるよう意識しましょう。 NG言動1.面と向かって「めんどくさい」と言う 直接会って話をしている時やラインでのやり取りの中でも、相手に 「めんどくさい」と言うのはやめましょう。 ラインをめんどくさいと思っていても、相手は用事があってメッセージを送ったりしているのです。 相手の気持ちを考えず、きついことを言うと、相手はとても傷つきます。 人間関係を悪化させるので、直接的な言い方は控えてください。 ただでさえ、ラインで素っ気なくされると相手は傷つきます。 男性の気持ちはを参考にしましょう。 NG言動2.どのメッセージでも未読スルーする どのメッセージでも、未読スルーをしていると送り主が「嫌われた?」と受け止めます。 嫌われていると勘違いし、 距離を置くようになるのです。 ラインがめんどくさくても、 中身をチェックして適度に返信しましょう。 円滑なコミュニケーションは、周囲の人との関係を気づいていく上で欠かせません。 NG言動3.重要なメッセージをスタンプ返しする 重要なメッセージも、 めんどくさいからという理由でスタンプ返しをしないようにしましょう。 あなたの考えや日程を知りたいのに、返信がスタンプだけだと相手も驚くだけです。 「自分とはやり取りしたくない?」と思い、相手を不安にさせてしまいます。 仕事に関することや、外出の予定など 重要な用件は必ず文章で返信するように意識してください。 まとめ ラインのやりとりがめんどくさいなら 、忙しいことをアピールしたりラインを苦手にしていることを匂わせす言動をしましょう。 頻繁にやり取りをしなくてはいけないラインを、めんどくさいと感じている人は多くいます。 とくに男性とやり取りをしていると、途中で返信が来なくなるので余計めんどくさいと感じるものです。 男性心理を知ることで、必要のないストレスを抱まずに済みます。 めんどくさい気持ちをそのままにせず、ストレートに彼に聞いたり 自分の考えを伝えるようにしましょう。 意見交換することで、 2人の関係がより密接なものになるはずです。 もし、恋愛自体がめんどくさいと感じているのであれば危険信号。 を参考に、恋愛を楽しめるようになりましょう。

次の

緊張する〜!友達に紹介された男子との「ドキドキLINE」覗き見ッ

友達の紹介 ライン めんどくさい

スポンサーリンク ケース1:異性からしつこくLINEが届く 特に女性は経験があると思いますが、LINEを交換した異性からしつこくLINEが送られてくるケースはすごくめんどくさいですよね。 相手が悪いと、LINEを交換しなければよかったと後悔するくらいにしつこくLINEを送られる場合があります。 めんどくさいからってスタンプで済ませたり、「そうだね」とか短文で済ませたりはするものの、逆に質問攻めにされるとか、「もし良かったら通話できない?」とか、さらに踏み込まれることも…。 彼氏や好きな人ならともかく、特に関係を深めたいと思わない異性からLINEが頻繁にくるのはかなりめんどくさいですよね。 ケース2:彼氏・彼女からリアルタイムの近況が頻繁に送られてくる 彼氏や彼女から「今から電車!」「家に着いた!」「今からごはん!」みたいな リアルタイムの実況報告を常にLINEでされるのもすごくめんどくさいですね。 付き合いたてのお互いホットな時期ならまだしも、ある程度関係が落ち着いてからもこれをされると、若干鬱陶しさを感じてしまいますね…。 これとは逆に、「今どうしてる?」と しつこく状況確認のLINEをされるのもめんどくさいですよね。 何となく束縛されているような気持ちになりますし、いちいち今の行動を言わなきゃいけないのも面倒です。 ケース3:中身のないLINEがダラダラと続く LINEは軽いコミュニケーションやちょっとした雑談に欠かせないツールです。 でも中身のないLINEがダラダラと続いてしまうことってありますよね。 友達や恋人との特に意味のないLINEは楽しいものですが、 忙しいときや用事があるときまでダラダラ続くのは少し面倒に感じる場合も…。 どこでやり取りを終わらせればいいのか少し悩みますし、自分から既読スルーするのも申し訳ないのでなかなか終わりにくい。 時間を大切にしている人なら特に、中身のないやり取りをいつまでも続けるのはちょっと…と考えてしまうかも。 