あたらしい 憲法 の はなし。 柴幸男『あたらしい憲法のはなし』

68年前の文部省教科書『あたらしい憲法のはなし』を読んでみる

あたらしい 憲法 の はなし

「国民が国家をしばる約束」から「国家と国民が協力してつくる『公の秩序』」へ。 草案の提案する憲法観の大転換を、起草者たちの論理と願望にぴったりとよりそって語る。 はじめに この本は自由民主党(自民党)の憲法改正草案について、わかりやすく解説したものです。 自民党は日本の政党のひとつですが、憲法改正にもっとも積極的な党でもあります。 いまの政府は、選挙でもっとも多くの議席を得た自民党と、自民党の政策に賛成する公明党という二つの党が協力して運営しています。 その自民党が出した案ですから、あたらしい憲法がこの草案に近いかたちになる可能性は高いといえるでしょう。 現在の日本国憲法が公布されたのは、昭和21年(1946年)でした。 その一年後の昭和22年(1947年)、当時の文部省は中学1年生むけに『あたらしい憲法のはなし』という教科書をつくりました。 日本国憲法の条文はむずかしいことばで書かれているため、中学生が理解するのは容易ではありませんでした。 また、子どもたちは戦時中の教育になれていま したから、民主主義について一からおしえる必要がありました。 そこで文部省は、あたらしくなった憲法がどんな理念をもち、そこにはどんなことが書かれているかをおしえ、生徒ひとりひとりに国民としての自覚をうながそうとしたのです。 『あたらしい憲法のはなし』の大切なところは巻末にのせましたので、時間が あればこちらもお読みください。 さて、それからおよそ70年がすぎました。 憲法はいま、大きな分かれ道にたっています。 政府と与党である自民党のあいだで、いままでの憲法をあたらしい憲法に変えようという気運が高まっているのです。 憲法を変えるためには、衆議院と参議院のそれぞれで、3分の2以上の議員の賛成を得ることが必要です。 両院で3分の2以上の賛成を得られたら、つぎには国民投票がおこなわれ、投票者の2分の1以上の賛成が得られれば、あたらしい憲法に変わります。 このように、憲法を変えるためには、とても高い壁がたちはだかっています。 それだからこそ、憲法は70年も変えられずにきたのです。 ですが、この高い壁がこえられる日は、近いかもしれません。 憲法を変えたいと思っている両院の国会議員の数が、3分の2を超えようとしているからです。 いいかえれば、いままさに、わたしたち国民ひとりひとりが、現在の憲法のままがよいか、あたらしい憲法に変えるべきかを問われているのだといえましょう。 あたらしい憲法のもとになる案は、平成24年(2012年)4月27日に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」(以下、憲法草案と略します)です。 みなさんは、この憲法草案がどんなものかごぞんじでしょうか。 よく知らないという人が多いのではないでしょうか。 そんなことでは、いまのままの憲法がよいか、あたらしい憲法がよいのか、判断することができません。 そこで、わたしたちも、70年近くまえの『あたらしい憲法のはなし』をみならって、『あたらしい憲法草案のはなし』をつくることにしたのです。 わたしたちはこの草案をつくった人(起草者)ではありません。 ですが、できるだけ草案をつくった人びとの気持ちによりそい、そこにこめられた理念や内容 をつたえたいと考えました。 改正の意図がわからない点は自民党が出している資料などを参考にし、それでもわからないときは、起草者の身になって考え、ことばをおぎないました。 憲法改正に賛成する人も、反対する人も、どうぞこの本をお読みください。 この草案を考えた人びとが、どれほど強い、熱い思いをもって、あたらしい憲法をつくろうとしているかが、きっとおわかりになるでしょう。 そのうえで、憲法を変えたほうがよいのかどうかを、しっかり考えてもらいたいと思います。 平成28年(2016年)5月3日 自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合.

