クレジット おすすめ マイル。 マイルが良く貯まるおすすめのANAカードは?失敗しないANAカードの選び方!【2020年7月版】

マイルが貯まるおすすめのクレジットカード特集

クレジット おすすめ マイル

あなたがお探しのクレジットカードはポイントがザクザク貯まるカードですか?それともサービスが充実しているカードですか?最適なカード選びはライフスタイルで変わります。 このページではクレジットカードを初めて作る方や比較検討する時間がない多忙な方に代わり、 2020年7月現在、当サイトに掲載されているカード509枚から人気がありおすすめできるカード10枚を選びました。 じっくり10枚目までご覧になり、令和時代にふさわしいカードをお選びください。 当ページはランキングではありません。 そもそもニーズは千差万別です。 デビットカードやQRコード決済も増えていますが、クレジットカードが決済の主流です。 20年9月から が始まります。 この制度から受けられる25%還元とクレジットカードの決済でもらえるポイントは別物です。 制度を活用してお得に買い物して、生活費の節約につなげましょう。 「楽天カード」は顧客満足度No. 1の年会費無料カード エポスカードはマルイはもちろん、VISAマークのあるお店で使える便利なクレジットカード。 マルイのカードは、「赤いカード」として長年、幅広い層に親しまれてきました。 とくに若い人からの支持は高く、今でも、「生まれて初めて作ったクレジットカードはエポス」という女性は多いです。 エポスカードでクレジットカードデビューを果たしカード生活に慣れてきたころ、ぜひ目指していただきたいのが、エポスのゴールドカードです。 エポスゴールドカードのサービスの中身は、高級ゴールドも顔負け。 エポスカードをメインカードとして利用しているうちに、招待状が届きます。 そのときに申込めばずっと年会費無料で持てるので、「初めてのゴールドカード」に最適です。