ケース4:忙しいときにバンバンLINEを送ってくる LINEの相手が彼氏・彼女、親しい友達、好きな人など、やり取りをするのが楽しい相手であっても、 こちらが忙しいときにバンバンLINEを送られると少し面倒に感じてしまいますよね。 LINEを確認できない状況のときにピコンピコンLINEの通知音が鳴ると、ついイライラしちゃいますね(笑) 「今ちょっと忙しいから無理!」と言いたいところですが、さすがのLINEでもこの思いは相手に届けられません。 ケース5:やり取りのキャッチボールがうまくできない LINEは実際に顔を合わせるコミュニケーションとは違って、文字だけのやり取りになります。 なので、こちらが意図しない形で相手に伝わってしまう、逆に相手の話の要点が掴めないってことがあります。 やり取りのキャッチボールがうまくできないと、いちいち「いやそうじゃなくて…」「それってこういうこと?」という確認を挟まないといけなくなるんですよね。 これも1つLINEが面倒に感じやすくなるポイント。 通話や顔を合わせての会話であればもっとスムーズにできますが、LINEだとなかなか難しい場合もあります。 で、「これってどういう意味だろう?」って考えている間に また次のLINEが送られてくる…っていうのもあるあるですよね。 ケース6:返信が早すぎる 自分が送ったLINEにすぐ既読が付いて、速攻で返信を返されると「は、はやっ!」と少しプレッシャーを感じる人もいるのでは? しかも一度に2通も3通も送られると、「ちょっと待って!」って言いたくなりますよね。 すぐに返信されると、こっちもすぐに返さないと なんとなく悪い気がするので少し気を遣ってしまいます。 LINEの既読ってシステムも厄介で、既読を付けた以上はすぐに返さないと…という心理になりますよね。 ここもLINEがめんどくさいと感じる瞬間です。 ケース7:長文で意図がわかりにくい内容を送ってくる あなたも長文のLINEを受け取った経験があると思います。 長文になるのは話したいことがそれになり複雑だからでしょうけど、LINEで長文を送られても読みにくいですし、長い分、意図がわかりにくくなるので少しめんどくさく感じてしまいます。 直接会って話すか通話でのやり取りに切り替えた方が早いのに、なぜかLINEで話が続いてく。 こうなるとすごく時間がかかってしまうので、 どこかで「通話しない?」と切り替えていきたいですね。 ケース8:踏み込まれたくないプライベートな部分を詮索してくる まだLINEを交換したばかりの異性や関係が浅い知り合いに、あまり踏み込まれたくないプライベートな部分まで詮索される。 しかも記録が残って流出のリスクがあるLINEで詮索されると、すごくめんどくさいと感じますよね。 本当にヤバい人だと、勝手にプライベートなLINEのやり取りをスクショして保存する人もいますから…。 信用できるか分からない人に「今まで彼氏何人いたの?」「どこに住んでるの?」とか踏み込まれると面倒ですよね。 ケース9:LINEのグループトークが活発すぎる 常にピコンピコン 通知が鳴り続けるくらいグループトークが活発なのも、時と場合によってはめんどくさいと感じがち。 自分が忙しいときはもちろん勘弁してほしいですし、かといってLINEをチェックして既読を付けてしまうと「会話に参加した方がいいのかな?」とか考えてしまうので、これもまためんどくさいんですよね。 LINEのグループ機能の厄介なところのもう1つは、 「あんまり関わりが深くないグループに入ってしまった場合」です。 グループに招待されたら断りづらいので入ってしまうことありますが、結局入るだけ入って会話に参加しないってケースもあるあるですよね。 このへんもすごく微妙でめんどくさい点ですね。 LINEがめんどくさいと感じる理由はコレかも• 異性からしつこくLINEが届く• 彼氏・彼女からリアルタイムの近況が頻繁に送られてくる• 中身のないLINEがダラダラと続く• 忙しいときにバンバンLINEを送ってくる• やり取りのキャッチボールがうまくできない• 返信が早すぎる• 長文で意図がわかりにくい内容を送ってくる• 踏み込まれたくないプライベートな部分を詮索してくる• LINEのグループトークが活発すぎる こういったLINEをめんどくさいと感じるケースには、1つ共通点があります。 