ビットコインfx 比較。 ビットコイン(BTC)・仮想通貨取引所 おすすめ比較ランキング【2019年最新】

ビットコインFXのスプレッドを国内外で徹底比較!一位は意外な取引所

ビットコインfx 比較

仮想通貨のレバレッジ上限は4倍 仮想通貨では、レバレッジを利かせる取引にいくつもの名前があります。 レバレッジ取引• FX(仮想通貨FX)• 信用取引 それぞれ意味が少しずつ異なりますが、意味するところは基本的に同じです。 レバレッジを使った取引ができるということです。 そして、 最大のレバレッジは4倍までと決められています。 なお、レバレッジ取引とは何ですか?については、別記事「」でご確認ください。 リンク先の記事では、仮想通貨FXを例にして解説しています。 他のレバレッジ取引でも、基本的に同じです。 レバレッジ4倍の損益をシミュレーション なお、レバレッジ上限が4倍であることの意味は、以下の通りです。 入金額:100万円 取引例:ビットコインを1BTC=100万円で4BTC買った(400万円)。 価格が上昇するとき 1BTC=125万円に上昇したとしましょう。 1BTCあたり25万円の利益です。 買った数量は4BTCですから、全部で100万円を獲得しました。 しかし、 実際に口座に入金したのは100万円です。 これが、 レバレッジ取引の魅力です。 入金額に比べて大きな利幅を狙えます。 価格が下落するとき 反対に、価格が下落する場合も確認しましょう。 1BTC=75万円になりました。 1BTC=100万円で4BTC買っていますから、合計で100万円の損失です。 しかし、 口座に入金したのは100万円ですから、全額失うことになります。 強制ロスカットとは、顧客の意図に関わらず、強制的に損失を確定させることです。 こうして、口座に入金した額以上に損してしまう前に、損失を確定します。 (口座残高以上に損した場合は、借金となります…。 ) 株式投資や外国為替証拠金取引(外為FX)と比較 レバレッジを利かせた取引ができるのは、仮想通貨だけではありません。 株式投資や外国為替証拠金取引(外為FX)でもできます。 株式投資は歴史が長いだけあって、様々な方法でレバレッジを使えます。 ここでは例として、信用取引(最大レバレッジは、およそ3. 3倍)で比較します。 外為FXは、レバレッジの上限は25倍となっています。 株式 およそ3. 3倍(信用取引) 仮想通貨 4倍 外為FX 25倍 仮想通貨のレバレッジ取引は、株式の信用取引よりは倍率が高いものの、外為FXよりは圧倒的に小さなレバレッジです。 口座に30万円を入金する場合、最大の取引額は以下の通りになります。 株式 100万円 仮想通貨 120万円 外為FX 750万円 この数字を見て、資金効率は外為FXが最良だと評価して良いでしょうか。 価格変動率も考慮しよう おそらく、 レバレッジの最大値だけ見て外為FXが有利だと考えるのは、正確ではありません。 といいますのは、それぞれのトレード対象の値動きの大きさが異なるからです。 仮想通貨の代表例、ビットコインの場合、1日で数万円動くのは珍しくありません。 値動きが大きい場合には、1日で10万円動くこともあります。 一方、外為FXの代表的な通貨ペアである米ドル円を考えますと、1日で1円(100銭)動いたら、「大きく動いたな」と感じます。 よって、ざっくりと表現しますと、以下のことが言えそうです。 ヒストリカル・ボラティリティ分析 上の比較は、ぼんやりとしていて説得力が不十分かもしれません。 そこで、ヒストリカル・ボラティリティ分析をしてみましょう。 よって、 最大レバレッジが4倍でも、十分にトレードができると分かります。 むしろ、ビットコインの値動きはとても大きいので、レバレッジ4倍ではレバレッジをかけすぎかもしれません。 値動きの大きさに注意しながら、取引することが必要です。 フラッシュ・クラッシュがあるとき なお、仮想通貨の場合、レバレッジ1倍でも十分すぎる、という値動きが発生することがあります。 「フラッシュ・クラッシュ」です。 下のチャートは、GMOコインからの引用です。 イーサリアムの日足ですが、赤の矢印部分をご覧ください。 巨大な下ヒゲが出ていて、大変な値動きになっています。 一般的なイーサリアム価格:3万円 GMOコインでの価格:1万3,000円 こうなったら、誰もがイーサリアムを買いたいと思うでしょう。 安値で買って、そのイーサリアムを他の取引所に送金して売れば、簡単に儲かります。 こうして、価格は一気に元の値に戻ります。 この 「下落して、再び元の価格に戻る」という様子があまりに短時間なので、「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれています。 このフラッシュ・クラッシュに遭遇して適切にトレードできたら、レバレッジ1倍でも大成功になります。 上の例では、価格が下落する方向のフラッシュ・クラッシュでした。 上昇方向のフラッシュ・クラッシュもあり得ます。 そこで、上下両方向について監視すると、もしかしたら、興味深い展開に出会えるかもしれません。 話が脱線気味ですが、要するに、 最大レバレッジが4倍以内でも、巨大な成功を手に入れられる可能性があるということです(逆に損する展開もあり得ますので、十分に気を付けましょう)。 まとめ(レバレッジ4倍でもOK) 仮想通貨取引が活発になり始めた2017年や2018年当時、レバレッジ取引の上限は25倍という業者もありました。 しかし、統一されて4倍になっています。 25倍から比べると、大幅な規制強化です。 しかし、既に確認しました通り、 株式や外為FXと比べて、レバレッジ取引の4倍は十分な大きさです。 さらに、フラッシュ・クラッシュがあると、強烈な損益が発生すると予想できます。 レバレッジ取引ができる取引所・販売所 最後に、レバレッジ取引ができる主な取引所・販売所を確認しましょう。 ディーカレット ディーカレットでは、以下の通貨ペアでレバレッジ取引ができます。 しっかりいただきましょう。 DMM Bitcoin DMM Bitcoinのメリットは、 極めて多くの通貨ペアでレバレッジ取引ができることです。 円で売買できる通貨ペア• ディーカレットと合わせて、こちらもいただきましょう。 GMOコイン GMOコインでは、下の5つの通貨ペアでレバレッジをかけた取引ができます。 ディーカレットとDMM Bitcoinは、販売所でのレバレッジ取引です。 一般的に、取引所のスプレッドの方が狭い傾向にありますので、価格面で有利です。 次頁では、ビットフライヤーFX(bitFlyer Lightning)の取引時間や最低取引額を確認してみます。