次の

クレジットなしのマイルカードをお得に使う5つのワザ

クレジット おすすめ マイル

モンちゃん ジャンル別人気のおすすめクレジットカード• クレジットカードのメリット• クレジットカードのポイントの貯め方• クレジットカードのポイントの使い方• クレジットカードの種類• クレジットカードの作り方• クレジットカードのデメリット• まとめ• キャッシュレス決済が進むなか、クレジットカードやスマホ決済は必須アイテムになりました。 ただ、いざクレジットカードを作ろうとすると種類も多く、どのカードを作れば良いのか迷います。 特にクレジットカードを初めて作る学生さんや新社会人の方は知らない事も多いでしょう。 ポイントも貯めたいし、マイルも気になるけど年会費はいくら?などもあると思います。 三井住友カード ゴールドは国内で最も人気のあるゴールドカードです。 ゴールドカードと言えば、三井住友カード ゴールドがを思い浮かぶ人も多いと思います。 空港ラウンジは無料でドクターコール24で急病やケガなどを医師・看護師・保健師などの専門スタッフと電話相談が出来たりもします。 三井住友カード ゴールドの年会費はネット申し込みで初年度無料、2年目から1万円 税別 がかかりますが、 マイ・ペイすリボに登録をして、年1回以上カード利用で年会費が半額になります。 海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円と内容が手厚いのも特徴です。 JCBゴールド 現金を持たなくても良い これもクレジットカードの大きなメリットです。 クレジットカードがあれば、現金はある程度あれば何とかなります。 食事に行って「思ったより高かった」という事もあります。 その時にクレジットカードがあれば安心です。 クレジットカードがあれば、現金を持ち合わせていなくても、すぐに支払いができます。 スマートな会計ができるのもクレジットカードの魅力です。 支払方法も、1回払いから、分割払いや、ボーナス一括払いなど、さまざまな種類が用意されているので、少額のお買物から高額なお買物まで、いろいろなシーンで役立ちます。 財布や預金口座に現金がない場合でも、クレジットカード1枚あれば、多彩な支払方法から最適なものを選択し、買い逃しを回避することが可能です。 引用: 銀行振り込みや代引きが不要になる 10年くらい前は、ネットショッピングをすると代引きが多い時代でした。 玄関で宅急便の人にお金を払うアレです。 当時はネット上でカード番号を入力するのが少し怖い背景もありましたが、今はクレジットカード決済が普通です。 モンちゃん 例えば、年会費1万円 税別 の三井住友カード ゴールドだと、 海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円付いています。 あくまで仮の話ですが、海外でトラブルにあって死亡した場合に最高5,000万円の保険がおります。 質問:海外旅行傷害保険の付保証明書を発行してもらうには、どうすればよいですか? 海外旅行傷害保険に加入していることを証明する付保証明書の発行は、VJ保険デスク(三井住友海上)までお電話にてお申し出ください。 お申し出から1週間程度で発送し、国内住所へ郵送にてお届けいたします。 時間に余裕をもってご連絡ください。 なお、受付の際に会員番号・カード名義・渡航先・渡航期間などお伺いいたしますので、お電話の際はお手元にカードをご用意ください。 年会費が高額なクレジットカードほど、もらえる保険額も多くなります。 なお、クレジットカードの旅行保険には自動付帯と利用付帯の2種類があります。 おすすめは自動付帯です。 JCBのokidokiポイントで交換できるもの• ディズニーキャラクターグッズ• 東京ディズニーリゾート(R)・パークチケット• 東京ディズニーランド(R)ホテル ペア食事券• ディズニーアンバサダー(R)ホテル ミッキーズ・ペントハウス・スイート宿泊• グルメ関連• エンターテインメント・レストラン• キッチン用品• ヘルス&ビューティー• クオカード• ギフトカード・商品券• キャッシュバック• JCBトラベル 旅行代金ポイント充当プラン• ポイントチャリティー• 他社へのポイント移行 以上、ポイントを使う・貯めるのお話でした。 クレジットカードの種類 ここからはクレジットカードの種類の説明を分かりやすく簡単に説明します。 クレジットカードには、VISA・JCB・アメックスのような決済機能を持つ会社と、自社ブランドに決済機能をつけて発行する発行会社があります。 カードの発行会社とは カードの発行会社とは、利用者の申し込みがあると、 クレジットカードを発行する会社の事を言います。 具体的な例でいうとこんな感じです。 7大国際ブランド• VISA(ビザ)• MasterCard(マスターカード)• JCB(ジェーシービー)• American Express(アメリカン・エキスプレス)• Diners Club(ダイナースクラブ)• 銀聯(ぎんれん)• Discover Card(ディスカバーカード) 有名なのはダントツでVISAです。 日本の強みはJCBカードがある事です。 あくまで仮の話ですが、他国の決済システムを利用していて、その国との友好関係が崩れたときに決済システムが利用できなくなる可能性もありえます。 その点、日本にはJCBカードの決済システムがあるので、クレジットカード決済が出来なくなるという事はありません。 日本にいると、当たり前になっているので分かりにくいですが、これは他国からするとすごい事になります。 国際ブランドは、その名のとおり世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。 例えば、Visaブランドと提携している三井住友カードを保有している場合、さまざまな世界中の国や地域で支払いに使うことができます。 また、決済だけでなく、クレジットカード優待の割引や特典、付帯保険による補償なども、日本国内と同様、海外でも受けられます。 