この共通点が「LINEがめんどくさい」と感じる理由です。 その共通点とは、 「自分の時間を無駄にしてしまう、他にすべきことがあるのに邪魔される」という点です。 LINEは、友達・恋人・好きな人・家族など、大切な人といつでも気軽にコミュニケーションが取れる便利なツールです。 でもその一方で、どうでもいい人からのどうでもいいLINEが届いてその返信に時間を取られたり、他にすべきことがあるのにLINEが届いて邪魔されてしまったりと、 デメリットもいくつかありますよね。 自分1人の時間を大事にしたい人、他のもっと大事なことに時間を使いたい人。 こういった人は特に、 LINEのデメリットが「めんどくさい」と感じる大きな原因になっていると考えられます。 ただ、「LINEめんどくさいなぁー」と思いつつそれを放置したままだとLINEのストレスは解消できません。 スポンサーリンク 第2章:LINEがめんどくさい時に試したい4つの対処法 この対処法を使っていくと、かなりLINEがラクになると思います。 前もって「あまりLINEができない」と伝えておく• めんどくさいと感じたらやり取りを終わらせる• 恋人や友達と長話になりそうなら「通話」に切り替える• 通知をオフにして決めて時間にしかLINEを開かないようにする 1つずつ詳細を解説しますね。 対処法1:前もって「あまりLINEができない」と伝えておく 前もって「あんまりLINEできないんだよね」と伝えておくと、LINEのやり取りが少なくても返信が遅くなっても、そこまで角が立たないと思います。 ポイントは、 「したくない」ではなく 「できない」と伝えること。 仕事が忙しいから~、家事が忙しくて~、といった感じで 「他にやることがあってできない」というニュアンスであれば、周りの人も理解してくれるでしょう。 対処法2:めんどくさいと感じたらやり取りを終わらせる LINEをする中で「なんかめんどくさくなってきた…」と感じたら、 すぐやり取りを終わらせるようにするのも1つ効果的な対処法です。 変に気を遣ってダラダラ続けてしまうと、ストレスを感じる上に時間もどんどん失ってしまいます。 LINEを終了する時は、こうやって 曖昧にせずに一言ちゃんと言ってから締めるとスムーズにLINEを終わりにできます。 これを続けていくと「LINEが面倒なら無理に続けなくてもいいんだ」と思えるようになり、LINEにわずらわされることも減ると思います。 対処法3:恋人や友達と長話になりそうなら「通話」に切り替える 彼氏・彼女、友達、好きな人など、大事な人とのやり取りは楽しいものですが、LINEでの長話は少し面倒に感じることもあるのでは? こういう場合は「通話」に切り替えて直接話すのも1つの手です。 LINEだとやり取りに少し時間がかかりますが、通話ならもっと早くコミュニケーションが取れますし、やっぱり声を聞いて相手のリアクションがわかる方が会話も楽しいですよね。 LINEでいちいちやり取りするのがめんどくさいときは、「通話にしない?」と提案してみるのもおすすめです。 もしくは「今度どっか行かない?」と直接会って話をする方向に切り替えるのもいいですね。 対処法4:通知をオフにして決めた時間にしかLINEを開かないようにする LINEの通知設定をオフにして、 決めた時間にしかLINEを開かないようにする。 こんな感じで使い方を少し変えてみると、LINEにわずらわされることが減ります。 例えば、LINEは夜9時~10時までしか開かないようにする。 昼休みの30分と夜のお風呂の時間だけLINEを開くようにする。 みたいな感じで、 一定の時間だけしかLINEを使わないようにすると。 これができるとかなりラクになると思います。 ただ、逆に「誰かから連絡来てるんじゃないかな?」と少し不安になると思うので、1日に2回くらいはチェックするようにしましょう。 もしかしたら急用の連絡があるかもしれませんしね。 第3章:返信がめんどくさいLINEの特徴 先ほど 「めんどくさいと感じたらやり取りを終わらせる」という対処の仕方をお話ししましたが、実は 返信するのがめんどくさいLINEにはいくつか 特徴があります。 