次の

ビットコイン(BTC)・仮想通貨取引所 おすすめ比較ランキング【2019年最新】

ビットコインfx 比較

・ビットコインのFXを比較したい ・ビットコインFXにはどの取引所がオススメ? ・ビットコインFXの意味を知りたい こんな疑問が解決できる記事です。 この記事で解説する 「ビットコインFXの比較すべきポイント」を理解すれば、ビットコインFXの比較方法や取引所選びに迷わなくなります。 なぜなら、著者が実際にビットコインFXサービスを使って比較しながら得た情報をお伝えしているからです。 この記事では「ビットコインFXの取引所を選ぶポイント」「ビットコインとビットコインFXの違い」などを紹介します。 差金決済とも呼ばれる。 買った状態、または売った状態で反対売買されず残っている未決済分の総数を 「建玉(たてぎょく)」といい、その状態を「買いポジション」「売りポジション」などといいます。 レバレッジ取引はその名の通り、持っている資金に レバレッジ(てこ)をかけて資金以上の取引ができます。 国内の仮想通貨取引所では 最大4倍のレバレッジがかけられます。 ビットコインFXは取引所によっては レバレッジ取引、 仮想通貨FXという呼び方をする場合もありますが、中身はすべて同じです。 ビットコインFXに対して ビットコイン現物は、ビットコインの売買に際して実際の受け渡しがある取引です。 ビットコインFXとは異なり、持っている資金分のみ取引ができます。 各取引所のビットコインFXサービス名 ビットコインFXに関するサービス名は仮想通貨取引所により異なっています。 ビットコインFXをサービス名としている仮想通貨取引所は実はありません。 以下にビットコインFX(レバレッジ取引)を扱う主な仮想通貨取引所とそのサービス名をまとめました。 仮想通貨取引所名 ビットコインFXのサービス名 仮想通貨FX、取引所のレバレッジ取引 レバレッジ取引(サービス名なし) レバレッジ取引(サービス名なし) bitFlyer Lightning ビットコインFX・比較したいポイント【スプレッド】 ビットコインFX(レバレッジ取引)で比較すべきポイントは 2つです。 1つ目はスプレッドです。 スプレッドとは スプレッドは 売値と買値の差のです。 (2019年12月24日時点) 売却価格と購入価格に生じている 280 円の差がスプレッドです。 板取引ではない場合、売買手数料が無料のケースがほとんどですが、その分運営会社は スプレッドによる差額で収益を得ています。 各取引所ごとのスプレッド比較 ビットコインFX(レバレッジ取引)ができる主要な仮想通貨取引所のスプレッドを比較してみましょう。 スプレッドが生じるケースは、 2価格表示(売値と買値)の売買形式の場合のみです。 スプレッドが生じない板取引の取引所は買いたい数量が買えない、買いたいタイミングで買えないなど、使うには難易度が高いです。 ここでは2価格表示の取引所のみを紹介します。 まずは ビットコイン(BTC)のスプレッドです。 4万円のとき(2019年12月24日) 30円(0. 7円のとき(2019年11月14日) 0. 12円(0. 187円(0. ビットコイン(BTC)の場合、 GMOコインと ディーカレットは0. イーサリアム(ETH)や リップル(XRP)は、 ビットコイン(BTC)よりもスプレッドが広くなるため、取引所形式の方がおトクに取引できるでしょう。 