次の

あたらしい憲法のはなし

あたらしい 憲法 の はなし

「国民が国家をしばる約束」から「国家と国民が協力してつくる『公の秩序』」へ。 草案の提案する憲法観の大転換を、起草者たちの論理と願望にぴったりとよりそって語る。 はじめに この本は自由民主党(自民党)の憲法改正草案について、わかりやすく解説したものです。 自民党は日本の政党のひとつですが、憲法改正にもっとも積極的な党でもあります。 いまの政府は、選挙でもっとも多くの議席を得た自民党と、自民党の政策に賛成する公明党という二つの党が協力して運営しています。 その自民党が出した案ですから、あたらしい憲法がこの草案に近いかたちになる可能性は高いといえるでしょう。 現在の日本国憲法が公布されたのは、昭和21年(1946年)でした。 その一年後の昭和22年(1947年)、当時の文部省は中学1年生むけに『あたらしい憲法のはなし』という教科書をつくりました。 日本国憲法の条文はむずかしいことばで書かれているため、中学生が理解するのは容易ではありませんでした。 また、子どもたちは戦時中の教育になれていま したから、民主主義について一からおしえる必要がありました。 そこで文部省は、あたらしくなった憲法がどんな理念をもち、そこにはどんなことが書かれているかをおしえ、生徒ひとりひとりに国民としての自覚をうながそうとしたのです。 『あたらしい憲法のはなし』の大切なところは巻末にのせましたので、時間が あればこちらもお読みください。 さて、それからおよそ70年がすぎました。 憲法はいま、大きな分かれ道にたっています。 政府と与党である自民党のあいだで、いままでの憲法をあたらしい憲法に変えようという気運が高まっているのです。 憲法を変えるためには、衆議院と参議院のそれぞれで、3分の2以上の議員の賛成を得ることが必要です。 両院で3分の2以上の賛成を得られたら、つぎには国民投票がおこなわれ、投票者の2分の1以上の賛成が得られれば、あたらしい憲法に変わります。 このように、憲法を変えるためには、とても高い壁がたちはだかっています。 それだからこそ、憲法は70年も変えられずにきたのです。 ですが、この高い壁がこえられる日は、近いかもしれません。 憲法を変えたいと思っている両院の国会議員の数が、3分の2を超えようとしているからです。 いいかえれば、いままさに、わたしたち国民ひとりひとりが、現在の憲法のままがよいか、あたらしい憲法に変えるべきかを問われているのだといえましょう。 あたらしい憲法のもとになる案は、平成24年(2012年)4月27日に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」(以下、憲法草案と略します)です。 みなさんは、この憲法草案がどんなものかごぞんじでしょうか。 よく知らないという人が多いのではないでしょうか。 そんなことでは、いまのままの憲法がよいか、あたらしい憲法がよいのか、判断することができません。 そこで、わたしたちも、70年近くまえの『あたらしい憲法のはなし』をみならって、『あたらしい憲法草案のはなし』をつくることにしたのです。 わたしたちはこの草案をつくった人(起草者)ではありません。 ですが、できるだけ草案をつくった人びとの気持ちによりそい、そこにこめられた理念や内容 をつたえたいと考えました。 改正の意図がわからない点は自民党が出している資料などを参考にし、それでもわからないときは、起草者の身になって考え、ことばをおぎないました。 憲法改正に賛成する人も、反対する人も、どうぞこの本をお読みください。 この草案を考えた人びとが、どれほど強い、熱い思いをもって、あたらしい憲法をつくろうとしているかが、きっとおわかりになるでしょう。 そのうえで、憲法を変えたほうがよいのかどうかを、しっかり考えてもらいたいと思います。 平成28年(2016年)5月3日 自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合.