相手からこの5つの特徴に当てはまるLINEがきたら、できるだけ早くLINEを切り上げましょう。 特徴1:返信を催促してくる 本来LINEは、メールのように好きなタイミングで返信してOKなコミュニケーションアプリです。 ところが気軽に連絡が取れるせいで、すぐ返信できるでしょ?まだ返せないの?と感じさせるツールになっている面もあるんですよね。 メールと違ってLINEの通知や既読・未読の機能があるのも、返信を催促したくなる要素かも…。 返信を催促するようなLINEが届いたら要注意ですね。 特徴2:意図がわからないスタンプ LINEのスタンプは、気軽に面白いコミュニケーションができる機能ですが、時と場合によっては 「これどういうこと?」と何を言いたいのかわからないものになることがあります。 また、スタンプは 意味のないスタンプ合戦になることもあり、人によってはスタンプ連発が鬱陶しいと感じるかもしれません。 あまりにスタンプ合戦になりそうな気配を感じたら、適当なスタンプを送って放置してしまうのもアリかも。 特徴3:要点が掴みづらい長文 要点が掴みづらい長文もLINEではめんどくさいですよね。 そもそもLINEってアプリの仕様上、文章のスペースが限られているので長文だとすごく読みづらい。 しかも要点が掴みづらい内容なら余計にめんどくさくなりがち…。 こういったLINEも返信するのがめんどくさいので、 できるだけ早く「通話にしない?」「直接会って話さない?」と切り替えるのが得策ですね。 特徴4:自慢話 自慢話のLINEも、返信がめんどくさいLINEの代表格ですね。 「この前彼氏からこんなプレゼントもらっちゃってさ~」「またナンパされちゃったんだよねー」「電車に一緒になる人がさ、最近すごいチラチラ見てくるんだけどどう思う?」みたいな…。 「ナニソレ自慢!?」と感じるようなLINEも、 長く付き合わされそうな雰囲気を感じたらさっさと切り上げましょう。 特徴5:愚痴や悪口、文句 愚痴や悪口、文句ばっかりのLINEもすごくめんどくさいですよね。 しかも この手のLINEは文章が長くなりがちなので余計に厄介です。 ネガティブなオーラが文面から伝わってきてこっちまで嫌な気分になりますし、それに付き合っても満足するのは相手だけ。 「そうだね」と相づちを挟んで、適当なところでLINEを終わらせちゃいましょう。 第4章:LINEのやり取りをめんどくさくしないコツ これからご紹介する コツを知っておくと、LINEの快適さが全然違います。 簡単なコツだけでも、かなりめんどくさくなりにくいのでぜひ参考にどうぞ。 LINEは返したいときに返せばOK 通知とか既読ってシステムがあるので忘れがちですが、 LINEは返したいときに返せばいい気軽なコミュニケーションアプリです。 変に色々と気にせずに、シンプルに 返したいときに返すでOK。 LINEをする相手とこの認識を一緒に持っておきたいですね。 LINEがもっとラクになると思います。 また、LINEのやり取りをめんどくさくさせる 「既読」についても、お互いに「返したいときに返せばOK」という考えを共有できていれば、既読に振り回されなくて済みます。 「返したいときに返す」をマイルールとして持っておくのがおすすめ。 楽しくないやり取りはさっさと切り上げる LINEのやり取りをめんどくさくしないコツは、 楽しくないやり取りをいつまでも続けないこと。 さっさと切り上げることです。 相手に気を遣ってやり取りを続けてしまうことはよくありますが、「めんどくさいな、楽しくないな」と感じているのに無理に続けてもストレスが増えるだけ。 めんどくさいと感じる気持ちがどんどん膨らんでしまいます。 そうなる前にやり取りを切り上げて、そっとLINEを閉じましょう。 LINEはあくまで「軽いコミュニケーション」を交わすツール 結局のところLINEは、あくまでも 「軽いコミュニケーション」を交わすツールであって、返信することにプレッシャーを感じるようなめんどくさいツールではありません。 通話や直接会って話すことの方が重要で、LINEでのコミュニケーションはその補助です。 いつでも自分の好きなタイミングで返せばOKですし、「もういいかな」と思ったらいつでもやり取りを終わらせてOK。