ビットコインFX・比較したいポイント【スマホアプリ】 もう一つの比較ポイントは アプリの使いやすさです。 スマホアプリが展開されていることはもちろん、使いやすいことが前提になります。 毎日忙しく過ごしているとパソコンを開いて仮想通貨の情報をチェックするのは大変ですよね。 スマホで手軽に仮想通貨の価格チェックやトレードができる環境はとても重要です。 ただ、パソコンで使える機能の一部しか使えないアプリもあるので注意が必要です。 必要な機能を備えたアプリでレバレッジ取引ができる環境を整えましょう。 CoinPlus編集部が使ってみて一番オススメしたいアプリは GMOコインの 仮想通貨FXです。 これさえあればスマホで快適に取引ができます。 ビットコインFXの仮想通貨取引所を比較【オススメ2選】 スプレッドとアプリ、2つの視点で見てオススメしたい仮想通貨取引所を2社紹介します。 取引所の口座開設は無料でできるので、2社とも口座開設することをオススメします。 【GMOコイン】低スプレッドでアプリも充実 まず圧倒的にオススメしたいのは GMOコインです。 GMOコインはスプレッドの比較表で示したとおり、スプレッドの幅が狭いです。 ビットコイン(BTC)の場合は、スプレッド381円(0. (1BTC=約80万円のとき) また、仮想通貨FX(レバレッジ取引)専用のアプリが充実していて、これがあればパソコンなしで十分取引できます。 東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所で安心して使えます。 仮想通貨取引所として 総合力が高いため、まず口座開設しておきたい1社です。 【DMM Bitcoin】口座開設で1,000円がもらえる DMM Bitcoinも低スプレッドでオススメです。 ビットコイン(BTC)の場合は、スプレッド1,040円(0. (1BTC=約80万円のとき) GMOコインよりやや広いですね。 アプリの機能も充実していてパソコンに劣りません。 初心者には少し難しく感じるかもしれませんが、慣れれば問題ないレベルでしょう。 ビットコインFX(レバレッジ取引)で取り扱う仮想通貨は7種と多いのも魅力ポイントです。 株やFXでもお馴染みのDMMグループが運営するため、安心して使えますよ。 生活資金を投資に充てない 仮想通貨投資をする際に、前提として 余裕資金を回すようにしましょう。 必ず儲かると信じて投資することは危険で、お金を失ってしまうリスクもあります。 生活費で投資して失ってしまったら・・・と考えると恐ろしいですよね。 レバレッジをかけすぎない レバレッジは仮想通貨FX(レバレッジ取引)特有のポイントです。 レバレッジ取引は資金以上の取引ができる魅力がありますが、資金以上に失ってしまうリスクもあります。 それを避けるためにロスカットという自動損切りのような機能があります。 レバレッジの倍率を高くするほど、価格の上げ下げで保有資産は大きく上下します。 ロスカットは借金となることを防ぐ機能ですが、大きな暴落でロスカットの反応が遅れることもあります。 このようなリスクもあるため、はじめはレバレッジをかけずに取引することをオススメします。 ビットコインFXの比較 まとめ 今回紹介した 「ビットコインFXの比較すべきポイント」を理解すれば、ビットコインFXの比較方法や取引所選びに迷わなくなくなり、取引所選びのヒントになるでしょう。 最後にまとめで内容を確認しましょう。