引用: クレジットカードのランク クレジットカードには、初心者でも作りやすい一般カードからゴールドカード、プラチナカード、そしてブラックカードとランクがあります。 ブラックカードを持っている人は全国で1%くらいしかおらず、超難易度の高いクレジットカードです。 初めてクレジットカードを作る人や新社会人・学生・主婦の人は審査の甘い一般カードから入って、30歳くらいでゴールドカードを目指すのが標準的です。 年会費無料でおすすめのクレジットカードは楽天カードです。 ブラックカードとは、アメリカン・エキスプレスが発行する「センチュリオン・カード」の代名詞です。 2002年日本に上陸して以来、会社経営者や有名人がカードホルダーとなり人々の注目を集めています。 アメリカン・エキスプレス以外にも「ダイナースクラブ プレミアムカード」、「JCBザ・クラス」も通称ブラックカードと呼ばれています。 センチュリオン・カード同様、カード会社からのインビテーションが必要でクレジットヒストリー 利用履歴 を磨いて待つしかありません。 付帯するサービス内容については一切公表していません。 クレジットカードを作る条件• 18歳以上である(高校生は不可)• 安定した収入がある• 学生や専業主婦でもOK 学生でも18歳以上の大学生や専門学生はクレジットカードが作れます。 ただし未成年の場合は親の承諾書が必要です。 残念ながら高校生はクレジットカードは作れません。 主婦の場合、家族カードは作れますが、自分名義のカードを作るとすると、 配偶者の収入が審査の対象になります。 イオンカードなどの流通系カードは簡単に作れます。 クレジットカードを作るのに必要なもの クレジットカードを作る時に必要なものは、 本人確認書類と引き落し銀行口座の2点です。 引き落としの口座はゆうちょ銀行でも可能です。 クレジットカード申し込みフォームの項目• 生年月日• 電話番号• メールアドレス• 居住年数• 引き落とし口座• 勤務先• 借入状況• 運転免許証番号 たいていのカード会社は、その日のうちに審査がされ、 3~5日で書留でクレジットカードが自宅に届きます。 初めてカードを見た時の嬉しさは言葉で言い表せないモノがあります。 感無量というやつですね。 カードが届いたら、印字されている氏名と間違いがないか確認をしましょう。 以上、ここまでがクレジットカードの作り方でした。 とても簡単です。 カードの審査に落ちた場合どうするか クレジットカードの審査落ちは普通にあります。 ある程度の年収もあって勤続年数もそれなりなのに「カード審査に落ちた」というのもあります。 今回、クレジットカードの審査に落ちた時に、次をどうするか?の対策を解説します。 年会費無料のクレジットカードの注意点• 初年度だけ無料• 年1回の利用で無料• 自分に必要なサービスかどうかを調べてからカードを作るのがおすすめです。 クレジットカードを使い過ぎる クレジットカードのデメリットに「つい、使い過ぎてしまった・・」というのがあります。 これは皆に共通して起こる現象です。 なぜこの現象が起こるのか?ですが、答えは簡単で、手元に現金がなくてもカードで支払えるからです。 代表的な例でいうと「衝動買い」と「飲み屋」です。 皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。 カードを持ってまだ浅い人は注意しましょう。 リボ払いや分割払いの怖い罠 クレジットカードのデメリットで怖いのがリボ払いです。 リボ地獄にならないためにもリボ払いのルールを確認しておきましょう。 クレジットカードの選び方• メインカードを決める• サブカードはよく使うサービスで特典のあるものにする• サブカードは基本は年会費無料にする まずはメインカードを決めましょう。 一般的には年会費が有料のプロパーカードがおすすめです。 クレジットカードにこだわりが無い人は、楽天カードやイオンカードなどでもOKです。 次にサブカードですが、 年会費無料のクレジットカードで十分です。 楽天をよく利用する場合は、Amazonの利用が多い人は。 エポスでよく買い物をする人はなどです。 あくまで特定の店舗でポイントを多く貯めるだけの感覚で十分です。 興味がない人はサブカードを作る必要はありません。 次に悩むのがマイル系カードです。 マイルを貯めたい人はマイルカードをメインカードにするしかありません。 全てのカード決済をANAカードやJALカードなどに1本化します。 コンビニの利用もマイルカードをおすすめします。 そこまでしないとマイルは貯まりません。 ガソリンカードなどは、年会費無料のでOKです。 最後に、クレジットカードの年会費の有無ですが、自分が作りたいカードに欲しいサービス内容があるのであれば、年会費無料のクレジットカードでOKです。 ゴールドカードにしか、その機能が無い場合は財布と相談しながら作りましょう。 たいていの人は複数枚のクレジットカードを持っています。 カードは使い分けが必要な時代です。 楽天カード 監修者:ファイナンシャルプランナー 水上克朗 プロフィール 慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務・クレジット業務などを経験。 また、自身のライフプランを見直し1億円資産の捻出方法を確立。 現在、執筆、監修、セミナー・研修講師、FP資格取得講座、FP個別相談などで、金融・資産運用、ライフプランなどの観点からアドバイスを行っている。 ファイナンシャルプランナーであり、大手金融機関でクレジット業務にも携わった、水上克朗氏が。 保有資格 CFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャルプランニング技能士 DCプランナー 著書 「」 アチーブメント出版 所持クレジットカード ・楽天カード ・JCB CARD W ・オリコカード ザ・ポイント ・セゾンインターナショナル ・dカード GOLD ホームページ おすすめクレジットカード比較 当社調べ.