次の

友達の紹介から付き合うまでのステップとは?LINEや初めて会う時の振る舞い方

友達の紹介 ライン めんどくさい

女性は筆まめで、几帳面であるというのはよく知られています。 LINEなどのSNSが日本で普及することに伴って、 人の顔を見ることなく友人や知人、また家族の成員や恋人などと、メッセージ交換によるコミュニケーションが取れるようになり、 女性のそうした気質の側面がますます際立つようになっています。 女性は概して人とのかかわりを男性以上に必要とし、そのため 友人や知人の近況をこまめに知るため、頻繁にLINEでメッセージを送信します。 返事が遅かったり、 返事があっても短かったりすると不安になり、 自分は嫌われているのではないか、 自分のことなど誰も関心を払っていないのではないか、と感じ 落ち込むケースも報告されています。 「おはよう。 今日仕事?」「お疲れ様。 今家?」といった同じテンプレートで毎日LINEを送られると、 女性は男性の返信に心が込められていない機械的なものと感じ、めんどくさいと思います。 感情を重視する女性と、 要件と結論を重視する男性との違いが浮き彫りになった例です。 4つ目は、 いきなり未読になることです。 彼氏とLINEのやり取りをしていて互いに盛り上がったと思ったら、 返信どころかLINEを開くことすら突然しなくなることがあります。 男性はあまり興味がないにもかかわらず、女性に合わせていたものの、 疲れて別のことに取りかかってしまったのかもしれません。 要件や結論の見えにくい会話を苦手とする男性の特徴が表れていると言えます。 普通は楽しく喜ばしいはずの彼氏からのLINEがめんどくさいと感じる原因の2つ目は、 自分に問題があることです。 彼氏とのLINEがめんどくさい、うんざり、と感じる原因の多くは、 男性と女性の考え方や性向の違いに起因していることは既に考えました。 ですから 女性は彼氏と常に、同じ方角を向いている分けではないので、 意見のすれ違い、感覚のズレ、感じ方の違いが必然的に生じ、それがストレスになりめんどくさい、という気持ちになって表れます。 しかし、原因が男性と女性の考え方や性向の違いに起因しているのであれば、 当然、めんどくさい気持ちの原因は、彼氏だけにあるのではなく、女性自身にもあると言わざるをえません。 日本のことわざに 「人の七難より我が十難」というものがあります。 このことわざの意味は、 他人の欠点は目につき、気づきやすいものの、自分の欠点はなかなか気づかないということです。 女性自身も自分自身の問題を受け入れ、向き合うことによって初めて本当の解決策を見いだすことができます。 これから、めんどくさいと感じる原因は自分にあると思われる 3つの状況を紹介します。 1つ目は、 彼氏をおだてないといけない、と感じることです。 好意を持つ男性であれば、 できるだけ気持ちよく自分とLINEをして楽しんで欲しいと感じます。 時には1歩、2歩いわば自分が下がって、 彼氏に自分の前を歩いてもらえるような努力もするかもしれません。 これは 日本女性の真骨頂であり「大和撫子」を地で行く賞賛すべき態度です。 しかし、彼氏に気を遣い過ぎれば、 いつか疲れ切ってしまい、決して長続きせず、めんどくさい関係になります。 日本のことわざにも 「彩ずる仏の鼻を欠く」というのがあります。 念を入れすぎたために、かえって大切な部分を壊してしまうと言う意味です。 気を遣い過ぎて、大切な「仏像の鼻」とも言うべき彼氏との関係に緊張が生じないようにしましょう。 2つ目は、 言葉に気をつけなければならない、という心配です。 好意を持つ男性であればあるほど、 自分の良い印象を持ってもらおうと言葉尻を吟味してLINEをするかもしれません。 しかし これも長続きせず、最後にはめんどくさい関係になってしまいます。 気を遣い過ぎればいつか疲れてしまいます。 日本のことわざに 「吾唯足るを知る」といのがあります。 他の人からどう思われようとも、自分という存在をあるがままに受け入れ、自分らしく行ければそれで十分である、と言う意味です。 背伸びをして、めんどくさい状況を演出しないようにしましょう。 3つ目は、 彼氏に言いたいことが言えないことです。 