ズーム 背景 変える。 zoomの背景はどう変える?バーチャル背景の設定方法

ZOOMで背景をバーチャル背景に変える設定方法!PCでうまくいかないときの裏技も!

ズーム 背景 変える

ミーティング中に背景を変更するには、ビデオマークの横の矢印から「仮想背景を選択してください」をクリックします。 バーチャル背景で顔が透けないようにする バーチャル背景を設定しても、ギザギザになったり 顔が透けてしまったりきれいに表示されない場合があります。 照明と背景を調整する 背景は無地で照明が均一に当たっている方がうまく表示されますので 部屋の明るさを調整してみましょう。 さらに照明はきちんと 顔を明るく映すようにするのもポイントです。 Amazonで販売されているこのようなリングライトを用意するとしっかりと明るく照らせます。 グリーンバックを用意する バーチャル背景で映像を合成するには「 クロマキー」という技術を使っているので、できれば背景を緑色の布で覆ったりして緑一色にすることをおすすめします。 Amazonなどでもグリーバック専用の布が販売されているので、これを使えばほぼ完ぺきにバーチャル背景が使えます。 しっかりとしたものを買うほどではない、という方には100円ショップで販売されているフェルト記事(黄緑色)でも代用できますのでおすすめします。 これは100円ショップダイソーで販売されている様子です。 背景の素材を探す zoomには標準でいくつかの背景が用意されていますが、他人と同じ画像になる可能性も高いのでオリジナルの画像を見つけておきましょう。 画像サイズはビデオカメラのサイズによって最適なサイズがあります。 ファイルの容量については制限がありません。 バーチャル背景に使えそうな素材として、室内の背景でおすすめなのはこちらです。 自分の顔を変える方法 自分の顔を加工する機能は zoomにはありませんので、別なカメラソフトを組み合わせて使う方法をご紹介します。 ZoomやGoogle Meetに映像を映し出す部分にソフトを通すことで、実際のカメラ映像とは違う映像を映し出すことができます。 例えばこんなことができます。 もはや人の顔ではありませんが、 ちゃんと目と口を動かすことができ、顔の動きと連動しています。 「snap Camera」を使う方法 今回ご紹介するのは「 snap camera」という無料ソフトを使う方法です。 「Snap Camera」は世界でよく使われている写真共有SNS「Snapchat」にある「Lens」という機能を、パソコンでも利用できるようにした 無料ソフトです。 ユーザーによって作られた様々なフィルターやエフェクトが用意されていて、 自分の顔をキャラクターに変えたり、メイク加工を施したりできます。 このソフトはZoomだけではなく、Google MeetやSkypeなどのカメラを使う場合に起動すれば使えます。 まずは下記のサイトからソフトをダウンロードします。 規約等に同意しチェックを入れ、メールアドレスを入力します。 Macの場合は「DOWNLOAD FOR MAC」を、Windowsの場合は「DOWNLOAD FOR PC」をクリックし、ソフトをインストールします。 インストール後にソフトを起動します。 起動するとカメラも起動し様々なエフェクトをかけたときにどうなるかプレビューすることができます。 そしてプレビューで問題ないか確認ができたら、この ソフトを立ち上げたままzoomを起動します。 zoomを起動しカメラを選択する欄から「snap camera」を選択してください。 このようにzoomのビデオ画面に映し出せれば成功です。 一見このポテトのようなキャラクターは顔がわからないのでNGだと思われるかもしれませんが、ちゃんと目と口は実際の映像と連動するので、発言をしていたりうなずいたり、首を傾げたりの動きが相手に伝わるのでコミュニケーションが取りずらくなるということはないように感じます。

次の

Zoom会議などで役立つ無料の「バーチャル背景」まとめ

ズーム 背景 変える

Contents• zoomとは zoomは2011年に始まったサービスで、日本では2016年に日本語サポートが開始されました。 web会議やtv会議システムに使用できるツールです。 どなたでも全世界でweb会議や、tv会議を主催することが可能です。 主催者側に必要な機材はネットに繋がるパソコン、web用カメラとマイクとなります。 スマホにはカメラとマイクが搭載されておりますが、web環境が必要となります。 手軽さ zoomが多くの方から支持される理由は、その手軽さです。 通常web会議やtv会議は参加メンバー全員へログインを要求します。 しかしzoomは会議主催者にのみで済むため、参加者は主催者が発行したURLをクリックするだけで参加ができます。 安定的 大勢集まっても大丈夫!それがzoomです。 大勢の人がアクセスすると心配になるのが回線です。 zoomは圧倒的な回線強度を誇るので、通常の光回線であれば回線落ちや、回線が途切れて音が聞こえない、音声が聞こえないなどのトラブルがありません。 動画での説明はこちら。 パソコン、アイフォン、アンドロイドの使い方の違い zoomにおいて、パソコンやアイフォン、アンドロイドの使い方に大きな違いはありません。 どの環境下でも快適なweb会議、tv会議が可能となっています。 主催者側がパソコンで、参加者側がアイフォン、アンドロイドというやり方が多いです。 主催者側は様々な操作をする場合があるので、パソコン画面上での操作のほうがスムーズに行えるメリットがあります。 参加者側は手軽に手元で会議に参加できるので、パソコンやスマホどちらのデバイスでも問題ありません。 主催者側からのURLの招待で始まるため、主催者対参加者となります。 安定性 zoomは大勢でweb会議やtv会議を想定し設計されているので、回線が特に安定しています。 自分の回線が安定していても、相手の回線が不安定な場合もあります。 そのような環境下でもしっかりと会議を行えるように、データ通信量があらかじめ設定されています。 録音録画機能 zoomには標準で録画録音機能が付いており、簡単操作で会議の記録が可能となっています。 skypeに通話を録音する機能は標準搭載されておりません。 クラウドレコーディングとローカルレコーディングがあり、無料で使える機能としては自身のパソコンに記憶できるのがローカルレコーディングとなります。 もともと入っているものもありますが、自分のお気に入り写真などを設定し、さまざまな背景変更が可能です。 詳しくはこちらの動画をみて下さい! バーチャル背景を綺麗に写すためのグリーンの背景布はこちらで購入できます! リモート操作のやり方 zoomの便利機能のひとつとしてリモート操作機能があります。 主催者が参加者に初めて使用するツールの使い方を実演する場合などに便利です。 音声もクリアなため、回線遅延によるちぐはぐなやりとりもありません。 ボタン操作も簡単なため、すべてのやり方を事前に知らない場合でも、感覚的に操作ができます。 お互いに離れた場所にいてもタスク管理や進捗管理においてスムーズなやりとりが可能です。 まとめ zoomは互いに離れた場所において、スムーズなやりとりが手軽に行える便利ツールです。 web会議やtv会議を大勢で参加しても安定した回線環境下で行うことができます。 本社や支店とのやり取り、在宅ワークにおいてのクライアント側とのやり取りでも非常に便利です。