次の

ビットコインFXでの勝ち方はある?編集部がトレード経験をもとに紹介

ビットコインfx 比較

目次 ビットコイン 仮想通貨 FXでかかる「スプレッド」とは? ビットコインFXでは 「スプレッド」と呼ばれる手数料がかかる場合があります。 スプレッドとは通貨における「売値と買値の差額の事」を言い表しており、その差額が実質的な手数料コストとなります。 例えば、ビットコインの売値が399,000円、そして買値が400,000円であったとすれば、そのスプレッドは「1,000円」となり、 最初にビットコインを購入した時点で1,000円分のマイナスからスタートする事となるのです。 このスプレッド手数料は主に仮想通貨取引所の「販売所」に該当する取引形態にて大きく発生しますが、今後ビットコインFXを始める際にはこのスプレッド手数料が高いのか安いのかをしっかり確認しておきましょう。 仮想通貨取引所における「取引所」と「販売所」の違い 日本の仮想通貨取引所で仮想通貨の売買を行う際、 「販売所」と「取引所」といった2つの取引形態があります。 販売所とは? 販売所とは、仮想通貨取引所が保有している仮想通貨を直接売買する相対取引です。 この販売所形式は、空港などによくある「為替両替所」と似た仕組みであり、自身が仮想通貨を売買したい際に運営元と即座に取引を行う事ができます。 ですが、その分「スプレッド手数料」が高く設定されている場合もあるので、その点は注意しておかなければなりません。 取引所とは? 取引所とは、仮想通貨取引所が仲介者となり、ユーザー間で取引板を使って売買する取引方法です。 取引所形式では取引板を使ったユーザー同士での取引となるので通貨のスプレッドが低く、トータルでの手数料コストを販売所よりも低く抑えられるメリットがあります。 しかし、取引所の場合は市場参加者の変動によって自分の指定した価格で取引が出来なくなってしまう場合もあるので、その点は注意が必要です。 ビットコインFXにおける各仮想通貨取引所のスプレッド手数料を比較 ビットコインFXができる主要な国内取引所のスプレッド手数料は以下の通りです。 GMOコインのスプレッド GMOコインの仮想通貨FX ビットコイン のスプレッドは2019年2月11日現在316円 約0. GMOコインの仮想通貨FXは「販売所形式」ですが、 そのスプレッドは比較的割安となっています。 なので、初心者にはかなりやさしい取引所だと言えるでしょう。 DMMビットコインのスプレッド DMMビットコインのレバレッジ取引 ビットコイン のスプレッドは2019年2月11日現在500円 約0. なお、DMMビットコインはビットコイン以外のレバレッジ取引も可能なので 詳しくは後述 、イーサリアムやリップルなどのアルトコインも取引したい方におすすめです。 BITPoint ビットポイント のスプレッド BITPoint ビットポイント のレバレッジ取引 ビットコイン におけるスプレッドは2019年2月11日現在619円 約0. BITPointはスプレッド手数料こそGMOコインやDMMビットコインと比較するとやや割高ですが、 レバレッジ取引の際に発生する「レバレッジ手数料」が無料となっています。 なので、レバレッジをかけて長くポジションを持ちたい方などにおすすめです。 bitFlyerは国内大手の取引所ですが、 その取引量も業界最高クラスなので、通貨の流動性が高くそのスプレッドも極限まで小さくなっています。 初心者がビットコインFXを始めるなら低スプレットの「GMOコイン」がおすすめ! 以上を踏まえ、初心者がこれからビットコインFXを始めるのであれば「GMOコイン」がおすすめだと言えるでしょう。 GMOコインの仮想通貨FXは「販売所形式」なので、初心者であっても簡単に取引を進められる上、 そのスプレッドも現在0. なので、「初心者でこれから取引に慣れていきたい」と考えている人は、GMOコインを利用すると良いでしょう。 アルトコインFXのスプレッドは?対応取引所のスプレッドを徹底比較! では次にアルトコインのFXができる主要な国内取引所のスプレッド手数料を比較してみましょう。 現在日本では主に「GMOコイン」「DMMビットコイン」の2社がアルトコインFXに対応していますが、そのスプレッドは以下の通りです。 4円 約1. 412円 約9. GMOコインのアルトコインFXにかかるスプレッド GMOコインの仮想通貨FXでは「イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュ」といったアルトコインが取り揃えられており、全体的にDMMビットコインよりもスプレッドが低水準となっています。 なお、GMOコインの仮想通貨FXは「販売所形式」となっていますが、仮想通貨FXではなくレバレッジ取引を選択すれば「取引所形式」でレバレッジをかけた取引をする事が可能です。 レバレッジ取引ではスプレッド手数料も仮想通貨FXと比較して低水準なので、気になる方は是非利用してみてください! DMMビットコインのアルトコインFXにかかるスプレッド DMMビットコインのアルトコインFX レバレッジ取引 のスプレッド手数料は以下の通りとなっています。 なぜならこの場合、 ネムで9. とは言っても、このスプレッドは日々変動するので、最新のレートを見ながら検討するようにしてみてください。 まとめ:仮想通貨 ビットコイン FXをするなら十分にスプレッド手数料を比較しておこう! 以上が各国内取引所におけるスプレッドについてでしたが、 トレードをする上でこのスプレッド手数料は非常に重要となります。 なぜなら、将来の価格の値下がりは予測不可能で不確実なものですが、 スプレッド手数料によるコストは確実に発生するからです。 それに、通貨の売買を繰り返す度に都度スプレッド手数料は徴収されていくので、 何度もトレードしていけば理論上自身の保有残高はいつかゼロとなります。 なので、このスプレッド手数料を軽視せず、十分に比較をしてからトレードしていきましょう。

次の