次の

JALマイルが貯まるクレジットカードのおすすめ人気ランキング6選【Suica・PASMO付きも!】

クレジット おすすめ マイル

個人事業主やフリーランスならば、事業用にクレジットカードを作ろうと考えたこともあるだろう。 事業専用カードを作ると、 経費の支払いが可能となり、経費管理も楽だ。 さらに経費をクレジットカードで支払ってもマイルが貯まり、ビジネスだと経費の金額が多くなるので、マイルがどんどん貯まる。 クレジットカードを使ってより多くのマイルを貯めるならば、 経費の支払いをすべてカード払いにすることだ。 経費にできるものはいくつもあるのでカード払いにすると、支払額が多くなりマイルがたくさん貯まる。 原則として経費は個人用クレジットカードでは支払いが認められないので、経費の支払いのできる法人クレジットカードを作成しておくことだ。 今回は、 個人事業主や フリーランスにおすすめの法人クレジットカード、そしてマイルの貯め方をご紹介する。 マイルを貯めることを前提として法人クレジットカードを選ぶ場合、 還元率以外に、 審査の通りやすさやどんな 特典が利用できるかもチェックしておきたい。 開業したばかりの個人事業主でも審査に通る可能性の高いカードや、ビジネスに役立つ特典があるカードなど、自分に合ったカードを選ぼう。 ・ 法人クレジットカードがおすすめ 個人事業主やフリーランスなど、自分で事業を行っているなら、事業用に1枚クレジットカードを持つと良いだろう。 個人用のクレジットカードでも、十分に支払いはできる。 しかし事業用のクレジットカード、つまりは法人クレジットカードを持てば、メリットを得られるのだ。 法人クレジットカードとは? 法人クレジットカードとは、 事業経費の支払いを目的としたクレジットカードである。 ビジネスカードとも呼ばれており、事業を行っている人なら誰でも作成可能だ。 法人クレジットカードは、カード表面に使用者の個人名、さらに会社名や屋号が入る。 これによって、自分の事業で使うカードであるとわかるだろう。 個人事業主やフリーランスでも作れる 法人クレジットカードは、 法人の役員などの他に、個人事業主、フリーランス、さらには副業をしているサラリーマンでも作成可能だ。 つまり何かしら事業を行って収入を得ていれば、作れるクレジットカードである。 カードを作成したときは、 法人名義の銀行口座から引き落としがされる。 経費の決済をカードで行えば、現金精算や立替金精算など必要なくなり、 経理事務が楽になるのがメリットだ。 作成するには条件があり、 開業後3年以上なおかつ2期連続黒字であることが、1つの目安とされている。 ただし、一部のブランドのカードにおいては、開業した1年目でも作れる可能性の高いクレジットカードがある。 経費の支払いができる 個人事業主やフリーランスがクレジットカードを持つなら、法人クレジットカードが良いだろう。 個人用のクレジットカードは、生活資金の支払いを前提としているので、仕事の経費の支払いはできない。 事業経費を支払うなら、支払いが認められている法人クレジットカードを持っておいた方が、後々面倒にならない。 個人と事業の線引きをしておかないと、税務調査が入ったときに大変だ。 例えば、レストランに行き食事をした後の会計をクレジットカードで支払い、プライベートなのか、それとも仕事の打ち合わせや業務のために使ったのか、わからなくなるときがあるかもしれない。 もしもプライベートの支出を、自分が経費として考えて税務申告すれば、脱税と見なされる可能性があるのだ。 脱税や税務署から不審に思われないために、法人クレジットカードを持っておくことをおすすめする。 経費の支払いをカードで行えば、その分マイルも貯まりやすくなるだろう。 またカードによっては、 福利厚生サービスも提供しており、会社に所属していなくても、会社員なみのサービスを受けられる。 法人クレジットカードの選び方 法人クレジットカードの選び方には、いくつかポイントがあるのでご紹介する。 審査が通りやすいか? 審査が通りやすいのかどうかは、カードを作る上では、重要なポイントだろう。 いくらマイルが貯まりやすく、サービスの充実したクレジットカードでも、審査が厳しく事業を始めたばかりでは作成できないとなると、カードを持ちたくても持てない。 先にも記載の通り、審査基準としては、 ある程度の事業年数と黒字が必要だ。 しかし カードによっては、起業1年目でも作成可能としているので、起業したばかりならそのようなカードに申し込むと良いだろう。 マイルがよく貯まり、カード特典が充実 マイルを貯めたいなら、マイルの貯まりやすいカードを持った方が良いだろう。 1つには、 還元率はいくらなのか、という部分を見るようにしておく。 法人クレジットカードを作るときには、 カード特典もあわせて確認したい。 特典としては、例えば、 コンシェルジュサービス、福利厚生、空港ラウンジ利用などがある。 