本音を気軽に話せないのは大きなストレスです。 これも 彼氏に気を遣い過ぎることが原因です。 日本の他のことわざに 「甲張り強くして家押し倒す」というのがあります。 良かれと思ってしたことが、かえって相手を駄目にしてしまう、という意味です。 良かれと思って言いたいことを抑えても、それは 自分にとっても相手にとっても良い結果にはなりません。 ただめんどくさい状況を後に作り出すだけです。 では、 彼氏からのLINEがめんどくさい時、どのように対処できるでしょうか。 5つの対処法を紹介します。 1つ目は、 LINEの返信をあまり気にし過ぎないことです。 LINEでのやり取りによって全てが決まる分けではありません。 彼氏との関係は、実際に顔と顔を合わせて時間を共に過ごすことによって深まるのであって、 LINEに完全に依存しているわけでは決してありません。 2つ目は、 LINEの使用を連絡ツールとしての使用に限定することです。 LINEにあまりに比重を置きすぎると、LINEでのコミュニケーションにも、彼氏との関係にも疲れてしまいます。 3つ目は、 LINEを苦手とする男性が多いことを思いに留めておくことです。 LINEを得意とする男性と付き合うのではなく、 LINEをそれほど得意としない男性を選べば、LINEでのコミュニケーションに苦痛を感じることはなくなります。 4つ目は、 LINE以外の他のコミュニケーションのとり方を考えることです。 同性や異性の友達からのLINEをめんどくさい、と感じる 理由を7つ紹介します。 1つ目は、 返信を催促されること です。 気軽に楽しむためにLINEをしているのに、 催促されるとLINEをすることが義務のように感じめんどくさい、と感じます。 2つ目は、 突然に長文のLINEが送信されること です。 友達なのでいろいろと相談を聞いてあげたいのはやまやまですが、 いきなり深夜に50行の文章が前振りもなく送信されると、さすがにめんどくさい、と感じます。 3つ目は、 24時間いつでも送信されることです。 日中ならともかく、 就寝してからLINEの通知音が鳴り続けると 、さすがにイライラするし、応対がめんどくさいと感じます。 4つ目は、 友達の恋愛相談が長いことです。 恋愛相談を顔と顔を見合わせての会話や電話で応対するならともかく、 LINEでされると、読むのも時間がかかるし、返信するのも大変で、めんどくさい、と感じます。 5つ目は 、友達の自慢を聞かされることです。 自慢話を聞かされてうれしいと感じることはほぼありません。 うっとうしい、めんどくさい、と感じるだけです。 同性や異性の友達からのLINEをめんどくさい、と感じるのは、 友達だけでなく自分にも原因があります。 めんどくさいと感じる 2つの考えられる原因を紹介します。 1つ目は、 自分のLINEでの表現能力や対応が悪いことです。 友達とLINEで連絡をしていて、 いきなり電話に切り替えられることがあります。 なぜでしょうか。 LINEでのやり取りがスムーズではなく、イライラするからです。 相手がめんどくさい、と感じます。 的を射た考えを素早く送信できれば、そのような問題を防げます。 2つ目は、 辛抱強さの欠如です。 友達は自分を信用してやむにやまれず、遅い時間であっても、返信を急ぐLINEや内容が重いLINEを送信するかもしれません。 確かに自分の望む時間帯ではないかもしれませんが、それは 信頼されていることの証拠です。 辛抱強く応対しましょう。 では、同性や異性からのLINEがめんどくさいとき、 どのように対処できるでしょうか。 6つの対処法を紹介します。 1つ目は、 会社に通勤するとき以外はLINEの通知をオフにしておくことです。 誤解を防ぐためにそのことを友達に伝えましょう。 これで24時間LINEに振り回されずに済みます。 2つ目は、 自分はあまりLINEをチェックしない、という印象を持たせることです。 そうすれば 友達LINEの催促が来ることはありません。 3つ目は 未読でごまかすことです。 開封することなく未読のままにしておけば、 見たのに返信しないという誤解を防げ、LINE返信の煩わしさから解放されます。 4つ目は 大事な要件以外はスタンプだけで対応することです。

次の