次の

Zoom会議などで役立つ無料の「バーチャル背景」まとめ

ズーム 背景 変える

この記事の目次• バーチャル背景とは バーチャル背景は簡単に言うと、背景を合成する方法です。 テレビ会議では、どうしても部屋の中が画面に写り込んでしまいます。 お洒落でキレイな部屋ならば問題ないのでしょうが、あまり片付けていない部屋は見られたくないですよね。 テレビ会議の度に片付けるというのも大変です。 また、プライベートに干渉されたくないという人は、部屋の中は綺麗にしていてもあまり見せたくないという場合もあります。 カーテンやパーティションを使って目隠ししてしまっても良いですが、それでは殺風景な印象を与えてしまうこともあります。 そんなときはバーチャル背景を使って、お気に入りの背景にしてしまいましょう。 最近では部屋を見せたくないからバーチャル背景を使うというよりも、 会議のアクセント的に面白い背景で登場するという使い方の方が増えているようです。 Zoomでのバーチャル背景の設定方法 Zoomでバーチャル背景を使う場合にはちょっとした準備が必要です。 まず、テレビ会議に使うパソコンに Zoomがインストールされていて、サインインしてある必要があります。 Zoomは会議に参加するだけならサインインする必要はありませんが、バーチャル背景はサインインしていないと設定ができません。 サインインしてあれば、Zoomを起動すると右上に歯車マークがあるので、そこから設定します。 設定項目の中から、「バーチャル背景」を選択することでバーチャル背景の設定ができます。 あとは右下の仮想背景から好みのものを選択するだけです。 好みのものがなければ、パソコン内の保存画像を追加することができます。 基本的にクロマキー合成の手法をとっているので、背景をグリーンスクリーンにしておくと合成が綺麗にできます。 グリーンスクリーンがない場合は単一色のカーテンや模造紙などを背景にすると良いでしょう。 iPhoneやiPadの場合は背景を認識する機能がiOSに組み込まれているので、こういったグリーンスクリーンを使わなくても合成することができます。 スポンサーリンク バーチャル背景がうまくできないときの解決法 バーチャル背景がうまくできない原因としてはいくつか考えられます。 サインインしていない バーチャル背景はサインインしていないと設定することはできません。 まだアカウントを作っていない場合は、アカウントを作る必要があります。 アカウントは受信可能なメアドがあればすぐに作れるので、バーチャル背景を設定するなら作っておきましょう。 PCがスペック不足 タブレット型PCなどでPCの性能が低い場合はスペック不足で合成がうまくいかない場合もあります。 Zoomは非常に軽量なのでスペック不足となることはあまりありませんが、古いパソコンを使っている場合などはこれが原因となることもあります。 背景や服装がクロマキー合成に不向き バーチャル背景は、カメラの映像内の1つの色を選択して背景画像に合成していきます。 グリーンスクリーンがあれば、緑の部分が背景として合成されます。 つまり、グリーンスクリーンを使っているときに、緑、もしくは緑に近い色の服を着ていた場合、その部分も背景として合成されしまうので注意が必要です。 背景は必ずしも緑である必要はありませんが、単一色であることが必要です。 背景がなるべく単一色となる場所やパーティションなどを設置して、違う色の服を着るようにします。 また、背景に影ができてしまっている場合は、 影の部分が背景として合成されないこともあります。 バーチャル背景画像の探し方 バーチャル背景はカメラと同じアスペクト比の画像が理想的とされます。 アスペクト比とは画像の縦横比のことで基本的にはテレビやYouTubeなどで一般的な16:9のものが多くなっています。 「バーチャル背景」といったキーワードで検索すればたくさんの画像がヒットします。 個人利用であれば著作権なども関係ないので、好きな画像を選択できます。 自分で背景画像を作ってみても面白いですね。 まとめ.

次の