特典は多いに越したことはないが、自分が使うような特典が充実したカードが良いだろう。 マイルを貯めるなら経費はカード払い マイルを貯めるならば、飛行機に乗るのは基本の方法だろう。 しかし普段から飛行機に乗らないような人は、この方法でマイルを貯めることはしにくい。 多くのクレジットカードでは、1. 経費はカード払いにする 普段飛行機に乗らないという人は、クレジットカードを使って経費を支払い、マイルを貯めるのがベストだ。 個人事業主やフリーランスが経費として支払えるものは、いろいろある。 公共料金• 通信費• パソコンやスマホ本体代金• 交通費• 出張費 経費として一般的に考えられるのはこれらであり、またカフェの代金、講演で使う場所代やスーツ代など、仕事で使い発生するお金は経費と認められる確率が高い。 法人クレジットカードは個人用には使わない 遊びのために使うゲームソフト代、スマホゲームの課金、休日に遊びに行った遊園地や映画館の料金など、仕事と関係ない費用はビジネスカードで支払うべきではない。 仮に 法人クレジットカードで支払うと、会社からお金を借りたということになるのだ。 このために、後で会社にお金を返さないとならず、会計での仕訳が複雑になり、面倒な作業が増えるだろう。 どうしてもカード払いをしたいなら、個人用のクレジットカードで支払うべきだろう。 宿泊費をカード払いする 打ち合わせの出張や何かの講演のために、移動してホテルに泊まったときの宿泊費は経費になり、ビジネスカードでの支払いが可能だ。 宿泊費は金額が高いので、マイルを貯めるには良い方法だろう。 またホテルまでの移動にかかったお金も経費として落とせる。 電車代、車でのガソリン代、タクシー代、高速バス代、飛行機料金などである。 これらも法人クレジットカードで支払い経費としておき、マイルを貯めるのに使って良いだろう。 おすすめのクレジットカード 法人クレジットカードはいくつもある。 ここではおすすめのカードをご紹介するので、是非とも参考にして欲しい。 アメックスビジネスゴールド 事業を開始したばかりの個人事業主でも、審査が通る確率の高いクレジットカードだ。 アメックスという ステータス、高いマイル還元率、充実した特典と3拍子揃い、ビジネスカードとしても人気である。 無料の福利厚生プログラム、コンシェルジュデスク、ホテルやレストランの優待プログラムなど、特典が充実している。 マイル還元率は0. ANAマイルを貯めるなら、年会費3,000円 税別 の メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば、 還元率1. 個人事業主になったばかり、副業を開始したばかりなどの人でも作成可能で、作りやすいクレジットカードである。 その他のスペック 追加カード年会費: 1枚12,000円 税別 ETCカード: 5枚まで発行可能・年会費500円 税別 /枚 限度額:申告内容や利用実績に応じて JALマイル還元率: 0. プラチナカードながらも、 年会費は20,000円 税別 となっており、負担少ないクレジットカードだろう。 起業したその日に申込をしたら審査に通りカードを作れたという話もあり、セゾンプラチナも作りやすいクレジットカードだ。 JALマイル還元率は1. カード特典としては、 コンシェルジュデスク、空港ラウンジ利用、優待プログラムなど、こちらも魅力多い内容になっている。 年会費20,000円 税別 でコンシェルジュデスクが使えるのは、破格のサービスだろう。 スペック 年会費: 20,000円 税別 追加カード年会費: 1枚3,000円 税別 ETCカード: 5枚まで発行可能 ETC年会費:無料 限度額:申告内容や利用実績に応じて JALマイル還元率 : 1. 例えば、 ビジネスラウンジの銀座サロン利用、会計ソフト「free」2ヶ月無料などである。 世界600ヶ所以上の空港ラウンジも利用できる。 追加カードの年会費は何枚でも無料で、社員に発行したいときには便利だろう。 ダイナースは作りにくいカードと言われているが、その中でビジネスカードは比較的作りやすい。 マイル還元率は1. マイルはANAなどの航空会社5社と交換可能だが、JALマイルには交換できないので、その点は残念な部分だ。 申込み条件としては、 個人事業主やフリーランスなど事業を行っており、なおかつ27歳以上でないとならないので、注意して欲しい。 スペック 年会費: 27,000円 税別 追加カード年会費 : 無料 ETCカード: 1枚まで発行可能 ETC年会費:無料 限度額 :制限なし ANAマイル還元率: 1. 個人事業主やフリーランスなら、事業開始したばかりでも、作成できるクレジットカードも多数ある。 マイル以外にも、それぞれのクレジットカードにはお得な特典も多く、きっと利用すると便利だろう。 事業用に1枚クレジットカードを作成し、今回ご紹介した方法を参考にして、マイルを貯めていってほしい。

次の