次の

文部省(当時)『あたらしい憲法のはなし』の感想

あたらしい 憲法 の はなし

二 民主主義とは こんどの憲法の根本となっている考えの第一は民主主義です。 ところで民主主義とは、いったいどういうことでしょう。 みなさんはこのことばを、ほうぼうできいたでしょう。 これがあたらしい憲法の根本になつているものとすれば、みなさんは、はっきりとこれを知っておかなければなりません。 しかも正しく知っておかなければなにりません。 みなさんがおおぜいあつまって、いっしょに何かするときのことを考えてごらんなさい。 だれの意見で物事をきめますか。 もしもみんなの意見が同じなら、もんだいはありません。 もし意見が分かれたときは、どうしますか。 ひとりの意見できめますか。 それともおおぜいの意見できめますか。 どれがよいでしょう。 ひとりの意見が、正しくすぐれていて、おおぜいの意見がまちがって、おとっていることもあります。 しかし、そのはんたいのことがもっと多いでしょう。 そこで、まずみんなが十分にじぶんの考えをはなあったあとで、おおぜいの意見で、物事をきめてゆくのが、いちばんまちがいがないということになります。 そうして、あとの人は、このおおぜいの人の意見に、すなおにしたがってくのがよいのです。 このなるべくおおぜいの人の意見で、物事をきめてゆくことが、民主主義のやりかたです。 国を治めてゆくのもこれと同じです。。 わずかの人の意見で国を治めてゆくのは、よくないのです。 国民ぜんたいの意見で、国を治めてゆくのがいちばんよいのです。 つまり国民ぜんたいが、国を治めてゆく—-これが民主主義の治めかたです。 しかし国は、みなさんの学級とはちがいます。 国民ぜんたいが、ひとところにあつまって、そうだんすることはできません。 ひとりひとりの意見を、きいてまわることもできません。 そこで、みんなの代わりになって、国の仕事のやりかたをきめるものがなければなりません。 それが国会です。 国民が、国会の議員を選挙するのは、じぶんの代わりになって、国を治めてゆく者をえらぶのです。 だから国会では、なんでも、国民の代わりである議員のおおぜいの意見で物事をきめます。 そいしてほかの議員は、これにしたがいます。 これが国民ぜんたいでの意見で物事をきめたことになるのです。 これが民主主義です。 ですから、民主主義とは、国民ぜんたいで、国を治めてゆくことです。 みんなの意見で物事をきめてゆくのが、いちばんまちがいがすくないのです。 だから民主主義で国を治めてゆけば、みなさんは幸福になり、また国もさかえてゆくでしょう。 国は大きいので、このように国の仕事を国会の議員にまかせてきめてゆきますから、国会は国民の代わりになるものです。 この「代わりになる」ということを、「代表」といいます。 まえに申しましたように、民主主義は、国民ぜんたいで国を治めてゆくことですが、国会が国民ぜんたいを代表して、国のことをきめてゆきますから、これを「代表制民主主義」のやりかたといいます。 しかしいちばん大事なことは、国会にまかせておかないで、国民が、じぶんで意見をきめることがあります。 こんどの憲法でも、たとえばこの憲法をかえるときは、国会だけできめないで、国民ひとりひとりが、賛成か反対かを投票してきめることになっています。 このときは、国民が直接に国のことをきめますから、これを「直接民主主義」のやりかたといいます。 あたらしい憲法は、代表制民主主義と直接民主主義と、二つのやりかたで国を治めてゆくことにしていますが、代表制民主主義のやりかたのほうが、おもになっていて、直接民主主義のやりかたは、いちばん大事なことにかぎられているのです。 だからこんどの憲法は、だいたい代表制民主主義のやりかたになっているといつてもよいのです。 みなさんは日本国民のひとりです。 しかしまだこどもです。 国のことは、みなさんが二十歳になって、はじめてきめてゆくことができるのです。 国会の議員をえらぶのも、国のことについて投票するのも、みなさんが二十歳になってはじめてできることです。 みなさんのおにいさんや、おねえさんには、二十歳以上の方もおおいでしょう。 みなさんのおにいさんやおねえさんが、選挙の投票にゆかれるのをみて、皆さんはどんな気がしましたか。 いまのうちに、よく勉強して、国を治めることや、憲法のことなどを、よく知っておいてください。 もうすぐみなさんも、おにいさんやおねえさんといっしょに、国のことを、じぶんできめてゆくことができるのです。 みなさんの考えとはたらきで国が治まってゆくのです。 みんながなかよく、じぶんで、じぶんの国のことをやってゆくくらい、たのしいことはありません。 これが民主主義というものです。 つづく 次回のあたらしい憲法のはなしは 5 ~三 国際平和主義です• 徳島市「6月市議会」がはじまりました。 是々非々でしっかり市政の監視役を務めたいと思います。 見田おさむ 日本共産党 徳島• 4月から「髪染め」を止めて、ナチュナルで行くことにしました。 これから少しづつ髪を伸ばしていきますが、さて、どんな風貌に落ち着くやらお楽しみです。 見田おさむ 日本共産党 徳島• いつもつけている「サージカルマスク」とつけ比べてみましたが、やはりアベノマスクは小さいですね。 見田おさむ 日本共産党 徳島• 徳島市元町交差点で、6月の「9の日」行動~9条改憲許さない草の根の闘いは続きます。 見田おさむ 日本共産党 徳島• 沖縄県議選与党過半数確保~日本共産党7議席と報道されました。 見田おさむ 日本共産党 徳島• 最近の投稿• 最近のコメント• に ごみゼロフォーラム実行委員会代表 福井 紀久子 より• に より• に 所沢市政の問題点 より• に 所沢市政の問題点 より• に 海 より•

次の